挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
空色の魔女 作者:来栖ゆき

旅立つ時

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/22

◆5◆

 支度(したく)を終え、マルティナが馬の背中を撫でていると、そこにライナスが現れた。自分の乗る馬に荷物を括り付けている彼を見て、ふと昨日のクライヴ卿のことを思い出す。
 彼はライナスが旅立つことを知っているのだろうか。そしてその旅の原因が、マルティナであるということを――
「ライナス……やっぱり休んでいた方がいいんじゃないの?」
 彼は手を止めてマルティナを見ると、機嫌が悪そうに眉間に皺を刻んだ。
「何度も言わせるな、休息など必要ない。それから……父上の言ったことは気にするな」
 ライナスの言葉にどきりと心臓が跳ねた。
「……クライヴ卿がライナスになにか言ったの?」
「いや……その、部屋の前で話していたからな」
 ライナスは片手で口元を隠しながら、ばつが悪そうに続ける。どうやら、あの時の会話は全て筒抜けだったらしい。
 かあっと頬に熱が集中し、マルティナは思わず俯いた。
 まさか、全部聞こえていたなんて……だってライナスは寝ていたと思ったのに。
「父上は騎士団を支配することしか考えてないんだ。俺にどうしても跡を継がせたいらしい。自分の血筋が、クライヴ家の事がよっぽど大事なんだよ。そんなこと頼んでもいないのに――」
「でも、ライナスの身体を心配するのは当然だわ、父親だもの。それに、あなたが騎士団に必要なのは確かだと思う」
 オールブライト伯爵やジャスティンからも信頼の厚いライナス以外に、次期騎士団長はいない。マルティナだってそう思っている。
「俺の代わりなんていくらでもいるよ」
「そんなことない! あたしにとって、ライナスの代わりは他にいないわ。もちろんジャスティンにとっても!」
 大きな声できっぱり言うと、少しだけ驚いた顔をしたライナスは、ありがとう、と静かに微笑んだ。
「まあ、そうだな。身分なんてどうでもいいが、将来もしも騎士団長という任に就くことができるのなら、それなりに強くならなければならないな。こんな怪我で休んでなんかいられない。俺は今以上に強くなりたい。皆が納得するくらいに……それに」
 ライナスが地面の石ころを蹴飛ばしながら、気恥ずかしそうに頭をかいた。
 きょろきょろと視線を泳がせ、それからちらりとマルティナを見る。
「――それに、ティナにも認めてもらいたい」
 ライナスの強い視線に、マルティナは射すくめられてしまう。彼の強い意志がひしひしと伝わってくる。
「ふふっ、あたしの父様が昔の騎士団長だったからって、あたしに認められなくても大丈夫よ。ライナスは立派な騎士だわ」
 そんな真面目なライナスに笑みが零れた。やっぱり、ジャスティンを支え、騎士団を率いることができるのはライナスしかいないのだ。
「あのさ、そういう意味じゃなくて……いや、間違ってはいないが…………クソ、何で伝わらないんだ!」
 けれど、ライナスは何故かがっかりした様子で、小さく悪態を付いた。
 意味がわからず、マルティナは首を傾げた。
「ライナス、マルティナ。二人とも準備完了だね」
「おい、ジャスティン、お前……」
「なんでそんな格好をしてるのよ?」
 現れたジャスティンは旅装束だった。
「変かな?長旅になるだろうから、厚めの外套にしたんだけど」
 二人の顔を見てジャスティンはあっけらかんと言う。
「そうじゃないだろう、ジャスティン! まさかついてくる気か?」
「ははっ、嫌だなあ。誰も行かないとは言ってないじゃないか。見てごらんクリスティーヌ、ライナスったら口をぽかんと開けて面白い顔をしているよ」
 そう言いながら、ジャスティンは連れていた白馬の首を撫でる。
「考え直せ、ジャスティン!」
「どうして考え直さなきゃいけないんだい? マルティナを独り占めしようったってそうはいかないよ」
「ばっ馬鹿なことを言うな!」
 ライナスは色々と説得し始めたけれど、ジャスティンはまったく聞く耳など持たないようだった。
「よお、お三方。準備できたならぼちぼち出発するぞ。これ以上もたもたしてたら太陽が真上にあがっちまう」
 地図を手に現れたヴィンセントは、その場にいるジャスティンに驚くこともなく話しかける。
「経路なんだが、まずは北東のデザーリ村に向かおうと思うんだが」
「いいんじゃないかな。あそこなら日が落ちる前に着けるはずだよ」
 普通に話す二人に、マルティナとライナスは顔を見合わせた。
「――だって、僕も行くって言ったら二人とも反対するだろう?」
「当たり前だろう! 何を考えてるんだ!」
「そうよジャスティン!」
 ライナスとマルティナの様子に、ジャスティンは肩をすくめる。
「ほうらね。だからぎりぎりまで内緒にしてたんだ。大丈夫だよ、父上には許可を取ってあるし、僕だって剣術は得意だよ?」
「……まあ、伯爵様が許可したのなら、あたしはもう何も言わないけど」
 それでもマルティナは心配そうな視線をジャスティンに向けた。

 そして四頭の馬は北東を目指しオネット村を出発した。
「ジャスティン、どうやってオールブライト伯爵を説得したんだ?」
 前を行くマルティナとヴィンセントの背中を視界に入れながら、ライナスは隣のジャスティンに尋ねる。
「簡単さ。魔女の集落に行って、ティナと結婚できるよう取り計らってくると言ったら、あっさり行くことを許してくれたよ」
 その言葉にライナスが目を瞠る。それを見て、ジャスティンはくすくすと笑を漏らした。
「本当に結婚なんてするわけないだろう? そんなに驚かないでよ」
「……ジャスティン!」
「ははっ。でもまあ、父上もただの人間だったってことだよね。マルティナが魔女だと知った途端、自分の息子と結婚させようなんて考えるんだからさ」
 ジャスティンは微笑んではいるが、もはや目は笑っていなかった。
 彼は時折、こうして静かに怒りを募らせることがある。こういう表情のジャスティンは、ライナスでさえ近寄りたくないと思うほどだ。
「……クライヴ卿が私欲のために、ローレンス家最後のひとり、マルティナを追い出した時は、見て見ぬ振りをしたくせにだよ?
「ああ……俺たちはあの頃は子供で、何もできなかった」
 ライナスは低い声で、小さく呟いた。
 ジャスティンの言いたいことはわかっている。
 マルティナが大人になり、いつか男子を産んでローレンス家が再興してしまったら、今の自分の身分が危うくなる――そう考えたライナスの父、クライヴ卿はマルティナを追い出した。 そして、ジャスティンの父、オールブライト伯爵は知っていてそれを咎めなかったのだ。
 数年後にその事実を知った時、二人は愕然とした。
 こんな馬鹿げた理由のために、マルティナは城を追い出されたのか、と。
「だが、今は昔とは違うんだ……」
 ライナスは、手綱を握る手にぎゅっと力を込める。
「自分の力で、俺たちでティナを守ることができる」
「うん、そうだね」
 そして二人は、先を行くマルティナに視線を向けた。
cont_access.php?citi_cont_id=438017643&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

 ある日 異世界 

拾ってくれた(?)のは、街一番(凶悪な)傭兵ギルド。そこで少年と勘違いされました――って、ちょっオッサン、剣を持たすな、鎧も着んわ! 異世界にトリップをしてしま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全101部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2016/07/06 03:11
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
賢者の失敗

失業中で切羽詰まっていた私。面接を受けに訪ねた会社で待っていたのは異世界から来たという胡散臭い自称賢者だった。見知らぬ城の庭園に放り出され、王子を狙う呪術師では//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全33部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2015/01/15 01:23
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全111部分)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 00:00
迷い人の憂鬱

ある日突然異世界に迷い込んでしまった千瀬。三人の美形王子達に見染められ、一度は逆ハーレム状態のヒロインの立場に祭り上げられるが、非の打ちどころのない美少女の登場//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全7部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2013/07/24 03:52
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全344部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 07:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全244部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/11/24 00:00
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 23:53
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部分)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。

 女性向けレーベル、アリアンローズ様より書籍版発売中です。ぜひにお買い上げくださいませ!  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界ら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全69部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2016/12/14 13:50
竜の卵を拾いまして

オムレツを作ろうとして割った卵から出てきたのは、赤いうろこに覆われた火竜の子供。希少な生き物なはずの竜がどうしてこんなところに?と不思議に思いながらも、一人では//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全150部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/12/13 15:16
異世界で地味な女が見合いした

『お見合いをすることになった、競争率激高な騎士様と』 異世界生活8年目、薔薇の品種改良にいそしみ地味に地道に生きてきた主人公リッカ。そんな渋めの女と、クールに見//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全28部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2013/03/10 22:49
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全41部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 23:53
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 12:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 22:19
目指す地位は縁の下。

異世界に飛ばされた女子高生、相馬沙羅は、彼女そっくりな貴族の令嬢の身代わりとして後宮入りする事に。 彼女の目下の悩み事は、後宮から逃げる事でも、後宮の一番になる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全120部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 00:00
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全178部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 02:16
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
勘違いなさらないでっ!

 男女の仲を破滅させ浮名を流し、兄と妹の結婚話の障害物として立ちはだかる悪女、シャナリーゼ・ミラ・ジロンド伯爵令嬢。すっかり気に入った悪女の役を、本当の自分をさ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全116部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/11/03 00:28
木陰のメリー

剣と魔法の世界、エルファーレン。そんなファンタジー世界に転生したメリアナ・ラニード、通称メリー。言語習得にやたらと時間を掛け、転生チートなんてものも無い彼女は現//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全20部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2014/12/31 23:10
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全181部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
ドラゴン・ライフ

私は人間(女)だった。だが名前が思い出せない。なぜなら私はドラゴン(雌)になってしまったからだ。 しかもある国での伝説級のドラゴン。主食は人間です。・・・・え?//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2014/01/22 21:33
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
男爵令嬢と王子の奮闘記

前世で身分違いの結婚をした記憶を持つ男爵家の令嬢シャナ。あんな苦労はごめんだと思っていたのに、ある日、女嫌いの王子を助けたことから運命の歯車が狂いだす。「お前と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 05:38
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 25 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
年齢詐称と政略結婚

苦節、異世界生活七年目。不思議な力なんて何もない。ただ必死に幼い王子の侍女として働いてきた、元アラサー女の『彼女』にある日、王太子が突然告げた。「自分の息子の乳//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全36部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2016/02/01 17:00
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 00:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
↑ページトップへ