挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
遊人現代忍者、王国ニ舞ウ 作者:樫屋 一茶
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

56/56

そこまで暇じゃないけど貴族達の遊び

ルミナスが屋敷を探検していたころ、エンドー・ダンドレジー領ベルナール街の昼下がり、最近流行りのカフェーで本を読みながらお茶を楽しむ未だ少女の面影を残した眼鏡の貴婦人・・・彼女を物陰から観察する二人の男がいた。
一人は金髪で長髪のエルフの優男。

「彼女が件の領主様かい?」

もう一人は頭の禿げ上がった人間の中年男性。

「ああ、我らを追い落とした忌々しい小娘だ」
「少し田舎っぽいけど悪くないね、寝取り甲斐がある」

優男はその筋ではマダムキラーとして有名な男だった。彼と一緒に居る中年男性は旧ダンドレジー家の男の一人である。彼がマダムキラー・ネトリーノを呼び出したのは他でもない、ダン子爵とクラリース女男爵の仲を引き裂き旧ダンドレジー家の復権を狙っての事であった

「あんな可愛いご婦人をほったらかして旦那さんは何をしているんだい?悪い男に食べられちゃったら大変じゃないか」
「ヤツなら自領で仕事をしているらしい」
「へぇ、じゃあご婦人は若い肉体を持て余しているってワケだ」
「必要な資金はいくらでもくれてやるから必ず成功させろよ。厄介な星の智慧社と縁が切れた小娘なんぞどうとでも出来るからな」
「お金を貰ってその上女を抱けるなんて願ってもない、丁度“前の財布”が壊れちゃって難儀していたんですよ」

ネトリーノは足取りも軽くターゲット、クラリース・エンドーの元へと向かった。

「やあ、お嬢さん。こちらの席にご一緒してもよろしいですか?」
「あら、うふふ。構いませんよ」
「何を読んでいらっしゃるんですか?」
「コレの事?学院教授が執筆した魔法研究の学術書ですの、父の書斎にあったので暇つぶしに持って来ちゃいました。貴方は魔法お得意ですか?」
「いえいえ、僕はどちらかといえば剣術の方が得意でして、この間、隣領の魔物退治にも参加してドラゴンを3匹仕留めましたよ」
「あらあら、勇敢でらっしゃるのね。素敵ですわ」
「あはは、ドラゴンと言っても小さいヤツなんですがね」
「そういえばお名前をまだ伺ってませんでしたね」
「僕の名前はネトリーノ、貴族の放蕩息子さ」
「私は・・・」
「ああ、貴女は有名ですから良く知ってますよクラリース卿、こんな素敵な街を造ったんですから知らない者なんて居ませんよ」
「ふふふ、お上手ですのね」

クラリースはパンと軽く手を叩いた。

「そうだわ、折角お近づきになれたのですからお茶でも如何ですか?このカフェーには他では味わえない珍しい風味のお茶もあるんですよ」
「へえ、それは楽しみですね」

クラリースが店員を呼び指示を出す。

「コレをお願いします」
「かしこまりました」

店員が持ってきたのは何の変哲もないティーセットだった。クラリース自らがカップにお茶を注ぐ・・・密かにネトリーノからは見えない様に粉末を混ぜながら。

「さあどうぞ、私このお茶大好きなんです」
「美人領主様からお茶を入れていただけるなんて僕は幸運だな」

そう言ってネトリーノがカップに口をつけた瞬間彼の舌と鼻に強烈な刺激が走った。

「ッッッ!?!?!?」
「どうかなさいましたか?」

見ればクラリースは同じお茶を美味しそうに飲んでいる。涙目になっているネトリーノにクラリースが不安げに問いかける。

「もしかしてお口に合わなかったかしら?」
「い・・・いえ、ゴホッ・・・決してそんな事はありまゲホッ」
「そう、それなら良かったわ・・・チッ」
「今、舌打ちしませんでした?」
「いいえ、何でも・・・そうだ!ココ最近主人が居なくて暇してたんです」
「(来た!)それでは一緒に遊びに行きませんか?」
「良いですね。丁度見たかったアクセサリーがあったんです。お付き合い願えますか?」
「ええ喜んで」
(多少トラブルはあったもののここまで順調に行くとは思っていなかった。チョロイもんだ)

二人で宝石店に入ると女性店員がにこやかに迎え入れてくれた。

「いらっしゃいませクラリース様、良い商品が入荷していますよ」
「ええ、それでは新作を見せてもらえるかしら?」

著名人御用達の高級店にしては価格は良心的・・・とはいえ簡単に手が出せる価格で無いのも確かだ。

「う~ん中々良いですが今は持ち合わせがありませんね。夫が戻ってからオネダリしてみようかしら?」

クラリースが悩んでいる素振りを見せるとネトリーノがチャンスと見て提案する。

「そのくらいなら僕のポケットマネーでいくらでも出せますよ」

その言葉を聞いた瞬間クラリースは花が咲いた様な笑顔になった。そして宝石店から外に飛び出すと大声で叫んだ。

「みんな~~~~買ってくれるって~~~~~」

その声に反応して一体どこに潜んでいたのか女性達が何人も何人も集まってきた。

「この方か好きな物を買ってくれるそうよ♪」

「わ~」と一斉に女性達が商品に群がっていく光景を見て危うくネトリーノは卒倒しそうになった。

「ちょ・・・ちょっと待ってくださいクラリースさん、流石に全員は・・・」

ネトリーノが言いかけた言葉を聞いてクラリースの表情が一気に沈んだ。

「夫でしたら笑顔で買ってくれますのに・・・残念です。もう帰ろうかしら?」
「そんな・・・いえ、少々驚いただけです。大丈夫ですよ。皆さん好きな物をお選びください」
「ホントに?それじゃあもっと楽しみましょう」

ネトリーノから乾いた笑いが漏れるがその事に気付かないのかクラリース達は遠慮無くアクセサリーを購入していく、念の為多めに活動資金を用意していたネトリーノのだったが、その八割程が失われた。

「ちょっと買いすぎちゃったかしら?」
「ン~ン、ゼンゼンソンナコトナイヨ」

クラリースが指をパチンと鳴らせば波が引く様に女性達は去っていった。

「そろそろお腹が空きましたね、銀の星で“軽く”お食事でもしましょうか?」
「(落ち着け俺、経費はいくらでも出るんだ)ええ、それじゃあ良い時間ですし夕食にでも」

勿論ただの夕食になる筈も無かった。
クラリースが店に入る直前に指をパチンと鳴らせば再びどこからか女性達が集まってくる。

「タダ飯が食えると聞いて」
「あれ?でもクラリース様って今朝、お風呂場で・・・」
「シッ!余計な事言わなくていいの」
「銀の星なら久々チリトテチンが食べれる~」

店に入るとクラリースが店員と挨拶を交わす。

「パーティー席を用意してください、それとメニューはステーキセットとデザートにチリトテチン、飲み物はジュースを人数分、お会計はこちらのネトリーノさんが“前払い”でお支払いします」
「え゛!?」

女性達が卓の方に案内されるがネトリーノの足は止まっている。

「ネトリーノさんどうかなさいましたか?」
「いや、僕はちょっとお手洗いに行ってきますね。アハハ」

そう言うとネトリーノはお店から飛び出してしまった。
クラリースに一人の女性が声を掛ける。

「よろしいのですか?逃がしてしまって」
「クライアントにお小遣いでも貰いに行ったのでしょ?ちゃんと見張りは付けてますし、直ぐに戻って来るわよ」

クラリースの言った通りネトリーノは戻ってきた。クラリースがその表情を見れば安心している様子が感じられる。金は十分用意出来たみたいだ。

「もう食事の準備は出来てますよネトリーノさん、貴方の為にお店で一番高いお酒も注文しましたの、このお酒はアジオ領のコンテストでも毎回上位に入賞する逸品なんですよ」
「美味しそうですね・・・ちなみにお値段は・・・?」

食べ物にそこまで金は取られないだろうとは思っていても、ついつい聞いてしまったのは彼の勘がそれなりに良かったからだろう。

「コ~ラ!食事の時にそんな無粋な話はしな~いの♪」

あっさりと断られてしまった。その事に少しずつ不安が湧き上がってきたネトリーノだが、それでも今後の成功報酬を考えれば些細な問題だった。
そう、またしても財布の中身が無くなりそうになってはいるが、堕としてさえしまえば何の問題も無い、依頼人も「必要な資金はいくらでもくれてやる」と言っていたではないか。
食事の後、クラリースが軽く挨拶するとまたしても女性達は何処かへと去っていった。その鮮やかな去り様にネトリーノが関心しているとクラリースが小声で甘えた様な声音で囁いた。

「最近ずっと寂しい夜を過ごしてきたんです。この路地裏の奥に知り合いの宿屋がありますのでそこで・・・」
(来った~~~~~~~~!!随分と金は掛かったが時間は掛からなかったな、本当は数日掛かけるつもりだったけど、やっぱりチョロい)

ネトリーノは案内されるまま宿屋に足を踏み入れて、指定された3階の部屋へ、早速クラリースを押し倒す。そして、ドレスをゆっくりと脱がせ、ブラを外すと二つの果実がこぼれ落ちた・・・いや、何かの比喩では無く本当に果物がベッドに落ちたのだ。

「・・・・・へ?」
「いやん♡(男の裏声で)」

そうしてクラリース?が立ち上がるとスカートを自ら脱ぎ捨てる。下半身は水色ストライプの猿股で足はムカつくくらいスベスベたまご肌だった。

「ななななな!?!?!?」

あまりのショックにバランスを崩したネトリーノは咄嗟にクラリース?の猿股を掴みそのまま尻餅をついてしまった。
猿股がズレた事で偽クラリース・・・段蔵の股間が露になる。

「ボウヤったら大胆ね~、いきなりそんな事したらビンビンになっちゃうじゃな~い♡(男の裏声で)」
「物干し竿!!」

下着を穿き直した段蔵は、何処に隠していたのか男物の衣服に着替える。

「人の女を寝取って捨てるなんざ、とんでもない悪党だな」
「お・・・お前は誰だ!?」
「俺が誰かなんてどうでも良い話だ。それより良いのか?」

段蔵がニヤニヤとネトリーノに視線を送る。何の事を言われているのかと疑問が浮かんだ。

「どういう意味だ?」
「いやな、今日この宿は俺の貸切になっててな、各部屋には、お前さんに寝取られた男や騙された女が待機してるんだぜ・・・と言う訳で皆さんどうぞ~~~~~」

開け放たれたドアの奥から殺気立った男女が何人も入ってくる。魔法の杖を構えた女魔法使いにナイフを持った熟女、棍棒を持った青年にフル装備でロングソードを構える騎士なんかも皆同じ様にネトリーノを睨んでいる。

「そんじゃお待ちかねの去勢タ~~~~~イム♪」
『うおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!』

段蔵の号令に一斉に飛び掛りネトリーノをボコボコにする。ネトリーノは殴られながらも渾身の力で逃亡を図った・・・・・しかし。

「あっ、ここ3階・・・」

窓を破って屋根をドタバタ転がり木箱の上に落下する様はまるでカンフー映画みたいだなと段蔵は思った。

『逃げたぞ!追え~~~~!』

皆はネトリーノを追いかける為に宿屋から出て行ってしまった。

「あ~~~~楽しかった」

宿屋を出ようとすると女主人に声を掛けられた。

「ダンゾー様、折角床の用意が出来てますのにそのまま帰られるおつもりですか?」

いつの間にかネトリーノを追いかけた連中と入れ替わりで段蔵の妻達が宿屋に入ってきた。

「あ~、やっぱそうなるか」
「ええ、今夜は“貸切”でございますので・・・」

一方逃げたネトリーノはボロボロになりながらも旧ダンドレジー家の中年ハゲ親父と合流していた。

「どうした?そんな姿になって、クラリースはちゃんと堕としたのか?」

ネトリーノはハゲ親父を睨みつける。

「何が世間知らずの小娘だ!ヤツには物干し竿が・・・物干し竿が・・・」
「おい、落ち着け!一体何が・・・」

ハゲ親父が言葉を続ける前に周辺から兵士達が集まってきた。

「おい貴様達!!通報にあった詐欺師のネトリーノ一味か?」
「ま・・・待てワシは違・・・」
「ええい、話は詰め所で聞いてやる。さっさと来い!!」
「アンタがこの仕事さえ持って来なけりゃこんな事にはならなかったんだ!」
「バ・・・ワシの関与がバレたら仲間だと思われるだろうが!」

この後も、お互いの罪を擦り付け合い、見事に二人とも詐欺罪で逮捕されてしまったとさ。
タイトルは某魔物原動機の持ちネタから。
次回は怪盗仕事の話。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

 ある日突然、美の女神アフロディーテにより異世界《アーテルハイド》に送りこまれた少年・カゼハヤソータ。  その際ソータに与えられた職業は、ぶっちぎりの不人気職業//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全137部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/23 06:26
異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

 スキルを奪って成り上がれ!!  武術の天才――近衛悠斗が召喚されたのは、奴隷たちが売買される異世界であった。  悠斗はそこで倒した魔物のスキルを奪い取る《能力//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全224部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/08/23 05:50
ログインボーナスでスキルアップ~寝て起きて成り上がる~

 ――よく寝れば、より強くなる。  俺の魔道書は、目覚める度にログインボーナスで魔法やスキルなどをくれる。他の人は頑張って魔道書を読みこんで、新たな魔法やスキル//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全165部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 01:07
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全378部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 22:48
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全279部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 18:00
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 22:01
NO FATIGUE 24時間戦える男の転生譚

ゲーセンから出たところで通り魔事件に出くわした主人公は、女子高生を助けようとして通り魔ともみ合いになり、通り魔を刺殺してしまう。主人公はそこに折悪しく現れた警官//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全178部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 06:00
エルフ転生からのチート建国記

天才魔術師は、魔術を極めないまま死にゆく運命に抗うため、記憶を残して輪廻転生する魔術を作り上げた。輪廻転生を繰り返し、三十一周目の世界で魔術師はエルフの村に住む//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全105部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 15:17
異世界マッチメーカー ~あべこべ世界と日本を行き来する~

通信制高校に在学しながら古物商に非常勤職員として勤める、人のいい少年、繋句(つなぐ)。 彼はある日、公園で行き倒れの老人を助ける。 老人は自分を大魔術士だと告げ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全96部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/07/03 18:00
転生して田舎でスローライフをおくりたい

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。 「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 12:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全166部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 00:00
一兵士では終わらない異世界ライフ

親の脛を齧って生きる無職の男、後藤弘は変わろうと思いトラウマ多き外に出る。そこで交通事故に遭い敢え無く死亡。そして気がついたら変なところに。目の前に現れたのは神//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/07/08 15:15
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1466部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/22 18:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~(旧:古今東西召喚士)

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全447部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 19:02
俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全290部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/06/08 23:58
俺だけ帰れるクラス転移

ある日、クラスメイト達と共に異世界に召喚された羽橋幸成。深い森の中にあった石碑に書かれていた彼の能力は物を移動させる『転移』。彼と同じく様々な能力に目覚めたクラ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全233部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2016/05/25 10:00
回復魔法を得た童貞のチーレム異世界転移記

情けは人の為ならず。 その言葉を信じ、人に尽くし利用され続けた30代の男。 人生が終わるその時、彼は異世界に転移する事となった。 彼の希望は、無論女性にモテ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全130部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 07:00
異世界は幸せ(テンプレ)に満ち溢れている

2017年秋に3巻がTOブックスより発売予定。 --- 内野亮二(うちの りょうじ)は、いつもと違う道で神様と出会い『異世界に行ってもらいます』と明るいノリで告//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全423部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/08/13 17:40
賢者の教室~出席するだけでレベルアップ

 出席するだけで強くなる。  レベル2に上がるのも、レベル99に上がるのも変わらない。賢者の魔法塾で出席する度にレベルが一つ上がる。  平均レベル20の世界//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全53部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2016/05/05 18:03
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで好評発売中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全182部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/15 21:00
酷幻想をアイテムチートで生き抜く

 内気で目立たない高校生(隠れ中二病)が、残酷なリアルファンタジーに転移して知恵と勇気となけなしの能力で生き抜く物語です。  本人は、魔剣の勇者になりたかったら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全299部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 17:48
奪う者 奪われる者

佐藤 優(サトウ ユウ)12歳  義父に日々、虐待される毎日、ある日 借金返済の為に保険金を掛けられ殺される。 死んだはずなのに気付くとそこは異世界。 これは異//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全229部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 18:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 10:52
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全382部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 11:00
マンガを読めるおれが世界最強~嫁達と過ごす気ままな生活

魔導書を読めば魔法を覚えられる世界、その魔導書の内容はマンガだった。 異世界人は一冊読むのに一年くらいかかるけど、おれにとってはマンガだから一時間もかからない。//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全120部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/03/24 04:10
ドリーム・ライフ~夢の異世界生活~

 45歳の冴えないサラリーマンが異世界に転生?!  趣味なし、バツイチ、恋人なしの灰色の人生を送っていた男が、辺境の騎士の家に転生し、その能力をいかんなく発揮し//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/08/22 12:00
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全307部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 19:55
チート魔術で運命をねじ伏せる

 召喚された異世界で、ソージは最強魔術師だった。ゲームの中で開発した魔術理論が、すべて「現実」となっていたからだ。さらにソージはこれから起こる「出来事」を知って//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全150部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 21:11
スキルトレーサー

両親が亡くなった4歳の頃から人間国宝の祖父の下で古武術を学び、日本にいながらも戦いや殺す技術を学んだ。 そろそろ高校卒業となったある日、「異世界から無理矢理呼び//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2016/04/05 08:09
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全102部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/15 14:13
異世界でスキルを解体したらチートな嫁が増殖しました  − 概念交差のストラクチャー −

書籍版はカドカワBOOKSさまより、3巻まで刊行中。4巻は秋ごろ発売予定です! コミカライズ版は「ドラゴンエイジ」で、ただいま連載中です! 異世界に召喚された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 18:00
ガチャを回して仲間を増やす 最強の美少女軍団を作り上げろ

 今巷で話題となっているソーシャルゲーム。それにのめり込む一人の男性がいた。  彼はいつものようにガチャを回していると、何故か異世界へと招待されてしまう。  頼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全139部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 23:01
くじ引き特賞:無双ハーレム権

ドラマCD付き第7巻12月15日発売! 商店街でくじを引いたら、特等賞で異世界にいける権利をもらった。 さらにくじを引いたら、出てきたのは用意した側も予想外の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全249部分)
  • 9 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 22:19
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 19:00
↑ページトップへ