挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界でアイテムコレクター 作者:時野洋輔

Episode03 海上都市

66/612

雷音轟く魔道書作成

~前回のあらすじ~
一角鯨と戦う決心をしました。
 一角鯨と戦うと決まった以上は、武器を作らないといけない。
 ちなみに、一角鯨が復活する、と言ってたが、前回はどうやって倒したんだ?

(アイランドタートルの夫と私の部下20万の魔物で攻撃をし、ようやく退けることができました。その結果、アイランドタートルの夫と私の部下のほとんどが死ぬこととなりました)

 ちなみに、その時、すでに人間はアイランドタートルに住んでいた。その戦いのときは、アイランドタートルの妻の背で戦いの行く末を見守っていたのだと、マユは思念で語ってくれた。
 マユの配下の魔物はその後、海底で少しずつ数を増やしているが、かつての1割にも満たないという。
 つまり、一角鯨が完全に復活するとしたら、同じ手は使えないということか。

 一角鯨の弱点は、やっぱり雷属性だよな。
 でも、雷属性の攻撃のための材料ってなんだ?

 いや、とにかく今はいろいろ作ってみよう。
 まず、遠距離攻撃、現在俺が使える手段としてはファイヤーボールくらいなんだから、この威力を上げたい。
 まずは装備で可能な限り上げよう。

 そう思い、魔術の上がりそうなアクセサリのレシピを模索する。
 帽子か杖かアクセサリーか。

【叡智の指輪】

 なんかとてもいい名前の指輪があった。指輪と翡翠、そして魔石で作ることができるらしい。
 アイテムバッグからプラチナインゴットを取り出し、プラチナリングを作成。
 マユに見られているが、心を読まれるなら隠すことはできないだろうということで、堂々作る。

(友好の指輪の効果はそこまで万能ではないんですよ)

 いや、心の声にツッコミを入れられている時点でもう隠し事する気はないよ。
 翡翠と魔石を取り出して叡智の指輪を作成した。

 緑の宝石のはまった指輪ができあがる。

……………………………………………………
叡智の指輪【魔道具】 レア:★×5

世界の声を聞くことができる指輪。
世界の声、つまりはシステムメッセージ。
……………………………………………………

 システムメッセ―ジってもしかしてあれか? きっとそうだよな?
 試しに叡智の指輪を左手小指にはめ、アイテムバッグから今日はまだ飲んでいなかった力の神薬を飲んだ。

【筋力が10%上がった】

 世界の声、つまりはシステムメッセージが脳内に流れた!
 って使えねー!
 いや、役に立つかもしれないからはめたままにしておくけど。
 毒におかされた時とか咄嗟にわかりそうだしな。

 でも、今回は使わない。次だ。
 次は鳴音の指輪。なんか魔法が大きく増幅されそうな気がする。

……………………………………………………
鳴音の指輪【魔道具】 レア:★★★

声が大きくなる指輪。連続で使えば使うほど大きくなる。
近所迷惑なので使用上の注意を守ってお使いください。
…………………………………………………… 

 もっと使えない! プラチナリングがレア度★4つだから、レア度下がってるし。
 次だ!

……………………………………………………
銀河の指輪【指輪】 レア:★×6

宝石の中が星々が散りばめられたみたいに綺麗に見える。
世界一美しい指輪と呼ばれる。そのため世界一高いかも。
…………………………………………………… 

 確かに綺麗だ!
 次だ!

……………………………………………………
強度の指輪【指輪】 レア:★★★

とても硬い指輪。防御力+1。
象が踏んでも壊れない指輪。
…………………………………………………… 

 うん、とりあえず保留。
 くそ、なかなかいいのができないな。せめて、雷関係のアイテムでもあればいいんだが。

(あの、雷関係のアイテムがあればよろしいのでしょうか?)

 そう声をかけた……いや、思念をかけたのはマユだった。
 思念をかけるって言葉的には正しいのだろうか?

 ああ、雷関係のアイテムがあったらいいんだが。

(その銀河の指輪をくださりませんか?)

 ん? ああ、使わないからいいけど。
 持って帰ってもメイベルに売ってもらうつもりだっただけだし。

(ありがとうございます。では――)

 マユは海をじっと見つめる。
 何をしているんだ?

(少しお待ちください。今、呼んでますから)

 呼んでる?
 誰を?

 その答えはすぐにわかった。
 海に30匹の魚影が現れた。
 よく見ると、その魚には二つの大きな特徴がある。
 大きな口に立派な二本の髭……ナマズか。
 ……琵琶湖にもいたな、ビワコオオナマズ。あれは釣るのに苦労した。
 だが、魔物のためか、それよりもはるかに大きい。

(彼らはライデンナマズと呼ばれる私の部下です。彼らのヒゲには雷を貯める力があります)

 ……ライデンナマズ、デンキナマズみたいなものか?
 この髭を使っていいってことか?

(はい、彼らは綺麗な宝石を心より愛しています。銀河の指輪を報酬にすることと、一角鯨を倒すためだと話したところ、快く髭を提供してくれるそうです)

 ライデンナマズにとって髭は命の次に大事なものらしい。
 それを提供してくれるのか。それは助かる。
 だが、どうやって切ればいいのだろうか?

(今は電気の放流を抑えています。素手で触っても大丈夫ですよ)

 そうか。ならば……と俺は鉄のインゴットを取り出して、そこから鋏を作り出した。
 そして、ライデンナマズの髭を切っていく。

……………………………………………………
雷の髭【素材】 レア:★★★

ライデンナマズが落とす髭。雷属性の効果がある。
この髭が震えると、地震と雷が同時に起こると言われる。
…………………………………………………… 

 雷属性のアイテムゲットだ。
 それにしても、地震と雷が同時に起こるって、あと火事とおやじがおこれば日本の4大災害が成立するじゃないか。
 まぁ、昔からの迷信なのは間違いないが。

 魔物を殺さずに奪った素材は、魔物を殺すと消えてしまうが、その前にこれを材料にしたアイテムを作ったら無くならない。
 殺すつもりはないが、一角鯨が目を覚ましたら彼らも100%無事とは限らないだろう。

 俺は30匹全員の髭を切っていき、計60本の雷の髭を手に入れた。
 これで何を作るか?
 新しく追加されたレシピを見ていく。

 やっぱりあったか。

 白紙スクロールを取り出し、雷の髭とともにアイテムクリエイトする。

……………………………………………………
雷鳴の巻物【巻物】 レア:★★★★

雷の魔法書。使用することで雷魔法を複数覚える。
修得魔法【雷落下サンダー】【雷障壁サンダーバリア】【雷剣サンダーソード
……………………………………………………

 2属性目の魔法書が完成した。
 俺はさっそくそれを読む。
 雷とは天からの裁き、なにものよりも迅く、なにものよりも鋭いその一撃は、確実に対象を捉える。
 みたいなことが書かれているが、まぁ、内容は気にせずに斜め読みをした。

 すると、

【雷魔法スキルを覚えました】
【【雷落下サンダー】【雷障壁サンダーバリア】【雷剣サンダーソード】を覚えました】
【雷耐性値が上昇しました】
【×××のレベル効果により、雷魔法スキルレベルが3に上がりました】
【最大MPが15上がりました】
【雷魔法スキルと炎魔法スキルを覚えたことで、雷炎魔法スキルを覚えました】
【雷炎魔法は現在使えません】
【最大MPが5上がりました】

 おぉ、システムメッセージ大活躍だ。
 ×××のレベル効果により雷魔法レベルが3にあがった?
 雷炎魔法とか新たなスキルを覚えていた。
 だが、今は使えないらしい、残念だ。
 MPも20も増えた。

 次は、雷属性の武器を作っていく。
 そうだ、もう一つ、大事な準備もしておかないとな。

 いざとなったときに逃げるための持ち運び転移陣をルシルに作ってもらわないと。

(……いざとなったら逃げるのですね)

 マユがそう言う。なぜかその声はどこか安堵が含まれているように感じた。

 当たり前だ。いざとなったら逃げるよ、俺、魔王だし。
 でも、それはあくまでも最後の手段だ。

 なにせ、うちのバカ勇者様は最後まで絶対に逃げようとしないだろうからな。

 ちょうどその時、噂をしていたクリスティーナからの通信が入った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ