挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界でアイテムコレクター 作者:時野洋輔

Episode03 海上都市

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

53/730

水着だらけの海水浴

~前回のあらすじ~
クリスが海賊退治の依頼を受けた。
 さて、何事もなくルシル、コメットちゃん、タラを呼ぶことに成功した。
 ルシルが怒っているが、コメットちゃんは顔を赤らめているが、俺の左頬が赤く腫れ上がっているが、何事もなかった。

「これが海の香りですか……不思議な感じですね」

 コメットちゃんが鼻をピクつかせて言う。
 コボルトとしての嗅覚が残っているのだろうな、ルシルはまだ感じていないらしい。

「迷宮の中だから風が吹かないのが残念だけどな」

 そう言って休憩室の扉を開けた。
 ルシルを先頭に、コメットちゃん、タラが外に出てきた。
 そして――

「……うわぁぁぁぁぁぁ」

 広がる海を見て、ルシルが感動に打ち震えていた。
 コメットちゃんも同じようだが、タラだけはきょとんとした顔で海を見つめていた。
 タラには感動の心はないのか。

「凄い、コーマ、水浸しよ!」
「床上浸水して掃除が大変だと思う主婦のような感想を言うな!」
「あたりがビショビショよ」
「もっと表現がおかしくなった。通り雨に振られて濡れ鼠になったような感想だな」
「コメットちゃんとタラはは濡れ鼠じゃなくて濡れ犬ね」

 確かに……人化していなかったら、全身を震わせて水を飛ばす二人の姿が容易に想像できる。 

「ところで、泳ぐか? 一応水着は作ったが」
「水着?」
「あぁ、泳ぎに適した服だ」

 そう言って、俺は三人分の水着を取り出す。

「えっ、コーマ様、それ、まるで下着みたいですが」
「俺の世界じゃ普通の水着だぞ?」

 普通のビキニタイプの水着だ。
 流石にTバックタイプだったり、ヒモパンだったりはコメットちゃんには履かせられない。
 頼んだら彼女なら絶対に履いてくれる。でも、そんなの無理やり履かせるようなら、俺は魔王じゃなくて小悪党に成り下がる。
 うん、頼むときはもっと彼女がノーと言える日本人になってからだ。日本人じゃないけど。

「私のはこれ? いいわね、黒くていいデザイン。コメットちゃんより露出も少ないし」

 コメットちゃんの水着を見て、ルシルは安心して従業員室に入っていく。
 コメットちゃんもルシルの後についていき、扉が閉められた。
 鍵がかかる音が聞こえる。

 あ、タラの水着は普通にブリーフタイプの水着な。
 俺はトランクスタイプ。
 ちなみに、全ての水着は【ランク★】の通常アイテム。
 あぶない水着とか魔法のビキニみたいに、戦闘に使える水着はまだ作っていない。
 でも、作ってみたいとは思うよな。ビキニアーマーとか。
 クリスにはよく似合いそうだ。

「じゃあ、俺達はここで着替えるか」

 俺が言うと、タラは頷き、毛皮のズボンに手をかけた。

……タラって、今の姿は美少女のような美少年なんだよな。

 いつも上半身裸なので女の子と間違うことはまずないのだが。
 それでもこうしてズボンを下ろすと、タラが男だと再認識――


 うん、暫くタラのことはタラ兄さんと呼ばないといけない気がしてきた。
 一体、そんな大剣、どこに隠し持っていたんだよ。
 タラとしてでかいのか、ゴーリキとしてでかいのか、それとも二人ともでかかったのか。
 くそっ、大きければいいってもんじゃないぞ。

 着替え終わってもルシルたちが出てくる様子はないので、俺は浮き輪を膨らませることにした。
 タラに泳げるか? と聞いたら、湖を3日かけて泳いで横断したことがあるということなので、問題ないだろう。
 それはタラとしてか? ゴーリキとしてか? と聞きたかったが、まぁ、後者だろうな。
 あの人、人間の規格を完全に無視してるから。

 ルシルはイメージ的に泳ぐのが苦手そうだ。
 コメットちゃんはわからないなぁ。犬かきとかは得意そうだけど。

 浮き輪を膨らまし終えたころ、封じられた天岩戸が開いた。
 最初に出てきたのはコメットちゃんだった。

 うぉ、タラがどこかになにを隠していたように、コメットちゃんも着やせするタイプだったのかな。
 出るところがそこそこ出ている。普通にCカップはあるんじゃないだろうか?
 くそ、鑑定眼がアイテム限定なのが辛いぜ。

「あ……あの、似合ってますか」
「コメットちゃん! 一周ぐるっとその場でゆっくり回ってくれないか?」
「え? あ、はい」

 そういい、コメットちゃんはゆっくりと回っていく。

「ストップゥゥゥっ!」

 俺はそこで止めた。
 うわ、尻尾の付け根あたりが膨らんで、尻尾が水着から出ている。
 うわ、なんだ、俺、尻尾属性なんてあったのか!?

 やべぇ、すごくもふもふしたい、あの尻尾。

「あ、あの、コーマ様、やっぱり尻尾の部分、穴開けたほうがよかったですか? コーマ様からいただいたものに穴を空けることができなくて」
「いや、グッジョブだ、コメットちゃん!」

 俺が涙を流して親指を立てる。
 異世界に召喚されてよかった。
 ありがとう、ルシル、召喚してくれて。

「コーマ、なんで泣いてるのよ」
「おう、ルシルも着替え終わったか。いやぁ、ルシルも想像通りよく似合って……ぶふっ……いや、よく似合ってるぞ、るしる……ぶはっ」

 やば、思ったよりツボに入った。
 だって、ルシルの水着……スクール水着だしな。
 しかも、名札付。
【3-2 るしるちゃん】
 と白い布に油性マジックで書かれている。
 やばい、想像以上に似合っている。

「どうしたの? もしかして私の水着姿に興奮してる?」

 ルシルはニヤニヤと笑って俺を見てきた。
 あぁ、ある意味お前のその姿で興奮してるんだがな。
 言わないよ、せっかく気に入ってくれたんだし。

「じゃ、海に入るか。とはいえ、砂浜はないから、水に入るといきなり底のない状態になる。コメットちゃん、泳ぎの経験は?」
「ありません」
「ルシルは?」
「ないわ」

 ない胸を張って自信満々に言った。
 浮き輪を用意して正解だな。

「じゃあ、浮き輪を渡すから、それを付けて離さないようにな」

 こうして、俺たちはそれから、海で泳いだ。
 楽しい時間はあっという間に過ぎて行った。
 そして……

「おおい、コーマ!」
「あ、メアリさん! いい物件ありがとうございます」

 俺は海の中から手を振ってこたえる。

「気にすんな! そいつらがあんたの仲間か?」

 問われたので、俺は三人を紹介、コメットちゃんに関しては「グー」の名前で紹介した。
 今後、クリスと会った時にコメットちゃんがいた、とか話されたら困るからな。

「村を案内したいんだ。ついてきてくれないか」
「わかった。じゃあ、タラ、二人をよろしく頼む」

 そう言い、俺はタオルで身体を拭くと家の裏手で着替えて、メアリと一緒に村へと向かった。
 メアリを見るコメットちゃんの目が少し厳しそうだったのは……気のせいだと思いたい。
本日最後の更新です。

明日からは通常の予約投稿更新に戻ります。
ブックマーク数5000人、評価200人、それぞれ突破しました。
ありがとうございます。
本日から読み始めた皆さまも、初投稿から読み始めた皆さまも、
異世界でアイテムコレクターをこれからもよろしくお願いします。

あと、今回の海水浴の裏話は、いつか閑話で書こうと思います。
新作紹介 そのスライム、ボスモンスターにつき注意
スライムに人外転生した男がダンジョンのボスになり、いろいろと面白おかしく生きるファンタジーコメディーです!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ