挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レグルノーラの悪魔〜滅びゆく世界と不遇の救世主〜 作者:天崎 剣

【22】虚無の先に

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

96/134

96.召喚

 俺の視線が古書の黒塗り部分から離れないのを、マシュー翁はいたく心配しているようだった。
 本当は一瞬で読み終えたのを、俺は何度も反芻した。≪完全なる竜人≫≪自らの命をもって≫というその記述の中に隠された意味をどうにか読み取ろうとしていたのだ。
 背中の方で見守ってくれているモニカとノエルにも、どうやら俺の動揺が伝わっているらしく、彼らの緊張感が益々俺を追い詰めた。
「……なんと、書いてあったのじゃ」
 しびれを切らしてマシュー翁が尋ねてきた。
 俺はハッとして顔を上げたが、きっとかなり青ざめていたのだろう。俺の顔を見た途端、マシュー翁の顔が曇った。
「おおむね、予想通りのことが」
 そう答えると、マシュー翁はまぶたにかかった長い眉をピクリと動かした。
「そうか……。やはりの。都合の悪いことは表沙汰にできなかったからこそ、塗りつぶされたということなのじゃろう。救世主殿にとっては辛い文章であったろう」
「いえ。大丈夫です」
 気丈に振る舞っては見せたが、笑顔を作ることもできない程度には身体が震えていた。
「ところでマシュー翁は、ディアナが何故俺を選んだのか理由を知ってはいるのですか」
 震える拳を握りしめ、一つ、どうしても引っかかっていることを思い切って尋ねた。
 マシュー翁は長いあごひげを撫でながら、そうじゃのと思案し、俺から視線を逸らした。
「塔の魔女の考えは儂らにはわからんよ。ただ、彼女もお主と同じようにこの世界に束縛されている一人じゃからの。お主が選び出されたのは偶然ではないじゃろう。見えないところに見えない力が働き、偶然を装って運命が形作られていくというのはよくあること。直接本人に問いただすのが筋じゃろうな。果たして本人が真実を語るかどうかは別として、じゃがの」
 ふぅと長いため息を吐くマシュー翁を見ていると、塔と干渉者協会の間にも見えない軋轢のようなものがあるのではないかと邪推してしまう。しかし今は、そんなことに引っかかっている場合ではない。
「あの」と俺は思いきって切り出した。
「しばらくの間、ここに通って調べ事をさせていただいてもよろしいですか」
「調べ事?」
「俺はあまりにもこの世界のことを知らなさすぎて。ここなら本もいっぱいあるし、今後役に立ちそうな情報も手に入れられるんじゃないかと思って」
「それなら」と後ろでモニカが声を上げる。「電子媒体でも確認できると思いますよ。端末を持ち帰れば、館でも自由に読めますが」
 気を使ってくれたのには感謝したい。けど、残念ながら俺は“向こう”でも電子書籍は苦手だった。
「手で本をめくった方が頭に入る。この膨大な本の中から必要な情報を手に入れるのは簡単ではないと思うんだ。マシュー翁さえよろしければ、通わせてもらっても?」
「それは構わんが……。調べ物に没頭して魔物や悪魔を放置するのは感心せんぞ。そこはどう穴埋めするつもりじゃ」
 救世主は一般人や市民部隊をこれ以上巻き込まないようにするための(おとり)でもあるとディアナは言った。俺もその考えには賛同した。だのに、調べ事をするからと引きこもるとなると、確かに矛盾してしまう。
「“召喚”……ってのはどうかな」
 今度はノエルが声を上げた。
「魔物が出たらコイツを“召喚”するよう、部隊や塔の能力者に通達でも流したら。本来は竜や召喚獣を招きだして味方として戦わせる魔法だけど、どうせコイツの身体には竜が入り込んでるんだし、半分竜みたいなもんなんだろ? だったら、その方法で現場に呼び出せるんじゃないか?」
「救世主殿を召喚獣扱いするとはなんと罰当たりな……!」
 流石のマシュー翁も声を荒げた。
 しかし俺は、その目から鱗のアイディアに嫌悪感は覚えなかった。
「それでも構わない。エマージェンシーコールだと思えばいいわけだし。それがダメなら、モニカとノエルを通じて呼び出してくれてもいい。敵と戦うのを拒むわけじゃない。俺は恐らく残り少ないだろう時間を、どうにか有効に使いたいだけだ」
 そう、時間などないのだ。
 いつかの竜が砂漠から都市に現れ猛威を振るうかわからない。それでなくとも以前より強い魔物があちこちに出没している。
 それに、黒塗りの文章にもあったあの記述も気になる。俺も≪やがて完全なる竜人となって≫しまうのだとしたら、それはもしかして遠くはない未来で、既にカウントダウンが始まっているのだとしたら、急ぐに越したことはないのだ。
 一連のやりとりにマシュー翁は苦い顔をした。到底納得はできないと、全身で訴えている。
「……かといって、誰にでも簡単に呼び出せるようにと言うのは気が引ける。部隊に派遣している能力者にまず、このことを伝えよう。召喚に応じるか否かは、その時々で救世主殿自身が判断なされよ。そこまでして知りたいものがあるのじゃろう。止めはせん。この部屋には儂の許可などなくても好きに出入りするといい。ドリスにも良く言い聞かせておく。無理だけはなさらないでおくれよ。大事な……身体なんじゃからの」
「ご理解、ありがとうございます」
 俺は深々とマシュー翁に頭を下げた。


     ■━■━■━■━■━■━■━■


「何考えてんだよ、馬ぁ鹿」
 俺のことを協会で話し合うとマシュー翁が部屋を開けたのを良いことに、ノエルは早速悪態を吐いた。
「悪いな。わがままばっかり言って」
 書棚から本を取り出しながら、俺は背中越しに形式的に謝った。
「干渉者としてもまだ未熟なのに、突然救世主の肩書きを与えられてしまったんだ。せめて知識を蓄えて、役に立てるようにならないと――なんてのは冗談で。ドレグ・ルゴラと、ヤツを倒した干渉者の情報が知りたい。弱点はないのか、どうやってヤツを封じたのか。具体的なことがわかればもしかしたら対処のしようもあるのかもしれないと思って。俺はこの世界のことを何にも知らないからさ。協力してくれよな」
 パラパラと本をめくる。この作業をどれくらい繰り返せば、俺の知りたい情報に辿り着くのだろうか。
「黒塗りの部分には何と書いてあったのですか」とモニカが聞いた。
 正直に答えれば、彼女は泣くかもしれない。
「俺はどうやら、金色竜と共にかの竜を倒した干渉者と同じ運命を辿っているようだと、それだけ伝えておけば納得する?」
「というと?」
「悪いけど、これ以上は話せないかな。モニカもノエルも、余計な心配はしなくて良いから。とにかくそれらしき情報があったら教えてくれ」
 モニカはシュンとしょげるような声で、ノエルはフンと鼻で息をして、それぞれ俺に返事した。
 言えない。言えるわけがない。
 俺は死ぬ。
 同じ道を辿るならば、かの竜と共に俺は死ぬ。
 先の干渉者が力が足りず封じるだけで終わってしまったのだとしたら、俺は差し違えて死ぬ覚悟じゃないとこの世界は救えない。
 この世界どころじゃない。“表”の世界だって。
 俺の存在が消えてしまった世界を救おうとするなんて滑稽だと頭ではわかってる。けど、俺はどうにかして成し遂げたいのだ。
 何が俺を突き動かすのか、何がそこまで追い詰めたのかわからないけど、一つだけ言えるのは、せめて生きた証を残したい。それだけ。


     ■━■━■━■━■━■━■━■


≪表の世界から干渉者が訪れるようなったのは、時空が(ひず)み、それぞれの世界が偶然に接触して、ゲートと表の世界の人間が呼ぶ穴がいくつも空いたからだと考えられている。目に見えない無数の穴から互いの世界に迷い込む者が現れ、その中でも互いの世界に順応し、自由に二つの世界を行き来できる能力を身につけた者を干渉者と呼んだ。
 干渉者は魔法を操り、頭で思い描いたものを具現化する能力を持っているが、このとき現れる物体は二つの世界のどこかから取り寄せるものとは限らない。干渉者が想像することで精製される場合、その物体は空間の狭間で形作られ干渉者の手元に取り寄せられるのだというのが一般的な見解である。
 時空の狭間には何もないという学者も居るが、そうではなくありとあらゆる物質の素となる元素が存在し漂っているのだという説もある。干渉者は漂う様々な元素の中から無意識に必要な元素を探し出し、新たな物体を作り上げて具現化させ、手元に引き寄せているのではないかという考えである。
 二つの世界を行き来する場合、通常は精神体のみを移動させる。これは主に身体的負担を軽減させるためだと考えられる。もう一つの世界に渡ったあと肉体が実体化するのは、干渉能力の一つである具現化が有効に働いた場合のみであり、この能力が低い場合は実体化できず、単に世界を俯瞰するのみで終わる。≫


≪相手の世界に悪影響を及ぼし、魔物を発生させたり紛争を引き起こしたりする干渉者を主に悪魔と呼ぶ。悪魔は主に2種類存在し、その一つは自らの憎悪を 肥大化させた者、もう一つは第三者により唆され力を得た者に分類される。
 前者の場合はその存在に直接語りかけることで干渉を止めさせることもできるが、後者の場合は直接的要因が異なることから、力の源を断つ必要が出てくる。
 このうち後者の方法で何度も世界を混沌に陥れたのが、ドレグ・ルゴラである。
 ドレグ・ルゴラは素質のあるなしに関わらず、多種多様な人間を引き込み、悪魔の力を与えた。それは表裏二つの世界双方で見られ、彼らに共通項の少ないことから、どういった人間が標的とされたのか分析は難しい。≫


≪悪魔の力を持った干渉者は、その力を増大させることによってもう一つの世界に干渉する。主にゲートを通って力が注がれるため、異変はまずゲート周辺に現れる。
 始めはこの周囲にいる人間や動植物に異変が起き、それから徐々に同心円状に波及していく。紛争や政争はもとより、実体化した魔物などによって暴動が起きることもしばしばである。
 悪魔は他の善良なる干渉者と同じく、自分の力を故意に使う者がいる一方で、無意識に使う者もいる。無意識とは本人の自覚のあるなしであり、干渉行為自体を夢や幻想、幻覚だと錯覚している場合は無意識による干渉である。≫


     ■━■━■━■━■━■━■━■


 身体の周囲が急激に光を帯びて、俺は本を読む手を止めた。
 魔法陣が頭上に光り、俺の身体を照らしている。
 ――“救世主よ、我が召喚に応え給え”
 一応気遣いのある文章を書いたんだなと上を見上げて苦笑い。一緒に協会の会長室で資料を漁っていたモニカとノエルも魔法陣に気がつき、その場に本を置いて寄ってきた。
 魔法陣の文言にYESの意味で手を当てると、光は緑色から黄色に変わった。
「救世主様、私たちは追ってそちらに向かいます」とモニカが言う。
 俺は強くうなずいて、光の中に意識を溶かした。


     ■━■━■━■━■━■━■━■


 ゆっくりと目を開ける。
 灰色の空と共に、根元から折られた木々が目に入る。
 ギシャーッという聞き覚えのない獣の声に反応して振り返ると、今まさに巨体の猿が数体、目と牙を光らせ太い枝の上で木を揺さぶっていた。
「救世主様!」
 誰かが叫んだ。
 10人程の小さな部隊が息も絶え絶えに地に張り付いている。数人は傷が深く、今にも力尽きそうだ。能力者が2人必死になって治癒魔法を施しているが、とても間に合いそうにない。
「協会の話は本当だったのか……!」
「お願いです、魔物を」
 口々に助けを乞う彼らに俺は無言でうなずいて、猿に向き直った。
 大猿たちは新たな敵に興奮したのか、大きく身体を上下させた。木々が激しく揺れ、葉が何度も擦れ合った。ゴリラと言うよりは身軽な猿だ。長い手を幹に回し、腕に重心を乗せて思い切り飛び上がった。こっちに来る!
 武器を具現化させる――両手剣をしっかりと握り、胸当てを纏う。鋭い牙を見て、腕と足にも装備を追加。動きを鈍らせない程度の武装。
 地面に着地し、明らかなる敵意を持って向かってくる大猿らに剣を振るう。懐に入り斬る。2体、3体。終わったかと思うと、更に森の奥から猿が飛び出してくる。
 ここは森の入り口か。都市と森との境、元々魔物が棲むと言われている場所ではあるが、それにしてもこの凶暴化は、やはりかの竜の仕業なのだろうか。
 一拍遅れて地面に魔法陣。モニカがノエルを引き連れて現れた。モニカは周囲をざっと見渡し、
「お手伝いします」と咄嗟に魔法陣を錬成する。淡い緑色の光、彼女の得意な援護系魔法。刻まれる文字、――“風の如き速さを与えよ"。刻み終えるまでの時間が短い。流石。身体が軽くなる。
「サンキュッ」
 礼を言って剣を構え直す。炎を纏わせ、魔法剣に。獣には炎が効くと相場が決まっている。あとはこの間のテラの指摘通り、斬る瞬間だけ竜石の力を使えば。
 モニカが続いてもう一つ魔法をかけてきた。今度の文言は、――“大猿の両足に重い枷をはめよ”。大猿たちの動きが鈍った。両足首に金属の枷が次々にはめられている。
 今の隙に。
 俺はもう一度大猿に向かった。動きを封じている間に倒さねば。
 しかし、大猿らにとって金属の枷はそれほど大きな障害ではなかった様子、動きが封じられた個体が存在する一方、特に変化なく俊敏に動くものも居る。襲われそうになるのを左右に躱しながらの攻撃は命中率が下がる。せっかくの魔法剣が、思ったように敵に当たらない。
 苦戦していたところに、雷鳴が轟いた。
 振り向く。ノエルがしたり顔でこちらを見ている。消えかかった魔法陣には、大猿らに雷を浴びせる内容の呪文。
 召喚魔法だけじゃなかったのか。驚いて目を丸くすると、ノエルは満足そうに頬を緩め、それより攻撃しろと目で合図を送ってくる。全くその通り、こんな所で時間を食っていたら、せっかく雷で痺れひっくり返った大猿たちを倒せなくなってしまう。
 瞬発的に竜の力を使う……ってのがどういうことか、まだハッキリとはわからない。けど、やる前からできないとは言えないわけで。どうにかなるか。
 意を決して再度剣を振るう。猿に剣が当たる、この瞬間だけ力を増大させる――剣先が深く刺さる、炎が肉を焦がす。切れ味イマイチ、ということは、もっとしっかり力を増幅させなければこの間のようにバッサバッサと倒すことは難しいってことか?
 試行錯誤しながら1体ずつ倒していく。息が切れる。が、キリがない。
 森は深い。どれだけの猿が潜んでいるのか見当も付かない。
 あとは体力との勝負。全身汗だくになりながら走り、斬り、更に斬るを繰り返す。
 先に斬った数体がよろよろと立ち上がり、また攻撃しようと向かってくるのが目に入った。やはり斬り方が甘かったか。舌打ちをした瞬間、
「凌、伏せろ!」ノエルだ。
 俺は言われた通り、咄嗟に頭を腕で庇うようにして地面に伏せた。
 ズドーンと地を揺らす激しい雷鳴。(いかずち)の魔法。何体もの大猿がバッタバッタと倒れていく音。
 ゆっくりと頭を上げると、大猿たちの屍の向こうに肩で息をするノエルが見えた。
「とうとう、名前呼んでくれたな」
 親指を立て右腕を突き出すと、ノエルはばつが悪そうにそっぽを向いた。
「うるさいな。“悪人面”じゃ長すぎるから呼んだまでだ」
 ノエルはそう言ったが、俺は何となく、彼との距離が縮まった気がして自然に顔が緩んでいた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ