挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レグルノーラの悪魔〜滅びゆく世界と不遇の救世主〜 作者:天崎 剣

【18】歯止め

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/151

71.暴露

 迫り出した入道雲があっという間に空を覆い、一気に外を暗くした。天気予報なんか見てはいなかったが、スマホに雨雲が近づいていますと警告が出て傘を忘れたことに気付く。窓を閉め、扇風機を止めて荷物を纏め終わった頃には、ザーザーと大雨が降り始めていた。
「直接行った方がいいかな」
 陣は窓の外を眺めて言う。
 気持ちはわかる。そりゃ、濡れたくはない。
「凌は美桜のマンション、知ってるんだよね。僕はこっちの地理にはまだ疎くて」
 つまりは誘導しろってことらしい。
「いいけど……。飯田さんのこともあるからなぁ」
「イイダさん?」
「美桜んとこの家政婦さん。ちょっと前に魔法見られちゃって……、いや、見られたというか、誤魔化したから気付いていなかったらいいんだけど」
 口をもごもごさせていると、陣は眉をしかめてこっちを睨んでくる。
「“こっち”でも危ない橋を渡ってるんだな、君は」
「そういうわけで、行くのは構わないけど、直接はダメだからな。あそこオートロックだし」
「事情は何となくわかった。凌に任せるよ」
「悪いな」
 部室から直接魔法で移動する――なんてこと、普通に考えたらありえないだろうに、そのこと自体には何の違和感も抱かなくなってしまった自分が居る。大体“表”で物理法則に反した魔法を使うこと自体おかしいってのに。
 意識を集中させ、足元に魔法陣を描く。空っぽの魔法陣が出現すると、陣がよいしょと円の中に入ってくる。
 ――“美桜のマンションの前まで二人を運べ”
 相変わらずの日本語の命令文に陣がひと言。
「レグルの文字覚える気、ないだろ」
 魔法陣が光り出す。
「いや、なくはないんだけど」
 弁明したが、誤魔化しきれない。陣は口をへの字に曲げて、ご機嫌悪そうにしていた。


     □━□━□━□━□━□━□━□


 マンション手前の歩道。イメージが間に合い、きちんと傘を差していた。
 思いのほか強い雨で、足元はあっという間に濡れてしまった。うっかり傘を出し損ねた陣が「しまった」と声を出すので傘を差し出すと、男二人相合い傘という、何とも微妙な状態になった。
「凌、どうして建物の中に飛ばなかったんだ。びちょびちょになっちゃったじゃないか」
 濡れるのが嫌で仕方なかったんだろう、顔をグイと近づけて本気で怒鳴り散らす。
「防犯カメラに突然魔法で現れたのが写ったら面倒くさいと思ったんだよ。ちゃんと考えての行動だって。いいから行くぞ」
 数メートル歩き、マンションの入り口へ。背丈の不揃いなソテツが数本、頭を垂れるようにして俺たちを出迎える。自動ドアを抜けてエントランスへ入り、傘を畳んで傘立てに突っ込んでいると、陣がまた不機嫌そうに「凌のせいでびしょ濡れだ」と言い放つ。
「濡れたら乾かしゃいいだろ」
「そんな簡単に乾く? 霧雨じゃないんだよ?」
「魔法は。お得意の魔法使えばいいだろ」
「君はまたそうやって問題をすり替える」
 確かに靴の中まで雨が入り込み、気持ち悪い。上履きから替えたスニーカーがあっという間に水浸しだ。荷物も濡れてしまっているし、シャツもズボンも身体にピッタリと張り付くくらいにびちょびちょだ。
 この状態で美桜のとこに行くのは忍びない。例によって乾いた状態を強くイメージする。薄汚れた状態じゃ、飯田さんにも申し訳なくて、とてもじゃないがお邪魔する気になれないのだ。
「あれ? 凌、魔法陣は」
 顔を上げると、陣は自分の濡れた靴や制服と、すっかり乾いた俺の格好を見比べて目を丸くしていた。
「いや。必要ないけど」
 陣は顔を険しくし、どうなってるんだと呟く。そして小さな魔法陣を出し、文字を刻んで体の下から上までスライドさせた。パンと弾けるようにして雨粒が飛び散り、脱水機にでもかけたかのようにすっかり服を乾かしていた。
 柔らかな茶色の髪を掻き上げて、陣はフゥとため息を吐く。
「これが“能力の解放”がもたらした結果なのだとしたら、末恐ろしい。やっぱり君は、何か秘めたものを持っているのかもしれない」
 陣の言葉の意味はさっぱりわからないが、そんなことよりさっきの魔法陣は誰かに見られてやしなかったか。防犯カメラがあるって忠告したはずだったのに、俺の気遣いが無駄になるじゃないか。
 エントランスの壁にある集合インターホン、美桜の部屋番を押して呼び出す。しばらくすると音声が。
『どちらさまですか』
「来澄です。美桜さんはご在宅ですか」
『はい。今お開けしますね』
「ありがとうございます」
 ポッと解除ランプがともったことを確認し、エレベーターへ。
「今のがイイダさん?」と陣。
「美桜が小さい頃から世話になってる家政婦さん。品のいいおばあちゃんだよ。美桜も飯田さんには心配かけたくないらしくてさ」
 レグルノーラでは美桜がまだ年端のいかない頃から付き合いがあるジークだが、“こっち”の事情は彼女がなかなか話そうとしないこともあって、把握していないのだろうか。
 エレベーターに乗り込み、美桜の部屋のある8階へ。陣は黙って俺のことをまじまじと見ている。何を考えてるのか推測するのも何だか嫌で、俺は目を逸らしてずっと階数表示のパネルだけ見ていた。
 部屋の真ん前まで来て再度インターホンを押す。部屋の鍵がカチッと開いて飯田さんが現れた。
「いらっしゃいませ、来澄様。そちらは――」
「初めまして、陣郁馬です。美桜さんにはいつも仲良くしていただいています」
 後ろからスッと前に出て陣が深々と頭を下げると、飯田さんは満面の笑みで迎えてくれた。
 玄関に通され、部屋に上がる。飯田さんはリビングに俺たちを案内し、そのまま美桜の部屋の方へと向かっていった。
 ソファに二人腰掛けて、耳をそばだてる。飯田さんは美桜と何やら会話しているようだったが、戻って来たのは飯田さんだけだった。
「ごめんなさいね。お嬢様はおいでにはならないみたいで。……実はここしばらく、お嬢様は殆どお部屋に籠もりきりで。お食事も摂らず、お返事のないこともあるのです。来澄様なら何とかしてくださるかもしれないと、私の判断でお通ししたのですけれど」
 飯田さんは困り果てた様子で、心配そうに美桜の部屋の方に目を向けている。陣の言う通り、何かが起きているのは間違いなさそうだ。
「あの」と、飯田さんは床に膝を付いて、覚悟を決めたように話し出した。

「お嬢様は、何を隠していらっしゃるのでしょう」

 胸が痛い。
 飯田さんの思い詰めたような顔を見ていると、何か一つでも話せたらいいのにと思う。
「幼い頃からご苦労ばかりなさっているのです。お母様がお亡くなりになり、お一人で必死に悲しみに堪えていたお嬢様もすっかり大きくなられましたが、まだまだ支えが必要なお年頃。お嬢様は私には何もお話しくださいません。気に病むようなことが重なり、とうとうお嬢様の心が折れてしまったのではないかと、心配でならないのです。どうか、事情をご存じならお嬢様を救ってはくださいませんか。来澄様、陣様。どうか……!」
 床に手を付き、頭を下げて懇願される。
 俺は居たたまれなくなって、思わずソファを降りた。
「飯田さん、頭を、頭を上げて。美桜のことは何とかします。今は詳しく話せないけど、きっと大丈夫だから」

「――来澄様は、不思議な力が使えるのですよね」

 飯田さんの手が俺の肩を掴んだ。
「この目で見ました。あの日、来澄様が不思議な力でお嬢様をお部屋に運んでくださったのでしょう。物の形を変えたり、何もないところから出してみたり。そういう力があるのですよね。どうかお願いです。その不思議な力で、お嬢様を助けてはくださいませんか」
 ヤバい、という言葉が先に浮かんだ。
 誤魔化し切れてなかった。あのときはすっかり上手くいったと思ったのに。
 飯田さんの目が、必死に訴えてくる目線が、痛い。逸らしたいのに、逸らしたらダメだと頭の中で警報が鳴る。
「お嬢様も、不思議な力を使うお子様でした。今はもう見ることはなくなりましたが、幼かった頃はよく不思議な力を見せてくださいました。突然花を出したり、お着替えなさったり、居たと思ったら別のところから出てきたり。手品かと思ったこともあります。でも、違うのでしょう。来澄様も、お嬢様と同じような力を持ってらっしゃる」
 飯田さんの目が潤んでいる。
 これ以上誤魔化すなんて、無理だ。
 この世界で一番美桜のことを心配しているのは、そばで美桜のことを見守り続けてきた飯田さんに違いない。飯田さんに全部を理解してもらおうとは思わない。だけど、少しでも話しておかなきゃ、飯田さんが、飯田さんが可哀想だ。
 何から話そうか。口をもごもごとさせる俺の背中を、陣が強く叩く。顔を上げると、首を横に振る陣の姿が。喋るなってことか。巻き込むなってことか。この、状態でか。
「“力”は使えます」
「――凌!」
 陣がすかさず口を挟む。が、俺だって怯んではいられない。
「だけど、万能じゃないんです。美桜のこともどうにかできるかどうか、会ってみないとわからないし。美桜も、飯田さんの前では使わなくなったかもしれないけど、本当は俺よりもずっと強い力を持ってて、“あっち”へ行ったり“こっち”に来たり。最近は補習で忙しくて美桜ともなかなか話す機会もなくて……何が起こっているのかわかりませんが、やってみます。美桜の部屋、行ってもいいですか」
 大馬鹿野郎と陣が聞こえるか聞こえないかくらいの小さな声で吐き捨てた。悪い。部外者の飯田さんに話しちゃいけないことだったんだろうけど、だけど本当に、何も知らないのは可哀想すぎる。
 飯田さんは鼻を赤くし、お願いしますと再び深々と頭を下げた。
 立ち上がり、三人で美桜の部屋の前へ。
 陣のご機嫌が悪いのは仕方ない。どうにかして納得してもらうしかない。
 リビングまでは殆ど気が付かなかったが、美桜の部屋の真ん前まで来ると、何だかぞわぞわと背筋が凍った。ドアの上下の隙間から黒とも灰色とも紫色とも突かぬモノがじわじわと染み出ている。それは、ドライアイスの煙よりは溶岩が流れ出るのに近くて、触れば触れるんじゃないかと思えるくらいクッキリと見えた。それがどんどんと広がって……、広がりきれずに溶けていく。そんな、異様な光景だった。
 同じ物が陣に見えているとは思えないが、彼も彼なりに何かを感じ取り、大きく唾を飲み込むのが傍目にわかった。
「飯田さんが美桜を見なくなって何日くらい?」
「そう、ですね。少なくとも三日は顔を合わせておりません。大丈夫でしょうか」
「ちょっと、下がっててもらってもいいですか」
 三日。短いようで長い日数。
 連絡先を交換しているのに全然連絡なんて寄越さなかった。俺が補習中だから気を遣ったのか。
 家族同然の飯田さんにも顔を見せないってのが一番気にかかる。
 何があったと考えるべきか。
 ディアナの言う通り『“ドレグ・ルゴラ”の動きが活発になってきている』のだとして、美桜がその影響を直で受けるのはなにも不思議なことじゃない。杞憂なら杞憂で構わないわけで、それを確かめるためにはまず、美桜に会わなければならない。
 コンコンとドアをノックする。
「美桜。俺、凌だけど。開けてくれる、かな」
 ドアに耳を当てて様子を覗うが、返事はない。
 鍵はかかっているのだろうかと飯田さんに目で合図するも、飯田さんは首を傾げて苦笑いするばかり。元々、部屋には入らない約束らしいから、中で何が起きていても簡単に入り込むことはないのだろう。
「開けても、いい?」
 すると、
『待って。今は……、今すぐはダメ』
 息も切れ切れにようやく返事が。
 まさかこの間の傷口が開いたのか。いや、でもあのときはすっかり直してやったはず。次の日には学校に来られるくらい回復していたし。だとしたら、何が。
「遠慮するなよ。陣も来てるし、何か困ったことがあるなら相談に乗るけど」
『ダメ。今入ったら大変なことになるから……!』
 中で美桜が必死に制止してくる。
 まさか着替え中、だとか。うっかり薄着で過ごしていて、準備するのに手間取っている、とか。
 あり得ないな。エントランスと玄関口、二回のインターホンで俺たちが来ることは当然わかっていたはずだ。来た後だって、飯田さんが直接美桜の部屋の前で俺たちのことを相談していたみたいだし、俺たちの声だって聞こえていたに違いない。
「魔法の波動を感じる」
 一歩後ろで陣が言う。
 言われてみれば、確かにそうだ。この感じ、比喩しがたいが、確かに魔法。しかも攻撃系だ。
 こんな所で魔法を使う必要、あるのか。中で何が起きてる?
 と、突然大きな音と共にドアに衝撃が走った。耳をくっつけていた俺は思わず身体を反らし、二歩ほど後ろへ引いてしまった。
「お嬢様!」
 飯田さんが駆け寄ろうとするのを陣が止める。
「待って。早まらないで。今、凌が確かめますから」
 開けるなだなんて言われて開けないヤツがどこに居る。
 外開きのドアノブにゆっくり手をかける。やはり鍵はしっかりと内側から掛けられているようだ。スペアの鍵なんか、当然飯田さんには渡してないんだろうし。こうなったらやっぱり魔法で無理やりこじ開けるしかない。
 鍵師じゃないんだから、鍵穴から鍵を差し込んで回すようイメージするのは難しそうだ。ドアの向こう側は大抵サムターン式。そっちを動かすようイメージすれば、あるいは。
 ドアノブの向こう、鍵穴の反対側に意識を集中させる。つまみを時計回りに90度動かせば鍵が開く。手や身体に触れず物を動かすなんて殆どやったことはないが、やってやれないことはないはず。集中しろ。つまみを中心にして、小さな魔法陣を描くんだ。“開錠せよ”描く文字はただそれだけ。回れ、魔法陣よ回って鍵を開けるんだ……!

 ――ドアが開いた。
「ああ! 開けちゃダメだったら!」
 美桜の悲痛な声。
 目の前が急に暗くなる。黒い魔法の衝撃波が廊下を突き抜けていく。
「飯田さん、伏せて!」
 陣が慌てて飯田さんの身体を抱えて床に伏せる。
 廊下の壁に掛かった押し花の額がガタガタと音を立てて床に落ち、一輪挿しの花瓶が割れた。窓ガラスという窓ガラスがビシビシと震え、音を立てる。
 何が起きた。
 目を凝らす。
 おかしい。
 ドアの向こう、美桜の部屋が変なことになってしまってる。
「だから今はダメだって言ったのに……!」
 花畑のように小さな花模様のちりばめられた少女趣味な部屋。柔らかな桃色で統一された、心安らぐ部屋。いい香りがして、くすぐったくて、居心地の悪い女の子の部屋。
 その半分が――消えていた。
 奥にあったベッドが、ない。
 血まみれの美桜を寝かせ、人工呼吸的なキスをしたあのベッドが見当たらない。
 切り取られた部屋の半分には黒い空洞が広がっていた。黒光りした鍾乳洞のような空間からヌッと顔を出したのは、ぼろ切れと傷んだ武具を身につけた骸骨兵。穴あきマントをまとい、ケタケタと歯を鳴らして笑っている。
 一体、二体……。いや、まだ居る。数え切れない。
「加勢してくれるのよね?」
 すっかり防具や武器を身につけて戦闘態勢の美桜が言う。
「開けちゃったんだから、ちゃんと責任、取ってよね」
 状況の飲み込めない俺を、美桜は厳しい顔でキッと睨み付けた。
≪WEB拍手!≫
上記リンクをポチッと押して、応援くださると諸手を挙げて喜びます!
メッセージへの返信は活動報告で!

小説家になろう 勝手にランキング
【恋愛小説検索サイト・恋愛遊牧民G】
小説の匣
Wandering Network
cont_access.php?citi_cont_id=33024982&si
sinoobi.com

Rankings & Tools
sinoobi.com

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ