挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レグルノーラの悪魔〜滅びゆく世界と不遇の救世主〜 作者:天崎 剣

【16】蓼食う虫

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

66/134

66.結果オーライ

 連休明けからは夏休み。授業の後に夏期補習についての案内があり、俺はどの授業でももれなくその出席義務を告げられていた。期末テストも受けられなかった手前、仕方ないと言えば仕方ない。範囲は膨大で頭に入るかどうか疑問だが、どうにかしなければ夏期補習どころか追加で課題を山ほど出されそうな勢いだった。
 海の日の翌日から七月いっぱい、午前中ぎっしりと補習がある。確認テストにパスしたら早めに終了らしいが、半月以上授業を受けていなかったこともあって、全くと言っていいほど自信がない。
 休み時間に下敷きで顔を扇ぎながら遠くを見つめていると、前の席の美桜が振り返り、残念そうな顔を向けてきた。そりゃそうだ。残念だ。せっかくの夏休みが二週間近く束縛されると決まってしまったのだから。
「やっぱり、長く休んだのが効いたわね」
 全くだ。
 それもこれもディアナの仕業だ。というと、ディアナは目を見開いて、お前の体力がたらんのだとか言いそうだけれども。
「でも、何とかなるんじゃない。芝山君、あなたに勉強教えてやるつもりでポイント集みたいなもの用意しているみたいだし。運良く五人集まって変なユニオンも作れたんだから、結果オーライだと思うしかないわね」
「結果オーライね……」
 視線を感じて窓際に目をやると、須川が相変わらず黒いオーラを纏わせながらこっちを睨み付けている。
 この状況のどこが結果オーライなんだ。

 俺が血だらけの美桜と共に転移魔法で教室を去った後、陣は芝山と二人で魔法を使い、教室を元通りにしたらしい。駆けつけた教師と生徒らが2-Cの教室を確認に来たときには、既に全てが元通りになっていて、誤報だったかと首を傾げていたそうだ。
 あのとき、何人もの生徒が黒い大蛇を目撃していた。だが、突然の出来事過ぎて写真の一枚も撮られなかったことが幸いしてか、それが夢だったのか幻だったのかと、うやむやになりつつあった。あんな大騒ぎがあったはずの教室は元通りになっているし、次の日には須川も美桜も、芝山も陣も俺も、何ごともなかったかのように登校してるしで、まぁ要するに、目撃者の証言に説得力がなくなってしまったのだ。
 俺にとって一番不可思議だったのは、芝山と陣がどうやって須川をユニオンに引き込んだか、ということだが、そんなことは後で本人たちにゆっくり聞けばいい。
 それより、あんなことがあってもまだ須川は美桜に対して悪意を持ち続けている、そっちの方が気になってならない。
 女は面倒くさい。
 美桜もメチャクチャだが、須川はもっとメチャクチャだ。
 人数足りないからって、無理やりユニオンに須川を引き込もうと思った芝山の気が知れない。一体、何を考えてるんだか。

「補習にはボクも出るよ」
 いつの間に現れたのか、芝山が眼鏡を光らせて得意げに言った。
「芝山は補習の対象外だろ。馬鹿かお前」
「一学期の復習兼ねて出たい人は出るようにという話だったじゃないか。うちの塾の夏期集中講座は午後からだから、午前中は学校に来ようと思う」
 ……俺の理解を超えた勉強好きがそこにいた。ど阿呆もいいところだ。
 俺は口を半分ポカンと開けて、そのまま思いっきり身体を後ろに引いていた。
「お前、勉強してないときは普段何してんの。勉強してんの」
「君が何を言いたいかボクにはさっぱりわからないが、勉強自体は悪いことじゃない。むしろ、今やらずにいつやるんだという気持ちで向かわなければ、再来年の今頃君はニートだぞ」
「ほっとけ」
「というのは冗談で、“向こう”にはボク一人じゃ飛べないからさ……。とりあえず、来澄が学校に来てるときはボクも来ようかと思って。補習中に飛ぶってのも悪くないかなって」
 な、なるほど。
 そういえば芝山は二次干渉者だった。美桜がいなくてもどうにかなるように、俺の影響下で動けるよう変更する魔法をかけたのを思い出す。
 あれだけ才能があっても、一次干渉者にはなれないってのも、不便な話だ。経験さえ積めば、芝山なら俺よりもっとスマートに“こっち”でも力を使えるようになるんじゃないのか。
「そういえば、ユニオンの申請通ったから、報告まで。掃除必要なんだ。放課後暇だったら来て」
 芝山は言うだけ言って、須川の方に歩いて行った。どうやら彼女にも同じことを告げているらしい。須川は機嫌悪そうに相づちを打っていた。


     □━□━□━□━□━□━□━□


「夏休み直前なのに同好会申請なんて珍しいって、言われたよ。夏休みにも活動するのでってことで、何とか通してもらったけど。でもさ、お陰でホラ、居場所ができたことだし。やってみて良かったじゃないか」
 雑巾片手に芝山は嬉しそうだった。まるで新しいおもちゃを買ってもらったばかりの子供のように、鼻歌を歌いながら床の汚れを落としている。
 あてがわれた部室は三階にあり、両隣は将棋部と華道部で、週一程度の活動らしい。広さは6畳程度だが、ホワイトボードもあるし、括り付けの棚や机もある。人目にも付きにくそうだし、ここでなら遠慮なく話ができそうだ。
 雑巾係は俺と芝山で、美桜は以前この部屋で活動していた部活の置き土産の掃除、陣は蜘蛛の巣取りと箒がけ。元来真面目なヤツが多いせいか、掃除はかなりはかどった。
 須川はまだ来ない。芝山が部室の掃除に誘っていたはずだが、もう帰ってしまったのだろうか。まぁ、人数そろえるために無理やりメンバーに入れたわけで、来なくても仕方ないというか、来ても面倒なことになるだろうし来なくてもいいかななんて、口には出せないが俺は勝手に思っていた。
「どのくらい使われてなかったの? 2、3年?」と美桜。
「どうだろう。詳しくは知らないけど」芝山が椅子の脚を拭きながら答える。
「ねぇ、お笑いブームって、ちょっと前にあったわよね。ここ、お笑い研究会だったみたいよ。部誌っぽいの残ってる。ネタ帳……かしら」
 美桜の手には端がボロボロになった大学ノートが数冊。括り付けの棚の隅に置いてあったものを取り出したようだ。表紙には汚い走り書きの字で何か書いてある。どれどれと見せてもらうが……、あまりの内容に言葉を失う。
「あ、うん。文化祭用、かな? 知らないけど」
 だとしたら、ものすごく白けただろう内容が汚い男の字で書き連ねてあって、悲しい気持ちになった。まぁ、人の趣向などそれぞれなのだから、何も言うまい。
 それこそ、お笑いが好きなヤツもいれば、おどろおどろしいのが好きなヤツもいるし、変に格好付けたようなもんが好きだったり、爽やかに青春するのに夢中なヤツだっている。
 特にコレといって何にも興味を持つことができず、今の今まで適当な高校生活を送っていた俺が、まさか“裏の世界”に足を突っ込んでこんなことをする羽目になるなんて、当然少し前まで思いも寄らなかったわけで。人間関係なんて面倒くさい、誤解されるくらいならば付き合わない方がマシだっていう考えも、どうやら否定されまくっている模様。自分がどう考えていようが、相手は物好きでどんどん俺を引っ張っていく。
 このユニオンだって、端から見れば物好きの集まりくらいにしか見えないのだろう。芝山の提示した変な活動内容……『並行世界RとR影響下における物理的概念の崩壊に対する研究と意見交流』ってのが、更に怪しい団体という印象に拍車をかけてしまったような。俺もその一員にされてしまったのかと思うと、何とも微妙な気持ちになってしまうのだが。
 ゴミを纏め、掃除用具を片付け終わった頃、ガラガラと戸が開いた。
 半開きの戸から顔を出したのは、須川だった。
「待ってたよ、須川さん」
 ニコニコ顔なのは芝山と陣だけ。
 須川の顔を見るなり、美桜があからさまに嫌そうな顔をした。
「ま、入って入って。今綺麗にしたから」
 芝山は部室の中央に置いた長テーブルに荷物を置かせ、座るよう促すと、芝山は須川の真ん前に立って深々と頭を下げた。
「ありがとう。お陰で部室がゲットできた。色々思うことはあるだろうけど、“裏の世界レグルノーラ”に関わるもの同士、仲良くしようよ」
 とってつけたような感謝の言葉に、須川でなくてもげんなりした。
 あの騒ぎがあって、その後のコレだぞ。あんまりだ。
「仲良くなんてできるわけないじゃない。あんた、馬鹿?」
 あごを突き出して須川は芝山を罵倒した。足を組み、長机に肘を付いてものすごくご機嫌悪そうだ。
 芝山もカチンときているのだろうが、グッと堪えたのだろうか、短く息を吐いている。
「こんなこと聞くのは何だけど、魔法……使いなの? あんたたち」
 普段使うことのないだろうセリフを吐くのは勇気がいる。須川は恥ずかしそうに顔を赤らめた。
「正確に言うと“干渉者”かな」
 窓際に寄りかかって陣が答える。
「二つの世界に干渉できる能力を持つ人間のことを、レグルノーラではそう呼ぶ。感情一つで力を操って、それぞれの世界にいろんな影響を与えるんだ。君もその一人。負の感情が上回って魔物を発生させてしまったけど、それ以上の力も眠っているはず。夢の中でいつも同じような世界に迷い込んだりしていないかな。君は無意識のうちに二つの世界を行き来していた可能性があるんだ」
「つまり、私にもあの魔法みたいなものが使えるかもしれないってこと? 化け物出したときみたいに」
「そういうこと」
 須川は合点がいかないのか、何度も首を傾げた。
 当然だ。昨日の今日でこんなこと、素直に受け入れられるはず、ないんだから。
「しかもその能力は限定的だ。君は恐らく美桜の二次干渉者。一次干渉者特有のオーラが感じられないからね。美桜が側に居るか、もしくはその影響の色濃く残るあの教室か、どちらかでしか力を発揮できない。確か君、1年の時も美桜と同じクラスだったよね」
「そうだったかしら」と美桜。
「美桜はホント、他人に興味ないよね。そうだったの、覚えてないと思うけど。だから、きっと知らず知らずのうちに影響を受けていたんだ。今回はそれがマイナスの方に出ただけ」
 ふぅんと須川は納得したようなしないような曖昧な反応をした。
 それから俺の方をチラッと見て、
「来澄君は? 彼も芳野さんの影響を受けて?」
「いや、凌は自分の力で“向こう”に飛べる一次干渉者だから。美桜が才能を見いだしただけで、彼女の影響はなくても大丈夫なんだ」
「そうなんだ……」
 今度は肩を落とし、机に両肘を付いて頭を伏せる。
「来澄君の影響を受けたかったな……」
 須川の小さな声に、場が静まりかえった。
「来澄君ならよかったのに」
 そんなこと、言われても困る。
 第一、俺の力は美桜ほど強くない。それに、周囲にいろんな影響及ぼすほど美桜の力が強いのにも理由がある。それを説明したところで、どうにかなるわけでもないけれど。
「付き合ってるんでしょ」
 須川は顔を上げ、俺の方をキッと睨み付けた。
「そ、それは」
 即答できるわけない。
 俺たちの関係はそんなんじゃないってわかってもらうにはどうしたら。
「どうして何も言えないの。私に遠慮してるの」
 須川の機嫌が悪くなるのと同時に、また黒いもやが立ちこめてきた。
 や、ヤバイ。これじゃ二の舞……。
 困ったなと冷や汗を掻く俺に、後ろから衝撃が。美桜が恐ろしい顔をして俺の背中に肘をぶつけてきていた。
 何コレ。俺に何を言わせる気。
「付き合ってるなら付き合ってるって言えばいいじゃない。あんなに親密で、いつも一緒にいて、それでしらばっくれるってどういうことなの」
 前門の虎、後門の狼……。
「キスぐらいしてるんでしょ。それとも噂通りベッドインまで?」
 ふと、ベッドに横たわった美桜に無理やりキスされた画面がよぎった。
「ベ、ベッド? いや、ないない。断じてない」
 両手を挙げて無実を訴える。が、身体は正直で、顔が一気に熱くなった。
「ベッドの上でキスぐらいはしたわよ」
 後ろで美桜が追い打ちをかけた。
「あ――――!!」
 余計なこと喋るな馬鹿!
 っていうか、アレはカウント外だろ。人工呼吸と一緒で。
 前を向き、後ろを向き、俺は二人の顔を交互に眺めては全身嫌な汗でびちょびちょになった。手のひらが、足の裏が濡れている。嫌だ、こんな汗。

「プッ」
 須川が噴き出した。

 すっくと椅子から立ち上がり、髪の毛をサッと掻き上げて、それから俺の真ん前に立った。
 驚いたことに、須川は満面の笑みだった。……目は笑っていなかったが。
「最低」
 次の瞬間、頬が痺れた。
 思いっきり平手で打たれて後ろによろめいた俺を、美桜はサッと避けた。お陰で床に尻餅をつく。
 え? なんで俺ぶたれたの?
「付き合ってるなら付き合ってるって言えばいいじゃない。何で言えないの。馬鹿なの」
 え? そこ?
「そう、馬鹿なのよ。凌は。だから、止めといた方がいいと思うわ。彼に思いを寄せるなんて、愚かしいことだと思わない」
 美桜まで一緒になって、何を。
「物好きよね、芳野さん。こういう面倒な男が好きなんだ」
「あら、須川さんもそう思う? 私もね、思ってたとこ。どうして私、こんな面倒な男と付き合ってしまったのかしらって。認めるなら素直に認めればいいのに、ホント、頭悪いでしょ」
 え? え?
 俺には今何が起きているのか、全然理解できない。
 ちょっと待って。何で怒りの矛先が俺に向いてんの。須川さんは俺のことをぶんどった美桜のことが嫌いなんじゃなかったの。
 女はよくわからない……。
 腰をさすって起き上がる俺を、芝山と陣が憐れんだ目で見ていた。
 まさかこれで一件落着……? 腑には落ちないが、どうやら須川はこれ以上、黒い大蛇は生み出さないんじゃないかとそれだけは何となくわかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ