挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レグルノーラの悪魔〜滅びゆく世界と不遇の救世主〜 作者:天崎 剣

【13】悲劇

43/125

43.竜の子

 赤い竜は慎重に広場へと着地し、背中に乗せた(あるじ)を俺たちの眼前に寄越した。シャープな顔立ちの竜は、テラの方をしばらく見つめていたが、彼が何も言わない、言えないでいると、プイとそっぽを向き、やがて出された主人の合図で天空へと舞い戻っていった。
 同じ竜として、何か言いたいことでもあったのか、それともアイコンタクトで2匹の竜は何かを伝え合っていたのか、俺たち人間には知る由もない。ただ、テラがばつが悪そうに顔を歪めているのが、酷く気に掛かった。
 ディアナは自分の竜が住処へ戻っていくのを確認し、完全に視界から居なくなってから、ゆっくりと周囲に目配せした。
 丸腰の俺とテラ、美幸。それを取り囲み、銃口を向けた市民部隊。それが彼女の目にはどう映っているのだろう。
 ディアナはフンと小さく息を吐き、右手で大きく髪の毛を掻き上げた。
「そんな物騒なもの向けて、何をしようってんの」
 彼女の威厳は過去でも変わらず、その一声で市民部隊が一斉に一歩下がったほどだ。
 銃口を下ろし、ライルはサッと敬礼した。
「ご存じのはずです。我々は、市民を守るために、危険因子を排除しようとしているだけ。彼女らが我々に従えば、早急に現場を去ります」
「とは言うけどね。部隊がこんな風に寄ってたかってちゃ、市民は安心して寝られないだろう。言いたいことはわかるが、力でねじ伏せれば何とかなる問題じゃない。そこは理解して貰わないと困る。この案件は私が預かろう。ライル、悪いが君らの出番はお終いだ。いいね?」
 ディアナが念を押すと、ライルは煮え切らないような顔をして、渋々承諾した。
 撤収がかかり、ようやく銃口の恐怖から解放される。
「すまないね、美幸。皆、気が立っているのだ」
 部隊が去って行くのを目で追いながら、ディアナは美幸に声をかけた。
「ううん。ありがとう、ディアナ。難しい立場なのに、私たちを庇ってくれて」
 美幸は眉をハの字に変えて深々と頭を下げたが、それをディアナは見ようとはしなかった。
「謝らなくていい。話は中で。ここじゃ、色々と問題があるからね」
 物言いは静かだったが、ディアナは含みのある言い方をして、長く息を吐いた。


     ■━■━■━■━■━■━■━■


 地上から塔に上るのは初めてだった。
 以前来たときは、ジークと一緒にエアバイクで展望台に直接乗り付けた。ダークアイに襲われながら、命からがら辿り着いたことを思い出すと、今でも身震いする。砂漠で出会った砂蟲や岩蠍も手強かったが、生き物である分、まだ戦いようがあった。それに比べ、ダークアイは不定形生物。魔法で追い返すくらいしかできなかったあれを、能力解放された今なら倒すことができるのだろうかなどと、考えたところで、元の時間軸に戻らなければどうにもならないとわかっていながらも、そんなことが頭をよぎっていた。
 地上からエレベーターに乗り込み数分、箱の中は妙な緊張感で満たされていて、ろくに喋ることもできず。唯一の会話が、
「名は?」
「り……凌、です」
「美幸の知り合いか何か?」
「ええ、まあ、そんなとこです」
 このくらいで、とても居心地のいいものではなかった。
 みんな何かを隠していて、それは大きな声で言えるようなことではないらしい……と、そうでなかったら、あの場で言うべきことは全部言えるはずなのに。
 展望台の三階フロア、一番奥にあるディアナの部屋は、相変わらず小綺麗で広々としていた。彼女が俺を誘惑した応接間まで案内され、ワインレッドのソファに座るよう促される。自分は竜だからと座るのを拒むテラをも、ディアナはいいから座れと強く言い、無理やりソファに押し込めた。
「コレで何とか、話ができそうだね」
 ディアナは満足そうに向かいのソファで、気に入りのキセルを噴かし始める。ローテーブル上の小箱には、俺が以前見たときとは違う種類の葉が入っていた。
 紫煙がディアナの口から吐き出され、独特の香りがたちこめる。匂いも幾分か以前と違うようだ。気分や用途で葉の種類や配合を変えているのかもしれない。あの時は確か、もっと花の香りが強かった。
「森にでも、隠れた方がいいんじゃないかと、私は思うんだ。街での生活は難しいよ、美幸。あんたのことは好きだけど、私はあんたを庇いきれないもの。森へ行けば、美桜だってのびのび過ごせる。魔法を使いたくて使いたくて仕方がない年頃の子供を、アパートメントのあの小さな部屋の中に隠しておくのは無理なんだよ。市民部隊だって殺気立って美桜を探してる。見つかれば、ただじゃ済まないだろうね。ならいっそのこと、森へ入って、そこで暮らしてしまえばいい。いい物件がある。知り合いの狩人が昔使っていたロッヂでね、少し手を加えたら、直ぐにでも暮らせるようにできてあるんだよ。掃除も済んでるし、広いし、人目にも付きにくい。深紅だって、竜の姿に戻って平穏に過ごせるだろうさ」
 ディアナは一気に、思いを吐き出すように語り出した。
 俺の知っているディアナとはまた違う、優しさと憂いを備えたような、静かな顔をしている。
「その方がいいと思う。私も賛成だ」
 テラもそう言って、美幸の背中を撫でた。
「森の中なら、多少何か起こっても、誤魔化しがきく。美桜が自分の力を制御できるようになるまでは――せめて、街とは切り離して置いた方がいいのじゃないかと、私は思うんだよ。どうだい、美幸。前向きに考えてはみないかい」
 はい、と、美幸は小さく返事したが、背を丸めうつむいた横顔からは、事態の深刻さがうかがえた。
「森には、魔物が出ます。そんなところに、美桜を連れて行くなんて」
「周囲に結界を張って、魔物などより付かないようにしたらいい。魔物と言っても、動物を少し凶暴にさせたくらいのもので、砂漠のそれよりずっと大人しいじゃないか。心配なら、追加で野生種の竜1匹をあてがってやろう。竜が2匹も居れば、魔物はおいそれと近寄ってこない。それなら、美桜と二人、ゆったりと過ごせるはずだ」
 さっき幼い美桜と居たときに見せていた、あの生き生きとした表情は消え、美幸は真っ青な、葬式のような表情をして、ずっと足元に目線を落としている。
 会話が、見えない。
 さっきの市民部隊の連中といい、ディアナの話といい、どうも、美桜が鍵になっているらしいことは確かなんだが。
「美桜が……、あの幼い美桜が、一体何をしたんです」
 勇気を振り絞って、俺は声を上げた。
 三人の視線が一斉に集まり、心臓がバクバクと大きく鳴る。
「美桜は、何もしちゃいないよ」
 と、ディアナ。
「今気付いたが、お前は……、この時代の人間じゃないね。そこの竜も……、おかしい。お前たちの周囲だけ、時空が歪んでいる。どこからここに?」
「み、未来から。今から13年ばかり先の未来から、時空嵐に呑み込まれて」
「……ハハァ、なるほどね。お前から美桜のような、美幸のような人物との繋がりが見えて、不思議に思っていた。ということは、その竜も、半分は美幸のだけど、半分は……なんて、まさかね。竜が(あるじ)を変えるということは、(あるじ)が命を落とすということ。そんなこと、あるわけ」
 そこまで言って、ディアナは俺とテラの気配をもう一度慎重に感じ取り、ギュッと唇をへの字に結んだ。
「そう、なのか。深紅はいずれ、凌の竜になると。未来は……、未来はかくも残酷なのか」
 ディアナはキセルを小箱に置き、腕を組んで悔しそうに首を横に振った。
「未来の私がここにお前を寄越したのだな。だとすると、何か重大な局面に差し掛かっているのかもしれない。やはり、ことを急ぐべきだ。直ぐにでも森へ行った方がいい。美桜が“ここ”へ来るのを止められないなら、あの子を守ってやらなければ」
「だけれどディアナ、私はいつか、美桜を守れなくなる。そしたらみんなが、美桜を狙うわ。あの子を……、あの子のことを、どうやって守ってやればいいの」
 祈るように両手を握りしめる美幸。震える肩、血の気の引いた青白い顔。とてもじゃないが、見ていられなかった。
「凌とやら。未来で美桜は、元気でいるのか」
 ディアナが突然、切り出した。
「あ……はい。元気です。すこぶる、元気で」
「本当に?」と、美幸。
「彼女は俺のクラスメイトで、俺は彼女から、この世界のことを教わったんです」
「本当に?」
「本当に」
「だ、そうだよ。美桜は、命を狙われることはあっても、失うことはないらしい。どうにかこうにか、守り抜いてみせるさ。どんな形であろうと、この世に生をなした命なんだから」
 美幸は高ぶった感情を抑えきれず、身体を二つに折って、声を出して泣き崩れた。
 彼女を支えようと、背を擦り、抱きしめるテラ。(あるじ)に気を遣い寄り添う姿は、俺に対するそれとは全く違っていた。全力で支えたいという気持ちが、前面に表れている。家族、恋人、それらを超えた絆が、二人の間にあるのだと、まじまじと見せつけられた気分だ。
「未来でお前は、美桜と深い関係にあるのか」
 ディアナの問いかけに、俺はビクッと肩を震わした。
「え……、いや……。深いというか、浅いというか」
「美桜のことを想うなら、真実が知りたいだろうな。彼女が何故、市民部隊に狙われていたのか。彼女の存在が、何を意味するのか」
 言いながらディアナはまた、キセルを手に取った。真面目な話はキセルなしではと、彼女は未来で言っていた。
 肺いっぱいに吸い込んだろう煙が、細く長く、吐き出されていく。
 視界が白く濁り充満すると、ディアナは心の中で溜め込んだセリフを、ゆっくりと吐き出した。

「美桜は、美幸と竜の間にできた子供なのだよ」

 聞き取りやすいよう丁寧に、ディアナは言った。
 俺は一瞬、それがどういう意味で、何のことなのか理解できなかった。
「竜との、子?」
「とある竜がね、戯れにまだ幼さの残る美幸を襲ったのさ。実際、人と竜との間に子供なんかできるわけがないと、最初は誰も相手にしなかった。だけれどね、竜は確かに、美幸を身籠もらせた。まだ15のときだよ。膨らんでいくお腹を隠さなきゃと、泣きながら彼女が現れたのは。二つの世界を行き来する“干渉者”の一人に過ぎなかった彼女に、なぜその竜が目を付けたのか知らないが、彼女は竜の標的となり、子を孕んだ。二つの世界のどちら側にいても、彼女は確かに妊娠していた。二つの世界がそれぞれ、どんな関係で成り立っているのかなんて、私たちにはわかりようがない。“表”では男女関係にある者などいやしないというし、第一、まだ学生の身で、産んだとしてもどうやって育てたらいいのか途方に暮れると言っていたね。可哀想に、相手は自分が竜の化身であることを隠して美幸に迫ったのだと。しかも、間違いなく彼女が自分の子を産み落とすよう、胎児に強力な魔法をかけたというのだから、手の施しようがなかった。もし仮に、お腹の子供を堕ろすようなことがあれば、二つの世界に歪みが生じて混じり合い、表も裏もなくなってしまうと脅されたらしい。美幸には、産むしか選択肢がなくなってしまって、それで、“表”の家族を皆、敵に回してしまったというのだよ。美幸の兄のことを、お前は知っているか?」
「はい……、確か、資産家だとかで」
「その、資産家の兄がね。年はだいぶ離れているらしい。10だか15だか。その彼が、良くは思わなかったそうだ。肩書きに傷が付くと、ものすごい剣幕で怒られたと、美幸は言った。普通、竜はね、人に興味はあっても、そういう仲にはなろうとしないものなんだよ。深紅もそうだけどね、(あるじ)の側にいるために、人間に変化することはあったとしても、決して、(あるじ)やその他の人間を、穢したりはしないものだ。全く違う生き物なのだから、交わろうとすること自体、あり得ない。だのに、その竜はね、無垢な少女を手玉に取り、すっかり騙して、穢してしまったのさ。抵抗などできようもなかったろうに、彼女の兄は、それはお前の不始末なのだと、美幸を罵倒した。堕胎しろと何度も迫られ、精神的に追い詰められていくのを、私は歯がゆい思いで見つめるしかなかった。元々生きている世界が違うのだ、私たちが何を言っても、それは余計な口出しにしかならなかったのさ。美幸はそれでも何とか守り切って、“表”で赤子を産んだ。それが、美桜。竜の血を半分持った、“表”と“裏”の真ん中で生きる子。産まれたばかりの美桜と一緒に、美幸は何度も“ここ”へ来た。不思議なことに、美桜は生まれながらにして二つの世界を行き来する術を身につけていた。それが、竜の血によるものなのか、干渉者である母の影響によるものなのか、今でも説明は付かないけどね」
 当時高校生だっただろう美幸が、“向こう”で生きる場所を失ったのは、想像に難くない。
 あどけない少女が、小さな赤子を抱えて必死に堪える――そんな場面が頭に浮かび、胸が締め付けられるような気がした。
「表向き、兄は二人を大事にしたようだ。必要なものは買い与えていたようだし、二人が住みやすいよう、家政婦も増やしたらしい。それでも、孤独に違いはなかったろうね。せっかく進んだ学校も、辞めてしまったと言っていた。美桜と二人生きていくのに必死で、美幸は自分の全てをなげうってしまったんだ。彼女は、責められるべき人間ではないと、私は思うよ。禁忌を犯してしまったのだとしてもね。“表と裏の合いの子”は災いを呼ぶと、これはレグルノーラに伝わる伝承のようなものなんだけれど、それを固く信じる連中は、早いとこ美桜を始末したいのさ。彼女がまだ幼く、何の考えも持たぬうちに、息の根を止めてしまえば災いはやって来ぬだろうと。そういう算段さ。市民部隊が美幸と美桜を狙う理由が、これでわかっただろう」
 ディアナは最後まで言い終えると、またゆっくりとキセルを吸った。心なしか、その目は涙で潤んでいるように見えた。
「全て……、全て私の責任なの。だから、覚悟はできてる」
 唇を噛みしめながら、美幸はゆっくりと身体を起こした。涙に濡れた頬を腕で拭い、鼻を赤く腫らした彼女は、まだ、自分と同じ子供に思えた。
「美桜のためなら、何だってできるわ。あの子が、あの子の未来が続くなら」
 奮い立つ、美幸。それがまた、痛々しい。
「森へ、行くことは了承で、いいね」
「そう、します。深紅も色々と頑張ってくれたけど、もう限界。外に出る度、ビクビクするのは大変だもの。それに……、それに、“ここ”でも居場所がなくなってしまったら、私たち、どうやって生きていったらいいか。ディアナが、頼りなの。私たちのこと、真摯に考えてくれる人は、他にどこにも居なくて」
「そんなことはない。美幸が気がつかないだけで、誰かがちゃんと見えないところであんたたちを支えているのさ。深紅だってそう。“表”に行くことはできないけど、“こっち”に居るときは無理してでも人間の格好になって寄り添ってくれるじゃないか。“向こう”の家政婦さんたちも、あんたたちが兄に詰め寄られているのを、何とかしてやりたいって、見守ってくれているんだよ。一人じゃないから。大丈夫だからね。それにホラ、そこの少年だって――、未来で美桜を支えてくれている。時空を超えてまで、それを伝えに来てくれたんだもの、あんたは孤独じゃない。孤独だなんて、単なる思い込みだってことに、もっと早く気付くべきだったんだよ」
 ディアナの言葉には、重かった。
 美幸を守ろう、美桜を守ろうという、並々ならぬ想いが、ひしひしと伝わった。
 美幸は、泣いていた。どれだけ涙を出せば救われるのだろうかとでも言いたげなほど、沢山の涙を流し続けた。
 まるで幼子をあやすかのように、テラは美幸を胸に抱き寄せ、何度も何度も頭を撫でていた。救われる見込みのない、死を約束された彼女を、どうにかしてなだめようとしているようにも見えた。
「いずれ綻びはやってくるだろうよ」
 と、ディアナは言う。
「“禁忌の子”が居ようが居まいが、この世界は、いずれ滅び行く。永遠など、戯言に過ぎないだろう。ただでさえ世界は不安定なのだ。今でも沢山の“干渉者”が出入りしているんだ、美幸が偶々標的になっただけで、誰がいつ、あの竜の犠牲になってもおかしくなんかなかったんじゃないかと、思えてならないんだがね」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ