挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レグルノーラの悪魔〜滅びゆく世界と不遇の救世主〜 作者:天崎 剣

【10】窮地

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/134

32.息つく間もなく

 魔法陣の真ん中からブワッと光が噴き出し、続いてラグビーボールを平たく潰したような光弾が次々に排出されていく。
 なんだこれ。(やいば)こそほとんどないが、俺が思ったよりもずっと光弾が大きい。
 放たれた光弾がらせん状の軌道を描き、回転しながらどんどんサソリにぶつかっては弾けていく。
 で、できてる。できてるじゃないか。
 俺は呆けたように上空から見ていた。
『集中力を切らすな。相手はまだ生きてる』
 ハッとして、ブルブルッと首を振る。
 そうだった。今は戦闘の真っ最中。
 もう一度手に力を込める。光弾を切れ目なく撃ち込んでいく。
 突き刺さり貫通していく弾もあるが、ぶつかって周囲の岩に飛んでいく弾も結構ある。目標から外れたら、どんな威力の弾だって意味がない。とにかくサソリめがけ、どんどん撃たないと。
『これだけじゃダメだ。イメージ力が弱くて、装甲を削れるほど光弾に威力がない』
「は?」
『仕方ない。一気に距離を縮めて、剣で斬るぞ』
 言ったが早いか動いたが早いか。
 背中の羽の動きが急に変わって、滞空から滑空へ。ギュッと凄まじい速さで山肌に突撃していく。
「え、ちょ、待っ……!」
 気がつくと地面は直ぐそこに迫っていた。着地のタイミングを見誤った。足がもつれ、ぐるんぐるんとすっ転ぶ。
『体勢を立て直せ』
 わかってる。
 受け身をとって丸くなった身体を、屈んだ姿勢にもっていく。
 いつの間にか、魔法陣は消えていた。
『次は剣。ホラ、相手はこっちの動きを見てる』
 顔を上げると、サソリが尾とハサミを振り上げてこちらを睨んでいた。光弾で幾分か傷ついたらしく、黒光りしていた装甲が所々ボロボロとはげ落ち、ハサミは赤黒く変色している。それでもまだまだ体力がありそうだ。あの様子じゃ、もうちょっとどころか結構時間をかけて削らないと……。
『また余計なことを考えてるな。早く剣を出せと言ったのが聞こえなかったか』
 そうだった。
 手の中に剣をイメージする。アレを倒すには、多分ギザギザの刃の付いた太い剣が。
 刃先を想像し、じっと動かないでいると、
『遅い。あっちはもう動いてる』
 ガサガサッと、サソリが距離を縮めてきた。ヒュッとハサミが伸びてきて、俺は思わず後ろにのけ反った。
『避けるんじゃなくて、攻撃しろ。装甲と装甲の間に刃を入れ、一気に断つ。それがコイツらの弱点』
 装甲の間ってことはつまり、身体の裏側から攻撃しろってことか。弱ったのを見計らい懐に入って突けと、そういうことらしい。最後の最後はやっぱり力仕事、か。
 重くなりすぎないような素材でできた剣がいい。でないと、サソリの懐で振り回すのは難しい。思いながら、剣の感覚をイメージする。右手の中に柄の感触。来た。
「てやっ!」
 腰を屈め、サソリの間合いに入っていく。ハサミが右から左から振り下ろされるのを避けるも、ビリッとシャツの袖を千切られる。危な……、これが、身体だったら。
 それより、今は。
 サソリの攻撃をかわし、左へ。狙うのは尾の裏側。
「ここか!」
 ノコギリ刃の剣が刺さる。ザクッと音がする。装甲と装甲の間、外殻のつなぎ目は、少しだけ脆い。ブシュッと体液が噴き出し、思わずサッと避ける。
 確かサソリは甲殻類っぽいけど、クモの仲間。エビやカニよりも外殻は柔らかく、鳥や動物の餌にもなっていたはずだ。どこぞの国じゃ、唐揚げにして食うんだとか。……“あっち”では。目の前のコイツも、同じだといいんだけど。
 突然の攻撃に、サソリはバランスを崩して急旋回した。また正面。高く掲げた尾を振り下ろし、先端の毒針が向かってくる。
『魔法を併用しろ』
 そうだった。確かサンドワームのときも、同じように魔法と剣を。
 右手に力を込め、燃えさかる炎をイメージする。ノコギリ刃に炎の魔法をまとわせて、そのままぶった斬るんだ。
『剣の根元から先に向け、魔法陣を走らせろ。そこにまた一つずつ、文字を刻む』
 また文字か。
――“そこに滾る炎を宿し、敵をぶった斬れ”
 安直だが、考え込む余裕はない。
 迫る毒針を避けながら、俺は必死に文字を刻んだ。赤く光った魔法陣が根元から刃を撫でるようにスライドし、ついに剣を炎で包むと、竜に変えられたままの右手がにわかに熱くなった。
 よし、このまま。
 助走を付け、岩を踏み台にして、高く飛び上がる。狙うはサソリの真裏、反り返った尾っぽの付け根。そこさえ斬ってしまえば。
『体重をかけ、一気に』
 剣を両手で持ち直し、――振り下ろす。
 肉が裂けるような音と、体中に響くような、はっきりした手応え。
 右上から左下に振り下ろした剣の動きと一緒に、サソリの尾が体液を飛ばしながらずり落ちた。
「決まった……!」歓喜のあまり口に出た言葉を、
『まだハサミがある。油断するな』テラはピシャッと遮った。
 よろめきながらもサソリは体勢を立て直し、ぐるんと正面に向き直った。サソリの奥まった口が、カシャカシャカシャと激しく鳴る。鋭いハサミを地面にこするようにしてブルブル震わせ、そのままズザザと寄ってくる。
『飛べ!』
 ハッとして飛び上がる。そのままサソリの背に――、乗れなかった。足を滑らせ転がり落ちる。ヤバイ。受け身をとってクルッと回り、立ち上がろうとしたところに、ハサミがグワッと刃を広げた。
 一瞬だった。
 気がついたらもう、ギザギザにとがったハサミで鷲掴みにされ、足をぶらんぶらんさせていた。ハサミが腕と胴体に食い込み、血が大量に噴き出してくる。
 右手にあったはずの剣が、ない。
 羽になって背中にくっついていたテラの気配も、ない。
 嘘だ。
 切り落としたはずの尾が再生している。毒針がこっちを向いて光っている。
 ハサミで掴んだ獲物を、今まさに神経毒で動けなくさせようと――。

『正気に戻れ! 幻だ!』

 声が出ず、呆然とする俺を、テラがどこかで怒鳴った。
 ――幻?
 フッと意識が戻る。
 サソリまで距離がある。受け身をとって立ち上がろうとした、その位置だ。
 いつの間に幻覚なんて見せられていた? わからない。とにかく、今攻撃しないと、本当にあの幻通りに。
 手にはちゃんと、柄の感触があった。
『正面にサソリの鋏角が見えるだろう。その奥を、魔法を込めて目一杯突け』
「きょうかく?」
『口だ、口。そこから内蔵に向かって思いっきり剣をぶっ刺してやれ』
「ラジャー」
 幻覚のように、ハサミで捕らえられたらシャレにならない。やられる前に、やるしか。
 地面を蹴り、サソリの懐に入っていく。小石が擦れ、砂煙が舞う。
 右手で強く握った剣に、もう一度魔法を込める。ギュンと刃先が鳴り、炎に包まれる。
 腰を落とせ。重心を左に倒し、勢い付けて右手をぐんと伸ばせ。
 大丈夫、できる。
 イメージを強く持て。
 剣を柄ごと全部、サソリの口の中にぶっ込んで、炎を噴射させてやるんだ。身体の中から焼き尽くし、完全に息の根を、――止める。
「焼けろおおぉぉぉ――――!!」
 ぶっ込んだ後は、更に魔法陣。今度は左手から。
 サソリの顔の真ん前に円陣を描き、文字を書き込んでいく。
――“炎の渦で、敵を焼き尽くせ”
 相手がひるんでいるウチに。
 左手を突く。魔法陣かららせん状に炎が渦巻いて噴き出していく。そう、コレだ。大体イメージ通りの。
 バチバチッと、激しく燃えさかる音。
 そして、爆風。
 ドンと大きく炎が弾け、サソリが粉々に砕け散った。焼け焦げた肉片がヂリッと砂の上に落ち、こんがりと美味そうな匂いが立ちこめる。
 終わった……、何とか、倒した、ぞ。
 そう思った瞬間に、ぐぅとお腹が鳴った。
 そういえば、何も食べてなかった。
 水さえ飲んでなかった。
 美桜のマンションで食べたレアチーズケーキと、氷の入ったアイスティー。あれが、最後だ。
 あれからどれだけ経ったのか。
 頭痛は酷くなる一方で、身体の節々は痛くなるし。
 精神力も使い果たすわ、腹は減るわ、喉は渇くわ。
 どうしたらいいのか俺にはさっぱり。
 止めどなく汗が出て。
 息が荒くて。
 目の前が歪んで見えて。

 あれ、眠気。
 意識が。


――『集中力が途切れて一旦“表”に戻る……なんて、砂漠の中じゃできないからね』


 じゃあ、このまま、どうなって。


――『“二つの世界”で、命は繋がっている』


――『蟲に喰われ、命を落とすなんて無様な最後、迎えたくはないだろう』


 ディアナの声が頭の中に響く。

 クラクラする。
 熱にやられたのか。
 東京の夏より暑くもないのに? 
 動き回ったからったって、あんまりにも体力なさすぎじゃね?

 ぼんやりと遠くを見て、そのままあお向けにドサッと倒れた。
『限界か。まぁ、良くやった方だとは思うが』
 テラの声が、空の方から聞こえてきた。
 ああ、そうか。戦いが終わったから、俺の身体から離れたんだ。
 山肌に寝転がったまま、くいっと首を横にした。
 地平線の先で、何かが動いている。四角いはこをいくつも積み上げたようなもの。それが少しずつ大きくなって、近づいてくるのを、俺はただぼうっと見つめていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ