挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レグルノーラの悪魔〜滅びゆく世界と不遇の救世主〜 作者:天崎 剣

【4】秘めていたもの

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/134

12.美桜の告白

 眠れなかった。
 絶対にそんなことはないとわかっていたのに眠れなかった。
 “レグルノーラ”で“ダークアイ”の群れに襲われ、心身共々グッタリしていたはずなのに。いつもよりたくさん“あっち”に飛んで、激しく体力を消耗していたはずなのに。

――『朝9時に、学校そばの公園で待ってるから』
――『二人きりの時間を多く持った方が、何かといいと思うの』

 リフレインしていた。
 相手はあの、無表情で無感情な“芳野美桜”だというのに。
 何を期待しているというのか。
 学校で会う彼女とレグルノーラにいる彼女は、まるで別人だ。だから、もしかしたら休日に出会う彼女だって別人かもしれない。
 そんな根拠のない幻想を抱き、悶々と土曜に何が起きるかを妄想する。
 彼女は、パンツスタイルだろうか。やはり、レグルノーラにいるときみたいにスカートを履いてくるのか。ワンピース? それともホットパンツか。普段はラフな格好をしているのだろうか。それとも、レース地のボレロでも羽織ってくるのだろうか。
 本当の“彼女”ではないのに、彼氏のつもりでああでもないこうでもないと彼女のことばかり考えていた。

――『付き合ってるわ。男女の仲。いけない?』

 休日に呼び出したということは、それこそ本当に“男女の仲”を深めようと――なんて。まさか。どうしよう、妄想が止まらない。
 結局朝方まで横になりながら、ずっと考え事ばかりしていた。考えすぎて眠ることができなかったのだ。
 愚かだ。
 男とは実に愚かしい生き物だ。
 朝食を慌てて口に詰め込み、休みだというのにバタバタと外出の準備をしていた俺を、母親は不審な目で見ていた。そりゃそうだ。いつもなら10時過ぎまで飯も食わずにゴロゴロしているんだから。大事な用があるとだけ伝えたが、明らかに挙動不審であったに違いない。種類の少ない服をどう着こなすか、そんなことにまで気を遣ったのは生まれて初めてだった。
 デートと決まったわけでもないのに、女性を待たせてはいけないという、どこかで聞いた格言のようなモノが頭から離れず、約束の時間より30分も前から公園で待った。
 学校の裏手にあるツツジ公園は、その名の通り知る人ぞ知るツツジの名所だ。見頃は四月下旬から五月中旬らしいが、この公園のツツジは六月上旬まで楽しめる。今朝も濃い緑色の中に桃色や白、紅色のツツジの花が一斉に咲き誇っていた。園内には小さな池や花壇、小動物が飼われた小屋もあり、平日休日問わず多くの人が訪れる。この日も朝から、散歩をする年配の男性や、親に手を引かれて遊んでいる小さな子供たちの姿が目立っていた。
 木陰のベンチに座り、美桜が来るだろう公園の入り口をスマホいじりながら注視していると、突然誰かが肩を叩いた。
「9時って言ったのに、随分早くに来てたのね」
 慌てて振り向くと、長い髪を花柄のシュシュでひとまとめにして右肩に垂らした、美桜の姿があった。若葉色のトップスと、ヒダの多い丈長の白いスカートに、ヒールの高いサンダルは、初夏らしく驚くほど爽やかだった。
 美桜は俺の隣に腰をかけ、ふぅとゆっくり息を吐いた。
「せっかくの休みにごめんなさい。学校じゃ、どうしても話せないことがあって」
「え、あ、ああ。別に、暇、だから」
 私服の美桜はいつもより何倍も可愛く見える。それに、“こっちの世界”で眼鏡をかけていないっていうのもまた衝撃だった。
 どうしよう、また余計な期待を膨らませてしまう。
「――で、今日は、どういう」
 俺は高鳴る胸を押さえつつ、美桜に尋ねた。
「人目があるところでは話しづらいの。場所、変えない?」
 美桜は辺りを気にするように、茂みの奥、遊具のそば、それから遊歩道へと、次々に視線を動かしていた。
 警戒している。それは俺にもよく分かった。
「いいけど……、どこ行く? 二人きりになれる場所なんて、そうそうないと思うぜ」
 彼女が昨日やたらとこだわっていた『二人きり』というワードを挟んでみる。
 そうよねと小さく呟いた後、
「ねぇ、凌。何も言わずに、付いて来てくれる?」
 美桜はゆっくりと立ち上がった。


     □━□━□━□━□━□━□━□


 ツツジ公園を出て、学校を横目に住宅街へ抜ける。美桜は歩きにくそうなサンダルなのに、俺の前をスタスタと早足で歩く。
 待てよ。コレって、レグルノーラでの俺たちの関係そのままじゃないか。端から見たら“姫と奴隷”だ。確か、美桜は俺との間柄を、“男女の仲”とみんなの前で認めたわけで。ならば、せめて二人並んで歩くくらいしても良さそうなモノだが。いや、逆に俺がなんとかして彼女の隣まで進んで一緒に歩けばいいのか。
 俺は意を決して、彼女のすぐ左隣まで進み出た。それでも彼女は俺のことはまるで無視して、どんどん先に進んでいく。
 学校の周囲にある住宅街は10年前に造成された新興住宅地で、立派な戸建て住宅が多く、専業主婦率が高いのか花や木に力を入れた庭が目立つ。なだらかな斜面を上がっていくと、高級マンションが立ち並ぶ界隈に達し、俺は思わず感嘆のため息を漏らした。
 美桜は人目を避けるように、住宅街の裏道をズンズンと進んでいく。一体、どこまで進むのか。ツツジ公園から10分ほど歩いたところで、彼女は急に立ち止まった。
「こっち」
 アゴで合図した先に、一際高いマンションが見えた。
「あそこ……って、え?」
「8階に住んでるの。いいから、来て」
 白い壁の大きなマンションだった。俺は思わず手でひさしを作り、マンションを地上からてっぺんまで舐めるように眺めていた。


     □━□━□━□━□━□━□━□


 まさか、自宅に案内されるとは思ってもいなかった。確かに、自宅ならば他人の目はない。二人っきりになるには好都合なのかもしれない。
 かといって、いきなりクラスメイト程度の存在感でしかない俺が、彼女の自宅に入っていいもんか。
 良心の呵責に駆られ、マンションに入ってからは特に足元が落ち着かなかった。
 高級そうな石がびっしり敷き詰められたエントランスからエレベーターに乗り、8階へ。最新の防犯システムなのか、鍵の他に暗証キーまで入力して、彼女は自宅のドアを開けた。
「飯田さん、ただいま」
「え、飯田?」
 驚いていると、奥からペタリペタリとスリッパの音が近づいてきた。
「お嬢様、お帰りなさいませ。その方が、この前お話しくださった、来澄様ですのね。お待ちしておりました。どうぞ、中へ」
 腰を低くして、俺たちを出迎えてくれたのは、小柄な白髪頭の老婆だった。顔中シワだらけの笑顔が印象的な、実に品のいいおばあちゃんだ。
 俺はセリフの中に多少の違和感を覚えつつ、「ど、どうも」と頭を軽く下げ、案内されるままに中へと入っていった。
 薄い桃色に統一された、実に女性らしい室内だった。
 廊下の片隅に生花が飾ってあったり、美しい花の絵が飾られてあったりと、如何にも上流階級の家というのがしっくりくる。
 今“お嬢様”と呼ばれていたことから察するに、やはり美桜はいいところのお嬢様なのだろう。そして、飯田という老婆は恐らく――。
「飯田さん、改めて紹介するわね。こちら、私がお付き合いしている、来澄凌君。クラスメイトなの」
 美桜はリビングに来るなり、立ち止まって俺を老婆に紹介した。
「来澄様。お話は伺っております。家政婦の飯田民子でございます。美桜お嬢様のことを、どうぞよろしくお願いいたしますわね」
 小さな花柄の洋服に白いエプロンという、典型的なスタイルの飯田さんは、自己紹介前から家政婦的な雰囲気を醸し出していた。両手を前に揃え、深々とお辞儀をされると、俺は何だか恐縮な気持ちになり、「こちらこそ、よろしくお願いします」と俺も同じように深々と礼をした。
「それではお嬢様、私はこれで。また、日曜の夜にお伺いしますね」
「ありがとう」
 美桜はいつになく優しい笑みを老婆に向け、彼女がいなくなるまでじっと玄関ドアを見つめていた。それは、家政婦へ向ける視線というよりも、もっともっと深い関係の人間へと向ける視線に近いように思えた。
「飯田さんはね、私が小さいときから、ずっとそばにいてくれてる、大切な人なの」
 目を細め薄く笑った彼女の顔には、様々な含みが感じられる。
 その飯田さんが用意したというケーキとお茶が、小さな食卓の上にあった。彼女はリビングのソファではなく、ダイニングテーブルに俺を案内し、そのままそこに座るよう指示した。
 ベランダへと続く掃き出しの窓から、微かな風が入って、カーテンを揺らす。チチチと鳥のさえずりが耳に入ってくる。
 美桜がお茶を注ぐまでの間、俺は黙って、この非日常的な光景を何とか受け入れようと必死になっていた。
 一体全体なぜこんなことになってしまったのか、俺には未だ理解できていなかった。同じ“干渉者”とはいえ、俺たちはあくまでクラスメイト。家政婦にも俺のことを交際相手だと紹介していたようだが、そういった事実は一切ない。恋や愛など、全く縁のない関係だというのに、彼女は俺のことを表面では彼氏扱いする。
 なんだって彼女は、俺を自宅へと招き入れたのか。その答えは後々はっきりすることになる。
「どうぞ」
 出されたのは紅茶だった。花柄の上品なティーカップは、お嬢様という肩書きにぴったりの少女趣味だ。
 一緒に勧められたケーキは飯田さんの手作りなのだと、彼女は付け加えた。
「家政婦雇ってるなんて、凄い金持ちなんだな。親は何やってるの? 会社経営とか?」
 俺は何の気なしに尋ねたが、途端に美桜は目を逸らした。
「お金持ちなのは、私の伯父よ。親はいないわ」
 ……聞いてはいけないことだった。
 俺は思わず立ち上がり、「ゴメン! 何も知らずに」と謝ったが、彼女は「気にしないで。いいから座って」と、いつも通り冷静に受け答える。それの態度がまた、俺の胸をチクチクと刺す。彼女のことを何も知らない自分に、顔から火が出そうだった。
 言われた通りに座り直そうとしたとき、ふとキッチンカウンターの隅に綺麗な女性の写真が飾られていることに気づいた。美桜をそのまんま大人にしたような、顔立ちのいい女性の写真。その隣に、小さな子供を抱えた女性の写真もある。
「母は私が4つのときに事故で亡くなったの。父親はいないわ。飯田さんは、元々伯父の所に勤めていた家政婦で、私を伯父が引き取ったときから、ずっとお世話になってるの」
 美桜は、母親の在りし日の写真を手に取り、ぎゅっと握りしめた。
「私の所に残っている写真は、この2枚だけ。他の写真は全部、伯父が捨ててしまったから」
「なんで、伯父さんは、自分の兄妹の写真を」
 恐る恐る顔を覗き込むと、彼女は苦しそうに目に涙を浮かべ、

「気持ち悪かったからよ。“干渉者”である“妹”と“姪”が」

 ――俺は、耳を疑った。
「え、ちょっと待って。つまりは、美桜の母親も」
「“干渉者”よ。“レグルノーラ”のことを、私は母に教わったの。時折“裏の世界”へ意識を飛ばす私たちのことが、伯父は心底気持ち悪かったようね。母が死んで一人きりになった私を引き取るのも、本意ではなかったらしいわ。身寄りが他にいないから仕方なく。放棄して養護施設に入れてしまうこともできたでしょうに、どこかの会社社長という肩書きが邪魔をして、それができなかった。中学に入るとすぐに、伯父は私にこのマンションの一室を与えたわ。距離を置かなければ、耐えられなかったのでしょう」
 そんなこと、無理にそんなこと、言わなくてもいいのに。
 美桜は写真立てを握りしめた手を震わせながら、自分の生い立ちを説明してくる。
 違う、俺はそんなことを聞くためにここに居るわけじゃない。だが、美桜は俺の気持ちなんか構いなしに、どんどん身の上話を振ってくる。
「飯田さんはそんな私を見かねて、朝晩世話に来てくれるの。伯父はしぶしぶ了解している状態ね。あそこには他にも若い家政婦がいるし、飯田さんがいなくても、全然困らないでしょうから。私ももう17なんだし、自分のことは自分でできる、来なくてもいいのよって言ったんだけど、飯田さん、私のことが放っとけないって。困るわね。いつまでも、小さな子供ではないというのに」
「――ちょ、ちょっと待って」
 俺は耐えきれず、バンと大きくテーブルを叩いた。
 ビクッと背筋を震わせ、美桜が大きく開いた目でこちらを見ている。
「俺、そんなことを聞くためにここに来たわけじゃないんだけど」
 思っていた通りのことがなかなか口から出てこない。もっと、気の利いたセリフならばよかったのに。これじゃ、美桜を傷つけてしまいそうだ。
 だけど、そのときの俺にはそんな言い方しかできなくて。しまったと額に手を当てたときにはもう遅く、美桜は眉をハの字に曲げて、唇を強く噛んでいた。
「ごめんなさい。そういう、つもりじゃなかった。もうこんな話、やめるわね」
 パタンと、美桜は手の中の写真立てを伏せ、スッとテーブルの隅に追いやった。
 違う。そういう意味じゃなくて。
 そんなに辛そうに自分のことを無理して語る必要はないと、そう言いたかったはずなのに。
 ティーカップの中を覗き込むと、どうしようもないくらい凹んだ自分の顔が見えた。美桜にもこんな情けない顔が見えているのかと思うと、俺はいたたまれなくなって、中の紅茶をぐいっと飲み干した。
「初めて……、知った。俺、美桜のこと、何も知らないのな」
 突いて出たセリフが、また、素っ気ない。そんな自分に嫌気が差す。
「私だけが凌のことを知っているっていうのは、ずるいと思っていて。いつかちゃんと話さなければならない。それが今なんじゃないかって」
 高くなってきた日差しが、美桜の表情をそっと隠した。
 そういえば、いつだったか言われたんだ。

――『“裏の世界”に来たことがあるはず』
――『“夢”を介して、何度か来ているはず』

 美桜は俺の知らないところで俺を見ていた。それが、“ずるい”“話さなければ”に繋がっていた。わかるような、わからないような。俺をレグルノーラに連れ込んだ最初の『見つけた』も、もしかしたら彼女なりに考えてのことだったのか。

「信頼しているから、話すのよ。凌のこと、心から信頼しているから」

 美桜は真っ直ぐに俺を見据えていた。カーテンが揺らいで日が差すと、彼女の表情がくっきりと見えた。その曇りのない眼差しは、五月晴れの空の色に似ていた。
「あなたがもし、最低の人間なら、“レグルノーラ”にも“ここ”にも誘わなかった。これから先、もっともっと恐ろしいことが待っている。“裏”に干渉している以上、いずれあなたは“私”のことを、もっと知ってしまうことになる。それでも、あなたなら“私”のことを“私”として見てくれるんじゃないかと、そう信じることができたから、私はあなたをここに連れてきたのよ」
 それは、あまりにも重い、彼女の初めての告白だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ