挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マイバイブルは『異世界召喚物語』 作者:ポモドーロ

第四章 避暑地は地下迷宮

91/1057

エルーダの迷宮再び10

「うわぁ、ここが迷宮かぁ」
 ロメオ君の感激も一入(ひとしお)だった。壁を叩いたり、光の魔石を覗いたりしている。
「一階には罠はないから、魔物だけ気をつけて」
 リオナは説明を聞くまでもなく、自慢の鼻で獲物の場所に僕たちを案内した。
 マップで調べたところ、一階には僕がかつて調べ上げた以上のことは何もなかった。なので、さっさと下の階に行こうと思う。
 でもその前にお互いの実力を確認しておきたい。
 このフロアの魔物はそのためにはちょうどいい相手だった。
 辿り着いたのは懐かしい蟹部屋である。相変わらずでかい図体が挟まっている。
 案の定、まだ誰も来ていない。
「とりあえずあれをやるけど、どうする?」
 僕は緊張気味のロメオ君に尋ねた。
「リオナが行くです!」
 双剣を鞘から抜いて「いつでも行けるのです」とアピールする。
「堅いぞ、大丈夫か?」
「接近戦です。駄目ならぶっとばすです」
 答えになってないけど…… なんとなく分かった。
「前に説明したとおり、魔石の大きさは残った遺体の大きさ、魔力に比例する。切り刻むのは愚の骨頂だ。短時間で的確に。回収部位も傷つけると売れなくなるので注意すること。でも何より命が大事――」
 リオナが話の途中で突っ込んでいった。
「釈迦に説法か……」
「シャカって?」
 ロメオ君が聞いてきた。
「異界の神様の名前。『鳥に飛び方を教える』って意味」
「なるほど」
 ロメオ君は感心すると小部屋を見つめ直した。
 リオナは正面から斬りに掛かった。
 蟹もそんな無謀を甘受しない。大きな鋏を振り上げるとリオナ目掛けて振り下ろす。
「危ない!」
 ロメオ君が叫んだ。
 リオナは既に後ろに回り込んでいて、堅い甲羅に切っ先を立てていた。
 床を大きな鋏が叩く。
 地面が揺れた。
「堅いのです」
 すぐさま二刀を止めて一刀に持ち換えた。
「賢明だ」
 あの判断の速さってなんだろ。本能? 才能か?
「堅いのです!」
 でも状況は変わらなかった。
「ロメオ君行ってみる?」
「でも『駄目ならぶっ飛ばす』て言ってましたけど」
 僕がリオナに声を掛けようとしたらバーンと音がした。
 蟹の頭が吹き飛んでいた。
 手遅れだった。
 ロメオ君は音に驚いて目を丸くしている。
「エルリンの剣みたいなのがほしいのです」
 項垂れて戻ってきた。
 迷宮攻略で稼いだお金で買うんだな。ロメオ君は自分のお金で杖を買うつもりでいるんだから、リオナもがんばれ。
「貸してみな」
 僕はリオナの剣を一振り借りると蟹脚を切り離しに行った。
「『兜割』ッ」
 心で念じて関節に振り下ろす。
 ふたりが目を丸くする。
 僕は難なく十本の足を切り落とした。
 全員で一カ所にまとめ、縛り上げると、解体屋の名札に記入して送り出す。
「こうすれば物が解体屋に送られるんだ。これは普段、魔力の高い魔法使いの仕事になるから。覚えておくといいよ」
 ロメオ君は頷いた。知っていることと実践は違う。ロメオ君は不思議そうに、興味深そうに僕の鞄を見つめていた。
「結晶がでかいから鞄に入れてるんだ」
 僕はそう言って鞄のなかの転移結晶を見せた。
「ほんとだ、手に持つには大きいね」
 一方リオナは残った残骸を一生懸命切り刻んでいた。
 脚一本を一生懸命切り落としていたかつての自分の姿がそこにあった。
 僕も成長してるんだな……
「うぎゃ!」
 リオナが叫んだ。
 遺体が水の魔石に代わったのだ。
 次の蟹部屋に向かった。

 ロメオ君の番である。
「『風の矢』ッ!」
 一撃だった。
 何、今の? 今のが風の矢なのか? 投げ槍(ジャペリン)の間違いじゃないのか?
「ロメオ君ってさ、凄腕って言われない?」
 ロメオ君はきょとんとしていた。
「僕、独学だから、人前で攻撃魔法使ったことないんだ。どこかおかしかった?」
「凄いのです! ロメオ君!」
 リオナが我がことのように喜んでいる。
「この間の魔法使いと同じ魔法とは思えないのです!」
 三十一階に落とされたときのアレね。確かに規模も威力も段違いだけど。
「今の何発ぐらい撃てる?」
 率直に尋ねた。彼がこの魔法にどれだけ魔力を注いだのかは大体分かる。彼の総魔力量を逆算するためだ。
「五回ぐらいかな。その辺りから頭が痛くなるんだ」
 さすがに総量は多くないか。でも、この威力なら初級魔法ですら実践レベルだ。
 魔法回復薬…… 彼のために作るか。
「やったです!」
 リオナが脚を一本力尽くで切り落とした。
 リーチの短い剣でよくやるよ。せめて柄の長い斧かなんかでぶった切ったほうがいい。といって今自分の装備している剣は魔法剣だけだ。これを使わせるわけにはいかない。
 ギリギリまでやらせよう。
 三本目を切り落としたところでリオナは断念した。
「残りお願いなのです」
 その場にしゃがみ込んだ。
「僕はこいつを相手にして『兜割』を手に入れたんだ」
 そう言ってリオナの前で実践した。
「それ…… 習得するのです! リオナ最強伝説なのです」
 リオナはすっくと立ち上がった。
「時間切れだよ。殴るならあっちをどうぞ」
 僕は本体を指差した。
「うりゃぁああ」
 リオナは元気に飛びかかって行った。
 僕はサクッと残りの脚を魔法剣で切り落としていった。
「これで金貨二枚と……」
 魔法剣ならスキルも使わず楽ちんだ。最初に適度な魔力消費量を見つければ後は肉を切るより軽い。リオナに魔力さえあれば、使わせてやりたいところだが。
「他のパーティーが来るよ」
 ロメオ君が言った。
「ここは終わりにしよう。新人さんの分を獲っちゃかわいそうだ」
 リオナに声を掛けた。
「うぎゃ」
 魔石に変化したところにまた斬りかかってずっこけていた。
「力みすぎだよ」
 男の脚を避けたときの機敏さはどこ行った?

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ