挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マイバイブルは『異世界召喚物語』 作者:ポモドーロ

第三章 ユニコーン・シティー

81/1072

閑話 リオナノウタナノデス

 短いですが、難解です。
「リオナの『リ』の字は立派なしっぽの『リ』~♪ リオナの『オ』の字はお肉大好きの『オ』~♪ リオナの『ナ』の字はなんでも食べるの『ナ』~♪ エルリンの『エ』の字はえらいの『エ』~♪ エルリンの『ル』の字は留守なのです、の『ル』~♪ エルリンの『リ』の字はリオナ大好きの『リ』~♪ エルリンの『ン』の字は「んー」なのです、の『ン』~♪」
 リオナは歌うのです。
 雷鳴ってるから歌うのです。
 みんなお家に帰ったです。
 お祭りは終ったのです。エルリンは来なかったのです。
 だから歌うのです。
 雨が降ってるのです。雷ゴロゴロなのです。
 ユニコーンはお泊まりなのです。おねむなのです。
 だから歌うのです。小さな声で歌うのです。
 寂しいから歌うのです。お迎え来ないから歌うのです。

「リオナの『リ』の字は利口の『リ』~♪ リオナの『オ』の字はお菓子大好きの『オ』~♪ リオナの『ナ』の字はなんでも食べるの『ナ』~♪ エルリンの『エ』の字はえばりん坊の『エ』~♪ エルリンの『ル』の字は留守番は嫌なのです、の『ル』~♪ エルリンの『リ』の字はリオナ大好きの『リ』~♪ エルリンの『ン』の字は「んー」なのですの『ン』~♪」

 足音が聞こえるのです。吐く息が聞こえるのです。
 お迎えなのです。
 遅いのです。
 まだ通りの向こうなのです。
 だから歌うのです。
 お仕置きなのです。
 森に入ったのです。つまずいたのです。
 転んだですか?
 立ち止まってはいけないのです。
 リオナはここなのです。お家じゃないのです。
 そっちじゃないのです。
 リオナはこっちなのです。
 歌ってる場合じゃないのです!
『草風』にお別れ言ったです。妹ちゃんは寝てるです。
 だから手だけ振るのです。
 外は雨なのです。
 雷が鳴っているのです。
 リオナは走ったのです。
 エルリンを追いかけるのです。
 転んだです。
 滑ったです。不覚なのです。
 うずくまったです。
 エルリンの音しなくなったです。
 雨は嫌いなのです。雷も嫌いなのです。
 とぼとぼ歩くのです。

「リオナ!」
 エルリンがいたのです。
「帰ってきちゃったのか。今、雨具、取りに家に寄ってたんだよ」
 外套着せてくれたです。長靴も履かせてくれたです。
 魔法かけてくれたです。
「ごめんな、遅くなって」
 暖かです。服が乾いていくのです。
 泥んこもきれいになったです。
 もう寂しくないのです。
 雨も嫌いじゃないのです。雷も嫌いじゃないのです。
 手をつなげるのです。くっついていられるのです。
 だから歌うです。元気な声で歌うです。

「リオナの『リ』の字は理屈じゃないのよ、愛なのです、の『リ』~♪ リオナの『オ』の字はおいしいものはみんな大好きの『オ』~♪ リオナの『ナ』の字はなんでも食べるの『ナ』~♪ エルリンの『エ』の字は笑顔の『エ』~♪ エルリンの『ル』の字はルール無用の魔弾なのです、の『ル』~♪ エルリンの『リ』の字はリオナ大好きの『リ』~♪ エルリンの『ン』の字は「んー」なのです、の『ン』~♪」

 笑われたです。

 家に着いたです。
 外套脱いだら、ボサボサです。
 タオルが降ってきたのです。
 アンジェラおばちゃんなのです。おばちゃん言うと怒るのです。
 ゴシゴシなのです。
 暖かい魔法の風がくすぐったいのです。
 頭をポンと叩くのです。
 ご飯なのです。
 湯気がおいしそうなのです。
 みんなおそろいなのです。
 お肉なのです。
「お祭りでたらふく食ったんじゃないのかい?」
 リオナの心はフル回転なのです。お腹がグーッと鳴るのです。
 だから今日も大盛りで。
 食べたら眠くなったです。
 今日はもうすぐ終わりです。
 今日は特別にソファーでエルリンに寄りかかって、お休みです。
 幸せなのです。


 朝起きると自分のベッドで寝てたです。
 はて?
「んー」
 エルリンが居間で背伸びしてたです。
 リオナも背伸びしたくなったです。
 しっぽの先まで伸ばすのです。
「んー」なのです。

「おはよう」
「おはようなのです」

「リオナの『リ』の字は立派なしっぽの『リ』~♪ リオナの『オ』の字はお肉大好きの『オ』~♪ リオナの『ナ』の字はなんでも食べるの――」

 朝ごはんの匂いです。自家製ジャムの甘い匂いがするのです。
 すっかり気が抜けたところで、次回から四章に入ります。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ