挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ストレイ・ワーカー 作者:新殿 翔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

161/179

7-30


「ふん?」


 周囲に、いくつもの影が落ちて来た。

 炎の塊――ではないか。

 牛のような頭と強靭そうな人の身体を持った炎の化け物だ。

 それが八体。

 さらに――。

 ビルを突き破って現れる、ムカデの下半身を持った四本腕の巨人の姿。

 なるほど、強そうだな。

 その身に纏う強力な魔力の層は、堅牢な鎧。

 それを突き破るのは容易ではないだろう。

 ……普通ならば、ば。

 炎の化け物どもが動いた。

 八体が同時にこちらに炎球を放ってくる。


「その程度、我が王に届かせるものか」


 それを防いだのは、一瞬で現れた十重の障壁。

 妾の隣にいるガレオが張った障壁だ。

 炎はその障壁を次々に砕いて行く。

 だが、半数を砕いたところで勢いを急速に失い、八枚目の障壁でついに消滅してしまう。


「イェス、シオン。始末しろ」


 妾の言葉とともに、前に出る小さな身体が二つ。


「円卓賢人第二席、イェスベリアル=トゥ=アルアカーシャ、行くよ」
「同じく第十席、シオン=ティエン=シュレヴィルム、行きます」


 名乗りを上げて、二人が動いた。

 ――戦争で死んだ第二席の後には、イェスを据えた。

 まあ、順当だろう。

 第四席は実際に倒しているし、第三席もまあイェスが相手では勝ち目は薄い。


「シオン。とりあえずとどめ、任せるから」
「はい」


 イェスの魔術が発動する。

 解放魔術。

 イェスの魔術が届く範囲の魔力が、全ての繋がりを失う。

 すると……炎の化け物どもの炎が飛び散り、その中から貧相な骨格が現れた。

 ふん、本体はあんなものか。


「ふ――!」


 シオンを中心に、無数の魔力刃が八体の骨の化け物に放たれる。

 斬撃魔術……ふん、いつのまに覚えたのやら。

 シオンの学習能力はいつ見ても異常だな。

 魔力刃はそのまま、鈍い切れ味で骨どもを砕いて行く。

 ばらばらと骨の破片が辺りに転がった。

 次は、あのでかいのか。

 巨人の手に、魔力が集まっていた。

 何をするつもりかは知らなぬが……ならばこちらも合わせてやるとしようか。

 妾も、魔力を集める。

 急速に集まる魔力が空間を歪め、色を喪失させ、そしてありとあらゆる常識を沈める。

 黒い現象が、妾の手元に生まれる。

 それが、一振りの槍の形を作る。

 対する巨人の、魔力を集め終わったらしい。

 その魔力が……放たれた。

 それは指向性すら持たない、破壊をまき散らすだけの衝撃波。

 普通に受ければ、ガレオの障壁とでひとたまりもあるまい。

 だが、ぬるい。

 槍を胸の前で構える。

 妾に対してその攻撃……あまり笑わせるな。


「消えよ、下郎」


 ぽつり、と。

 その言葉と共に、槍を突き出すように投擲する。

 黒き槍はそのまま、高速で巨人に飛ぶ。

 その途中、槍の穂先が巨人の放った衝撃波に触れ……衝撃波は、細切れになった。

 そのまま、巨人の胸の真ん中に槍が突き立つ。と思った次の瞬間、巨人の胸部が、大きく抉られた。

 黒い槍は巨人の身体を貫通し、そのまま虹の空に消えていく。

 巨人がそのまま、崩れ落ちた。


「……さて」


 服についた埃を払う。


「次に向かうとするか」



 異界研にも、異生物は押し寄せてくる。

 それに対するのは数十名のSWと、私と……それに、前円卓賢人第三席、現M・A社の社長であるヴェスカー=ケシュト=アルケイン。


「まさか、貴方が異界研で働いているとは思わなかったよ」


 私達は二人で、異界研の正面を守っていた。


「……私は、以前から貴方がそういう役職についているのは、知っていました。元第三席」
「もっと気軽に呼んでくれていい。知らぬ仲ではないのだしね」
「では、アルケイン、と」


 異生物を崩壊させながら、元第三席――アルケインと言葉を交わす。

 私とアルケインは、初対面ではない。

 マギにいた頃に、何度か……征伐部隊の長として、彼と話したことがある。


「しかし、人も変われば変わるものだ」
「……なにが、言いたいのですか?」


 いや。

 それがどういう意味かは、分かっているのだけれど。


「そのままの意味さ。だが、こういう変化ならば、誰もが祝福するだろう。私も、もちろん祝福するよ。どうだい? 彼との結婚式、会場などは私に手配させてもらえないだろうか」


 ちらり、と。アルケインが異界研の窓を見た。

 そこに、こちらを心配そうに見ている陽一さんの姿。


「……そこまで世話になるわけには、」
「つれないことを言わなくていい。旧友として、君の新しい人生を応援したいのさ」


 言いながら、アルケインが近くにいた異生物を、炎を纏わせた拳で殴り砕く。

 旧友、か。

 私達の仲は、そんな平和なものではなかった気がするけれど……。


「……そこまで言うのならば、後で陽一さんに相談してみます」
「ああ。そうしてくれ」


 ……それにしても。


「きりがありませんね」
「確かに。倒しても倒しても、次々に沸いて来られるのではたまらない」


 二人で溜息を吐いた……その時。

 目の前に、空から何かが降ってくる。

 それは……先に私が斃した、あの甲冑の異生物によく似ていた。

 しかし、それとはまた違う。

 今回のそれは、両腕が剣ではなく槍、そして下半身が六本足の馬ででいていた。

 即座に魔術を放つ。

 細胞単位での破壊。

 当たれば、致死。

 その人馬の異生物も、崩れ落ちる――はずだった。


「……っ」


 私の魔術が、それる。

 人馬が纏う濃密な魔力の層によって、私の魔術が弾かれたのだ。


「これはまた、厄介な」
「だが、斃さなくてはならない」


 アルケインが人馬に突っ込んだ。

 魔術の炎が灯る拳で、その胴に拳を叩きこむ。

 魔力層が軽く軋み……人馬にダメージが入った様子はない。


「硬いな」


 アルケインが小さく呟き、後ろに飛びずさった。

 人馬がこちらに槍の穂先を向けて来た。

 槍に魔力が集まり……、

 私達は本能的に左右に跳んだ。

 直後、私達のいた場所を強力無比な威力を秘めた槍が貫いた。

 人馬が一瞬で距離を詰めて来たのだ。

 なんて速さ……。


「どうします? 悠長にやっている暇はありませんよ」


 この一体に構っていたら、他の異生物が異界研に侵入してしまう。それは許されない。


「……ふむ」


 アルケインが考え込み……、



「師よ。貴方は昔私にこう言った……戦場で考え事をしている余裕があるのならまず攻撃しろ、と」



 強大な魔力の動きを感じた。

 弾かれるようにそちらを見る。

 異界研の上。

 そこに、その人物は立っていた。


「……グルミール?」


 アルケインがその名を呼んだ。

 グルミール……。

 あの、アルケインの弟子であり、現円卓賢人第三席のグルミール=スィリイ=アデリヒム?

 いや、問うまでもない。

 彼がその人物であるのは、間違いがないのだから。

 何故なら……彼の頭上で、一つの現象が発生していたから。

 黒。

 黒い炎が、揺らめいていた。


「黒の魔術……!」


 炎を象った黒の魔術を扱う人物など、第三席以外にはいない。

 黒炎が放たれる。

 黒炎が、人馬に伸びた。

 それを人馬が避ける。

 けれど黒炎は蛇のようにうねり、そうして……人馬を呑みこんだ。

 人馬が黒炎の中、一瞬で消滅した。

 黒炎はそのまま、異界研の周囲にいる異生物を次々を消滅させていく。

 ……なんて、馬鹿げた威力。

 これが《黒》というものか……。

 改めて、その人外ぶりに感嘆する。


「グルミール……来てくれたか」
「……師よ。勘違いしないでいただきたい。私は別に、情に流されたわけではない」


 第三席が、視線をアルケインに向けた。


「私はただ、マギの行く末をよく考え……その結果、ここにいるのです。これは、私の確固たる意志です」
「……そうか」


 アルケインが、軽く笑んだ。


「ならば円卓賢人第三席。この場所を、共に守ってもらえるか?」
「わざわざ答えを口にする必要はないでしょう?」


 ……これなら。

 異界研を、守り通せるだろう。


残る連載はSWのみです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ