挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ストレイ・ワーカー 作者:新殿 翔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

143/179

7-12


 四匹の竜と立ちまわる。

 その大きな尾が、腕が、牙が振るわれるたびに、街が崩壊していく。既に私が戦っている一帯は、ひどい瓦礫の山に姿を変えていた。

 ……ほんと、悪夢みたいだ。

 これが現代日本の都市の光景か。

 信じたくもないな。

 まあ、こうして目の前にあるいじょう、信じるしかないのだけれど。

 ゴーストの大鎌を振りかぶる。

 そして、一匹の竜の足を切りつける。

 がき、と。鱗が一枚、少しだけ欠けた。

 やってらんないよなあ……。

 この硬さも……それに、ボロボロで、攻撃する度に激しい痛みを訴えるこの両腕も。

 苦々しい気持ちで、私は地面を蹴って、宙を舞う。

 一瞬遅れて、別の竜が私のいた場所に尾を振り下ろす。

 砕け散った地面の、大き目の破片が、背中にぶつかる。

 鈍い痛み。

 肺の中の空気が圧しだされた。

 そのまま、私は地面に落ちる。

 咄嗟に身を転がせるように横に移動する。と、真横を竜の牙が通り過ぎた。

 私なんて喰ったって美味しくないだろうに。

 そんな馬鹿げたことを考え、私は立ち上がると、一先ず竜達から距離をとった。

 ……流石に、このまま戦い続けるのは……ね。

 かといって逃げるわけにもいかない。

 私が逃げたら、この竜達はどうする?

 そこらじゅうで暴れ回るだろう。

 あれだけの巨大が無差別に暴れまわったら、どうなるか。想像に難くない。

 ならば私が竜達を引きつけ、被害をここらへん一帯に留めるべきだ。

 であれば……やはり戦い続ける以外の手段はない。

 その為に……私は懐から小さなケースを取り出して、その中から手早く錠剤を取り出した。

 痛み止めだ。

 身体の動きは多少鈍ってしまうが、痛覚に苛まれるよりか幾分マシだろう。

 私はそれを飲み込んで、真っ直ぐに竜達を睨みつけた。

 ……あー。

 ゴーストで刀を作って、それを軽く何度か空振りする。

 ……行こうかな。

 そう身を屈め、今すぐにでも飛び出そうとした――刹那。



 ドゴン!



 背後でそんな音がして、後方に立っていたマンションの外壁が砕け、そこから何かが飛び出してきた。



 壁に思いきり身体を叩きつけられて、全身を撃ち砕かれるような激しい痛みに襲われる。

 泣き喚かなかったのは、我ながら褒めてやりたい。

 私が叩きつけられた壁はひびわれ、私を中心に大きく陥没していた。

 その陥没から身を外して、足を床につけ――ようとして、膝が折れた。

 そりゃ、そうか。

 あれだけの威力だ。身体が無事に動くわけがない。

 がくがくと震える脚で、背中を壁に預けるように、ゆっくりと立ち上がる。

 目の前にいるのは、二頭四尾の蛇の化け物。

 その二つの口から、不気味な緑色の舌が伸びていた。

 と、その口が勢いよく開かれ、甲高い雄叫びが私の身体を打つ。

 異形の蛇の口内には、まるで鮫のそれのように、びっしりと鋭い牙が生えていた。

 ……もしあの口に捕らえられたら、丸飲みだろうか。それとも噛み砕かれるのだろうか?

 そんなことを考える余裕が自分にまだ残っていることに驚く。

 あるいは、追い詰められすぎてなにかが壊れてしまったのかもしれない。

 割合的に、後者の方が確率が高そうだから、なんか嫌だ。

 ――と、まあいつまでも物思いにふけるわけにもいかないわね。

 レールガンのトリガーを、しっかりと握りしめる。

 そのまま、目の前の蛇の怪物を見据える。

 出口は、あの蛇の後ろ。

 このまま迂回して外に……なんて、甘い展開が許される空気ではない。

 蛇は、完全にこちらを敵として認識しているらしい。

 目には明らかな敵意が込められている。

 ……ったく。

 うずくまって頭を抱えて恨み事を百も二百も呟いてやりたくなる。

 どうして私、こんな目に遭わなくちゃならないんだろう。

 深い溜息を吐きだして……私は、駆け出した。

 身体が軋む。

 だからどうした。

 軋もうが砕けようが構うものか。

 私の身体だ。私を生かす為になら盛大に壊れたって構いはしない。

 まあ実際に壊れたりされたら困るのだけれど、そのくらいの気持ちで突っ込む。

 蛇が私に反応して、尾の一本を振るってきた。

 ぞくり、と。

 感情が反応した。

 一度くらって、あれがどれほどの威力を持っているのかは身を持って知った。

 だから、二度とくらいたくない。

 痛いし、怖いから。

 その感情に身を任せて、私は地面を蹴った。

 身体を浮かせて、振るわれた尾を避ける。

 さらに、尾が振るわれた。今度は身をとにかく低く、それこそ胸が地面に触れてしまう位まで低くして、回避。

 地面を手で殴りつけるように叩いて、その勢いで身体を一気に起こす。

 そうして、私は蛇の目の前にたどり着いた。

 よし……。

 その丸々とした胴体に、レールガンの銃身を叩きこむ。

 ばちんっ、と強烈な電火が発生し、蛇の胴に襲いかかった。

 やった……?



 と、蛇の鋭い眼光が目の前にあった。



 ……は。

 乾いた笑み――を浮かべる前に。

 蛇の身体が信じられないくらいに縮み……そしてそれが元に戻る勢いで、蛇の巨体が、私の身体を吹き飛ばした。

 身体が、再び壁に……先程にも叩きつけられた壁に衝突する。

 痛みだとか、そんな生温い表現すら出来ないくらいの感覚。

 一度ぶつかって脆くなっていた壁はそのまま砕け、私はそのまま、マンションの外へと放り出された。



 マンションの壁を破って出て来たのは……は?


「天利……?」


 間違いない。

 それは、ボロボロの格好をしているが……天利悠希、その人だった。

 天利の身体が地面を転がって、私のすぐ近くで止まる。

 天利は……ぴくりとも動かない。

 ちょ、ちょっと待った。


「あ、天利?」


 もう一度、名前を呼ぶ。

 それでも、反応は……ない。

 冗談、でしょ?

 あるいは、そう。

 気絶しているだけとか、そうに違いない。

 頭の中に浮かんだ最悪の可能性を振り払うように、私は天利に駆け寄ろうとして――。


 天利が飛び出してきたマンションから、二つの頭と四本の尾、そして丸い胴を持った蛇の化け物が這い出してきた。


 その蛇は、倒れた天利を追撃しようとしている。

 っ……。

 あれが、天利をやったのか……!

 私は刀を構え、その蛇に斬りかかった。

 刃が蛇の首に触れ……そして、弾かれた。

 こいつも、堅い……!

 蛇の尾が振るわれる。

 それを後ろに跳ぶことで避ける。

 と、悪寒を感じて、私は更に後ろに跳んだ。

 竜の尾が上から振り下ろされ、地面を打ち砕いた。

 あと一瞬動くのが遅かったら、私はあの尾の下にいたろう。

 肝が冷えた。

 ……くそ。

 天利を、ちらりと横目で見る。

 そして、竜と蛇を見た。

 ……どうすれば、いいの……?



爬虫類にトラウマが出来そうですね。この二人。

……いや。この二人の場合、爬虫類を見たら暴れだすようになりそうだな。
某クルタ族のハンターが蜘蛛を見ると目が緋色になったりするみたいに。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ