挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ストレイ・ワーカー 作者:新殿 翔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

127/179

間章 臣護のいない日・下


 探すこと、約一時間。

 とある段ボールに、何冊ものアルバムが詰め込まれているのを見つけた。

 これ……かしら?

 思い、そのうちの一冊を手にとって開いてみる。

 出てきたのは、小さな男の子の写真。たぶん、八歳くらいだろうか。

 うわ……。

 嶋搗、小っちゃ……。

 しかも今からは想像もできないような笑顔だし。

 やっぱりあいつにもこういう時代はあったのねえ……。

 あ、そうだ。

 どうせなら古いのから順に、あいつの成長を追う形でみていこう。

 えっと、このアルバムが八番って書かれてるから……一番はどこかしらね……っと、これだ。

 開くと、赤ん坊の頃の嶋搗の写真がびっしり貼り付けられていた。

 たくさんあるわね……嶋搗って、両親にずいぶん愛されていたんだなあ。

 なんだか見ているこっちまで胸が暖かくなってくる。

 一ページずつアルバムをめくるうちに、徐々に写真の中の嶋搗は成長を遂げていく。

 人の成長っていうのは、すごいもんね。

 そんなことを感じつつ、二番目のアルバムに移る。

 うわ……これって幼稚園の入園式?

 あはは。嶋搗ってば可愛いわね。


「うわっ」


 思わず声が出る。

 これは……たぶんなにか悪いことをしたのだろう。

 母親に怒られて泣きべそをかいている嶋搗の写真。

 なにしちゃったのかしらねえ。

 笑んで、続きを楽しむ。

 それにしても……こういうのって、ちょっといいな。

 私の家族は、母親だけは生きているけれど、それでも嶋搗の家族ような、暖かなものではない。

 あんな女……母親だなんて私は認めない。

 っと、気分が悪くなることを今考えることないわよね。

 それよりも嶋搗嶋搗、と。



 温泉にも入った。散歩もした。それなりに、気分はさっぱりした。

 今は部屋に敷かれた布団に横になっているところだ。

 もう電気も消して、真っ暗闇になった部屋の天井を見つめ、ふと思う。

 そういえば、昔にも家族で京都にきたことがあったっけか。

 その時はもちろん、こんな高級旅館じゃなく、普通の安宿だったが……。

 子供の頃のことであまりよくは覚えていないが……それでも漠然と、面白かった、ということだけは思い出せる。

 家族、ね。

 ……今更、だな。

 本当に今更だ。

 こんなこと考えたって、どうしようもない。過去を懐かしむような年齢にはなっちゃいないしな。

 そいうのは年くって、身体の自由がきかなくなってきたくらいに……だろうさ。

 それまでは、後ろなんて振り向くこともないだろう。


「寝るか」


 呟き、布団を肩のところまで上げる。

 ……しかし、なんだろうな。

 ちょっとだけ、落ち着かない感じがある。

 どうしてだろう。

 少しの間考えて、もしかして、と思い当たることを見つけた。

 あまりにのんびりしすぎて、それが逆に違和感になっているのだろうか?

 ……はは。

 俺ってやつは、どんだけハマってるんだか。

 自分自身に呆れつつ、明日起きたら家に帰ろう、と決めた。

 俺にはやっぱり、こういうのどかな雰囲気より、馬鹿みたいなやつらに囲まれる雰囲気のほうがお似合いらしい。はなはだ認めたくはない事実ではあるが。



「っ、と」


 電話の着信音に、はっとする。

 ポケットから携帯電話を取り出して、誰からの電話か、ディスプレイを見て確認。

 あ、アイか。

 通話ボタンを押す。


『あ、悠希? 今どこにいるの?』


 一番にそれと問われ、ちょっと迷う。

 普通に嶋搗の家にいる、といえばいいのだろうけれど……こんなところに忍び込んでいるせいか、ちょっとそれを言うのは気が引けた。


「んー。ま、ちょっと野暮用でね」
『ふうん』


 適当にごまかしておく。

 アイも余計な追及はしないでくれた。


『というか、今日はもう帰ってこないの?』
「え?」
『だってほら、もう十二時だし』


 って、嘘!?

 もう十二時なの?

 真夜中じゃない……。

 そんな時間になったのも気づかないくらいに夢中になってたんだ。

 あはは……。


「ごめん、連絡先に入れればよかったわね。ちょっと今日は……」


 ――って私なにを言うつもりよ。

 今日は、まさか帰れないとでも?

 じゃあまさか、このまま嶋搗の家に居続けるつもり?

 それは……でも……。


『今日は帰ってこれないんだね? 分かった。じゃあ私は寝るから。おやすみ、悠希』
「あ、ええ。おやすみなさい、アイ」


 気づけば、通話は終了していた。

 ……まあ、いっか。

 嶋搗がいつ帰ってくるのか、気になるし。

 っていうかまだ帰ってこないのね。

 んー……。

 嶋搗が帰ってくる前にここを引き上げて、バレないようにしないといけないんだけど……嶋搗も、流石に今日はもう帰ってこない、わよね?

 それじゃあ、あともう少しくらい見ててもいいかな。

 というわけで、アルバムに再び手を伸ばす。

 でも、やっぱりいいなあ……こういう家族。

 私もいつか、こんな家族を作れるのだろうか?

 ……?

 いやいや、私ってば何考えてるのよ。

 家族とか、いきなり話飛躍しすぎじゃない。

 まったく……そもそも相手は誰よ。家庭を一緒に築く相手は。

 ……嶋搗、とか?


「いや、ないない」


 声にまで出して、自分の考えを否定する。

 嶋搗と、だなんて……。

 そんなこと、ねえ?



 ……昼頃に家に帰ってきた。

 帰ってきた、はいいんだが……おい。

 どうして、玄関に天利の靴があるんだ? それに、俺の寝室に脚立が出ててるし……天井のところが開いているし。

 一応、他の場所を見てみるが、天利の姿はない。

 ……あいつ。

 若干、目じりの辺りが引き攣った。

 いくらなんでもプライバシーの侵害もすぎるぞ。そもそも、どうやって俺の家に入ったんだ。

 脚立を上って、小さな空間に入り込む。

 そこで……天利の姿を見つけた。

 けれど、天利は……。


「ん……すぅ……」


 眠っていた。

 そのすぐ横には、山積みにされた俺のアルバム。

 勝手に見ていやがったのか……。

 くそ。

 文句の一つでも言ってやらなきゃ気がすまないな。

 ……でも。


「すぅ……すぅ……」


 まあそれは、こいつが起きてからでも構わないか。

 苦笑し、俺はアルバムを段ボールに戻した。

 気持よさそうに寝やがって。どんな夢を見てるのかね。
アマリンの夢はきっと将来の家庭……こいつらはやく結婚しねぇかなあ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ