挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ストレイ・ワーカー 作者:新殿 翔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

126/179

間章 臣護のいない日・中


 勝手知ったるなんとやら。

 嶋搗の家には、これまでにも何度も訪れたことがある。

 特に戸惑うこともなく、リビングに入った。そして、エアコンの冷房を入れる。

 この嶋搗の部屋は、かなり綺麗にされていた。

 ……ただ、二点ばかりおかしな点があるが。

 まずは、一番目につく、リビングのテーブルの上にピラミッド状に積まれたコーラの空き缶。

 次に、冷蔵庫に限界まで詰め込まれた缶コーラ。

 ……あのコーラ中毒者め。

 とりあえず空き缶はかたしなさいよ。どうしてこれだけは綺麗にできないのかしら。

 前に聞いたけれど、なんとなく面倒だ、とか言っていたっけ。

 ……はあ。

 とりあえず、なんだかそれを見ていると落ち着かないので、勝手にゴミ袋を出して、その中に空き缶を詰め込む。

 よし。

 そこで、改めて部屋の中を確認した。

 やっぱり広い。

 贅沢してるわよねえ……私も人のこと言えないけど。

 ソファーに腰を下ろして、しばらくぼんやり部屋の中を眺めてみる。

 んー……。

 暇ね。

 嶋搗が帰って来る気配はないし。

 どうしようかしら。

 そういえば、小暮さんがいろいろ探していい、とか言っていたけれど……なにを探せって言うのだろう?

 ……エロ本?

 男の一人暮らしっていうと、なんとなくそういうのが隠されてるイメージがある。

 でも……あの臣護だしなあ。

 探しても見つからなそう。あるなしに関わらず。

 あいつがエロ本を買うところが想像できないし、例え買っていたとしても周到に隠しているに決まっている。

 ……あー。

 やばい。

 あるんなら意地でも見つけ出したくなってきた。

 その時の嶋搗の顔を想像したら……よし。


「探すか!」


 私は意気込んで、ソファーから立ちあがった。



 携帯電話には、意外と多くの電話やメールの着信があった。が、全て無視した。今はもう携帯電話の電源から落としてしまっている。

 休みのときまで疲れることに巻き込まれてたまるかっていうんだ。

 場所は、山奥にある隠れ宿。

 それなりに高いところだが、まあ俺に払えない程度ではない。というか俺に払えなかったら非常にまずいだろうな。大富豪レベルでもなければ泊まれないということになってしまう。

 まあそんな大げさに言ってみたが……普通に普通の高級旅館の料金だ。

 部屋はもちろん和風で、風情がある。障子窓から涼しい風が吹き込んでくるのが、それをさらに演出していた。

 ……たまには、こういうのもいいな。

 茶を飲みながら、疲れを溜息と共に吐き出す。

 また今度、来よう。

 思いながら、これからどうするかな、と考える。

 とりあえずゆっくりしたら温泉に入って、ゆっくりして、軽く散歩して、温泉にはいって、ゆっくりして、寝よう。

 ……ふぅ。

 茶が美味い。


 ――あれ?

 なんか俺、今すごい年寄りじみてないか?



「やっぱり、ないか……」


 家中探しまわったが、やっぱりエロ本の類は見つからない。

 むぅ……。

 寝室は本命だったんだけどなあ……駄目だ。

 諦めるしかないか。これ以上やるのも悪趣味だろうし。

 ふと、時計を見る。

 うわ……私、こんなことにどれだけ時間を浪費してるのよ。

 っていうか嶋搗、まだ帰ってこないの?

 数歩下がって、そのまま後ろ向きにベッドに倒れる。

 ……嶋搗の匂いだ。

 まああいつのベッドなんだから当然なんだけど。

 でもなんだか、ちょっと落ち着くな……。

 眠くなりそう。

 眠っちゃっても、いいかな……。

 …………あれ?

 そこで私は、視界の内側に小さな違和感を感じた。

 なんだろ。なんかおかしいな……。

 思い、目を凝らして見る。そうして、気付いた。

 天上に、四角い溝。

 あれって……なんだろ。

 身体を起こして、ベッドの上に立って天上に手を伸ばしてみる。

 けど……届かない。

 なにかないかしら?

 あ、そうだ。そういえばさっき、脚立見つけたっけ。なんに使うのかと思ったら……もしかして……。

 脚立を寝室に運び込んで、それを使って天上に手を伸ばした。

 よし。やっぱり、これなら届く。

 溝のところを、押してみる。すると、そこが開いた。

 ……うわ。これもしかして、倉庫かなにか?

 どうしてこんなところに倉庫なんて……利便性がないにも程があるわよ……。

 呆れながら、小さな穴から倉庫の中に身体を滑り込ませる。

 狭い……。

 それは、なにも倉庫の小ささからではない。

 そこに大量に置かれたもののせいだ。

 段ボールの山。

 ……なんなのかしら?

 気になって、近くに会った段ボールを開けてみる。

 その中に入っていたのは……えっと、これは……どういうことだろう?

 女物の服とか、化粧品とか、装飾品とか……いろいろ入っていた。

 なんでこんなものを嶋搗が……。

 まさか、女そ――いや、まさか。ありえない。

 なにか理由があるはずだ。

 そう思って、もう少し段ボールの中身を探ってみる。

 そして一枚の写真立てに入った写真が出てきた。

 写っていたのは、一人の女性。優しい笑顔を浮かべ、小さな赤ん坊を胸に抱いている。

 これは……まさか……。

 嶋搗の、お母さん?

 それじゃあこれは……あいつのお母さんの、遺品、か……。

 ……そっか。

 嶋搗、ちゃんとご両親の遺品とか、とってあるのね。

 いいお母さんそうじゃない。

 そっと出したものを段ボールに戻す。

 そういえば……っていうことは、あの写真の赤ん坊って、嶋搗なのよね。

 んー。嶋搗にも赤ん坊の頃があったのねえ。当たり前っちゃ当たり前だけれど。

 ……気になるな。

 これだけ段ボールがあるのだ。なにも全てが全て遺品というわけではあるまい。中にはアルバムやらなにやらがきっとあるはず。

 少しばかり後ろめたい気はするのだけれど……好奇心には勝てなかった。

 さて……どの段ボールに嶋搗の昔の写真とかがあるのかしらねー。



 ……なんだ?

 なんだか、ちょっと寒気がするぞ。

 いくら露店風呂とはいえ、お湯は十分温かいし、そもそもこんな時期にこんな寒気がするものだろうか?

 ふむ……。

 まあ、気のせい、か。

 うん、そうだ。

 一人頷き、肩まで温泉につかる。

 ふぅ……いい湯だ。

 極楽極楽。

 ……まずいな。

 やっぱり俺、年寄りじみてる。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ