挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ストレイ・ワーカー 作者:新殿 翔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

121/179

6-21


 マギ史上最大の反乱は、最悪の、あるいは最高の形で、幕を下ろした。

 王の死によって、反乱は成る。

 そして、新しい時代が開けた。

 新しいマギ。

 黎明の時。


「……ルミニア」


 空を見上げていた妾のもとに、臣護が現れた。


「臣護か……」
「やったのか」


 地面に敷かれた黒い布を見て、臣護が言う。

 その布の下には、人一人分の膨らみ。


「……ああ。親殺し……これで妾の地獄生きは確定だ」
「だろうな」


 あっさりと臣護は頷く。

 ……まったく。


「ここは何かしらフォローする場面だろうが」
「気遣いは向かない。そういうのは、他の連中にさせておくさ」
「はは、違いない」


 言われてみれば、確かに。

 こいつはそんな器用なやつではなかった。


「まあ、地獄に落ちる前に精々この世界を良い方向に導くとするさ」


 再び、視線を空に向ける。


「そうかい」


 臣護も、妾と同じように空を見上げた。

 既に空は暗く、闇に包みこまれていた。

 今夜は雲が厚くて、月が見えない。

 惜しいな……。

 見えれば、綺麗な満月だったろうに。


「まあ、今は素直に勝ちを喜んでいいだろう?」
「ああ」


 臣護の言葉に頷く。


「さて……勝鬨をあげねばらなんな」


 まだオケアヌスの各所では、小さな戦いが続いている。

 妾が王を討ちとったことを宣言すれば、それも終わるだろう。


「……その前に、」


 臣護が、腰から銀色の剣を抜き放つ。

 そこに、強大な魔力が集まる。

 刀身の煌めきが、太陽のような輝きに変わる。


「臣護……?」
「どうせだ。少しくらい、演出してもいいだろう」


 その剣が、振るわれた。

 空へと。

 巨大な、巨大すぎる魔力刃が空高く目がけて翔け昇る。



 ――黒い雲が、裂けた。



 その割れ目から覗くのは、金色の真円。

 ……やれやれ。


「立派な演出家だよ。お前は」
「……」


 肩を竦めて、無言のまま臣護は剣を鞘に収めた。

 さて……ではこの演出を裏切らない程度には、妾も声を張り上げるとしよう。

 端末を起動する。

 目の前に浮かび上がったモニターを操作して、オケアヌス全域のスピーカーを繋ぐ。

 ゆっくりと、深呼吸。

 ……長かった。

 そして、これからも長い道は続く。

 ここで終わりではない。

 それどころか、これからがやっと、始まりなのだ。

 妾がマギを変えていく、序章。

 これからも、皆の力を借りて、妾は往く。

 だから……。

 その意思を込めて、声を放つ。


『汝ら、しかと聞くがよい! 今、妾が旧代の王を討ちとった! これより妾こそがこのマギの王となり、ここオケアヌスこそがマギの中心となる! 勝者は歓喜せよ! 敗者は降れ! さあ、新しいマギの歴史をこれより始める!』


 妾の声がオケアヌスじゅうに響き渡り……数秒後。

 オケアヌスが、歓喜の叫びで震えた。



 さて、と。

 勝鬨を上げたルミニアに、背中を向ける。

 帰るか……。


「本当に構わないのか、臣護?」
「ああ」


 肩越しに苦笑して、頷く。


「柄じゃないからな」
「……名乗れば、救世の英雄だというのに。それをあっさりと袖にするなど、貴様くらいだろうな」


 英雄だなんて、冗談じゃない。

 人に注目されるのは、まして担ぎあげられるのなんて……想像するだけでも嫌だ。


「俺はこのまま誰にも知られないうちにアースに戻るさ」
「貴様らしい、と言えばそれまでだな」


 笑み、ルミニアが俺に何かを投げつけきた。

 それを受け取る。

 それは、黒い宝石のようなもので作られた、細やかな紋章。


「これは……?」
「希少な鉱物で新しいマギの王族の紋章を象ったものだ。最高の騎士に贈る勲章さ」


 また、大層なものを軽々しく……。


「……騎士も、俺の柄じゃないだろう」
「そう言うな。せめてそれくらい受け取ってもらわなければ、妾としても申し訳が立たないのだ」
「……そこまで言うなら、まあ、貰っておくさ」
「そうしてくれ」


 勲章とやらを、ポケットに収める。


「それじゃあな。ルミニア」
「ああ。また、いつでも会いに来い、臣護」


 おいおい。


「お前は王になるんだろ。そんなやつが、俺なんかと気軽に会っていいのかよ?」
「その勲章を持っている者のどこが『そんなやつ』なのだ?」


 にやり、と。

 ルミニアが笑う。

 なるほどね……まあ、それなら気が向いたら、会いに来るとするか。

 そう、歩き出そうとした――その時だった。


「臣護っ!」


 目の前に飛び出してくる人影。

 ……じじい?

 その顔は、焦燥に満ちていた。


「どうしたんだ、じじい。そんな慌てて」


 ただごとではないことが、ありありと伝わって来る。

 背後からはルミニアの真剣な気配も感じる。


「臣護……落ちついて聞け」
「……本当に、どうしたんだ?」


 こんなじじい、初めて見る。

 ……いや、本当にそうか?

 ここまで慌てるじじいを、前にも一度、見たことがある。

 それは……。



 ――まさか……。



「おい、じじい……!」


 そのことに思い至って、俺も、あらゆる余裕が吹き飛んだ。


「まさか……っ」
「恐らく、そのまさかじゃ」


 重い面持ちで、じじいが頷く。

 っ……!

 そんな……馬鹿な……!


「今、アースから異常事態の報せが届いた……」


 噛み締める強さに、奥歯が砕けるんじゃないかと思った。

 なんて、最低のタイミングでくるんだ……!

 一生来なければいいと思っていた。

 二度と見ることなどなければいいと願っていた。

 だというのに……そんな俺を、まるでせせら笑うかのように。


「おい、臣護。爺。どういうことだ?」


 ルミニアの質問に、答える余裕なんてない。


「アースに、出たのか……っ!」


 それは、俺とじじいだけが知るであろう、俺とじじいが名付けた、最悪の存在。

 それの名前は――、



「《魔界》が……!」
次章に続きます!
次章、最終ですね。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ