挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ストレイ・ワーカー 作者:新殿 翔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

120/179

6-20

 倒れたオールフィオスに歩み寄る。


「……ごふっ」
「――……」


 心臓を一突きにされて……しかしそれでもまだ、オールフィオスは生きていた。

 それは同時に、間違いなく、死に体ではあったが。


「妾の勝ちだ」


 告げて、また再び、黒の槍を生み出す。


「――勝ち?」


 ひどく掠れた声で、オールフィオスが口元を歪めた。

 そして、その肩が微かに揺れて……その度に、胸の傷から大量の血がこぼれ出す。

 それでもオールフィオスは笑うのをやめない。


「なにがおかしい?」
「おかしいとも」


 そもそも、と。

 オールフィオスは、妾の瞳を覗きこんだ。


「我を倒したから……それで勝利? 片腹が痛い」
「……」
「貴様が自らの勝利を宣言していいのは、この世界の全てを支配してからだ。この世界の全ての上位に、貴様が立つことで……初めて貴様の勝利は成る」


 鋭い眼光は、今死を目の前に控えさせた人間のものとは、とてもではないけれど思えない。


「そして、そんな日が訪れることはない。貴様らは、マギにとって最大の異物。それが、容易に受け入れられるものか。故に、貴様のその思想は、果されることはない」


 ……そんなことを言われずとも、分かっている。

 マギは、今の妾達の思想を広めるには、余りに凝り固まり過ぎているのだ。

 だが……だからどうした。

 凝り固まっていると言うのなら、それを一つ一つ、例えどれほどの時間がかかろうとも解けばいい。

 そうすれば、ほんとうに少しずつでも、世界は変わってゆく。

 どれほどの時間がかかるかは分からない。

 もしかしたら妾が生きているうちには不可能かもしれないし、多くの人間に反抗されるかもしれない。

 それを受け止める覚悟は、既にしている。

 故に……オールフィオスの言葉に揺らぐことなどはない。

 それに何より……、


「この思想は、妾だけのものではない。妾の強き仲間達が全員求めたもの。例え妾が志し半ばで倒れるようなことがあろうとも、それを誰かが引き継いでくれる」


 それを思えば、他にどんな憂慮があるものか。


「貴様の言葉など、幼子が持つ短剣ほどの役割も果たせない」


 さて……。

 ついにこの時が、やってきたか。

 槍を振り上げる。


「貴様はここで朽ち果てろ。そして、新しい時代をそこから始める。貴様はその礎となれ」
「ふん……一つだけ、忠告しておいてやろう」
「忠告?」


 オールフィオスが、私に?

 ろくなことではないだろうが、まあ一応聞くとしよう。


「言ってみろ」
「王は……決して他の何者とも同等ではない。愛すべき者……そんなものがいてはならない。王は孤高で、逸脱していなければならない。何故ならば、王は、王でなければならないのだ。そうでなければ、王はいずれ破滅する」


 ……なんだ。

 意外と、まともな忠告じゃないか。


「どういう風の吹きまわしだ?」
「ふん……大した理由などではない」


 ――……。

 そう言うオールフィオスの表情は、何故だか、どこかすがすがしそう。

 ……少しだけ疑問に感じていたことがある。

 オールフィオスは、前から妾が不穏な動きをとっていることに気づいていたらしい。ならば、なにかしらの対応が取れた筈だ。

 だというのにオールフィオスは妾が行動に出るまで、それに触れてこなかった。

 何故だ?

 もちろん、オールフィオスの、妾の行動などどうということもない、という慢心からのことなのかもしれない。

 けれど、それはなんだか……違う気がしたら。

 オールフィオスは言った。

 王に、愛すべき者などいてはならない、と。そうでなければ、王はいずれ破滅すると。

 オールフィオスは、今こうして破滅を辿った。

 ならば、逆に考えたらどうなる。

 破滅したオールフィオスには、愛すべき者などというものがいたのだろうか。

 いたとしたら、それはまさか……。

 ――いや。

 考えるのは、止める。

 そんなことはありえないし、今更どうでもいいことだ。


「オールフィオス。妾は王になる。しかしそれは、人を捨てると言うことではない」
「……」
「貴様は、そこで過ったのだ。強さを履き間違えている」


 強さとは、決して孤高であることではない。

 少なくとも、妾にとっては、違う。

 妾の強さ。それは……、


「妾には素晴らしい仲間達がいる。その仲間達と共に、妾は戦ってきた……」


 簡単にそれを言うのであれば……そう。


「強さとは……共に歩んでくれる者達と、協力するということ……」
「……理解出来んな」
「そうか」


 まあ、理解できないというのなら、それでも構わない。

 分かって欲しいわけでもない。


「妾は、これから多くの者達と協力し、人の力によってマギを変える。貴様は、それをあの世から見ていればいい」
「……いいだろう」


 オールフィオスが笑う。

 もう、胸の傷から血は流れていない。

 流れるほどの血も残っていないのだ。

 それでもまだ、オールフィオスは生きている。

 もう、引導を渡そう。


「そう言うのであれば、貴様が後から来るのを、向こうで待っていることにしよう。精々、野垂れ時にせぬように気を付けるがいい」
「馬鹿め、野垂れ時にというのは貴様のその死に様を言うのだ。妾がそんな無様を晒すわけがないだろう」
「言ってくれる」


 互いに、少しだけ笑った。

 ……さて。


「楽にしてやろう」


 黒き槍が、空に浮かぶ。

 それがそのまま……落ちた。

 穂先は、オールフィオスの頭に。

 オールフィオスが、瞳を閉じる。

 次の瞬間。





 ――――。

超眠い状態で書いたからもしかしたら変なことになってるかも。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ