挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ストレイ・ワーカー 作者:新殿 翔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

107/179

6-7


 まずは魔力弾を第五席に放つ。

 それは一直線に彼の身体に命中――した。


「……」


 喜びはない。

 何故ならば、円卓賢人第五席。

 彼の魔術の一つは――。



 僕の魔術をくらった第五席の身体が、溶けるように空間に消えた。



 ――幻影魔術。

 あの第五席は、偽物だったということだ。

 外見的にも、魔力的な観点から見ても、おそらく科学的に判断したとしても、あの幻影は見破れないだろう。

 完全な幻影。

 そして……僕は、いつ第五席が幻影に入れ替わっていたのか、分からなかった。

 最初に現れた時?

 それともそれ以降の、どこかで?

 分からない。

 それが、微かな恐怖心をあおる。

 幻影は消えた。

 では、本物の彼はどこだろう?

 見当たらない。けれど、確実にいる筈だ。まさか逃げるなどと言う選択肢をここで選ぶわけがない。

 多分、幻影魔術で姿を隠蔽しているのだろう。

 どこに――。

 そう、気配を探っていると……不意に。

 膝をつく。


「っ……!」


 なにか攻撃されたわけではない。

 ――いや、これも攻撃と呼べるのだろうか。

 僕が膝をついた、その理由。

 自分の体重が支えられないのだ。

 これが、第五席の二つ目の魔術。

 重力魔術。

 単純に言えば、対象の重量などを操作する魔術だ。

 っ……咄嗟に、身体に魔力を纏わせる。

 この重力は魔術によるものだ。

 ならば、魔力に寄って跳ねのけることは出来る。

 その考え通り、僕の身体の重さは、元に戻った。ただし、常時その状態を維持するには、少し問題があった。

 常に魔力を全身に纏うともなれば……当然、それで大分、魔力の制御の手が奪われることになる。

 通常の三割。そのくらいか。

 ……けれど、大丈夫。

 今の僕は…………魔術だけではない。

 ばちん、と。

 右手につけたインドラが、微量の電気を流す。


「……アースの兵器か」


 突如、目の前の空間に、滲みだすかのように第五席の姿が現れる。

 それが、果たして本物か、偽物か……。

 考えるより早く、インドラから一筋の雷が放たれた。

 それが第五席を貫き……そして、溶ける。


「貴様がそんなものを使うとはな……」


 背後に、気配が二つ。

 気配までも再現できるなんて……本当になんてでたらめなのだろう。

 振り向きざまに雷撃。

 しかし、貫かれた二つの姿は幻影。

 っ……本物は一体どこに……。


「どういう心境の変化だ?」
「寡黙な貴方にしては、珍しく多くの言葉を口にするのですね」


 第五席の印象は、石像だ。

 そこに静かに佇む、堅牢な存在。

 しかし今こうして、どこからともなく言葉を投げかけてくる第五席は、それとはちがった印象を抱く。


「僕は……ただ、この世界にとってなにが最も正しいのかを考え、そして、その道をあの方と共にいこうと、決めたのです」


 姫。

 あの方の行く末まで共に歩み、そしてあの方が道を違える時は遠慮なくそれに牙を向ける。

 そう決めて、行動しているのだ。


「……そうか。ならば、多くは言うまい。ただし、一つだけ」


 第五席が、また現れる。

 インドラを放つ。

 障壁によって雷が弾かれた。

 防御した……ということは、まさか、本物か?


「貴様の正しさとは、なんだ?」
「魔術だけでなく、多くのものがそこにある。そんな世界を作り上げるということです」


 先日。実際に、アースに行って、分かったことがある。

 アースについて、僕は多くは知らない。

 けれどそれでも……アースは、決して狭くはなかった。

 あれを見て、今ならはっきりと分かる。

 今のマギは、まるで狭い空間にいろいろなものを圧し込んだかのように、窮屈だ。

 まともな空気もなく、淀んでいく一方。

 それでは、駄目なんだ。

 きっと……もっと、広い場所にいかなくちゃ……・


「いいだろう。であれば、第十席よ。貴様の理想と我が力、どちらが上か……はっきりとさせることにしよう」


 第五席の身体が、ブレた。

 え……?

 次の瞬間。

 第五席の姿が二つになる。

 ズレるかのように、その身体が増えた。

 そしてそれは、一度ではない。

 また増え、そして増え、さらに増え――……第五席が、どんどん増えていく。

 僕を、第五席達が囲んでいた。

 そして、その全員が、僕に片手を突き出す。その手に、魔力が集まった。

 そして――全方向から魔力弾が放たれた。

 僕はそれを、空に舞い上がることで回避した。

 だが、その僕を第五席が追撃してきた。

 第五席の拳に魔力が収束し、そのままそれが、僕にぶつけられる。

 咄嗟に障壁を張って、それを防いだ。

 と、今度は別の第五席が僕に拳を振るう。それは同じく魔力を纏わせた拳で相殺する。

 さらに、多くの第五席が僕へと追撃を仕掛けて来た。

 その全てが、まるで実体を持っているかのように僕を攻撃してくる。

 っ……!

 なにか悪夢を見ている気分だ。

 全部が本物なんじゃないか、とすら思ってしまう。

 でもそんなわけがない。

 これは、幻影だ。

 本物はたった一人だけ。

 幻影ならば一撃で消える。

 僕はインドラを最大出力で撃ち出した。

 巨大な雷が、轟音とともにいくつにも枝分かれをして、第五席達を撃ち消していく。

 地面に着地する。

 見れば、周りに第五席の姿は一つもなかった。

 ……このままじゃ、やられる一方だ。

 僕は、少し乱暴な手をとることにした。



 巨大な瓦礫が私に落ちてくる。

 それを、前に駆けて避けた。


「あはは! 上手く避けるものですねえ!」


 乾いた拍手は、第四席の手元から。

 ……彼女の姿は、空中にあった。

 遥か上空に浮かんだ、数え切れない瓦礫。そのうちの一つにその姿はある。

 思わず、舌打ちが零れた。


「でも、避けてばかりじゃマズいと思いますよぉ?」


 からかうような声色。

 私と彼女の間の距離はかなり開いているのに、異様にその声ははっきりと聞こえる。

 第四席が酔狂にも魔術で声を届けて来ているのだ。

 解放魔術は、使わない。

 いや。



 使う意味がない。



 なぜなら、今、私が解放魔術を使っても、消せる魔術は、この声を伝える魔術のみだからだ。

 あの瓦礫を落とすことは出来ない。

 第四席の魔術。

 それは……物体干渉。

 簡単に言えば、念動力と思えばいい。

 魔力で物体を覆い、それを自由に持ち上げたり、振り下ろしたり、そんな風な魔術だ。

 瓦礫を浮かばせているのも、その魔術によるもの。

 で、私がどうしてあの瓦礫を落とせないのかだけれど……。

 簡単だ。

 あの瓦礫が浮かんでいるのは、上空三十メートル以上。

 そして、


 私の解放魔術の効果範囲は――三十メートルまで。


 驚異的なのは、第四席。


「貴方がなにをしているかは分かりませんが、どうやらここにいれば何もできないようですねえ!」


 彼女は……私の能力を見極めもせずに、しかしその効果範囲だけを、正確に把握した。

 その状況把握能力は……うすら寒いものを感じさせる。


「どうです? これが私の戦い方です」


 第四席が右腕を掲げ――。

 その動きに合わせて、瓦礫の一つが動く。

 そして、第四席の右腕が振り下ろされた。

 と同時。

 巨大な瓦礫が、私に落ちてきた。


「相手の手が届かない場所からの大質量による攻撃! 汚いと思いますかあ? 私は汚いと自負していますけどねえ!」


 っ……!
第四席が意外と好きな作者。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ