挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ストレイ・ワーカー 作者:新殿 翔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

106/179

6-6

 ルミニア様の手の者によって下宮、中宮の各所に事前に設置されてあった爆弾が、起動した。

 王宮全体が揺れるほどの、爆発の連鎖。

 爆発しなかった場所を見つけるのが難しいほどに、王宮の下宮から中宮にかけてに爆発の炎が咲く。

 ――今ので、どれだけの人が死んだのか。

 考えたくもなかった。

 私達は一気に下宮を抜け、そのまま中宮へと侵入した。

 いくらか魔術師が出てくるが、その誰もが混乱している上、怪我を追っているような状態なので、撃退は難しくない。

 そこから、反乱軍は手分けして残党を探す為に動き出した。

 そんな時だった。



 身体中を這いまわるような怖気。



 私は、空に飛び上っていた。

 だから、その光景がはっきりと見えた。

 切断される。

 まるでバターをナイフで裂くかのように、中宮が、そしてその中にいた反乱軍の人々が――魔力の長大な刃によって。

 しかも一本や二本ではない。合わせて、三十もの鋭利な魔力刃が、辺り一帯を切り裂いていく。

 その光景は、本当に、なにか悪い冗談のようだった。

 けれど、間違いようもない現実であることを、一瞬で辺りに満ち溢れた血の臭いが教えていた。


「……っ!」


 空中から落下しながら、腰の刀を掴み、魔力をかき集める。


「――――天地悉く、――――」


 それは、言霊。

 私が、あの人のような強さを、少しでも手に入れられたら、と。そんな、言葉。


「――――切り裂け!――――」


 放つ。

 抜き放った刀から、巨大な魔力刃が……あの複数の魔力刃が放たれた場所に向けて。

 私の刃を迎え撃つように、三十の魔力刃が現れる。

 でも、無駄だ。

 そんな薄い刃で、私の刃は止められない――!

 その想いに違うこともなく。

 三十の刃は、私の刃に砕かれた。

 そのまま、私の魔力刃が地面に巨大な溝を刻みこむ。

 それを見届けて、私は地面に着地した。

 ――駄目だ。避けられた。

 見えたのは、私の攻撃を寸のところで回避した二人の姿。


「――己と同じ魔術系統か……」
「あっさり負けてんじゃねえよ、てめぇはどこの雑魚だ!?」


 その二人の姿は、すぐ近くにあった。


「……円卓賢人」


 間違いない。

 第六席トールレイス=シェクス=カリヴォス。

 第七席ゲシュター=ゼヴン=ワータイム。


「己等が円卓賢人と分かっているのなら話は早い。侵入者、貴様の愚行もここで終わりだ」


 第六席が、私を睨めつける。

 そして、同時。

 魔力刃が私に放たれた。

 それを避ければ、そこにまた刃がせまり、それを避けてばまた――、

 そんな風に、数え切れないほどの魔力刃が放たれた。


「先程の魔力刃、少し時間をかけなければ放てないと見える」


 第六席の言葉に、舌打ちする。

 その通りだ。

 私は臣護さんのように、あれを一瞬で、なんて芸当はできない。

 でも、それがどうした。


「――例えあれが使えなくても、私は負けない!」



 刹那、私は第六席の背後で刀を構えていた。


「ふむ……しかし、届かぬな」


 刀を振るう。

 それを、第六席の魔力刃が受け止めた。

 くっ……。


「おいおいおいおい、そっちばっかに気をとられていーんですかぁ?」


 ――!

 咄嗟に、後ろに跳んでいた。

 一拍子遅れて、私がいた場所に、大量の魔力弾が撃ち込まれた。

 空を見上げれば、その魔力弾を放った張本人……第七席の姿が。

 空を飛びながら、あれだけの攻撃を?

 ――出鱈目ね。

 普通、空を跳びながら他の魔術なんて、制御が難しくて出来るわけないのに。


「呆けてんじゃねえぞ!」


 第七席が空を舞う。

 速い……!

 翔けながら、第七席は魔力弾を放ってきた。

 それらを刀で弾く。流石に、たかが魔力弾とはいえ、円卓賢人のものともなれば重みが違う。

 と、背中に気配を感じて、右方向に身体を移動させた。

 頬を掠めた魔力刃。


「今のを避けるか……」


 危なかった。

 避けるのが一瞬遅れていたら、首が落ちていた。

 恐怖が、心臓を圧迫した。


「っ……ふ!」


 第七席の放つ魔力弾をステップでかわしながら、第六席に刀を振るう。

 しかし、魔力刃に弾かれた。


「無駄だ。先程の魔力刃ならまだしも、その程度では己の魔術は砕けん」


 そして、追加で複数の魔力刃が私に放たれる。

 後ろに跳んでそれを避けた。


「己とワータイムを相手に貴様一人ではどうにもなるまい。諦めろ」
「諦めろと言われて、諦めるほど物わかりはよくないの」


 それに……諦めるには、まだまだ、全然早いわ。


「……っ!?」


 直感か。

 第六席が、足元を見た。

 そこに、小さな赤い輝き。

 その輝きが……炸裂した。

 小さな火柱が、第六席のいた場所にたつ。

 それを第六席はどうにか避けたが……それだけではない。

 第二、第三の火柱が第六席を追うかのように乱立していく。

 今しがたばらまいた小型の爆弾だ。

 威力はそれほどではないが、しかしそれでも人の脚一本くらいなら簡単に奪える。

 火柱と踊る第六席を追撃しようとして――空から放たれた魔力弾を避ける。


「なんだてめぇ随分楽しいことすんじゃねえか! なんだそれはよぉ!」


 第七席が、表情を歪めながら私を見下ろしていた。


「っ……」


 加速魔術で第七席に視界から一瞬外れる。

 そこから、私も魔力弾を放った。


「豆鉄砲かっての!」


 しかし、すぐに私の放った魔力弾に気付いた第七席が、それを魔力弾で迎撃する。


「そらそら、もっとあがいて見せろよぉ!」
「こ、の……!」


 さらに連続して放たれる魔力弾。

 そして……、


「これはまさか、アースの兵器か……ふん、穢れし道具を使うとはな」


 魔力刃が第六席から放たれる。

 っ……マズい。

 流石に一対二は……!

 魔力弾を弾きながら魔力刃を避ける。


「どうした、そのまんまじゃあとはやられるだけだぜえ?」


 第七席の言葉に、歯噛みする。

 その通りだ。

 いくらなんでも、これは……っ!




「――ふん。情けない姿を晒しているではないか」




 その時。

 魔力弾が……魔力刃が……私のまわりに張られた魔力の結界に、弾かれた。


「……!?」


 第六席と第七席の攻撃を、完全に防ぐ障壁。

 そんなものをいとも簡単に張れる魔術師を、私は一人しか知らない。

 顔を上げる。

 そして、ゆっくりとこちらに歩いてくる、その姿を見つけた。


「一度私を下した身で、こんなところで膝を突く愚など許さぬぞ」


 円卓賢人、第九席。

 ガレオ。

 ガレオ=ニーン=ヘロストラが、不敵な笑みを口元に浮かべ、立っていた。

何故ガレオを出した、作者。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ