挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ストレイ・ワーカー 作者:新殿 翔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

104/179

6-4

「魔術なんて下らない。魔術なんて、ただの技能の一つでしかないんだ。それが全てだなんて、この世界は、終わってる」


 そう言って、ヴォルシンの手に握られた何かから、魔力の塊が吐き出された。

 その全てを、剣の一振りで消し飛ばす。


「魔術なくしてこの世界はありえん。なぜそれが分からん!」
「魔術に依存したままじゃこの世界は終わる。なんでそれが解らないの?」


 どこか、底冷えするような声で言い放ち、ヴォルシンがこちらに駆けて来た。

 なんのつもりだ――?

 私相手に、距離を詰めるなど……。


「魔術なんて、本当は必要ないんだ……人は、魔術なんてなくても、生きていける。現に、アースの人達は、そうして、マギよりずっと素晴らしい世界を築いた!」


 その時。

 ヴォルシンが握る何かが、形を変えた。

 先端部分に、棘が突き出す。

 そしてその刃に、魔力が籠もった。

 まずい……っ!

 咄嗟に、地面を蹴る。それと同時、ヴォルシンが右手を振るった。

 魔力が、矛となって私のいた場所を突き抜けた。

 そのまま、魔力の矛は後方の建物の壁を砕く。

 私はと言えば、近くの建物の屋根に跳び移っていた。


「……マギよりも、アースの方が優れていると言うのか?」
「そうだよ。貴方はきっと、アースなんて魔力もなくて、兵器なんて意味の分からないものを使う、穢れた世界だと思っているんでしょう?」
「その通りだろう?」


 アースに魔術師はいない。そもそも、魔力という土壌から欠如しているのだ。

 そんな世界など……。

 魔術なくして人の発展は有り得ないのだ。

 だからこそ、マギはここまでこれた。


「……ほんと、歪んだ情報しかこの世界にはないよね」


 小さく、ヴォルシンが苦笑した。


「ヴォルシン。貴様、一体どうしたと言うのだ。それほどの実力を持ちながら、マギにその力を役立てようとしないどころか、刃向かうなど……洗脳でもされたか」


 言うと、ヴォルシンが笑みを零した。


「マギの為にこの力を役立てる? なに、それ」


 心底おかしい、とでも言いたそうな顔だ。


「なにを笑っている」
「あのね、私これでも元は政務魔術師だから」
「……なんだと?」


 馬鹿な。

 元はマギに仕えていたというのか、この女は。

 それで、今こうして盾突いている?

 ……意味がわからん。


「その経験上言わせて貰うけど、成り上がりの魔術師はね、どれだけ実力があっても汚れ仕事を押しつけられるばかりだよ。私が政務魔術師として最後にやった仕事も、アースに出向いて、あっちの異次元世界探索者の同行だったしね。ま、それだけは感謝してるけど」


 なんだと?

 これだけの魔術師がアースなどに向かうなどという仕事を?


「何故そんな、有能な者を埋めるような真似をするのだ……」
「馬鹿じゃないの?」


 ヴォルシンが、元の形状にもどった兵器をこちらに向けた。

 そして、その先に空いている穴から魔力が次々に撃ち出される。

 建物から建物に跳び移りながら、それを避ける。


「そんなの、決まってるでしょ。さっきも言った通り、多くの魔術師は、魔術が使えない人間を家畜程度にしか思ってない。そんなとこから出て来た人間を、例え魔術師だからって言って、まともに接するわけがないんだよ。私はまだ実力があったからいいけど、中途半端な成り上がりは可哀そうだよ? 仕事を少しでも誤ったら、普通に瀕死になるまで制裁っていう名目の暴力にさらされるから」


 ……そんな愚か者が、本当に魔術師の中にいるものだろうか?

 信じられんな。


「だからさ、やっぱりこの世界は最低だよ。人を、同じ人が罪の意識もなく傷つける。そんな世界のどこが、素晴らしいの?」
「……戯言はもう止めにしろ、ヴォルシン」
「これだけ言っても、まだ分からないの?」


 呆れたように、ヴォルシンは溜息を吐きだした。


「本当に……さっき洗脳とか言ってたけどさ、どっちかっていうとそれ、そっちのことでしょ。魔術は至高、魔術こそ全て。そんな風に洗脳され過ぎ」
「洗脳ではない。これは、正しき信仰だ」
「正しき、ね」


 肩を竦めて、ヴォルシンが両手にもっていたものを放り投げた。

 ……どういうつもりだ?


「まあ、言葉で分かれば戦争なんて起きてないか」
「……投降でもする気か?」


 いや、違うだろう。

 この流れで、ヴォルシンが投降などするはずがない。

 言っている内容はともかく、その瞳は、確かな信念を持った人間のそれだ。

 ならば、どうして武器を……。

 そんな私の思考が、顔に出ていたのか。ヴォルシンが苦笑しながら言う。


「ああ……これ、ちょっとこの肝心な場面で動作不良が起きちゃって。使えなくなっちゃった」


 ……?

 動作不良……?

 どういうことかは分からないが、ともかく使えなくなったというのは分かった。


「……武器もなく、私に勝つつもりか?」
「あのさ……私の武器があれだけだと思う?」


 懐に手を入れてヴォルシンが何かを取り出す。

 すこし大ぶりのナイフだ。


「そんなもので私と戦うつもりか」


 だとしたら、舐められたともだな。


「そうだね。これだけじゃキツいし……その他、奥の手も使うことにするよ」


 ナイフを握る方とは逆の手を再び懐に入れて、ヴォルシンがなにかを取り出し、そしてそのままそれをこちらに投げて来た。

 ……棒?

 小さな棒だ。

 光沢を持つ、恐らくなにかの金属で作られたものだろう。

 こんなもので、どうするつもりだ?


「私の魔術じゃ火力が足りないからさ……少し、火薬を足したらいいんだよね」


 次の瞬間。



 その棒を中心に、強大な爆発が起きた。



 魔力カートリッジ。

 普段は魔導水銀剣の強化とか、あとさっきの魔力弾性の銃器とかのために使うんだけど、私はちょっと違う使い方をしている。

 魔力カートリッジは、魔力が内側に凝縮されている。それでいて、とても小さい。

 少しコツはいるが、少し練習すれば、これほど魔術の媒体に相応しいものもないだろう。

 今の魔術は、そうやって私が普通に制御できる魔力にプラス魔力カートリッジで発動させた魔術なのだ。

 その火力は、通常の倍程度まであるだろう。

 正直なところ、私はこの手段なら円卓賢人に通用すると思っている。

 事実、その通りだった。

 爆炎の中から、第八席が飛び出してくる。

 その左腕は、血で汚れている。あとは、火傷だ。

 左腕一本を盾にしたのかな。

 それであの爆発をしのげるって十分すごいことだけど……でも、うん。

 これならやれるかな。


「……どういう手品だ?」


 第八席が、苦々しい表情を浮かべる。

 まあ、散々偉そうなこと言っておいて、これだからね。


「手の内を自分から晒すわけがないでしょ? でもまあ、あえて言うのであれば、アースの英知の勝利、かな」


 懐から、更に魔力カートリッジを取り出す。こんどは、指に間に挟む形で四本。

 私のジャケットの内側はカートリッジが収納できるようになっているのだ。


「勝利?」


 第八席が、大剣を構えた。

 ――両手で。

 左腕も、怪我などしていないかのような流れるような動きを見せる。


「その言葉は、私に勝ってから口にするのだな」 
「……いいよ」


 ナイフを構えて、意識を磨ぎ澄ませる。


「どうせ言葉じゃ分からないんだから……それなら、きっちり身体に教えてあげる。魔術なんて、そんな大したものじゃないって」
「言ったな。ならば来い。貴様のその夢想、我が力で撃ち砕いてやろう」


 そして……互いが前に飛び出した。

 二人の間の距離が一瞬でゼロになり、第八席が剣を振り下ろす。

 流石に、両腕で扱ってるだけあってさっきより刃は速い。

 けど、本当にただ速くて、威力があるだけ。

 もう、第八席の剣は見慣れた。

 第八席は、あくまで魔術至上主義者。

 強化魔術という得意な魔術の使い手であるからこそ、剣という、魔術師にとっては縁遠いものを使っている。

 でも、その剣はただ破壊を拡大させる為だけのものだ。

 その剣に技はない。

 そもそも、マギは魔術が先行しすぎて、他の様々な技術が発展していない。それは、武術だって例外ではない。

 マギとアースでは、科学技術ばかりではない。武術や、他の様々な面で大きな差があるのだ。

 だから第八席の剣は、威力はあっても、巧みではない。

 これなら、臣護の剣の方がよっぽど怖い!

 ただ振り下ろされた大剣を、ナイフでいなす。

 きちんと身体の動きを制御できていれば、このくらいは難しいことじゃない。まあ、多少は手が痺れたけどさ。


「なに……!?」


 ナイフなどで攻撃をいなされた第八席の表情に、驚愕が混じる。

 その鼻先に、魔力カートリッジを四本挟んだ手を突き出す。


「今度は、五倍の威力だよ」


 その手から、第八席に向けてあまりにも大きな爆発が襲いかかった。


「――ッ!」


 大剣を盾にしながら、第八席が飛びずさる。

 けど、逃がさない。

 さらに魔力カートリッジを懐から引き抜いて、投擲。

 巨大な爆発が、第八席を追尾するかのように連鎖的に発生する。


「逃げてばかりじゃ勝てないよ?」


 今度は、まとめて十本以上のカートリッジを握り締める。

 そのまま……それを、空高く放り投げた。


「これはどうかな?」


 そして空に舞ったカートリッジから、巨大な炎が地面に向かって放たれた。

 辺りが一面、焼き払われる。

 いろいろなものが焦げる臭いと、肌に触れる熱と、そして蒸気が立ち上った。

 第八席は……、


「やってくれるな!」


 蒸気を切り裂いて、全身に怪我を負ったボロボロの第八席がこちらに飛び出してきた。

 横に払うように震われた大剣を、屈んで避ける。

 そのまま、低い姿勢で第八席に肉薄した。

 ナイフを斜め下から切り上げる。


「ふ……っ」


 第八席が身を捻ったせいで、刃は頬を浅く切るだけに終わった。

 左腕を大剣から離して、第八席が私の胸倉を掴む。


「不用意に懐に入ってきたのは失策だったな?」
「っ……」


 私を掴む手にナイフを振り下ろす。

 が――その手にナイフが届く前に、私の身体は地面に叩きつけられていた。


「っ、が――ッ!」


 肺から空気が一気に押し出され、身体中が悲鳴をあげた。

 まず――意識、途切れそう。

 白濁しそうになる視界の焦点を、どうにか合わせる。

 そんな私の喉元に、大剣の剣尖が突き付けられた。


「終わりだ、ヴォルシン」
「……」


 第八席の冷淡な声。


「やはり、魔術こそが至高なのだ。魔術こそ、人を導く指標」
「……ふ、」


 ――ああ、駄目だ。

 そんなこと言われたら、もう堪え切れない。




「ふ、ふっ、ふふ……はははっ……!」



 突然笑い出した私に、第八席の怪訝そうな視線が向けられる。


「貴様、なにを笑っている?」
「ああ、ごめんね、おかしくって」
「おかしい?」


 そう。おかしい。

 だってそうでしょ?


「自分の敗北に気付きなよ、円卓賢人」
「なん――!?」


 ぐらり、と。

 第八席の身体が、よろめいた。

 その隙をついて、付きつけされた大剣を弾いて、跳び起きる。

 そのまま、第八席の顎を掌で打ち上げた。


「ぐ……ぁ……っ!」


 それで倒れないのは、率直にすごいと思う。

 顎にあんな風に打撃を入れられたら、脳を揺さぶられて、普通まともに立ってられないと思うんだけど……。


「貴様……なに、を、した……?」


 第八席の瞳は虚ろ。多分、今あの瞳には暗闇しか映ってない。


「あのさ、貴方は私の攻撃を――ナイフを受けた時点で負けが決まったようなものだったんだよ」


 さっき、第八席の頬を私のナイフが掠めた。その時のことを言っているのだ。


「……っ、まさ、か……!」


 どうやら気づいたらしい。


「そ。毒だね……ああ、安心していいよ。致死性じゃないから。まあ、普通は数日間身動き出来なくなるんだけど、掠っただけだし、多分あと数時間で回復すると思うけど、それまでは戦いなんてとてもじゃないけど出来ないよ」


 身体の自由だけじゃなくて、他の感覚もかなり奪われる。

 今の第八席は、言うなれば夢の中を漂ってるくらいに頼りない状態だろう。


「貴様……毒など、戦いに使う……とは……」
「卑怯だなんて言わないでよ?」


 それ言うならそっちこそ卑怯だよ。


「建物なんかを平然と片腕で壊せる人の台詞じゃないから、それ。それにね、アースにはこういう言葉があるんだよ?」


 それは――。


「勝てば官軍負ければ賊軍、ってね。つまり、勝てばいいんだよ。汚いって言いたいなら別にそう言ってくれてもいいけどさ。うん、負けるよりずっとマシだよ」


 死んだらもともこもないんだから。


「っ、まあ、いい……私に勝っても、まだ、他の円卓賢人や、王が……」
「大丈夫」


 そっちには、きちんと向かうべき人が向かっているから。

 そしてその人達は……。


「他の仲間は、私なんかとは別次元で強いから」


 特に臣護とか第一席とかイェスとか……あの三人はチートだよチート。

 そんなことを思いながら。


「マギを――変えるよ」


 私はもう一撃、第八席の顎に攻撃を加えて、今度こそきっちり、その意識を刈り取った。



 魔術によって、報せが届けられる。

 ……ふ。

 やった、か……これは、教えなくてはならんな。

 隣に立つ、こいつに。


「アイが、第八席に勝利した。そして、フィーア大陸の城塞都市を陥落させたそうだ」
「……そうか」
「アイ自身は、誰も殺さなかったようだぞ? どこかの誰かに念を押されたらしくてな」
「…………そうか」


 は。

 まったく、臣護は性格が捻くれているな。


「隠しているつもりらしいが、ご自慢の無表情が少し崩れているぞ。嬉しいなら素直に嬉しがれ」
「うるさい」


 さて、大陸一つ。

 大きな一歩だな。

 ……いや。

 大願の前では小さな一歩か。

 だが、どちらにせよ一歩であることにかわりはない。

なんかアイがちょっとえげつない……。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ