挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

冬の塔

作者:櫛之汲
冬の童話祭2017に提出した小説。

「塔の国」にあるウルプスという街のなかに、王様の暮らすお城があります。お城の城壁のなかには「冬の館」がありました。
「冬の館」のお姫様は、冬を迎える時期に塔へと移り住むことにより、冬の季節をつかさどる「冬の女王」となります。しかし、冬の時期が過ぎても「冬の女王」は塔からでてきません。
冬を終わらせる為に、王様は「春の女王」と「冬の女王」を交替させたものに褒美を与えるというお触れを出します。
春の季節をつかさどる「春の女王」と「冬の女王」が交代するまでのお話です。

*本作は「冬の童話祭2017」のプロローグを使用した作品です。

1話
2016/12/16 20:30
2話
2016/12/16 21:26
3話
2016/12/19 23:53
4話
2016/12/22 20:00
5話
2016/12/23 22:53
6話
2016/12/27 21:00
7話
2016/12/27 22:00
8話
2017/01/11 18:00
9話
2017/01/15 21:00
10話
2017/01/15 22:00
11話
2017/01/16 11:00
12話
2017/01/16 12:00
13話
2017/01/16 12:51
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

君に、この想いを

 私は、とある乙女ゲームの世界に生を受けた。そのゲームの世界での設定を利用して人間関係を良好にしたり、私は私なりに生きていこうとしていた。  けれどゲームはゲー//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/08 17:09
世界で一番醜い娘と世界で一番美しい若者

昔々ある所にとんでもなく醜い娘がおりました。ある日娘は、世界一醜い娘と世界一美しい若者の子供が見たいと思った王様のせいでお城に連れて行かれてしまい……? 「めで//

  • 童話〔その他〕
  • 完結済(全5部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2007/09/09 18:34
気がついたら悪役王子になっていた。

気がついたら乙女ゲームにおける悪役兼攻略対象である隠しキャラの帝国の王子になっていた。 死亡回避のためには主人公のヒロインとのルート入りしかない。戦争が始まる前//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全47部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/27 20:00
龍の花

成り行きで宮女となってしまった睡蓮は、皇帝との初夜を目前にしてこれまでの人生を振り返る。 妾の子として不遇の日々を送っていた彼女の唯一の味方は、玉蘭という美しい//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/22 19:00
もう一度、廻り逢えたなら

 千穂は、目が覚めると全く見覚えのない場所にいた。しかも、目の前にいるイケメンに違う名で呼ばれ、自分の妻だと言われてしまう。ああ、これは夢かと思っていたのだが、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/31 00:10
冬の女王の素敵なドレス

むかしむかしあるところに、で始まるお話は多いものですが、今日は遥か遠き天上の国、『永遠の王国』のお話をしましょう。 塔入りの儀を間近に控えているのに、儀式で着る//

  • 童話〔その他〕
  • 完結済(全6部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/16 12:49
硝子の姫君

 ある日、硝子の像と結婚すると言い出したラザルス王子。  王子の乱心に驚いた父王は、頭を冷やさせようと王宮の離れに謹慎するよう言いつけた。しかし王子は、そこにま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全6部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/15 21:00
鈴の下駄

あらすじ  大きな松の樹のある、小さな八幡社には、人好きで、いたずら好きな、怒ると怖い神さまが住んでいると云われています。  人々は親しみを込めて、「御宮≪お//

  • 童話〔その他〕
  • 完結済(全6部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/07/11 23:59
折姫

華やかな姉達と比べ、地味で存在感の薄い四女の織(いおり)は、三女に婚約者を奪われた夜、いつものように垂れ桜の軒下で折り紙を折っていた。何故かその折り紙が引き金と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全50部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/08/02 09:06
森の魔女

不思議な森に住まう魔女を恨む騎士。だが真実を知ったとき彼は……

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/16 14:09
紅玉の涙

漆黒の髪と真紅の双眸を持っているというだけで、人々は悪魔と呼んで蔑む。戦を終えて戦利品の中から国王アージェスが見つけたのは、悪魔と蔑まれる少女ルティシアだった。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/06/28 00:16
愛しの精霊使い~求婚は焦らずに~

【少女小説】ミシェルはかわいい家事の精霊たちと田舎で暮らす精霊使い。戦士精霊使いのグレン・デル・フォシェリオン侯爵に、会ったその日に求婚される。グレンはミシェル//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全48部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/19 06:00
きみが死ぬまでそばにいる

父は外に愛人と隠し子を作り、妻と娘を愛さなかった。毎夜帰らぬ父を嘆いて泣いた母は、失意のうちに死んだ。そんな時、偶然見かけた幸せそうな愛人親子。こんな運命は間違//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全17部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/03 00:24
影はもうやめます。

私は双子の姉の影をしている。 時が来たら解放してくれると言うのを信じていたが、それが嘘だと知ってしまった。 あーもう!やってられない。 こんな家から逃げて、前世//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/09/12 20:59
冬の女王と約束の青い薔薇

これは、冬の女王様の愛のお話し― あるところに春・夏・秋・冬、それぞれの季節を司る女王様が交替で塔に住むことで季節が廻る王国がありました。 その国である時、//

  • 童話〔その他〕
  • 完結済(全4部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 23:24
花となりて 君恋うまで

「ちょっと太っているからって何ですか。食欲が抑えきれないのなんて大したことではないんです。こんな私でも恋はできるんですよ。想い想われ、なんて素敵な私の運命なんで//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全18部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/04/27 17:18
人魚姫のお伽話

 優しさの卵のような子が欲しいと名付けられた女の子はいつも泣いていました。生まれてくるのを希んでいると願って名付けられた妹には許される我が侭。  妹には当然に与//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全37部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/29 18:33
十六の春

「終わりにしようか」 好きで好きで大好きで、その気持ちだけで、押しかけ女房をして十年。今も大好きな変わり者の魔法使いは、枯れた花を処分するような軽さで別れを告げ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全14部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/13 20:00
白い双子と白き竜

北の山には白い竜が住んでおり、もう十年以上は雪が降り続けている。 そんな伝承めいた話のある雪国の外れにある森の中。雪のような白い髪をもつ双子の兄妹がお父さんと三//

  • 童話〔その他〕
  • 完結済(全10部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/12 20:18
美しい国の美しい王女

 あるところに美しい国がありました。その美しい国には、美しい王女様がいました。王女様と結婚しようと、貴族たちや他国の王子様たちがお城につめかけるのでした。  ア//

  • 童話〔その他〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/12/09 20:06
↑ページトップへ