挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ファンタジー超短編集 作者:速水 流
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

120/385

生きる資格

※双子傭兵
(CLAYMORE)


「……で、結局引き受けたのか?」

「まあ、ね……放っておくわけにもいかないし、借りは作っておいた方がいいだろ?」

「…………」


 無表情だが、間違いなく良い感情を抱いてはいないノエルを見て、シモンは優しく彼の頭を撫でた。


「ゴメンな、ノエル……断るべきだとは思ったけど……」

「お前が決めたなら、僕は従うだけだ」


 兄の言葉を遮るかの様にノエルは告げる。


「……ノエル、俺は“今の王”が知りたいんだ。そして真実が知りたい」

「真実なんて分かり切ってる事だろ……、人間は僕達を恐れた、だから……」


 言いながら目尻に涙を溜めているノエルを抱き上げ細い身体を抱き締めると、シモンはそのままベットに倒れ込む。


「そうだなァ……俺等は……」


 人間じゃないもんな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ