挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋はいつでもゴッドパンチ! 作者:一路マヤ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/5

第三話


 ふらりふらりとクロールのような手つきで。
 他の生徒を弱々しく掻き分けながら、僕は廊下をゆっくりと進んだ。
 朝のチャイムはまだ鳴っていないのに、もうすでに一生分の疲労とストレスを溜め込んだような重たい気だるさ……
 教室の後ろの扉にタッチして、「はあ」とやっと息継ぎ。
 そっと中をのぞいてみると、窓際、前から四番目の席にすももさんは座っていた。礼儀正しく、まるで水際にたたずむ小鳥のようだ。
 十五年の人生の中で何百、何千と見てきたその斜め後ろからの姿に、僕はいつも不思議な気持ちに駆られる。それは大切な思いが一滴、心の水面に落ちて、いつまでも波のように打ち寄せては引いていく感じ。
 いつもだったら、そんな静かな高揚感を隠して、何気なくすももさんに挨拶しつつ、自分の席へと座ればいいんだろうけど……、あんなことがあった後、いったいどんな顔をして声をかければいいっていうんだろうか。
 色々と作戦を練ってみるにだ。たとえば――

「やあ、すももさん、こないだはゴメンね」
「え?」
 白シャツのボタンを二つほどはずしたラフな格好で。
 スポーツマンっぽい爽やかさと、健康的な笑みを浮かべながら。
「今日の夕方、人気のない校庭で、もう一度、二人だけの特別なPKを楽しまないか?」
 白い歯がキラーン。カッコよさ二倍増しとか。
(※この映像はイメージです)

「すももさん、こないだはゴメンね」
「え?」
 教科書を片手に、ちょっと気難しそうなふりをして。
 ロダンの考える人みたいにもう一方の手を口もとにやりながら。
「今日の夕方、図書館の奥で、もう一度、二人だけの秘密の勉強会をしてみないか?」
 どこか物憂げな鋭い眼差し。知的ノーブルさ二倍増しとか。
(※この映像はあくまでイメージです)

「すももさん、こないだはゴメンね」
「え?」
 いやいやいや、とかなり大げさなジェスチャーで。
 アホの坂田みたいに脳ミソからっぽの表情を作りながら。
「今日の夕方、体育倉庫の裏側でもう一度。二人だけで、ぐへへへへ」
 説明不要、とか。
(※この映像はくどいようですがイメージです)

 ああ、ダメだ、ダメだ、ダメダメだ。
 というか、考えていることがリビドーまみれになっている気がする。変なシャツを見てしまったせいで、ずいぶん毒されてしまったのかもしれない。
 いずれにしても、こんな妄想はちょっと非現実的だ。
 何より、どれも僕らしくないし。
 というか、そもそも、僕らしさって何なんだ?
 と、そんな深刻なアイデンティティ・クライシスに今さらながら陥りつつも、気づけば僕はいつものように自分の席にぶらぶらと辿りついていた。すももさんのちょうど右前の席。当然のように、すももさんは僕に視線を投げかけてくるわけで……
「おはよ。荒野くん」
「うん。おはよう。三日ぶりだね、すももさん。こ、こないだは、本当にゴメンね」
「え?」
「そのなんて言うかさ……」
 あ、そうか。
 分かった。
 僕らしさって結局――
 怖気ついちゃって何も言えないということじゃないか。
 優柔不断で押しが弱くて。好きだって言葉の二文字さえ伝えることのできない、謙虚さを脆弱さといつまでも履き違えている自分。それが僕。荒野翔、十六歳。
 はは、まあ、やっぱ、そんなところだよね。うん。
「どうしたの? 荒野くん」
「いや、その……何でもないよ」
 予定調和すぎる答え。
 こうやって内向きに僕の日常は過ぎていく。
 これからも。そしてきっと、いつまでもずっと……
「はあ」
 僕は短くため息をついた。
 すると、すももさんがこそりと一言。まるで内緒話のように掌を口もとに当てながらも、
「せっかく、だったのにね」
「え?」
「何だか変なことに巻き込まれてちゃって」
 そんな意外な言葉に、僕はオウムみたくすぐ返事をする。
「本当にゴメンね、すももさん。全部、僕のせいだ」
「ううん。気にしてないよ」
 そんなふうにフォローしてくれて、ちょっとだけはにかんで見せるすももさん。
「わたし、嬉しかったから」
「ええ! 本当に? それじゃあ――」
 今日の夕方にこの前のところでまた――と僕が言おうとしたら、
「ねえ、荒野くん。放課後に屋上、行く?」
 その瞬間、このまま教室の窓から脳天真っ逆さまにダイブしてもいいと思った。人生、本当に何が起こるか分かったもんじゃない。人間万事塞翁が馬ってマジだったんだ。
「うん、行くよ、行く。すももさん。絶対に行く!」
 二つ返事でそう言った後のことはもう何も覚えちゃいない。
 もしかしたら、三日前のすももさんの『お亡くなりください』発言は単なる聞き間違えだったんじゃないのかなとか、金剛先輩と鳳会長の変な気迫に飲まれてつい口走っちゃっただけだったのかなとか、授業なんかそっちのけで、ありとあらゆるシミュレーションが僕の脳裏をよぎっていった。
 そして、あっという間に昼休みが過ぎ、さらに、あっという間に午後の授業も終わり、終業のチャイムと同時に、信じられないほど積極的なすももさんに手を引かれながら、いつしか僕は学校の屋上ですももさんと二人きりになっていたわけです――
「荒野くん、あのあのあの、あのね」
「落ち着いて、すももさん。いつも通りに話してくれればいいから」
「うん」
 と、ぶんぶんと頷いて、すももさんはひとつだけ深呼吸。
「そのね、荒野くん。ちょっとだけ向こう。見ていてくれるかな」
「向こうを……見ればいいの?」
「振り向いちゃダメ」
 そんなふうに言われたので、僕は鉄柵の方を向き、グラウンド全体を見渡せるところに立った。
 トラック内では野球部がサッカー部を追い出し、その周りを陸上部が走り抜け、ラグビー部が相撲部と一緒になって砂場でどつきあっている。そんな放課後の運動部模様――
 本日は天気明朗なれど波高し。
 皇国の興廃この一戦に在り、といったそんな気分。
「いいって言うまで、ダメだからね」
 そんなことを言われちゃ、振り向きたくなるのが心情ってやつだけど。でも、照れるなあ。いったい何をやっているんだろう。ふふ。
「ねえ、すももさん。まだ?」
「ダメ」
 焦らし、焦らされ、やけに長い時間が経ったように感じて。
「まだあ?」
「いいですわ」
 声質の変化に驚き、思わず振り向いてみると。
 そこには、アサルトライフルのような電動ガンで武装した鳳会長の取り巻き連中が悠然と立っていた。思わぬ事態に、僕の顎はガボーンと外れそうになったけど、そんな僕になんかお構いなしに、全校に聞こえるかというほどの鳳会長の高笑いが屋上に轟いた。
「おーほっほっほ! 袋の鼠とは、まさにこのことですわね。お馬鹿さん」
 そして、優雅な動作で口もとから掌をゆっくり離すと、
「まずは貴方が持っている私の拳銃を返していただきましょうか」
「ええと、すももさんはどこへ?」
「あの娘なら階段で待っていますわ。こういう武働きには不慣れでしょうからね」
 つまり、僕はすももさんに嵌められたってことか。
 僕は「ちッ」と舌打ちをして、腰のあたりに隠していた拳銃を足もとに置いた。
「あの、鳳会長。ひとつだけいいですか?」
「何ですか?」
「僕はただ、すももさんのことを――」
 好きなだけなんです。
 その一言を告げれば、事態は好転してくれるんだろうか?
 けど、すももさんにふられたことは確かなんだし。何よりこんな状況になっても、僕はその『好き』という二文字をこの人の前でさえ口にすることができないわけで。だからこそ、三日前のあのときだって、ズルズルと変な状況に陥ってしまったわけで。
「とにもかくにも、僕は、金剛先輩とは何の関係もないんです」
「それで?」
「だから、僕のことは放っといてください。いい迷惑です」
 でも、鳳会長はひとつだけ短く「ふん」と息を漏らすと、
「なら、私からも幾つかいいかしら?」
「何ですか」
 僕が応えると、鳳会長は矢のような眼光で僕を射貫いて、完璧な宣戦布告をした。
「まず、私にとって貴方は目障り以外の何物でもありませんわ」
「やけにストレートに言ってくれますね」
「当たり前でしょう。金剛さんは貴方のことを好きだとはっきり言いましたわ。ですから貴方が邪魔なのです。金剛さんの心変わりをいつまでも待つより、貴方を排除した方が早いでしょう?」
「そんな自分勝手な理屈……」
 僕が顔をしかめるのとは対照的に、鳳会長は胸を張って、さもありなんといったふうな涼やかな表情でこう言い切った。
「鳴かぬなら鳴かせてしまえ不如帰。恋はいつだってエゴイスティックなものですわ」
 これが僕とこの人との決定的な違いか……
 もし少しだけでもいいから僕もこんなふうにわがままになれたなら、あの二文字を伝えることができたんだろうか。
「それに、そもそも貴方だって私を責めることはできないはずですわ」
「え?」
「じゃあ、お聞きしますが、貴方はあの娘をどうなさるつもりだったのかしら?」
「どうって、いや、その、別に……ごにょごにょ」
「あの娘は私のことが好き。そうでしょう、違いますか?」
 その言葉に、僕は悔しそうに唇をギュッと引き結んだ。
「結局のところ、私と貴方は似た立場にあるのですわ。私は金剛さんをお慕いしているけど、金剛さんは貴方のことを思っている。逆に、貴方はすももさんを気にしているようですけど、そのすももさんは私のことを、といったふうに。そうでしょう?」
「つまり、僕らの内、残るのは一人だけでいい。そういうことですね?」
「おやまあ、珍しく、飲み込みの早いこと」
 そりゃあ、ふられた上にこんな仕打ちまでされれば、どんな意気地なしだって色々と吹っ切れますよ。
「まさか、鳳会長は取り巻きがいないと何もできないというわけじゃないでしょうね?」
「あら、ずいぶんなことを言ってくれますわね」
 そう言って、鳳会長は取り巻きを下がらせた。
 最早、交渉の余地はなし。
 残された選択肢は、相手を屈して譲歩させることだけ。
 とても分かりやすいルールだ。鳳会長は颯爽と二挺の拳銃を取り出し、慣れた手つきで弾倉に装填した。その間、僕は着ていた白シャツを脱いで屋上の水道で濡らした。そのまま元の位置に戻り、両掌を白シャツで覆うようにしてボクシングのブロッキングのポーズを取ってみせる。
「別に、それを使っても構いませんのよ」
 鳳会長は驚いたふうに一瞬だけ目を見開き、さっき僕が足もとに置いた拳銃を指差した。
「いいえ、結構ですよ。女性をエアガンで撃つなんてできませんし」
「そう……では、目もとには注意しなさい。トイガンだからといっても、当たれば最悪の場合、失明してしまうこともありますから」
 一涼の風が吹きぬけた。
 何だか、上空の雲の流れがやけに速い気がする。
 すると、鳳会長は短いスカートのポケットから古い硬貨を取り出した。映画なんかで見慣れたカウボーイスタイル――左手でそれを弾き上げようとする。
 一瞬の静寂。
 空気は熱く、じりじりとしている。
 そして、ピンッと鈍い音を立て、鳳会長の指からコインが宙へと舞う。きれいな放物線を描いて、僕と鳳会長のちょうど真ん中にそれが落ちたとき――
 鳳会長は両腕を真っ直ぐに伸ばし、二挺拳銃を水平に寝かせた。
 横撃ちで、二つの火力を一点に集中させる。
 二人の距離は約十メートル。直進すればおよそ二、三秒といったところ。
 その銃口から逸れるためにはジグザグに進むしかない。しかし、横撃ちでは素早く対応されてしまう。
 僕は再び舌打ちをした。
 姿勢をできるだけ低くして、顔をかばうように濡れた白シャツを盾のように掲げる。
 それでも、放たれた弾丸が四、五発、白シャツや腕に当たる。痺れるような痛覚――もし膝の関節を狙われたら、体勢を簡単に崩してしまうかもしれない。だからこそ、早く勝負を決めなきゃいけない。
 僕は亀のように蹲り、クラウチングスタートのような格好をとった。
 わずかに腰を浮かせて、そして一気にダッシュする。
 勝負はほんのわずか一秒フラット。
 鳳会長まで二メートルほどの距離に近づき、僕は白シャツを大きく開いて一気に投げ出した。僕たちの間の視界を大きく遮る白い布地。その下から、鳳会長の足運びがちらりと見えた。
 それは動揺だったのか。
 あるいは狡猾な罠なのか。
 でも、すで射撃姿勢の足取りじゃなくなっていたのは確かだ。
 僕はそこにわずかな勝機を見出す――
 が。
 ここからいったいどうすればいい?
 実は、何も考えていなかった。だって、女子を殴ることなんてできないし。押し倒すなんてのも、もっての他だ。
 ベストなのは、鳳会長の両腕を組み伏せて撃てなくすることなんだろうけど……そんなカッコつけてなんかもいられない。ギリギリなんだ。その間にも、視界を遮る白シャツはひらりひらりと屋上の床へと落ちていく。
 と、そのときだ。
「くっ!」
 僕の右膝に激痛が走った。
 鳳会長が闇雲に撃った一発が、膝の皿に直撃してしまったのだ。
 突き刺すような冷たい痛みが右足を痙攣させ、僕は思わず転倒してしまう。そして無意識のうち、すがるようにして鳳会長の腰にしがみついていた。ちょうどタックルを喰らわすような格好だ。
「うわあああ!」
「キャ!」
 そのまま僕たち二人は、屋上のアスファルトに叩きつけられていた。
「あ! 鳳会長、大丈夫ですか」
 声をかけてみたものの、白シャツを拭ったときには鳳会長は伸びていた。
 どうやら怪我はしていなそうだ。ほっと安堵の息を一つだけつく。気を失ってしまったんだろうか。まさか脳震盪かな。だとしたら早く見てもらった方がいいんだけど……でも倒れているっていうのに、やけに気持ちよく、すごくきれいな笑みを浮かべていて、何だか僕まで清々しくなってしまいそうだ。
 いずれにしてもだ。
 後は保健室にでも連れて行ってもらえればいいかな、と思った矢先だった。
 僕の周りを取り巻き連中が電動ガンを持って取り囲んでいたのだ。
 フェアじゃない。冷や汗がつうと一滴、流れ落ちていく。でも、十数の銃口は無音の威圧感でもって、僕だけを真っ直ぐに捉えている。
 僕はギュッと下唇を噛みしめた。
 ちくしょう。
 せっかく鳳会長を倒したというのにこの様か。
 どうする? いったいここからどうやって抜け出す? このピンチをいかにして脱すればいい?
「万事休すか」
 と、僕が目を細めたときだ――
「荒野翔くん! 目を閉じろ!」
 急なその呼びかけに、僕は何とか咄嗟に目をつぶった。
 閃光らしきものが閉じた瞼の上からも分かるほど眩しく映った。
 目を開けたときには、周りにいた取り巻きの女子たちは当て身を喰らったのか、全員が屋上に寝そべっていた。その中心に立ち尽くしていた金剛先輩は、いつものごとく白い道着をはだけると、
「しっかりと目に焼き付けたか? これぞ、秘奥義の力だ」
 いや、あの光の中で見れるわけがないでしょ。
 とは、さすがに口に出さず、僕は感謝の言葉も告げずにごくりと唾を飲んだ。
「すももという娘に会いたいか?」
 いつになく厳しい眼光を投げつけてくる金剛先輩。
 その目つきが、戦いがクライマックスに差しかかっていることを物語っていた。
「はい」
「ならば、ついて来い。ケリはそこでつけよう」
 というか、戦いって。
 これは恋の物語じゃなかったっけ?


(次回へ続く)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ