挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイコン三国志 作者:小金沢

第七章 軍神・関羽

76/125

〇七五   漢中王の名の下に

~~~荊州けいしゅう 南郡なんぐん~~~


挿絵(By みてみん)
関羽かんう
「………………」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
五虎将軍ごこしょうぐんだと?」


挿絵(By みてみん)
費詩ひし
「ええ。漢中王(劉備)は即位を機に、
建国に多大な功績のあった5人の将を五虎将軍に任ぜられました。
関羽将軍はその筆頭です」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「して、他の4人は誰だ?」


挿絵(By みてみん)
費詩ひし
「張飛様、趙雲様、馬超様、黄忠様です」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「なんだと!?」


挿絵(By みてみん)
費詩ひし
「……何か異議がございますかな」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「あるとも!
張飛様は父の義弟、趙雲殿もまた長く父とともに戦ってきた功臣だ。
だが馬超は降将ふぜい、黄忠など死にぞこないではないか!
そのような者たちと同列に並べるなど、関羽に対する侮辱だ!!」


挿絵(By みてみん)
関羽かんう
「………………」


挿絵(By みてみん)
費詩ひし
「…………当の関羽殿は、喜んで任官の印綬を受け取られましたが?」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「む、むう……」


挿絵(By みてみん)
費詩ひし
「関平殿。漢中王と関羽殿は
同日に死ぬことを誓った義兄弟だと伺っております。
五虎将軍と申しましても、即位にあたって
定めた人事整理のひとつに過ぎません。
職名はどうあれ、漢中王にとって関羽殿が
特別な存在であることは疑いようもありますまい。
そのことは御子息であるあなたが誰よりもご存知でしょう」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「……費詩殿!
この関平がいまだ父の心の一片も理解できぬ未熟者でござった!
どうか我が妄言は忘れてくだされ」


挿絵(By みてみん)
関羽かんう
「………………」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
(黙って印綬を受け取ることで
自分の心を息子に悟らせようとする……。関羽将軍はさすがだな!)


挿絵(By みてみん)
潘濬はんしゅん
(……もらえる物はなんでも喜んでもらう、ってだけじゃね?)


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
(またお前は冷めたことを言いやがって!
少しは関平殿の熱さを見習ったらどうだ?)


挿絵(By みてみん)
潘濬はんしゅん
(遠慮しとくよ。俺はクールが信条なんでね)


挿絵(By みてみん)
費詩ひし
「さて、関羽将軍。
私が漢中王の使者として参りましたのは、
任官のためだけではありません。出撃の指令を伝えに参りました」


挿絵(By みてみん)
周倉しゅうそう
「! おお……いよいよでやすか」


挿絵(By みてみん)
費詩ひし
「漢中王の旗を掲げ、堂々と北へ攻め上がれ、との指示です。
細かい作戦などは関羽将軍に一任するとのこと」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「承った!! 関羽の戦をとくと漢中からご覧あれと、
王に伝えてくだされ!!」


挿絵(By みてみん)
関羽かんう
「………………」


~~~荊州 樊城はんじょう~~~


挿絵(By みてみん)
曹仁そうじん
「関羽が動いたか!
あの戦闘狂にしてはずいぶんと
おとなしくしてやがったが、ついに来るか!
面白え! 迎え撃つぞ!!」


挿絵(By みてみん)
満寵まんちょう
「待たれよ将軍。血の気の多い関羽が7年にわたり戦を挑まず、
兵の鍛錬と荊州の統治に力を注いだのだ。
兵は一騎当千に鍛え上げられ、装備も兵站も万全と見るべきだろう」


挿絵(By みてみん)
夏侯存かこうぞん
「だから迎撃するのは危険だ、籠城しろとでも言いたいのか?」


挿絵(By みてみん)
翟元てきげん
「それこそ関羽を図に乗らせ、勢いづかせてしまうわ!」


挿絵(By みてみん)
陳矯ちんきょう
「うむ。まずは一戦してその力量を推し量るべきであろう」


挿絵(By みてみん)
満寵まんちょう
「待て待て。私も戦うなと言うつもりはない。
関羽を相手に兵力でも劣る我々が
正面から迎え撃つのは危険だと言いたいのだ」


挿絵(By みてみん)
陳矯ちんきょう
「そんなことはわかっている。
すでに襄陽じょうように援軍を要請しておるし、
関羽軍の背後にも兵を回す手はずだ」


挿絵(By みてみん)
曹仁そうじん
「こっちの備えも万全ってわけだな!
行くぞ! 関羽を返り討ちにしてやらあ!!」


~~~樊城 南 関羽軍~~~


挿絵(By みてみん)
趙累ちょうるい
「我が軍5万に対し、樊城を守る曹仁軍はおよそ2万の兵力だ。
しかし城外に布陣した兵力は1万。
樊城に5千が残ってるとしても、
伏兵として5千は潜んでいるようだな」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「小細工を弄したところで、この関羽には通用しない!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「その通りだ! 本隊も伏兵も樊城も蹴散らしてやろうぜ!」


挿絵(By みてみん)
趙累ちょうるい
「……たしかに関羽将軍は天下無敵だが、
脇を固める我々はそうではない。
関羽将軍を助けるためにも、
若将軍と廖化には伏兵に備えてもらいたい」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「む……。なるほど、父上は勝つに決まっているが、
もし我々が敗れては父上に面倒をかけてしまうな。
承知した。伏兵は俺たちが引き受けよう!」


挿絵(By みてみん)
周倉しゅうそう
「それではあっしが先陣として攻撃を仕掛けやす。
関羽将軍はその後から堂々と進撃してくだせえ」


挿絵(By みてみん)
関羽かんう
「………………」


~~~樊城 南~~~


挿絵(By みてみん)
曹仁そうじん
「引っ込め三下!
てめえじゃ相手にならねえ! 関羽を出せ関羽を!!」


挿絵(By みてみん)
周倉しゅうそう
「くっ……。面目ねえ。後は頼みやしたぜ、関羽将軍」


挿絵(By みてみん)
曹仁そうじん
「逃げるのか三下! 首を置いていけ!!」


挿絵(By みてみん)
満寵まんちょう
「待て曹仁将軍!
敵の先陣は我々を誘い出そうとしている。深追いするな」


挿絵(By みてみん)
曹仁そうじん
「そんなことはわかってらあ! さっさと出てきやがれ関羽!!」


挿絵(By みてみん)
関羽かんう
「………………」


挿絵(By みてみん)
陳矯ちんきょう
「関羽が来たぞ! 伏兵に合図を送れ!」


挿絵(By みてみん)
夏侯存かこうぞん
「待ってました! うおおおおお!!」


挿絵(By みてみん)
翟元てきげん
「関羽は袋のネズミだ! 首を獲れ!!」


挿絵(By みてみん)
関羽かんう
「………………」


挿絵(By みてみん)
周倉しゅうそう
「やはり伏兵がいやしたね。
関羽将軍が前に出るのを待って、左右からの挟撃。
まずはお見事ですが、しかし――」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「愚かな! 貴様らの策などこの関羽はお見通しだ!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「おとなしく関羽将軍と漢中王に降伏しやがれ!」


挿絵(By みてみん)
満寵まんちょう
「まずい! 敵は伏兵に備え、迎撃部隊を用意していたぞ!」


挿絵(By みてみん)
陳矯ちんきょう
「フン。そのくらいはこっちも読んでいた。今だ牛金!」


挿絵(By みてみん)
牛金ぎゅうきん
「おう!」


挿絵(By みてみん)
周倉しゅうそう
「なんと! さらに5千の兵が我々の背後に現れやしたぜ」


挿絵(By みてみん)
趙累ちょうるい
「どうやら樊城を空にして第二の伏兵を用意していたようだな。
大胆不敵な策だ。
かくなる上は、背後の牛金軍は私と周倉で食い止める。
関羽将軍はまっすぐに進み曹仁の本隊を破り、
一息に樊城を攻められよ!」


挿絵(By みてみん)
関羽かんう
「………………!」


挿絵(By みてみん)
曹仁そうじん
「関羽の野郎! 伏兵は三下に任せて俺たちに向かってくるぜ!」


挿絵(By みてみん)
陳矯ちんきょう
「関羽の武勇頼みの強引な策だな。
――大盾部隊と弓部隊で関羽を足止めしろ!
我らの伏兵が関羽以外を破れば勝ちだ!」


挿絵(By みてみん)
趙累ちょうるい
「とことん関羽将軍を無力化させようという魂胆か……。
さすがは曹仁、ここまでは見事と言っておこう。しかし!」


挿絵(By みてみん)
満寵まんちょう
「曹仁将軍! 襄陽じょうようから急報だ!
関羽の別働隊が襄陽を包囲した!」


挿絵(By みてみん)
曹仁そうじん
「なんだと!?」


挿絵(By みてみん)
趙累ちょうるい
「頃合いやよし。襄陽が陥落したと魏軍に触れ回ってやれ!」


挿絵(By みてみん)
周倉しゅうそう
「襄陽は落ちた!
あんたさんらの背後は封じられた! 孤立しやしたぜ!」


挿絵(By みてみん)
夏侯存かこうぞん
「な、なに? じ、襄陽が……」


挿絵(By みてみん)
翟元てきげん
「陥落しただと……!?」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「隙ありいィィ!!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「もらったああ!!」


挿絵(By みてみん)
夏侯存かこうぞん
「ぐわああああっ!!」


挿絵(By みてみん)
翟元てきげん
「ぎゃあああああ!!」


挿絵(By みてみん)
満寵まんちょう
「くそっ!
襄陽陥落の報に動揺した隙をつかれて、伏兵が打ち破られたぞ!
さらに関平や廖化はがら空きの樊城に向かっている!」


挿絵(By みてみん)
陳矯ちんきょう
「も、もはや打つ手はない。引き上げましょう!」


挿絵(By みてみん)
曹仁そうじん
「ちきしょう! 関羽! 勝負は預けたぜ!」


挿絵(By みてみん)
関羽かんう
「………………」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「急げ! 逃げる曹仁より先に樊城に入るのだ!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「ん? 若将軍! 樊城の前に新手が現れたぜ。
曹仁の野郎、まだ伏兵を用意してやが――」


挿絵(By みてみん)
呂常りょじょう
「この馬鹿弟子があああっ!!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「し、師匠!?」


挿絵(By みてみん)
呂常りょじょう
「そう簡単に樊城に入れると思ったら間違いだ!
樊城が欲しくばこのワシの屍を越えて行け!」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「師匠? あの男は廖化の師なのか?」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「あ、ああ……。
南方では知らぬ者のいない、流派・南方不敗の呂常師匠だ。
師匠が魏軍に仕えていたなんて……」


挿絵(By みてみん)
呂常りょじょう
「どうした廖化! 臆病風に吹かれたか!
泣き虫癖は治っていないようだなあ!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「ば、馬鹿にするな! 師匠のもとにいた頃の俺とは違う!
あれから俺は関羽将軍のもとで腕を磨き、
今や師匠をも越えたのだ!」


挿絵(By みてみん)
呂常りょじょう
「ほほう。面白い!
ならばそのワシを越えた腕とやらを見せてみよおおっ!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「悪逆非道の魏に仕えたならば、もはや師とは思わん!
行くぞ呂常!!」


挿絵(By みてみん)
呂常りょじょう
「甘い! 甘いぞ廖化! 貴様の拳など止まって見えるわ!
手本を見せてやる。
これが奥義・ナイトメアフィンガーだああっ!!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「うわああああああっ!!」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「廖化!!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「ぐうっ……。ど、どうした南方不敗。
て、敵である俺に手心を加えるのか……」


挿絵(By みてみん)
呂常りょじょう
「だからお前は阿呆なのだああっ!!
貴様ごとき殺すにも値せんということがわからぬか!」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「おのれ…………」


挿絵(By みてみん)
趙累ちょうるい
「若将軍!
呂常の援軍が足止めしている間に、曹仁らは樊城に逃げ込んだ。
戦果は十分だ。引き上げるぞ!」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「くっ……。関羽の子が、敵を目の前におめおめと……」


挿絵(By みてみん)
周倉しゅうそう
「その関羽将軍なら、深追いせずもう自陣に戻りやしたぜ」


挿絵(By みてみん)
関平かんぺい
「そ、そうか。ならば俺も帰ろう。
呂常とやら、次はこの関平がその白髪首をいただくぞ!」


挿絵(By みてみん)
呂常りょじょう
「貴様が関羽のガキか。ワシは逃げも隠れもせん。
いつでも訪ねてくるがいい!
うわっはっはっはっはっはっ!!」


挿絵(By みてみん)
廖化りょうか
「師匠………………」


~~~荊州 襄陽 関興軍~~~


挿絵(By みてみん)
潘濬はんしゅん
「呂常とかいう奴の部隊には出て行かれちまったけど、
とりあえず襄陽は包囲できたね」


挿絵(By みてみん)
関興かんこう
「おかげで曹仁軍は泡を食って敗走し、樊城に閉じこもったそうだ」


挿絵(By みてみん)
王甫おうほ
「この後はどうする? 襄陽を攻略するか?」


挿絵(By みてみん)
潘濬はんしゅん
「それには及ばない。
むしろ襄陽と樊城は生かさず殺さず、包囲を続ける目論見だし」


挿絵(By みてみん)
関興かんこう
「落とさず包囲し続ける?」


挿絵(By みてみん)
潘濬はんしゅん
「つまり襄陽と樊城を餌に、魏軍の援軍を呼び寄せるのさ。
それを片っ端から関羽さんに叩いてもらう。
そうして相手の戦力が薄くなったところで――」


挿絵(By みてみん)
王甫おうほ
「漢中王の本隊が西から、孫権軍が東から兵を進めるというわけか!
まるで私の顔のように美しい戦略だ……」


挿絵(By みてみん)
潘濬はんしゅん
「あんたの顔はおいといて、御名答。これから面白くなるよ。
この中華の大地を盤面にして、
無数の駒が縦横無尽に中原を切り裂くんだ。
そしてその中心にいるのは関羽さんだ。
漢中王の名の下に、一大ゲームの幕開けさ!」


~~~~~~~~~


かくして常勝将軍・関羽は曹仁を破った。
樊城・襄陽を餌に魏軍の精鋭を釣り出す戦略は、魏の肺腑を喰い破るのか。
樊城には早くも魏の援軍が現れようとしていた。

次回 〇七六   樊城の戦いへ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ