挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイコン三国志 作者:小金沢

第一章 黄巾の乱

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/126

〇〇二   北門の鬼

~~~洛陽らくようの都~~~

挿絵(By みてみん)
袁紹えんしょう
何進かしん大将軍! 官軍を代表する精鋭である我々を集めるとは、
ご用件はやはり……?」


挿絵(By みてみん)
何進かしん
「うむ。諸君、本日集まってもらったのは他でもない。
ちまたを騒がせている黄巾賊のことだ」


挿絵(By みてみん)
孫堅そんけん
「あの黄色い布を頭に巻いた趣味の悪ィ連中だろ?
オレの地元でも大騒ぎしてるぜ」


挿絵(By みてみん)
何進かしん
「黄巾賊の乱暴狼藉に皇帝陛下は心を痛めていらっしゃる。
そこで陛下は官軍を総動員し、黄巾賊を殲滅せよとおっしゃったのだ」


挿絵(By みてみん)
皇甫嵩こうほすう
「はっ、お任せあれ。
すぐさま逆賊を平らげ、陛下と民の心を安んじましょう」


挿絵(By みてみん)
袁紹えんしょう
「皇甫嵩よ、残念ながら貴殿の出番はない。
なぜならこの名族があっっっという間に黄巾賊を討ち果たし、
天下にその名を轟かせるのだからな!」


挿絵(By みてみん)
何進かしん「おお、頼もしい言葉だ!
任せたぞ、官軍の精鋭たちよ。黄巾賊に目にもの見せてやるのだ!」


挿絵(By みてみん)
孫堅そんけん
(……………………だりィ)


~~~洛陽の都 郊外~~~


挿絵(By みてみん)
蹇碩けんせき
「聞いたわよ、馬元義。
黄巾賊の頭目が二人もやられちゃったそうね」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「程遠志と鄧茂は黄巾軍の中でも最弱の二人だ。
ヤツらがやられてもどうってことはねえよ」


挿絵(By みてみん)
蹇碩けんせき
「あらそう、余裕なのね」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「それにいくら戦で負けても屁でもねえ。
なんせ宦官のお前と俺様が組んでれば、
いつでも洛陽を火の海にすることも、
皇帝を人質にすることもできるんだからな」


挿絵(By みてみん)
蹇碩けんせき
「うふふ……本当にその通りだわ。
官軍の連中も、十常侍じゅうじょうじの連中も夢にも思ってないでしょうね。
お膝元にあたしたちのような存在がいるなんて」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「それにしてもあんたも悪いヤツだな。
十常侍ってえ偉い宦官に対抗するため、
俺たち黄巾軍と裏で手を結ぶなんてよ」


挿絵(By みてみん)
蹇碩けんせき
「官軍が勝ってもよし、黄巾賊が勝ってもよし。最後に笑うのはあたしよ」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「怖い怖い。まあ、俺たちとしては、洛陽に内通者がいれば大助かりだ。
そろそろ教祖様から合図が来るはずだから、準備をしておいてくれよ。
じゃあな、また来るぜ」


挿絵(By みてみん)
蹇碩けんせき
「あら、もうそんな時間?
そうそう、帰るんなら、北門を通るのはやめておいた方がいいわよ」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「北門を? どうしてだ?」


挿絵(By みてみん)
蹇碩けんせき
「…………鬼が出るからよ」


~~~洛陽の都 北門~~~


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「蹇碩も妙なことを言うな。
この洛陽の都に鬼が出るだあ? 本当に出るなら見てみてえもんだ」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「そこの君、止まりたまえ」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「あん? 何だお前は」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「北門の守備隊長をしている曹操だ。
夜間の門の出入りは禁止されている。明日また出直したまえ」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「門番ふぜいがいい度胸だな。俺が蹇碩様の甥だと知っての狼藉か?
死にたくなかったらそこをどけ!」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「…………戯志才君、都の無断外出に与えられる罪状を教えてくれないか」


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「棒打ち二十回だ。
さらに門兵脅迫の罪を加えて棒打ち三十回が妥当ではないか」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「なんだとコラァっ!? どけったらどけよ!」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「おやおや。どうやら門兵暴行も加わったようだ。
曹洪君、もう遠慮はいらない。彼を捕らえたまえ」


挿絵(By みてみん)
曹洪そうこう
「ああ。おとなしくしろ!」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「こ、こいつ、何をする! やめろ!
俺に手を出したら蹇碩様が黙ってないぞ!
どうなるかわかっているのか!?」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「どうなるのか興味深いね。試してみよう。棒打ちを始めてくれ」


挿絵(By みてみん)
馬元義ばげんぎ
「ギャアアアアーーーーッ!!!!!」


~~~黄巾党 本部~~~


挿絵(By みてみん)
張角ちょうかく
「な、なに! 馬元義が殺されただと!?」


挿絵(By みてみん)
黄巾兵ざこ
「は、はい! なんでも夜間外出の罪で捕らえられ、殴り殺されたとか……。
さらに洛陽からは大規模な官軍が出撃したとの情報も入っています」


挿絵(By みてみん) 挿絵(By みてみん)
張宝・張梁ちょうほうちょうりょう
『兄者、ここは俺たちに任せろ!
官軍なんて俺たちのコンビネーションで撃退してやる!』


挿絵(By みてみん)
波才はさい
「いや、お二方が出るまでもありませんや。
ここは俺がいっちょ片付けましょう」


挿絵(By みてみん)
張角ちょうかく
「ええい、焦るな者ども!
黄巾の世は目の前に迫っている!
かくなる上は我が自ら愚かなる官軍に奇蹟を見せてくれるわ!」


~~~~~~~~~


かくして官軍、黄巾賊ともに大軍を出撃させ、
全面対決に乗り出すのであった。
はたして天下の覇権を握るのは、黄巾か。それとも……。

次回 〇〇三   潁川の戦い
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ