挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイコン三国志 作者:小金沢

第十一章 三国の終焉

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

123/126

一二二   暴君ふたり

~~~益州 魚腹浦ぎょふくほ~~~


挿絵(By みてみん) 丁封ていほう
「密かに奇襲を仕掛けられる間道を見つけるか、
水の手を完全に断てればいいんだがな……」


挿絵(By みてみん) 丁奉ていほう
「それにしても気味の悪いところだな。これは兵士の石像か」


挿絵(By みてみん) 丁封ていほう
「ところどころに像を配置して迷路のようにしてあるな。
金持ちが庭でも造ろうとしたのか?」


挿絵(By みてみん) 丁奉ていほう
「ん? おい丁封。何か聞こえなかったか?」


挿絵(By みてみん) 丁封ていほう
「はあ? 別に何も聞こえねえぜ」


挿絵(By みてみん) 丁奉ていほう
「そうか。俺の勘違いならいい――」


挿絵(By みてみん) 丁封ていほう
「い、いや、俺にも聞こえたぞ。なんだこれは?
地鳴りか? 地震でも起きてるのか?」


挿絵(By みてみん) 丁奉ていほう
「これは……いかん! 水の音だ!
走れ丁封!!」


挿絵(By みてみん) 丁封ていほう
「は、走れっていったい――な、なにィ!?
み、水が! 濁流が――ぎゃあああああっ!!」


~~~旧蜀 永安えいあん~~~


挿絵(By みてみん) 陸抗りくこう
「丁封が突如流れ込んできた濁流に呑まれた?」


挿絵(By みてみん) 丁奉ていほう
「ああ。潮の満ち引きを利用し、海水を引き込む仕掛けがしてあったらしい。
まさかあんな所に罠が張ってあったとは……」


挿絵(By みてみん) 羅憲らけん
「おい呉軍。いったい何があったんだ?
急にすごい水の音がしてびっくりしたぞ」


挿絵(By みてみん) 丁奉ていほう
「とぼけるな! 姑息な罠を仕掛けおって!」


挿絵(By みてみん) 羅憲らけん
「俺も知らないよ。あれは魚腹浦の辺りだっけ?
そういえば昔、諸葛亮丞相が何かを仕掛けたとか聞いたような」


挿絵(By みてみん) 陸抗りくこう
「諸葛亮が? 神算鬼謀で知られる彼のことだ。
敵の侵攻に備えて何か手を打っていたというのか……」


挿絵(By みてみん) 羅憲らけん
「そんなことより、諦めて逃げた方がいいんじゃないかな。
ほら、あっちを見てみなよ」


挿絵(By みてみん) 胡烈これつ
「これつ が あらわれた!」


挿絵(By みてみん) 丁奉ていほう
「なに!?」


挿絵(By みてみん) 胡烈これつ
「これつ は
ごぐん たちが みがまえるまえに
おそいかかってきた!」


挿絵(By みてみん) 陸抗りくこう
「クッ! 魏の援軍が現れたか!」


挿絵(By みてみん) 胡烈これつ
「これつ は なかまを よんだ!
とうひんが あたらしく あらわれた!」


挿絵(By みてみん) 唐彬とうひん
「敵は泡を食ってるぞ!
今だやれ! 軍需物資を略奪しろ!」


挿絵(By みてみん) 陸抗りくこう
「駄目だ、石兵の罠にはまって負傷者も多い。
ここは全軍撤退しろ!」


~~~永安~~~


挿絵(By みてみん) 羅憲らけん
「おかげで助かったよ。味方だと思っていいのかな?」


挿絵(By みてみん) 唐彬とうひん
「ああ。司馬昭様は貴官を魏の臣下として受け入れる用意がある」


挿絵(By みてみん) 羅憲らけん
「蜀の最後の一人として孤立無援で半年もがんばってきたのに、
魏の臣下になるのも複雑だけどね。
断ることはできるかな? 兵や民のみんなと自給自足くらいできるし」


挿絵(By みてみん) 胡烈これつ
「そんなひどい……」


挿絵(By みてみん) 唐彬とうひん
「我々としては貴官の意志を尊重したいところだが、
魏も呉も国境線に近いこの城を見過ごすことはできない。
遠からず争奪戦に巻き込まれるだろう」


挿絵(By みてみん) 羅憲らけん
「だろうね。言ってみただけ。
――ところで、成都はどうなったの?
鍾会が反乱したことは風の噂で聞いたけど」


挿絵(By みてみん) 唐彬とうひん
「反乱は速やかに鎮圧された。
だが乱戦の中で鍾会はもちろんのこと、
鄧艾、師纂、姜維、張翼、傅僉らは揃って命を落とした」


挿絵(By みてみん) 羅憲らけん
「そっか…………」


挿絵(By みてみん) 唐彬とうひん
「上手く行けば貴官がこのまま永安の守りを任されるだろう。
私は成都の統治を任されているが、都までコレツに案内させよう」


挿絵(By みてみん) 胡烈これつ
「ぎ のくにへようこそ!」


~~~魏 洛陽の都~~~


挿絵(By みてみん) 劉禅りゅうぜん
「本当にすごいなあ。
あちこち見させてもらったけど、蜀と比べたら魏は大都会だよ」


挿絵(By みてみん) 司馬昭しばしょう
「フン、益州の片田舎と比べられたらお世辞にもならんぞ」


挿絵(By みてみん) 劉禅りゅうぜん
「わしはお世辞なんて言わないって。つくづく無謀な戦いだったと思うよ。
こんな大国を相手にそこそこやれてたのは、
諸葛亮やみんながすごかったんだなあってさ」


挿絵(By みてみん) 司馬昭しばしょう
「益州の片田舎が恋しいか?」


挿絵(By みてみん) 劉禅りゅうぜん
「いやあ、魏で見るもの全てが目新しくて、帰りたいとは思わないなあ」


挿絵(By みてみん) 司馬昭しばしょう
「フン、そうか」


挿絵(By みてみん) 劉禅りゅうぜん
「それにほら、空も日も空気も人も、本質的なものは蜀と何一つ変わらないよ。
益州に残してきたみんなのことは毎日考えるから、別に恋しくなんてないし、
わしみたいな無能な殿様なんていない方が、みんな幸せに暮らせるだろうからさ」


挿絵(By みてみん) 司馬昭しばしょう
(この男…………)


挿絵(By みてみん) 劉禅りゅうぜん
「あ、でもこういう場合は恋しいですって言ったほうがイメージ良いし、
もしかしたら蜀に帰してもらえるかもしれないんだよね。
郤正げきせいに言われてたのに忘れてたよ」


挿絵(By みてみん) 司馬昭しばしょう
(本当に無能なのか? それともそう装っているだけか……?)


挿絵(By みてみん) 劉禅りゅうぜん
「どうしたの? わしの顔に何かついてる?」


挿絵(By みてみん) 司馬昭しばしょう
「いや、腑抜けた顔だと思ってな」


挿絵(By みてみん) 劉禅りゅうぜん
「それはパパ譲りだから勘弁してよ。
司馬昭さんこそ顔色悪いけど平気? 元からそういう顔?」


挿絵(By みてみん) 司馬昭しばしょう
「余計なお世話だ。益州ではなく并州か涼州にでも送ってやろうか」


挿絵(By みてみん) 劉禅りゅうぜん
「おっ、いいねえ! いつか行ってみたいと思ってたんだ。
皇帝なんて不自由だからさ、好きに旅行もできないんだよね」


挿絵(By みてみん) 司馬昭しばしょう
「………………」


~~~呉 建業けんぎょうの都~~~


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「予算? 政策? そんなもの適当にやっておけ。
適当では何もできないだと?
孫休陛下から全権を託された丞相である、
この私の言うことが聞けないと言うのか!?」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「おお、精が出るな濮陽興」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「張布か。最近は忙しくてなかなか話もできんな。
お前こそ軍事の最高権力者として辣腕を振るっていると聞くぞ」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「わっはっは! この前も東と西の兵員を総入れ替えしてやったわ。
たまには空気を一新せねば汚職がはびこるからな」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「そのための予算が取れなくて困っているとか泣きつかれたところだ。
金がなければ年貢を増やすなりなんなりすれば良かろうに。
無能な部下ばかりだと苦労が絶えんなあ!」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「まったくだ!」


挿絵(By みてみん) 孫休そんきゅう
「タイトなタスクのようだね諸君」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「こ、こ、これは陛下!?
お、お部屋を出られるとは珍しい……」


挿絵(By みてみん) 孫休そんきゅう
「飲み物のおかわりをもらおうと思ってね。
イノベーションなソリューションを実現するためには、
脳への糖分の補給がマストだ。
今度はフラペチーノのトールを頼むよ」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「は、はあ。
ところで陛下は、今はなんの学問の研究をされているのですかな?」


挿絵(By みてみん) 孫休そんきゅう
「いや、今は一休みして今度産まれる息子達の名前を考えている。
私だけじゃなくカスタマーのコンセンサスも得られ、
もちろんベネフィットもフィックスさせ、同時にシナジー効果も期待できるような、
そんなフラッシュアイディアをリテラシーしてるところさ」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「いやあ、我々にはさっぱりわかりませんが流石ですなあ!」


挿絵(By みてみん) 孫休そんきゅう
「国のことは諸君に任せた。
私は研究に戻るとしよう」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「……皇帝になっても何も変わらんなあの人は。
おかげで俺らは好きにやらせてもらってるが」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「だが、交州が離反したことくらいは耳に入れといた方が良くないか?」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「いやいやいや! 余計なことを言って陛下が国政に戻ったらどうするんだ。
俺らが好き放題やってたことも露見しちまうぞ!」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「それもそうだな。
蜀の滅亡の件はお前から報告してもらってるし、交州くらい別にいいか」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「は? 蜀のことなんて報告してないぞ。何の話だ」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「おいおい! この前の書簡で頼んだろ!
……マジで言ってないのか?」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「言ってねえ」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「………………まあ、いいか」


~~~魏 洛陽の都~~~


挿絵(By みてみん) 石苞せきほう
「うわああん! 司馬昭様ああ!
せっかく蜀を滅亡させて、天下統一も間近なのに!
こんなところで亡くなるなんてないよおお!」


挿絵(By みてみん) 司馬孚しばふ
「そう嘆かれるな石苞殿。
泣いてくれる方が一人でもいて、甥(司馬昭)も喜んでいるだろう」


挿絵(By みてみん) 陳泰ちんたい
(石苞さんは司馬昭に抜擢されて日の目を見た人だから悲しんでるが、
他の連中は内心では喜んでるだろうな。
それにしても急病で死ぬなんてあっけない最期だった。
独裁者の末路なんて誰も似たようなものになるんだな……)


挿絵(By みてみん) 賈充かじゅう
「泣き声がやかまし過ぎて朝議が進まぬ!
誰か石苞将軍を外に連れ出せ!」


挿絵(By みてみん) 文鴦ぶんおう
「ほらほら迷惑だそうですよ。
泣いたってどうせ生き返らないんですからいいかげんやめて下さい。
邪魔をしないようにあっちへ行きましょう」


挿絵(By みてみん) 蒋班しょうはん
(最強かよあいつ……)


挿絵(By みてみん) 賈充かじゅう
「蜀が滅びたとはいえ、天下はいまだ定まってはいない。
司馬昭様に代わり、晋王の座を継ぐ方を選ばねばならぬ。
しかし不幸中の幸いにも、司馬昭様はご臨終の間際に、後継者を指名して――」


挿絵(By みてみん) 司馬孚しばふ
「待て。それは曹奐そうかん陛下にお決めいただくのが筋であろう。
曹髦陛下が亡くなられた時とは事情が違うのだぞ」


挿絵(By みてみん) 賈充かじゅう
「しかし陛下はここのところ体調が優れず、今日も東の別荘でご静養中とのことだ。
ここは国政を滞らせないためにも司馬昭様のご遺志を尊重し、
遺言どおりに粛々と事を進めるべきかと?」


挿絵(By みてみん) 司馬孚しばふ
「そうやってなし崩しに事を進めようとしても私は――」


挿絵(By みてみん) 司馬炎しばえん
「まだ会議終わらないの? どうせ僕様になるんだから時間の無駄だよ無駄」


挿絵(By みてみん) 陳泰ちんたい
「司馬炎……」


挿絵(By みてみん) 司馬炎しばえん
「無駄なことは嫌いだな。さっさと決めなって。
僕様が新しい王様だと早く知らせなよ」


挿絵(By みてみん) 司馬孚しばふ
「言葉を慎め司馬炎! まだ父君の喪も明けておらぬのだぞ!」


挿絵(By みてみん) 司馬炎しばえん
「大叔父さんは細かいなあ。喪中なんて無駄。無駄の極み。
僕様が王になったら無駄は全部省いていくよ。
そうだなあ、まずは皇帝という無駄を省こうか」


挿絵(By みてみん) 陳泰ちんたい
「!?」


挿絵(By みてみん) 司馬炎しばえん
「僕様より権力のない皇帝なんて無駄だよ。無駄無駄。
この際、綺麗さっぱり取っ払って、僕様が皇帝になるべきだ」


挿絵(By みてみん) 司馬孚しばふ
「な、なんという……司馬昭とてそこまでは考えていなかったのだぞ!」


挿絵(By みてみん) 司馬炎しばえん
「父だってもう少し長生きしたら考えたさ。
……いや、あの人って腹黒いからな。自分では手を汚さず僕様にやらせたかな。
ほら、死ぬ前もはじめは僕様じゃなくて司馬師伯父さんの息子を、
無駄に後継者に指名しようとする素振りを見せたじゃん。
どうせみんな反対すると思ってたくせに、無駄に遠慮して見せるあたり流石だよ」


挿絵(By みてみん) 賈充かじゅう
「……どうですかな諸君。
司馬炎殿下の聡明さは存分にわかっていただけたことと思う。
東でご静養中の曹奐陛下も同意されることだろう」


挿絵(By みてみん) 司馬孚しばふ
(何が聡明なものか! 父や伯父にも勝る暴君の誕生ではないか……)


~~~呉 建業の都~~~


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「あわわわわわ。たたたたた大変なことになったぞ」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「おおおおお落ち着け濮陽興!
呉、呉の重鎮たる我々が落ち着かなくてどうするのだ!」


挿絵(By みてみん) 張悌ちょうてい
「重鎮だと思ってるのはアンタらだけだよ」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「ななななな何か言ったか張悌!?」


挿絵(By みてみん) 張悌ちょうてい
「別に。それよりさっさと裁定を下してくんな。
次の皇帝は急逝した孫休陛下が指名した幼いガキか、
それとも年食った一族の誰かか」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「そそそそそそれが容易に判断できんから、
こうして討議しているのだろうが!」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「困った困った。実に困ったぞ。本当に困った。
まさか孫休陛下がこんなにも急に崩ぜられるとは……」


挿絵(By みてみん) 岑昏しんこん
「やあねえ、迷うことなんてないじゃないの。
同盟国の蜀が滅びちゃって、魏の呉への侵攻が現実的になったいま、
幼児を皇帝にするなんて怖くてしかたないじゃない。
だったらやることは一つよ」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「岑昏の申す通りだ。我々は孫皓殿下を推薦する」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「孫皓……殿下というと、孫和そんか様の遺児か」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「そうだ。孫皓殿下はかの孫策様の威風を感じさせる方。
この乱世の中で呉を支え、そして覇王と成りうる唯一の方である!」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「……で、でも孫皓殿下って、あの方だよな」


挿絵(By みてみん) 丁奉ていほう
「ああ、あの方だ」


挿絵(By みてみん) 張悌ちょうてい
「……覇王っていうか魔王じゃねえのか?」


挿絵(By みてみん) 岑昏しんこん
「魔王でも大いに結構じゃないの!
はっきり言って今の呉は風前の灯よ。
この状況を覆すには魔王のような風格漂う孫皓様しかいないって話!」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「むう……どう思う、張布よ?」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「確かに孫休様の幼い子息よりは良いと思うが……」


挿絵(By みてみん) 張悌ちょうてい
「毒をもって毒を制すって考えだぜ、そいつは」


挿絵(By みてみん) 丁奉ていほう
「我ら武官のやることは変わりない。
宮中のことを判断するのは貴公らだ」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「魏の侵攻はもう明日にも始まってもおかしくないのだぞ!
迷っている暇はない! 太陽の昇らぬ日が無いように、
国に皇帝不在の空白期を生じさせてはいかんのだ!」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「そ、そこまで言われては、私も反対するつもりは無いが……」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「お、おう。俺も孫皓様で異存はないぞ。
元から殿下の素晴らしさは耳に届いていたしな!」


挿絵(By みてみん) 張悌ちょうてい
「よく言うぜ。俺には岑昏も万彧も、
私腹を肥やしたいから孫皓を推薦しますって
言ってるようにしか聞こえなかったがな」


挿絵(By みてみん) 岑昏しんこん
「なんですって!?」


挿絵(By みてみん) 張悌ちょうてい
「悪いな。俺は思ったことは言わずにいられねえたちなんだ」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「かの諸葛瑾様に推挙されたからといい気になりおって。
新政権に貴様の居場所があると思うなよ!」


挿絵(By みてみん) 張悌ちょうてい
「推挙されたからこそ、あの人の期待を裏切りたくねえだけだ。
……いや、もう何も言わねえよ。
丁奉さんの言う通り、俺らは戦うだけだ。国のため、民のためにな」


~~~数年後 呉 建業の都~~~


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「まず即位するやいなや先帝(孫休)の妻子を殺させ、
お父上(孫和)のために豪奢な墓を建て、盛大な葬儀を行ったな」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「身内には優しいのかと思いきや、
冷遇されていた自分に何かと目を掛けてくれた先帝の妻子を抹殺だ。
目的のためには手段を選ばん」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「気に入らない側近を殺して、他の側近に食わせたこともあったな」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「後宮に国中から集めた数千人の美女を入れて、裸で相撲を取らせもしたな」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「正確には裸に黄金のかんざしを挿して、だ。
いったいどんな趣味なんだ。
豪華なかんざしを揃えるために国庫が空になったと聞く」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「特に寵愛していた側室が亡くなると国葬を催して、
それで孫皓が死んだと勘違いした輩が反乱も起こしたぞ」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「予言者に天下統一できるとおだてられたら、
急に洛陽に向かって車を走らせ、一人で晋を制圧しようともしたな」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「逆らう者はその車で車裂きの刑にしたし、
宮廷には人を突き落とすためだけに川を通したな」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「それに……まだ言おうか?」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「俺達も確かに権力を得てからはやりたい放題やってきた。
だが、孫皓陛下とは比べ物にならんだろう。
なあ、万彧よ?」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「む、むう……。私もそれは認めるにやぶさかではない」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「認める認めないの問題じゃないんだ。どうすんだよ?」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「ああ。いったいどうするんだあれを?」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「廃位……するしかあるまい」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「今さら遅いんだよ!
そもそもお前がアレを推挙しなければ良かったんだ!」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「その通りだ! お前さえ、お前さえ勧めなければ」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「そういうお前らだって最後は賛成しただろうが!」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「こんなことになるなら賛成しなかった!」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「結果論じゃねえか!!」


挿絵(By みてみん) 孫皓そんこう
「黙れ。そして死ね。孫皓は静寂を愛する」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「そ、孫皓……」


挿絵(By みてみん) 孫皓そんこう
「孫皓陛下、である。
牢の中では静かにするものだ。さもなくば死ね」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「へ、陛下! 私はこの二人とは違います!
あなたを皇帝に推挙したのは他ならぬ私なのです!
どうか、どうか寛大なお心で……」


挿絵(By みてみん) 孫皓そんこう
「お前達はみな孫皓を非難した。その罪、万死に値する」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「……もう諦めよう。
陛下、どうか出来るだけ苦しまずに済む死に方を賜りたく――」


挿絵(By みてみん) 孫皓そんこう
「刑を執行する。死ぬまで殴り合え」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「へ?」


挿絵(By みてみん) 孫皓そんこう
「今。すぐ。ここで。殴り合え。孫皓はそれを見ている」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「そ、それが処刑方法……ですか?」


挿絵(By みてみん) 孫皓そんこう
「やれ。孫皓の予想では張布が勝つ」


挿絵(By みてみん) 張布ちょうふ
「か、勝ったら生き残れ――」


挿絵(By みてみん) 孫皓そんこう
「勝ち残った者は死ぬまで自分を殴れ。孫皓はそれを見ている」


挿絵(By みてみん) 濮陽興ぼくようこう
「……なあ。お前らに殴り殺されるのと、
自分で自分を殴り殺すのはどっちが苦しいんだ?」


挿絵(By みてみん) 万彧ばんいく
「知るか!!」


~~~~~~~~~


かくして魏と呉に暴君が立った。
魏は滅び晋が生まれ、
三国の歴史は終止符を打とうとする。

次回 一二三   三国統一
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ