挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイコン三国志 作者:小金沢

第二章 魔王・董卓

10/125

〇〇九   曹操の初陣

~~~洛陽らくようの都 宮廷~~~


挿絵(By みてみん)
董卓とうたく
「何ィ? 曹操のヤツめ、しばらく姿を見ないと思ったら、
この洛陽に向けて進軍しているだと?」


挿絵(By みてみん)
董旻とうびん
「だが曹操の手勢は少ないし、
反乱軍から合流する兵もごくわずかだそうだ」


挿絵(By みてみん)
董卓とうたく
「ならば吾輩が動くまでもない。四天王に曹操を襲わせろ!」


挿絵(By みてみん)
董旻とうびん
「兄貴、呂布の守る虎牢関ころうかんには援軍を送るか?」


挿絵(By みてみん)
董卓とうたく
「フン、反乱軍に負けるとは見損なったが、
それでも虎牢関くらいは守れるだろう。その必要はない」


~~~洛陽の都 西方 曹操軍~~~


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「曹操、思い切った策に出たな。
まさかこの程度の兵力で都を攻めるとは思わなかったぞ」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「策も何もないよ。玉砕は覚悟の上さ。
この戦で曹操の名を天下に知らしめることだけが目的だ。
……それにしても戯志才君、
僕をたきつけておいて、まるで他人事のように言うんだね」


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「責任転嫁はよくないぞ。私はお前の行く道に従うだけさ。
……おっと、無駄話はここまでのようだな。
早速、董卓軍のお出ましだ」


挿絵(By みてみん)
徐栄じょえい
「そんな小勢で都を攻めようとは、見くびられたものだな。
この徐栄がここから先は通さぬ」


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「どうする曹操?
敵は徐栄だけではなく、我々を包囲しつつあるようだ」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「迷うことはない。突撃して道をこじ開けるんだ!」


挿絵(By みてみん)
曹洪そうこう
「かかれッ!!」


挿絵(By みてみん)
李儒りじゅ
「しゃにむに突撃するだけとはなんと愚かな。
李傕、郭汜よ! 曹操軍を包囲殲滅せよ!」


挿絵(By みてみん)
郭汜かくし
「おうよ!!」


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「やれやれ、兵が少ないというのは悲しいものだな。
この私の智謀をもってしてもどうしようもない」


挿絵(By みてみん)
曹洪そうこう
「曹操様! もはや持ちこたえられんぞ! 早く逃げるんだ!」


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「もう十分、董卓軍に痛手は与えた。
我々の奮戦ぶりは各地に伝えられることだろう。
さあ曹操、時間を稼いでやるからお前はさっさと逃げろ」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「…………」


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「また迷っているな?
いいか曹操、お前はこの戦を機に飛躍するだろう。
そうすれば私程度の人材など、掃いて捨てるほど手に入るのだ。
迷うことなど無い。私を見捨てて逃げろ」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「戯志才君……」


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「曹洪、この軟弱者を連れていってくれ」


挿絵(By みてみん)
曹洪そうこう
「おう。……すまんな、戯志才」


挿絵(By みてみん)
李傕りかく
「待て曹操! 四天王筆頭・李傕がお前の首を頂く!」


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「そうはいかない。この私がお相手しよう。
……とは言え、弱い私に稼げるのは十秒がいいところだろうな」


挿絵(By みてみん)
李傕りかく
「邪魔するヤツは死ねえええッ!!」


挿絵(By みてみん)
戯志才ぎしさい
「曹操、死ぬ前の十秒に私を思い出せ。
その十秒は、戯志才がくれた十秒だとな……」


~~~曹操軍~~~


挿絵(By みてみん)
鮑信ほうしん
「曹操、到着が遅れて済まぬ!」


挿絵(By みてみん)
王匡おうきょう
「敗残兵は我が軍が収容した。
俺たちの戦力では董卓軍に勝てない。早く逃げ出すぞ」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「……ああ、恩に着るよ」


挿絵(By みてみん)
鮑信ほうしん
「なんの、お主の戦いぶりに我々も奮い立った!
今は我々だけだが、心ある者が続々と駆けつけてくれるだろう」


挿絵(By みてみん)
曹洪そうこう
「曹操様、いったん故郷のしょうに帰ろう。
曹仁そうじんの兄貴や、夏侯かこう兄弟が兵を集めて待っている」


挿絵(By みてみん)
曹操そうそう
「ああ、戯志才の心を無駄にしないためにも、今は耐え忍ぼう。
そしていつか戻ってくるんだ、この洛陽の都に……」


~~~洛陽の都 西方 董卓軍~~~


挿絵(By みてみん)
李儒りじゅ
「ククク……逃がすものか。曹操軍に追撃をかけよ!
魔王様にあだなす者を皆殺しにするのだ!」


挿絵(By みてみん)
郭汜かくし
「ぐ、軍師! 反乱軍の背後に残した樊稠はんちゅうから急報だ!
敗走したはずの孫堅軍が都に奇襲をかけたそうだ!」


挿絵(By みてみん)
李儒りじゅ
「なんだと!? 孫堅め、やってくれたな……。
不本意だが都に戻るぞ!」


挿絵(By みてみん)
孫堅そんけん
「おっと、情報が正確じゃねェようだな。
都を攻めたのは程普ていふ韓当かんとうだけだぜ!
孫堅はここだ!」


挿絵(By みてみん)
郭汜かくし
「げえっ! 孫堅が現れたぞ!!」


挿絵(By みてみん)
徐栄じょえい
「軍師殿、ここはお逃げ下さい!」


挿絵(By みてみん)
孫堅そんけん
「てめェ、祖茂そもを殺したヤツだな!
ちょうどいい、仇討ちしてやるぜ!」


挿絵(By みてみん)
徐栄じょえい
「ぐああッッ!!!」


~~~洛陽の都 宮廷~~~

挿絵(By みてみん)
董卓とうたく
「どういうことだ!
孫堅のヤツは李儒が倒したのではなかったのか!?」


挿絵(By みてみん)
董旻とうびん
「孫堅にいっぱい食わされたようだ。
曹操も鮑信、王匡と合流して再攻撃してくるかもしれん。
どうする兄貴?」


挿絵(By みてみん)
董卓とうたく
「吾輩が守る洛陽は鉄壁だ!
孫堅や曹操が束になってかかってきても――」


挿絵(By みてみん)
張繍ちょうしゅう
長安ちょうあんから急報です!
馬騰ばとう韓遂かんすいの騎馬軍団が襲撃してきたとのこと!」


挿絵(By みてみん)
董卓とうたく
「…………。弟よ、たしか長安には孫娘の董白とうはくがおったな」


挿絵(By みてみん)
董旻とうびん
「あ、ああ。
長安なら董白の父親の牛輔ぎゅうほが守ってるから心配はいらな――」


挿絵(By みてみん)
董卓とうたく
「吾輩は急に董白の顔が見たくなった!
吾輩は長安に帰るぞ!」


挿絵(By みてみん)
董旻とうびん
「え、あ、兄貴。じゃあ洛陽はどうするんだ?」


挿絵(By みてみん)
董卓とうたく
「フハハハハハ! もはや洛陽などに未練はない!
長安に遷都だ! 献帝けんていをつれて長安に移るぞ!
洛陽など焼き払って反乱軍にくれてやれいッ!!」


~~~虎牢関ころうかん~~~


挿絵(By みてみん)
呂布りょふ
「sdl;;aki123456789」


挿絵(By みてみん)
陳宮ちんきゅう
「大変ですみなさん。
ミスター董卓は移動しました。洛陽を捨て、長安へと。
私たちに連絡はありません。ですが早く逃げたいと思います。
孤立をする前にです」


挿絵(By みてみん)
張遼ちょうりょう
「つまり魔王様はオレらを見捨てたっつーことか?」


挿絵(By みてみん)
呂布りょふ
「fgsdjlsdasdak;987654321」


挿絵(By みてみん)
陳宮ちんきゅう
「そうではありません。少し連絡が遅れているだけでしょう。
洛陽を捨てるのならば、もう虎牢関も必要ないです。
だから逃げるのです。それだけのことですよ」


挿絵(By みてみん)
張遼ちょうりょう
「大将は気が良いからそう取るんだろーけどよ。
これは間違いなく見捨てられたんだと思うぜ?」


挿絵(By みてみん)
高順こうじゅん
「やめろ張遼。魔王様の意思は関係ない。
我々は呂布様に従うだけだ」


挿絵(By みてみん)
呂布りょふ
「…………」


~~~洛陽の都~~~


挿絵(By みてみん)
献帝けんてい
「ああ、偉大なる先帝たちよ……。
朕が不甲斐ないばかりに、都を捨てることをお許し下さい……。
朕は必ずや、必ずやいつの日か、この都に戻って参ります……」


挿絵(By みてみん)
董卓とうたく
「フハハハハハ! 陛下、何をそんなに嘆かれるのだ。
長安には吾輩の孫娘がいる。
陛下と年齢も近いし、良い遊び相手になってくれるだろう!」


挿絵(By みてみん)
王允おういん
(董卓め、いつまでも貴様の天下が続くと思うなよ……)


~~~~~~~~~


かくして董卓は洛陽を捨て、長安へと強引に遷都した。
はたして孫堅、袁紹ら董卓追討軍は焼け野原となったかつての都に何を見るのか?
そして董卓の栄華はいつまで続くのか?

次回 〇一〇   西涼の鉄騎兵
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ