挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイコン三国志 作者:小金沢

第一章 黄巾の乱

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/126

〇〇〇   張角三兄弟

~~~山中~~~


挿絵(By みてみん)張角ちょうかく
「むう……。木の実を探していたらこんな山奥まで来てしまった。
全く、毎日の食べる物にも事欠く始末だ。
飢饉はいつまで続くのやら……」


挿絵(By みてみん)??
「張角……………………。
張角よ……………………」


挿絵(By みてみん)張角ちょうかく
「んん? 誰だ、我を呼んでいるのは」


挿絵(By みてみん)??
「張角よ。こっちだ。こっちに来い。
お前に良い物をやろう」


挿絵(By みてみん)張角ちょうかく
「良い物だと? 食えるのならばなんでもよいぞ」


挿絵(By みてみん)??
「食えはせん。だがお前の助けになるだろう」


挿絵(By みてみん)太平要術たいへいようじゅつの書


挿絵(By みてみん)張角ちょうかく
「なんだ、この薄汚い本は?」


挿絵(By みてみん)??
「火を起こし、風を呼び、水を落とす……。
これを読めば、様々な術を身につけることができる。
使い道はお前に任せよう」


挿絵(By みてみん)張角ちょうかく
「ほほう、それはすごいな(金儲けに使えそうだ……)」


挿絵(By みてみん)南華老仙なんかろうせん
「だが忘れるな張角よ。
私利私欲で術を用いれば、必ずや報いが訪れるだろう。
我が名は南華老仙……。
お前たちの行く末を見守っているぞ……」


挿絵(By みてみん)張角ちょうかく
「おお、ジジイが消えてしまった。
さてはあれが噂に聞く仙人というヤツだな。

それにしても良い物をもらった。
これを使えば……。ひひひひひ」


~~~張角兄弟の家~~~


挿絵(By みてみん) 挿絵(By みてみん)張宝・張梁ちょうほうちょうりょう
『お帰り兄者。食べられる物は見つかったか?』


挿絵(By みてみん)張角ちょうかく
「弟たちよ、食べ物よりもっと素晴らしい物を手に入れたぞ。
ようやく我らにも運が回ってきたのだ!」


挿絵(By みてみん) 挿絵(By みてみん)張宝・張梁ちょうほうちょうりょう
『読むと妖術が使えるようになる本?
兄者、それは本当か?』


挿絵(By みてみん)張角ちょうかく
「ああ、帰り道で試してみたから間違いない。
弟たちよ、これを使い我がどうやって金を儲けるかわかるか?」


挿絵(By みてみん) 挿絵(By みてみん)張宝・張梁ちょうほうちょうりょう
『妖術を見せ物にするとか……』


挿絵(By みてみん)張角ちょうかく
「そんなことでは、はした金しか稼げんぞ。
よいか、我は妖術を操る教祖となり、教団を作るのだ!
そして信者を集めて巨万の富を築くのだ!!」


挿絵(By みてみん) 挿絵(By みてみん)張宝・張梁ちょうほうちょうりょう
『さすが兄者! 俺たちにできないことを平然とやってのける!
そこにシビれる! 憧れるう!!』


~~~??~~~


挿絵(By みてみん)南華老仙なんかろうせん
「やはり私腹を肥やすことに使ったか。
人の子の考えることは皆同じだな。

報いはいつでも与えられる。
今しばらく様子を見てみるとしよう……」

~~~~~~~~~


かくして張角は、黄色い布を旗印とした黄巾党を立ち上げた。
圧政への不満を抱いていた民衆の共感を呼び、
瞬く間に黄巾党は中国全土に広がった。

そして一斉に武装蜂起した彼らは黄巾賊と呼ばれ、さらなる戦乱を招くのだった……。

次回 〇〇一   桃園の誓い
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ