挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その勇者、虚ろにつき 作者:パイルバンカー串山

第一話 勇者は少女を救えない

4/77

小屋

――悪い物を取れば、あとは良いものが残る。

 踏みしめる落ち葉、かき分けるは獣道。鬱蒼とした湿った土の臭い。曇天の薄暗い森を、勇者は歩く。

――そうすれば、あの剣士の人がいうように、僕は「真の勇者」になれるだろうか?

 自らが惨殺した男を思い出す。不条理を砕けと、弱者を守れと、世界を救えと、最後に言い残した。
 架せられたものの重さなど勇者は知らない。ただそれにいかに成すか、それだけが課題だ。いかにせよ、最初の願いは果たした。真逆という結果だが。

――魔法って便利なんだなぁ。

 魔法の使い方は知らなかったが、必要な素養はあったらしい。国を滅ぼす作業の最中、魔術が使える兵士達と戦った。
 最初は手こずったが、相手の魔術を見て覚えられることに気づいてからは、一方的に勝てた。
 ものの覚えがいいのが役に立ったのか、それともこれも勇者の強化された力の一部なのか、とにかく今では治療や攻撃魔術は一通り使える。

――魔法が使えないと、全員殺すのはもっと時間がかかったろうなぁ。

 国の規模はそこそこあったが、国民に対し奴隷の人数は約二割。あらかじめ調べたところ、奴隷は国民では無いそうなので、殺害からは除外。途中から魔法を使い始めて、目的完了までは飲まず食わずで人を殺し続け、二週間かかった。

――城の殺した人員に、奴隷は居たろうか……

 知らなかったとはいえ、悪いことをした。国民でなく物扱いなら、殺す必要は無かっただろう。
 だが、それもすべて一週間前に完了した。今はあの剣士の男との約束を果たさねばならない。

 善も、悪も男には理解できない。
 魂は叫ばず、心は動かず、ただその脳が、常人には歩めぬ道と出来ぬ方法を模索する。

 やがて、森の中で足が止まった。

――小屋、か。

 板壁を這う蔦、割れた屋根。やや朽ち果てた山小屋が目の前に現れた。
 食料は、先ほど山賊から奪った物がある。今日の寝床はここにするか。
 男は静かに、小屋の中へ足を踏み入れた。


 予想通り、小屋の中は荒れ果てていた。だが、

――人が、いた?

 わずかに外気温より室温が高い。
 魔術により照明を灯す。真っ暗な部屋が照らされる。
 暖炉には燃えかす、水をかけられた後。触るとわずかに熱を感じる。
 テーブル、ベッド、毛羽立った毛布、狭い部屋に簡素かつ粗末な家具。
 ふと、ベッドの下を見る。ボロボロの服らしき裾がはみ出ていた。わずかに動く。

――……いる、のか?

 しばし、沈黙。
 しゃがむと男は、やはり無表情にベッドの下へ腕を突っ込んだ。

「わっ! ちょ、ひぃ!」

 声が聞こえる。細い足に顔を蹴られながらも、なんとか首根っこを掴んで引きずりだす。

「いや、いやぁ!」

 思いの他体重が軽い。魔術照明の下、隠れていた者を掲げ、しげしげと見つめた。

 彼のいた現代日本、その同年代よりも細い骨格。長いというより手入れされていない赤髪、裾がボロボロの粗末な服。顔にはあざ、暴行の痕。
 華奢な腕で、必死に顔を守る。

「やめて! 下ろして、何もないよ! お金も食べ物も何も無いよ、殴らないで!」

 まだあどけない、しかしひどく怯えた十才ほどの少女だ。
 そして、男は少女の首筋のある物に気づく。
 正三角型の焼き印の傷痕、それは少女が人ではない存在、物であることを示す。

「――――奴隷、か?」

 無表情に、男は呟いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ