挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その勇者、虚ろにつき 作者:パイルバンカー串山
30/67

血と骨

「ふむ、打たれ強そうなのは結構だな。――実に叩きがいがある」

 ウェイルーは呟きと共に傘を右手で構える、体を半身の体勢へ。
 男に対し体の右側面のみを向けた状態にし、傘を巨体へ突きつけた。だが右手には傘を保持する最小限の力だけを込める。
 両脚へ等分に配置した重心を移動、しなやかに筋肉を駆動させ右脚へ移す。前へ飛び込むための準備だ。

「虫ィ、俺の頭から虫を取れぇぇ!」

 男が叫ぶ。両鉈を闇雲に振りながら突進。定まらない視線、鈍重な足取りで、だが確実にウェイルーへ近づく。

「――……遅い」

 僅かにウェイルーの体勢がたわむ。猫科を想起させる動き。

「遅すぎる――ッ!」

 込めた力が解き放たれる、踏みしめた地面の反動。瞬間、ウェイルーの姿が掻き消えた。
 同時に何かが爆ぜる感覚、乾いた落下音を立て、石畳へ鉈が落ちる。
 空になった男の太い右手首は歪な方向へ折れ曲がっていた。折れて皮膚を突き破った尺骨が血に濡れて艶々と光る。

「――あぁ、がああ!」

 男の呻きが群集へ響く。

――……スゴい、あの女の人、スゴく強い!

 群集の隙間から、眼前の光景にエクセルは言葉が出ない。ただ胸中で驚くのみだ。
 性別はもちろん、体格さえ圧倒的な相手を易々とあの女性は上回る。踏み込みからの傘の一撃、エクセルにはまともに視認することも出来ない超高速剣術だ。
 しなやかな踏み込みからの右小手打ち、同時に男の死角への鮮やかな退避。離れた位置で見たエクセルにさえ捉えられぬということは、相対した男には消えたに等しいだろう。
 しかし、

「虫が、増える! ギチギチ、ギチギチギチギチギチギチいいやがる!」

 男は止まらない、残った左鉈が風切り音を立て振り回される。

――鉄心入りの傘で手首を折られても意に介さんか……痛覚の鈍化は、薬物の一種のせいか?

 見た目は傘だが、骨組には太めの鋼鉄を使用したウェイルー特注の婦人傘(・・・) だ。彼女の剣速で振れば十分な鈍器となる。

――……痛覚の鈍化、異常な興奮状態、……この『薬』は、ひょっとして……?

 ウェイルーの記憶に、『薬』によく似た存在が浮かぶ。もしあれ(・・)と同じようなモノなら、多少の怪我など意味は無い。
 痛みによる制圧がやりにくい以上、方法は別の物を取るしかないだろう。なんとも後始末が面倒くさいが、とりあえずそれはダクトに任せようとウェイルーは考える。

「――まったく、リハビリにもならん上に手間ばかりかかる!」

 再度踏み込み、男の眼前へ。だが速度は先程より遅い。
 振り下ろされる左鉈、ウェイルーは避けずに傘を掲げ受けようと構える。
 体格差から考えれば明らかに愚策。このままでは体重差に押し潰されるだろう。
 鈍い激突音、細い婦人傘と大鉈がぶつかる。傘の骨組に、鉈がギリギリと食い込んでいく。
 女が潰される、群集の誰もがそう思った刹那、唐突に血霧が舞った。
 出血は巨漢の左手首から、正確に指の腱が斬られている。左鉈が地に落ちた、傘は食い込んだままだ。
 ただし、柄のみが欠損している。

「――色々と、仕込んでおくものだな」

 柄はウェイルーの右手に握られていた。そこからは青白く光る細い直剣が伸びる。傘内部に隠されていた仕込み剣だ。
 沈むウェイルーの姿勢、目にも止まらぬ速度で振られる白刃。男のくるぶし、両アキレス腱を血線が横断。

「――頭に虫か、虫もお前の頭なんぞには住みたくなかろう」

 どう、――と音を立て、巨体が倒木の様に転がった。


 ▽ ▽ ▽

――これはちょっと参りましたね。

 見上げるは路地裏、人影は三人。帽子の男、坊主の男、そして、ソウジを刺した売り子の女。

「まだ生きているのか」

「肝臓を確実に刺した。後数秒も持たん、魔術強化を受けていても肝臓を損傷すれば持って数分だ」

 冷たい女の声、既にソウジから視線を外している。

「死体の回収は……」

「放っておけ、どうせ外区の流れ者ならどこで死のうと」

――……肝臓の修復は順調、幸い刃に毒は塗ってないみたいですね、急所突きに自信があるからかな?。じゃ、いきますか。

 伏せた状態から両脚を曲げ、地につける。両腕で上半身を支え、三人組を見据えた。自動修復と回復魔術の併用により、既に傷は跡形も無い。

――……よーい、

 溜め込んだ力を解放するイメージ、体勢は、クラウチングスタートのポーズ。

「……ドン」

 吹き飛びように、ソウジの体が空間を穿つ。しなやかな痩身を捻り、突き刺さるような一歩が距離を詰める。
 振り上げた左腕を引き絞る、以前後ろを向いたままの女の頭上へ、黒髪へ叩きつけるように振り下ろす。
 黒く、鈍く、抉る、そうとしか形容出来ない異音が路地裏に残響。
 頭蓋骨に押し潰される形で背骨が湾曲、弾けるように肋骨が肉を突き刺し飛び出す。
 圧力に耐えかねた両脚が折れる。くるぶしが横に曲がり、両膝が筋繊維を除かせながら千切れた。奔流する臓腑と血液と骨格、それらを下敷きにしながら、黒髪の首が地面へとタッチダウン。
 その音は、誰もがそうとしか表現できない。人が縦に潰される音を、誰が正確に表現出来るというのか。
 声さえ立てず、恐らくは何が起こったかさえ理解出来ないまま死んだ黒髪の女。その首を掴み、ソウジが男二人へ声を上げた。

「あなたたちに、聞きたい事があるのですよ」

 無表情と、虚無に満ちた声。形を持った絶望が暴虐を糧に駆動する。

「うぅ、あぁ」

 呻き声を上げる帽子の男、完全にソウジと目の前の惨劇に呑まれていた。

「――お前は離脱しろ! 俺が止める!」

 坊主の男のほうが我を取り戻すのが早かったらしい。ソウジへ組み付きながら帽子の男へ退却を促す。

「――すまん!」

 急いで路地裏へ身を翻す帽子の男、坊主はソウジの腰へ必死に食らいつく。

「お前はぁ――」

 だがソウジに掴まれた腕が易々とへし折られる、勇者の膂力に対抗も対峙も出来ない。

「ここで死ねえぇぇ!」

 男の体を走る幾何学紋様、魔術の発現現象による発光。
 収束する力、破壊の意志が男の中心(・・・・)へ渦巻いていく。

――これ、ひょっとして、

 やがて、力が解き放たれる。

――……自爆魔術、

 爆発と衝撃、都市の裏を食い破るように破壊の魔術が爆ぜた。

どうも読んで頂いてありがとうございます。
苦情、泣き言、文句、質問、感想等々、何かありましたらどうぞお気軽にお書きこみ下さい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ