挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オーガニクス 作者:
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/22

未来編 第六話:「けりをつけよう」

オーガニクスに乗ったことで、
ロイドは経験していないことを思い出すようになった。

ロイドの前に一体のオーガニクスが現れる。
彼の名前はカルバン。彼はロイドに共闘を持ちかける。

ロイドは思想が違い、拒否するとカルバンは豹変した。
・・・不意に記憶がよみがえる。

この研究所にきてからもう13年になる。
言われたとおりの研究を指定された時間で作業するだけ。
これだけで俺は十分過ぎるほどの金を手に入れた。
その金は俺の成果を証明していた。
俺も気がついていた。利用されている事を。
だがこのままムダに時間を過すしかなかった。
選択肢は用意されていなかった。

転機は急に訪れた。
今まで見た事ないような研究対象が俺の担当になった。
「最初に月で発掘した」ときいた時は言葉を失ったが
実物を見せられては信じないわけにはいかない。
硝子の向こうの4体の巨人がそれを証明していた。
人の爪のようなしなやかで強い材質の外装に
有機的な内部構造をもつ謎の巨人。
生物の様だがサボテン程度の意志しかない。
この全く素性がわからない巨大な物は一体何なのか?
俺は巨人を見ながらそばにいる依頼人のことも忘れて考えていた。
「よろしいですか?」
その依頼人が俺に話しかける。
「・・・考え事をしていたようだ。」
俺はそう答えた。
彼はライ=メイ今回の仕事の依頼人であり、俺にとって始めて友人といえる存在だ。
この仕事を通して彼とは色々話し合った。彼の思想、論理は十分尊敬に値する。
「この巨人は・・・何なのか?それが気になります。」
ライはそう言った。
「ああ。一緒に発掘されたと言われる布状のものは金属の一種である事が証明された。
そして巨人の遺伝子はきわめて人の遺伝子に近い。ソコまでわかってもハッキリしない。
宇宙生物の亡骸なのかそれとも別の何かがあるのか・・・それに銀色のマントとも接点が見出せない・・・」
俺は少しづつ言葉を出していく。
「そうですか。・・・これはあくまで私の推測なんですが・・・」
ライは静かに喋る。
「?なんだ?教えて欲しい。」
俺は彼に聞く。彼の考えは必ず的を得ている。
「前、貴方の調査ではこの巨人は意志さえあれば動けるといった。
では巨人には・・・媒介が必要なんではないですか?の巨人の意志を司る・・・」
ライは考えを聞かせてくれる。
「・・・本体、銀色のマントの他に・・・まだもう一種という事か・・・」
俺はライの顔を見た。
「ですが揃ったとしても巨人の目的、また意味は不明のままです。
それにもう一種あるとしてもそれが何か見当がつかない・・・」
ライはそう言う。
「・・・そうだな。・・・ちょっと休まないか?」
俺はライを休憩室へ誘った。もうちょっと話を聞きたくなったからだ。
「そうですね。休憩しましょう。」
ライは頷く。
「もしもこの巨人が核以上の兵器なら・・・ライはどうする?」
ドアノブに手をかけながら俺はライに質問した。
「?どうしたんですか?」
ライは眉をしかめる。
「この巨人の能力は推定だけで想像を超える装甲と筋力を持っている。
こんなのが四体もいるんだ。思い通りに操れると仮定するととんでもない兵器になる。
それが個人の思い通りになるなら・・・まぁたとえ話さ」
俺は軽く笑う。
「・・・あなたはどうしますか?」
ライは俺の質問を微笑みながら俺に返した。
「俺は・・・金の為に同種を食い殺すこの世界を・・・・潰す。」
やり直す事が出来るなら・・・やりなおすべきだ。この狂った世界も俺も。
「・・・」
ライが考えこんでいる。
「・・・冗談だよ。核以上の力などないさ」
俺はそう言って軽く自嘲気味に笑う。
・・・殺戮兵器の開発に加担していた俺は
世界平和を維持するぐらいの事はしないと罪を償えない。
だが本当の平和というものはすべてをひっくり返すだけの力がなければ成立しない。
「・・・そうですよね。」
ライは静かにそう言った。俺も冗談のつもりだった。
この時はオーガニクスの最後の一欠片が人間だと気がついていなかった。



俺はカルバンのハンマー受けとめながらまた見知らぬ記憶を思い返していた。
「・・・これは・・・なんだ?」
思わず独り言を口にする。
「この力は神が私に正義を代行する為に託された力だ!
悪魔の貴様が持っていい物ではないぃぃぃ。死ね!
扱った事を死んでつぐなえ!」
カルバンはなぜか俺の独り言に答えた様だ。
「・・・」
俺はこのことについて何か言う気にならなかった。
その事よりもこのカルバンの強さの方が気になる。
明かに鍔迫り合いでは俺の分が悪い。
「どうした?どうした!悪魔め!!」
カルバンは叫び俺を倒す為に力を込める。
「・・・なんだ、この力・・・」
俺は意識せずにそう言った。
「決まっている!神が私にお前を倒せといっているんだ!!」
カルバンは力強く、低く叫ぶ。
俺はこの時理解した。オーガニクスは意志の力、理力で動く。
意志が強ければ強いほど力を増す。
そして彼は自分の正義を盲目的に信じている。
今のカルバンの力は強大だ。
「ロイド・・・とかいったな。
神に忠誠を誓えば最も無残に砕いて貴様を浄化してやってもいいぞ!」
カルバンの言葉に魅力を感じない。
「断る。」
俺はカルバンの腹を思いきり蹴った。
この鍔迫り合いを解かねばやられるのは時間の問題だった。
「なに!」
運良く奇襲は成功しカルバンは驚きの声を上げよろけて倒れた。
「さよならだ。」
俺は倒れたカルバンに剣をつきたてる。
黒い液体が勢い良く吹き出しおれの体を温める。
「コレで・・・」
俺は一体倒したと確信したその時、俺の腕が捕まれた。
「・・・ゆるさん・・・」
カルバンはひねり出す様に言葉を発する。
彼の左腕が俺の右腕を掴んでいた。
「な・・・」
俺は驚愕した。カルバンの胸部を突き刺したと思っていたが、
右側にずれてしまっていた様だ。
そのまま俺は凄まじい力で宙へ投げ出された。
「手ごわい・・・」
俺は空中で静止し素直にそう思った。
「貴様・・・肉片でさえ残らない様に殺害してやる・・・」
カルバンの迫力に俺は理力で応戦する。
辺りが理力で光り、見えなくなった。
「な・・・」
視界が光で見えなくなった瞬間に俺は地面に激しく叩きつけられた。
薄れていきそうな意識に耐え俺は元いた場所を見る。
ソコには俺を見下ろすカルバンがいた。
「このクソが・・・」
カルバンはそう言いながらゆっくりと降りてくる。
「・・・なにをする気だ・・・」
俺がそう言った瞬間だった。


カルバンは俺の近くに降り立ちハンマーを振り上げる。
「ロイドォ・・・お前に生きる資格はない・・・」
俺の視界がカルバンの影で暗くなる。
「・・・知っている」
俺は答えた。
「ほぅ。では慈悲をくれてやる。」
そう言うとハンマーを俺に振り下ろした。
俺を中心に辺りがめり込み大地がめくれる。
体が黒く塗れる。黒い血が飛び散っている。
「ガ・・ハ・・・」
俺は言葉も出ない。
「神を信じない者はどうなるか昔話をしてやる。」
そう言うとまた俺にハンマーを振り落とす。
黒い液体がカルバンの顔に飛ぶ。
「グ・・・・」
俺はうめく事しか出来ない。
どうにかして抜け出さなければ・・・
カルバンが俺の顔を覗きこみ喋り出す。
「いいか・・・私の両親は今まで住んでいた家と生活を金に交換し
すべてを教団に寄付した。神へなにか奉仕は出来ないかと考えたからだ。
そして私と両親は共に施設に入った。そして次に両親は神に
まだ奉仕が足りないと考え、私を教団に差し出した。
私は特別施設に入って教団を学び修行した。その時だ。
ある日、隣の子が導師に質問をした。
神様は本当にいるのかと。その子はどうなったと思う?」
カルバンは転がる俺の腹に足を乗っけて嬉しそうに言う。
「死んだんだよ。俺達の目の前で導師に何度も殴られて。
つまり・・・神に疑問を持ってはいけない。逆らってはいけない。
俺の顔についた赤い水滴が証明していた。神への冒涜は血で償わなければ。」
カルバンは一心不乱に語っている。
「つまり・・・神の兵士である私に歯向かうお前は・・・」
カルバンの目が鈍く光る。
「死ぬしかないのだよ・・・」
カルバンはまた大きくハンマーを振り上げた。
俺は危機を覚えた。月からの移動に理力を使わなければ勝てただろう。
だが今の俺には次の攻撃は耐えられそうにない。しかし諦めるツモリはない。
俺が知っている感覚が告げている。
「ならべく無残に殺してやる!」
カルバンが叫んだその瞬間にカルバンが前方に吹き飛んだ。
「!」
時はきた。そのスキをついて俺は理力で体を回復させ立ちあがる。
金属の擦れる音が聞こえる。
俺の前にフレイルを持った一体のオーガニクスが立っていた。
カルバンに殴られながら感じていたのは、オーガニクスが近づく時の感覚だった。
これはオーガニクス唯一の天敵とも言える、
自分以外のオーガニクスが近づく時の本能とも言える察知力だ。
オーガニクスはオーガニクスと引き合う。
「・・・」
そして俺はそのオーガニクスの敵意も感じた。
乱戦になると判断し、カルバンを倒した後に新しい標的である俺を狙っている。
その時に生じる隙を待ち、時が訪れた。
そのフレイルを持ったオーガニクスは俺を凝視し、
フレイルの砲丸を回し始めた。風を切る音が強くなる。
「・・・意識が・・・」
俺は理力を限界に近く使いきっていた。
後から咆哮が上がる。
「・・・この・・ゴミ虫が!!!!!」
カルバンは猛り狂い飛び上がって光るハンマーを振り落とす。
「まずい!」
カルバンのハンマーは光っていた。理力を込めた証拠だ。
その威力は一帯を吹き飛ばす。
俺は危険を察知し空へ逃げたが、カルバンの光に飲みこまれ意識を失った。



・・・
「!」
急に僕は飛び起きた。辺りは暗い。
二階建てベットの上に寝ていた僕は、
一緒の部屋で寝ていた皆の寝息をきいて一人じゃない事と、
さっきまで一人だけで戦っていた事を夢をだと理解した。
「・・・」
僕はそれでも落ちつかず、父さんと母さんのいる部屋へ行く事にした。
血は繋がっていなくても二人といると安心するからだ。
僕はゆっくりと梯子を下りドアを空けて廊下に出た。
急に明るい場所に来た為、眩しい。
廊下に出て二人が居る部屋に急いだ。
少し歩いたらすぐついてドアをノックする。
返事がない。可笑しいなと思ってゆっくりとドアを開けたが
中には誰も居なかった。僕不安になり急ぎ足で他の部屋を見ていた。
僕みたいに本当の親に捨てられたり、親をなくしたり、
事情があって親と一緒に住めない子たちが住むこの施設は意外と広い。
まずはみんなで集まれる場所から探す事にし、まずは食堂に行く事にした。
食堂に近づくと人が喋る声がし、僕の名前が聞こえた。
僕は早く目的の二人を見つける事が出来て嬉しくなったけど、
二人の声色が気になって、すこし話を聞いてみたいと思った。
「・・・あの子を売れというの?」
母さんがそう言う。売る?
「売るという言い方はやめてくれ!俺だって離れたくはないさ!
でも・・・もうこの場所は立ち退かなければならないところまで来ているんだ。」
父さんは取り乱している。・・・売る?
「私はあの子と離れるのは嫌。良い子なのよ!」
「そんなことは知ってる!でもあの子を渡せばこの施設でみんな暮らせるんだ。」
「あの子は本当の両親に捨てられたのよ。その挙句に私達もあの子を捨てろというの?」
「・・・どうしようもないじゃないか!基金してくれていた企業はこの不景気に潰れ、
もうここは火の車だ!離れ離れになって暮らすか、あの子を渡すかどっちかしかないんだ!」
「・・・ただ・・テストが良かっただけじゃない・・・普通の子供なのよ・・・」
「一番だぞ。時間も余っていた。普通じゃないんだよ。」
「どういうこと?あの子が好きじゃないの?」
「ずっと一緒に暮らしてきたんだ!大好きだよ!決まっているだろ!家族なんだ!」
「じゃぁなんで!?」
「このまま一緒にいて彼の自由に学ばせてやれるのか?この状態で?
金だけじゃない。俺は彼を渡す事でお互いの為になると思って・・・」
大体わかった。二人は僕の事で喧嘩している。
多分何日か前に来たスーツを着た外国のおじさんの話だろう。
父さん、母さん、おじさん、僕で話をした記憶がある。
「でも・・・もう二度と逢えなくなるかもしれないのよ!」
母さんは泣き出してしまった。
僕はいたたまれなくなり、ゆっくりと食堂に入って行った。
「・・・!」
父さんと目があった。そして父さんはゆっくり話す。
「どうしたんだ?早く・・・寝なさい。」
父さんのこんな悲しい顔を初めて見た。
母さんも涙を拭きながら僕に語りかける。
「そうよ・・・もう遅いわ。明日起きれなくなるわ。」
声が震えてる。
「・・・良くわからないけど・・・僕行くよ。」
僕はそう伝えた。それが正しいと思ったからだ。
僕がココで育って、わかっていた。
二人を苦しめてはいけない。
「・・・!」
二人とも言葉をなくしていた。
「聞こえてたんだ。僕が出ていけば・・・」
喋ってる間にいろんな思い出がよみがえる。
誕生日を祝ってもらった事や、一緒に買い物に行った事
劇もやった。鉄棒から落ちて心配させたっけ。
病気で寝込んだ時もずっと母さんは一緒に居てくれて父さんは慌てていたっけ。
熱で苦しかったけど嬉しかった。
自分がココに居る事に意味があると思えた。
「みんな・・・離れずに済むんだよね」
胸が苦しい。目の前が揺れるけど泣いちゃいけない。堪えなきゃいけない。
それが今の僕に出来る恩返しだから。
「僕は行く・・・よ。」
最後まで言い切れた。言い切った。
すると母さんは泣き出してしまった。
僕は胸が苦しくなったけどでも言葉は出なかった。
父さんが席を立って僕の目の前に来てしゃがみ込み僕の目を見つめる。
「本当にそう思うのか?」
父さんはそう言った。
僕は行きたくない!そう言いたかった。
「うん。前に来たおじさんの所に行くんだよね。楽しみだな。」
僕はそう答えた。答えはそれしかないから。できるだけ笑って。
「賢悟。本当に良いのか?」
父さんがそう聞き返す。
「もちろんだよ!」
もう耐えられないと思った。
「僕はもう寝るね!」
そう言って足早に食堂に出てベットにむかった。
布団を被った瞬間に涙が出てきた。僕がとるべき行動はわかっている。
だから今だけ泣かせて欲しかった。そして疲れて目を閉じた。
・・・


「!」
俺は気を失っていた様だ。そしてまた夢を見ていた。
その夢の中で俺は賢悟と呼ばれていた。
それでやっとわかった。俺は長村賢悟の過去の思い出を今まで見ていた事に。
オーガニクスに乗ることで深層の記憶がよみがえったのだろう。
これは俺が長村賢悟のクローンである事を証明している。
ー俺はオーガニクスを止めなければならない。
重圧に耐えられなかったもう一人の俺の、狂った遺産を残すわけにはいかない。
ゆっくりと立ちあがる。空は暗くなっている。
「・・・」
カルバンのハンマーで吹き飛ばされた時と違う。
空が暗くなり。全てが荒れ果てている。
理力の余波を食らった事が考えられる。
「地球は・・・オーガニクスの影響を受けてしまった。」
だが、これ以上は俺が止めなくてはならない。
はっきり理解できる。オーガニクスを野放しには出来ない。
「地球にいるオーガニクスすべてを・・・回収しなくては。」
もう一度、自分の目的を意識し、かすかに感じる危機感の感覚へ従う。
その先には目的物が居るはずだ。俺は空へ飛び立つ。
もう一度へ戦場へ。敗北は許されない。


たどり着いた先には信じられない光景が待っていた。
瓦礫の山の頂点に時計塔があり先ほどのフレイルを振りまわしていたオーガニクスの他に
2体のオーガニクス、つまり合計3体の黒く染まったオーガニクスが十字に張り付けられていた。
「なんだ・・・これは」
俺は驚愕の声を上げる。
オーガニクスを葬った者が居るということだ。
「なんだお前?」
後から声がした。俺は振り向いたそこには
見た事がないオーガニクスが立っていた。
「・・・」
俺はそのオーガニクスを凝視した。
「おいおい。早速やるのか?」
そのオーガニクスはマントを鎌に変えた。

その鎌を回転させる。
「お前は・・・」
俺は口を開いた。
「なんだ。喋れるのかよ。」
その鎌のオーガニクスは軽口を言う。
「オーガニクスで何をする気だ?」
俺は続けて聞いた。
「へぇ?オーガニクスっていうのか?これ。決まってるだろ。」
「決まっている?」
俺はまた聞く。
「これだけの力を持ったんだ。気分次第だな」
鎌のオーガニクスは簡単に答える。
「・・・」
俺は黙っていた。
「とりあえず俺がコイツを拾った時、軍のMWが出てきたからやってやったのさ。」
楽しそうに彼は喋る。
「やってやった?」
俺は意味がわからず質問する。
「わかんね~奴だな!」
彼は頭を振るう。
「吹き飛ばしてやったんだよ町ごと!何もなくなっちまって。笑えたぜ!」
そして楽しそうに答えた。彼もまたオーガニクスの被害者だろう。
「あの三体もお前がやったのか・・・」
だとすると相当な理力の持ち主だ。
「?まぁいい。お前を殺す俺の名前を教えてやるよ。俺は・・・」
彼が名前を俺に伝えようとした時、鐘の音が響いた。
一回・・・二回・・・三回・・・四回
まだ鳴りつづける。
「なんだ?」
俺と彼は瓦礫の時計塔を見たそこには一体のオーガニクスが居た。
「この鐘の音はお前のレクイエムだ。ロイド・・・」
そのハンマーを持ったオーガニクスはそう言うと激しく武器を鐘に叩きつける。
鐘が轟音を出して吹き飛ぶ。
「・・・カルバン」
狂信者カルバン、彼だった。
「神はお前をお許しにはならないと言ってるぜぇ・・・」
カルバンは嬉しそうに伝える。鎌とハンマーのオーガニクス。
俺は二人に伝えた。


「けりをつけよう。」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ