挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オーガニクス 作者:
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/22

プロローグ

人が月に住むようになった時代。
過去に現れた、
特撮のような巨人が暴れまわったことが人々の記憶から消え始めたころ
時代はまた動き出す。

巨人の名はオーガニクス。
確かに存在していたのだ。
-なにもない。
-俺には何もなかった。
-最初からわかっていた。

あの場所を抜けたところで、俺は命のやり取りをしていた。
生きるすべはこれしか知らない。
しかし、この場所にはルールがある。
決着をつけるのは人なのだ。

だから、この場所には俺の居場所はない。

-俺には何もない。
-俺はあの場所に戻るしかない。
-あの場所でやらなければならないことがある。

俺にはわかっている。あいつが待っている。
あいつはわかっている。俺が戻ることを。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ