挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
夢と幻のキネマ館 作者:黒枝 静

『白と黒のメリー』

11/450

1.第六堕神

「夢と現のアリス」から来てくださった方、
ありがとうございます。
こっちもよろしくお願いします。


 1.第六堕神


 小さい船が一つ、ふわりと浮くように海の上にあった。
 海は緑色に淀み、雲は積乱雲の如く黒色で、モクモクと辺りを包みこんでいる。
 周りはとても暗い。暗さで例えるならば、ここは闇。無音無明の真の闇。
 粘つくような陰と、汚泥に満ちた海。世界の原始とはこうあったと言わんばかりの景観が広がっていた。雲の裂け目から僅かな階梯が生まれては消え、雷鳴の閃光と同時に大地を震撼させる紫電の轟音。 天高く聳える富士の山が火炎を噴出し、赤色の腕が地面を撹拌させていく。落ち着くことなど一切なく、ただ世界が進行と退行を繰り返して揺れている。そこに文明の能力は皆無に等しい。
 しかし、大地の人間たちはその環境に住むことを選んだ。三千年の時を旧グリニッジ時刻が換算している今現在。その時は人間たちを狂気に陥れるには長すぎる時間だった。進行と退行を繰り返す生命はやがて固定化された人間の肉体を変えた。同時に、生存能力のおごそかになった人間に未知としか言いようのない力が宿る。
 魔法。という不思議な力。それは個人に宿るものであり、この場所全体を総括して宿るものである。しかし、それは〈怪物〉たちの力と相似した力であった。
 それは、3060年目の真実の話。
 六体目の〈堕神〉によって閉鎖された、文明大国日本の姿である。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ