挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

姉と俺(と母と父)

二十歳の

作者:聖魔光闇
「ちょっとアンタ! 何してるのよ!」
 ベランダでしゃがみ込んでいたら、姉が突然叫んだので、思わず顔を上げる。
「ん?」
「ん? じゃないわよ! 何してるのよ!」
 姉は凄い剣幕だ。
「タバコ……、吸ってた……」
「アンタ高校生よね! タバコなんて、吸っていいと思ってるの!」
「法律上では禁止されてる」
「法律上じゃないでしょ!」
 姉がキレた。



 突然姉が部屋から飛び出していった。
『また出るぞ「お母さ〜ん」だろ』



「お母さ〜ん! アイツがタバコ吸ってる〜!」
『ほらね。……ほっとこ』




「ねぇ! お母さん聞いてるの!? 高校生がタバコよ!」
「はいはい。じゃあ、二十歳になったら禁煙するように言っとくわね」
 姉の剣幕とは裏腹に、母はのんびりしている。
「二十歳に禁煙! ちょっと! お父さん、お母さんこんな事言ってるわよ!」
 姉は納得いかないらしく、父に言い寄った。
「そうか……。タバコか……。俺も吸い始めた頃は十六位だったかなぁ……。まあ、いいじゃないか。【二十歳の禁煙】って言葉もあるんだから」
 遠くを眺めるような父と、のんびりした母を交互に見ながら姉は、「何よ【二十歳の禁煙】って! もう知らない!!」と部屋に戻ると、勢いよくドアを閉めた。




『二十歳の禁煙……か……。もう小遣い減るから、止めようと思ってたんだけどな……。ってか、母さん父さん、ナイス!』


タバコは二十歳になってから。

『百害あって一利無し』とも言いますし、お金の無駄遣いになるので、止めましょう。(私も早く禁煙しなくては……)

タバコ吸ってても、かっこよく無いよ。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ