挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

日常系(その他)

心の場所

作者:人鳥
【Smile Japan】参加作。
「心ってどこにあると思う?」

 そうぼくが聞かれたのは、小学校の四年生のころだったと思う。同じクラスの女の子に、突然、何の前触れもなく聞かれたのだった。
 いや、前触れはあったのか。
 そんな話を授業中に先生がしていたように思う。

「心? ここかな?」

 ぼくはそう言って、胸に手を当てたように思う。
 本当はどこあるかなんて知らなくて、でもなんとなく、胸に手を当てたのだった。

「でも……やっぱり頭なのかな?」

 胸に手を当てた後、ぼくは頭を指した。心とは感情の引き出しのようなもので、ならば脳がそういう判断を下しているのだろうということで、頭を指したのだった。
 これでもぼくは小学四年生にしては本を読んでいたから、こういう会話にはある程度の免疫があった。すぐに会話を放棄するということはしなかったのだ。

「もしかして、このあたりにあるのかもしれないね」

 そしてぼくが最後に指したのは、右肩の上だった。
 別に右肩の上である必要はなかった。頭の上でも左肩の上でも、とにかく体の上であればどこでも良かった。

「心はぼくたちを見降ろすような位置にあるのかもしれないよね」

 人の体のどこかにあるだろう心は、いまだかつて肉眼で見られたことがない。あらゆる方法で見られたことがない。
 ならばきっと、体の中にはないのかもしれない。
 ぼくはそう思ったのだろう。

「きみはどこにあると思う?」

 自分の答えを言い尽くしたぼくは、最初に問いかけてきた女の子に聞き返した。その子の名前はなんと言っただろう? 今となっては思い出すことも難しい。

「そうだね……」

 女の子は悩むそぶりを見せていたけれど、その目はすでに答えを見つけている目だった。
 だからその子の答えは真偽はどうあれ、とても力強いものだった。

「自分があると思っているところにあるんだと思うよ」

 当時は本当に意味がわからなくて、言葉遊びで煙に巻かれている気がした。
 ぼくはぼくであってぼくではなく――
 どこにもいてどこにもいない――
 そんな子供だましのレトリックで遊ばれた、そう思ったように思う。

「じゃあ、ないと思えばないの?」

 それが気に食わなかったぼくは、たしかそう問い返したのだったか。

「そうだけど……でも、心のない人なんていないよね?」
「そうだけど、心ないことをする人はいるよ」

 これこそ言葉遊び。
 ぼくはしてやったり、と、意地の悪いことを考えていた。

「でもやっぱり心はあるわけだから、どこかに心はあるんだよ」

 心の存在を信じて疑わない女の子は、ぼくの言葉遊びには全く触れなかった。

「気づいてないだけでね、自分がね、心があるって信じてるところに心はあるんだよ」
「信じてるところ?」
「うん。そうだよ」

 言葉が変わっただけだ。
 思うから信じるへ。
 だけど、ぼくにはそれが大きな意味を持つような気がしてならなかった。
 彼女はそれ以上の言葉を続けなかった。
 だから今も、ぼくはそれについて考え続けている。
 答えはまだ出ていない。
 直接的な言葉を使いたくなかったので、すこし遠回りに。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ