挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黄色いレインコート麗子 作者:ジュゲ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

72/85

第七十一話 対決

 嘘みたいだ。
 レイさんは今まさに先生の隣にいる。
 制服には着替えていない。
 学校へ向かう道、僕らは三人で歩いている。
 予想とは違いレイさんは先生の求めに応じた。

(今でも信じられない)

 少し早めに先生の宅へ立ち寄り、そこからレイさんのアパートに行く。
 レイさんはいた。
 何事もないように。
「いや~レイちゃん久しぶりだね。ちょっと今から付き合ってくれないかな」
 先生が言った言葉はそれだけだ。
 僕は彼女に合わす顔がなかった。
 二人だけの秘密をペラペラと喋って軽薄な男に思えたからだ。
(応じてくれる筈がない)
 僕の思いに反し彼女は言った。
「わかりました」
 彼女が踵を返すと、
「そのままでいいから」
 先生が言う。
 たったこれだけ。
 なんで彼女は応じた?
 先生もどうしてそれしか言わない?
 どこへ行くとも、どうしてかも何も言わないで。
 レイさんもなんで尋ねないんだ。
 何をするかもわからないのに。
 僕なら絶対に応じない。
 理由もなく、何処へ行くかも問わないなんて。

(どうして?)

 道中、先生はまるで平然と彼女に話しかける。
 何事も無かったように、知らないように。
「しかっし君は美人だね。モデルって言うの?そういう人みたいだよ。しかもとびっきりのね。世界で通用するレベルだな~」
「ありがとうございます」
 歩きながら頭を下げる。
「僕が見てきた中でもトップクラスかな。誰かさんが夢中になるのもわかるよ」
 大笑い。
 そして僕をチラッと見る。
 僕は思わず俯いた。
 到底 笑う気にはなれない。
(人の気も知らないで・・・)
「僕があと二十年も若かったら黙っちゃいないね。今や親と子ほど歳が違うから黙っちゃうけど」
 また笑った。
 彼女も笑う。
 先生はことの深刻さがわかっているのか?
 昨日の僕の話を聞いていたのか?
 セクハラ問題で彼女が苦しんでいるかもしれないのに、なんでそんな無神経なことが言えるんだ。
 まさかここへ来て実はよくわかっていなかったとか。
 レイさんもどうして笑える。
 もう終わったと思ってる?
 君がこれから行く所は学校なんだよ?
 嫌なことを思い出さないといけないかもしれないんだよ?
(僕はひょっとして彼女に酷いことをしようとしているのか・・・)
「先生はとても素敵ですよ」
 レイさんは穏やかな表情で言った。
 どうして笑えるんだ。どうしてそんなに冷静なんだ。
 なんなんだこの二人は。
 僕だけが仲間はずれか。
 レイさんだって先生と会ったの一回だけでしょ?
 それとも僕が知らない間に会っていたのかな・・・。
「君みたいな子に言われたら僕も自信もっちゃうな~」
 お調子者かよ!
 先生は本題に一切触れない。
 レイさんも尋ねなかった。

 学校が見える。
 遂に僕は一言も喋れず。
 心臓はバクバク。
 二人が陽気な意味がわからない。
 彼女が気になって僕は見た。
 事情を察して彼女が恐れおののく気がしたんだ。
「レイちゃんさ、彼から聞いたよ」
 先生?
「はい」
「僕に任せてくれないかな」
 ここで言うの!
 しかも・・・それだけ!
 説明しないの?!
 レイさんは少しだけ黙っている。

「わかりました」

 嘘でしょ!
 レイさんどうして。
 どうして受けられる、何がわかったの?
「君なら解ってくれと思ったよ」
 先生・・・なんで説明しないんだ。
 彼女は僕の目線に気づいた。
 笑みを浮かべ頷く。
(どういう意味なんだ。大丈夫。そう言いたいのか)
 僕は申し訳無さで一杯だというのに。
 怖くて仕方がないというのに。

「あの・・・」

「そういえばさ」
 僕の言葉を明白に遮った。
 そして凄い形相で僕を睨む。
 形相といってもこれはなんだ?
 修学旅行で見たような気がする。
(・・・阿弥陀如来だ)
 穏やかなんだけど凄い迫力があった。
 僕の心の中に残っている。
 仁王像とは違う、静かな迫力。
 なんなんだ。
(何も言うなってことか)
 わかってるって。僕の仕事は彼女の所へ連れて行き、後は黙ることだって言いたいんでしょ。先生と違って僕は覚えているよ。

 校門が見える頃には多くの登校する生徒がいる。
 皆が不思議そうに僕らを見る。
(当たり前だ)
 作務衣を来た長身の大男、スラっとした美人のレイさん、そこに制服を着た僕がいる。なんというアンバランスさ。
 レイさんは寒いのに半袖のTシャツに敗れたジーンズ姿。それがえらく格好よく様になる。腰まで届きそうな黒髪の長髪。歩く度に左右に揺れている。
(なんだこれは?)
 思うのは当然だ。
(しまった・・・ノープランだ・・・)
 校門に近づくと守衛さんが露骨に目立つ僕らを見初め、立ちはだかる様子を伺えわせている。しかも、どちらかと言うと細かいことを言う方じゃないか。
(ついてない・・・)
 横目で先生を見るも、まるで気にしていない様子。
(何か策があるんだろうか?)
 心臓が強くうち戦闘に備える。

 案の定 呼び止められた。

「ちょっとよろしいですか」
 守衛さんの目線は先生に止まっている。
「はい」
 平然としている。
「ええと・・・保護者の方ですか?」
 先生を見て問う。
(そうか!保護者のふりをして通るということか)
「違いますよ」
(違うのか!)
 そうじゃないのか。
「ほら、言ってあげてよ」
 先生は僕を見て促す。
(ええええええええええ)
 ホラじゃねーだろ!
 守衛の目線は僕へ向けられる。
「どういうことなんだい?」と、言いたげに僕を見る。
(ノープランだって言ったろうが!言ってないけど!)


「あの・・・スズキ先生は今日おりますか?」


「スズキ先生・・・あ~先ほど登校されましたよ」
「有難うございます。昨日 伺ったら会えなかったものですから」
「そうですか」
 通ろうとする。
「あ、ちょっと待って」
(うわああああああ)
 咄嗟に思いついた”しらばっくれて通る”作戦は無理か。
「ええと、このお二人は?」
 怪訝そうに二人を見る。
 その間にも次々と生徒が守衛さんに頭を下げ、挨拶をしながら横を通っていく。
 全員の目が僕らに注がれていた。
「彼女はここの生徒です」
 レイさんが軽く会釈をする。
「そうですか、制服は?」
「今日は事情があって・・・」
 僕が代わりに言った。
「私服での登校は校則で原則禁止されていますよ」
「はい(そうだった・・・)、今日は特別なものですから」
「許可は受けていると?」
「ええ・・・」
(うわあああああ、口が滑ったあああああ)
「ええと・・・その許可はスズキ先生が?」
「えー・・・まぁ・・・」
(うわあああああああ!)

「少しお待ち下さい。確認をとりますから」

 守衛さんが仕事してる!
 よりにもよってこの一番大事な日に!
 いつものお年寄りの呆けた守衛さんなら余裕でスルーなはずなのに。

(終わったああああああ)

 内心の僕は大パニックだったが表情は変わらなかった。
 ある意味では僕の特技なのかもしれない。
 顔色を隠すつもりはないけど、昔から結果的に顔には出ないようだ。
 それを指摘したのも先生が唯一だった。

「はい、はい。・・・許可はしていないと」

 守衛は僕を睨む。
(終わった・・・)
 もうこなったらアニメみたいに強行突破するしかない。
 万策尽きた。

「麗子です。そう伝えて下さい」

 レイさんが口を開く。
 どういうつもりだ?
 守衛は何故か一瞬、彼女の上から下まで一瞥する。
 そして彼女に笑顔を送ると頷いた。

「私服の女子生徒が”麗子”と言って欲しいと・・・。ええ、ええ」

 心臓が口から飛び出しそうだ。
 目の端に先生の顔が見える。
 先生は僕を見て笑みを浮かべている。
(笑っとる場合かあああああっ!)

「わかりました」

 守衛が受話器を置いた。

「どうそお通り下さい。職員室にいるそうです」

(うわあああああああああ、なんでだああああああ!)
 どういう理由で「お通り下さい」になるんだ。
 意味がわからない。
「お手数おかけします」
 僕は頭を下げる。
 内心とは裏腹に僕は冷静に言っていた。
「いいの?」
 先生が言う。
(先生は黙ってて。せっかくスルーされているんだから。存在感をアピールしないで。ただでさえ目立つんだから)
「はい」
 歩き出す。
「なんだい今の学校は面倒くさいね~。これじゃ気軽に恩師の顔を見にも来れないじゃないか、ね~」
(だから存在感をアピールするな!守衛に嫌味を言うな!何が「ね~」だ!)
 言われたレイさんは笑みで答えた。

 それでもまさかの校内潜入成功。

 僕の目線に気づき彼女はコソッと言った。
「マーちゃんでも嘘をつくことあるんだね」
 頬が赤い。
 寒いんだろうか。
(そーだよ!なんで気づかなかった)
 上着を貸してあげたいけど・・・ここではまずいな。
 それともやっぱり怖いんだろうか?
 もしくは緊張しているんとか。
 でも・・・どこか彼女は楽しそうにも見える。
「必要があればつくよ・・・それより寒くない?」
「大丈夫、ありがとう」
 笑顔で応える。
「お~お~格好つけちゃって~」
(先生・・・この野郎・・・ムカついてきた)
 味方なのか敵なのかハッキリしろ!
 でもお陰でスズキがいるということはわかった。
 そして職員室で待っている。
 越えられないと思っていたハードルを一つ一つ飛び越えている。
 何にしても結果論!
(完全に運任せ・・・)
 校内に入ると一層僕ら三人の存在は目立つ。
 何人かクラスメイトともすれ違った気がするけど、こっちはそれどころじゃない。前だけを見て歩いた。
 緊張のまま職員室の前へ。
 僕の心臓はヘビメタを演奏している。
 ライブは最高潮の盛り上がり。
 戸を叩く。

「失礼します」

 開けた。
 職員室を見渡すと、全員がこっちを見る。

(いた・・・・スズキ・・・)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ