挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黄色いレインコート麗子 作者:ジュゲ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/85

プロローグ

プロローグ

僕のクラスにはシカコとアダ名される女生徒がいる。
校内でも有名人だ。
名前は麗子。痩身で長身。スタイルだけ見たらモデルのようだ。
顔をよく見たことはないけど凄い美人らしい。同じクラスなのに”らしい”というのも変だけど。
何せそんな恵まれた外見なのに・・・彼女ときたら。
髪は長髪で手入れをせずボサボサ。枝毛ワッショイ。一体全体いつ洗髪しているのかも怪しいものだ。
三日やそこいらではないだろう。隣のミツの話だと時々臭いらしいし。
制服も同じようなもの。恐らく着っぱなしだろう。袖も少し擦り切れているようだ。
時折みる表情は能面のよう。
授業中は爆睡。
成績は当然のダントツ最下位。
クラスメイトとの交流は皆無。
身体が弱いのか?よく学校を休む。

そんな彼女だけれども一際輝く日がある。
雨の日だ。
彼女は決まって同じ格好をしてくる。
黄色い雨傘、
黄色いレインコート、
そして黄色い長靴。
他人のファッションにとやかく言えるほどじゃないが場違いも甚だしい。
幼稚園児じゃあるまいし。
どこへ向うのか授業が終わると脱兎のごとく学校を出て行く。
普段の彼女からは想像も出来ない敏捷さで。

誰かに会いに行くのだろうか?
彼氏?
あんな格好で?
援助交際をしていると噂が流れたこともあった。
宇宙人説など。
富高最大のオーパーツ。
いやUMAというんだっけ?
それがシカコだ。
私にとっては興味のない存在だけど。

ある日、

通りかかった幼稚園の前で偶然彼女を見る。
静かに降りしきる雨の中であの姿だ。
間違うはずもないのだけど人違いかと思った。
何かの撮影かもと辺りを見渡した。
元の色がわからないぐらい使い込んだ色の薄くなった黄色の雨傘、
斑に黄色いレインコート。
傷だらけのゴム長靴。
ご丁寧にフードを下ろしている。
意味があるのか?
でもフードの隙間からのぞく彼女の顔をみて全身が震え上がり息を飲んだ。
「美しい・・・」
声が漏れ、鳥肌が立っている自分にも気づかないほどに見とれた。

その日から僕は彼女の事が頭から離れなくなった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ