挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ノブ、それって空耳 作者:奈備 光
43/43

42 手紙(エピローグ)

 優の闊達な声が、生駒の推論を引き継いだ。

「それは海の家の話。そしてインタビューのテーマは音。具体的な音の話。海の家の関係者たちの数々の話の中にも、誰かさんの気持ちを波立たせる内容が含まれていた。丸山さんの列車の轟音、金谷さんの潮騒、生駒の走る靴音、立成さんの話に出てきた渚に残した足跡という曲、松任さんのドゥオモの静寂に出てきたラの音の話。これらの音は、三十年前の事件を取り巻く音の世界の一部を切り取ったものだったんじゃないかな」

 潮騒が間断なく聞こえている須磨浦海岸。
 海の家ではその年爆発的に流行った渚に残した足跡が流れていた。
 犯人はシャワーを浴びている美弥子を覗いていた。暗い欲望に支配された恍惚感が、その曲のリズムによって増幅され、酔いしれていた。
 それ以降、一種のテーマ曲のように、犯人の汚れた心に特殊な効果をもたらす音楽となったのかもしれない。

 覗かれていることに気づかれ、叫び声をあげられそうになったとき、逃げればいいのに、思わず美弥子の口を塞いでしまった。
 しかし、それからどうすることもできなくなってしまう。
 手を放したとたんに美弥子は叫び声をあげる。
 じりじりとした時間が過ぎていく。それは高々数秒のことだろう。
 わずかそんな短い時間で、犯人は美弥子や己自身、そして多くの人間の一生を決めてしまうおぞましい決断をしてしまった。
 ただただ自分の保身のための、愚劣な決断を。
 列車が近づいてきた。汽笛が鳴り響く。
 それを合図にしたかのように、犯人は美弥子の首を絞めた。
 その間、長く尾を引く汽笛が鼓膜を振るわせ続けていた。

 犯人はそれ以来、生涯その音が苦手になった。
 苦手というより、精神を歪ませる音、正気を失わせる音となった。
 汽笛のように鳴り続けるラの音が。

 線路の下の抜け道を通って犯人は逃げた。
 列車が頭上を通り過ぎていった。轟音を響かせながら。
 すでに張り裂けそうになっていた心臓を更に震わせて。
 しかし、走る。逃げる。バタバタっと足音をたてて。

「どうです? 海の家の関係者がインタビューで話したことは、三十年前の殺人犯に、どうしてもあの事件を思い出させる音の仕掛けとなっていたのよ。関係者が揃ったのは偶然なんかではない、仕組まれているんだと思わせるに十分な内容だったのよ」
 優が芳川を見据えながら話していく。
「そして、パーティのお開きのころ、どこかで音が鳴り続けていた。最初はソの♯に近い音階だった。だけど、徐々に気温が下がったためにパンチングメタルの振動数が変化し、ラの音に近づいていった。そう、犯人にとって呪われた音階に」

 ただでさえ追い詰められていた不安定な精神状態に、鳴り止まないブザーの追い討ち。
 面子、理性、そんなものがみるみるうちに、しかも確実に壊れていった。
 そして正気さえも失い、つまり、音の圧力に胸を押しつぶされて、再びもはや人とは呼べない殺人鬼の道へと転がり落ちていった……。

 もう、芳川は両手で耳を塞いで眼をつぶっていた。
 しかし、最後の力を振り絞るように、震える唇から言葉がこぼれ落ちた。
「仮定の話ばかりだ。なんの証拠もない」

 生駒の胸の内では、もう制御できなくなるのではないかと思うほどの怒りが、なんらかの形を伴って口から飛び出そうと暴れまわっているようだった。
 しかし、これを押さえ込める余裕が生駒にはある。
 誰にでもあるのだ。人としてのまともな理性があれば。

 松任が、もう真っ青な顔をしてうつむいていた。
 塊田瑠奈を芳川から遠ざけるために画策した卑怯な行為。瑠奈の嫌いな音を、パーティ会場で鳴り響かせるという異常なアイデア。
 それは思いもよらない結果をもたらしてしまったのだった。
 崇拝して止まない芳川の心を狂わせ、母を殺させるという悲劇を生んでしまったのだ。

 松任の体が震えだしていた。
 生駒の視線を追って、立成も事情を察したかもしれない。
 しかし立成には、どうすることもできやしない。ゆっくりと天井を見上げ、まぶたを瞬かせた。
 生駒にしても、今、松任に必要なものがなになのか分からなかったし、分かったところで生駒が用意してやれるものでもない。

 すみよしの中には、恐ろしいまでの様々な思念が渦巻いていた。
 張りつめた空気の中で、一箇所だけ、腐臭を放っているところがあった。
 そこに、もはや哀れな外道に成り果てた芳川了輔が座っていた。
「なんの証拠もない」と、うつろに繰り返している。
 立成が立ち上がった。
「売買契約は成立しているが、破棄したい。弁護士と相談する。芳川さん、あんたの土地は汚らわしい。事業化する気は全くなくなってしまった」
 そして立成は、生駒に、すまないといった。
「ええ」
 もちろん生駒も、この仕事を請け負う気は失せていた。

 芳川は立成には応えず、
「特に、今この女が言った音の話は、お笑い種だ!」
と、こちらもガタリと椅子を蹴立てて立ち上がった。
「どっちにしろ、私が犯人だということに結びつかない!」
 優ががっくりと肩を落とした。
「あーぁ。特定音階嫌悪症って変な病気かもしれないから、せっかく、そうでしたって言わせてあげようと思ったのに。救いようがないな、こりゃぁ」
「なんだと!」
 芳川の体のどこかから、ブチッと何かが引きちぎれる音がしたようだった。
「このメス豚!」
「ハハッ。本性が出てきた」
「言わせておけば!」
「いいかげんにしたらどう? 見苦しい」
 芳川が椅子を蹴飛ばし、カウンターを回りこもうとした。黙って立成が立ちはだかる。
「そこをどけ!」
 優はビクリともしない。
「証拠は上がってるのに」
「なんをぬかす!」
「警察の取調室で見せてもらえるよ」

 厨房の暖簾が、たくし上げられた。
「ここでお見せしますよ」
 男が出てきた。
「警察です。すべて聞かせていただきました。で、これですがね、生駒さんと三条さんのおふたりから預かったものです」
 背広の内ポケットから、茶封筒を取り出した。
 中からビニール袋を引っ張り出す。白っぽいかけらがぽつんと入っていた。

「こんなものを家の床下に隠し持っていた気持ちを、お聞きしたいものですな」
 刑事が、芳川の目の前にその袋をかざした。
「なんなんだ、これは! ふざけるのもいい加減にしろ!」
 外道の言葉にはもう関心を示さず、優が柔らかい声を出した。
「さすが日本の警察。変なところで手間を省くんやね」
「違いますよ。生駒さんと三条さんに敬意を表してってところです」
「ハハ。じゃ、それがなんなのか、私から説明しましょうか。タイムカプセルを自分で取りに行くという話。駅弁の容器に入れたタイムカプセル。子供っぽい遊び」
 芳川が真っ青になっていく。

「それをいまさら掘り出しに行くってさ、とってつけたような話。ノブは先回りしてそれを手に入れた。それがこれ。すぐにピンと来たわ」
 芳川の体が、ぐらりと揺れた。
「戦利品……なんや。こんなものを後生大事に。ふざけやがって……。くっ、この」
 芳川がその場に崩れ落ちた。
「この男は、伊知さんのストラップと金谷さんの携帯も、汚らわしいコレクションに加えるつもりやったんやろ」
 生駒は、怒りとやるせなさに体の震えが止まらなかった。

「どこに隠してある? ストラップと携帯。日本の優秀な警察に手間を取らせる前に、白状したらどう? 他人様の役に立てるとしたら、もうそれくらいしかないよ、あんた」
 白いプラスチックのかけら。
 色は抜け、針は錆びて溶けてなくなっていた。
 警察の鑑定によれば、あの夏の日、生駒が美弥子のブラを止めてやった緑色の安全ピンの残骸だった。

 ユウが生駒の腕に、柔らかい手を乗せた。
 生駒は、泡を吹いているのではないかと思うくらい、怒りで声が出なかった。
「ノブ、こんなやつに腹を立てること自体が、あほらしいよ。空耳に支配されちゃう男だよ、こいつ」

後日

 生駒は瀬謡の店を覗いた。
「よお」
「あ、今日はひとりなんだ」
「あいつもたまには、歌の仕事があるんだってさ」
 カウンターの中の松任が、ちょっと残念そうな顔をした。
「なかなか、そこもサマになってますね」
「そうでしょー」

 芳川事務所は解体し、松任はひとりで税理士事務所を開くことになった。
 ただ、それだけで食えるはずもなかろうと、夜はおでん屋すみよしでアルバイトを始めたのだった。
「これ」
「わ! 私に?」
「そう。僕らふたりから。選んだのはユウだけどね」
 たまご色のエプロン。
 松任は早速それを首に掛けた。
「うれしい! ありがとう!」
「それとこれ」
 茶封筒を出し、松任に渡した。
「拘置所から送られてきた」
 封筒には立成と署名があった。
 長い手紙だった。
「読んでいい?」
「どうぞ」と、瀬謡が笑った。
「僕宛なんだけど、松任さんのことも書いてある」

 生駒は、耳は甲子園で始まった日本シリーズに傾けながら、眼は松任の瞳の動きに注いでいた。
 松任は読み初めのうちこそ厳しい顔をしていたが、やがて顔つきがほぐれてきて、読み終えると懐かしむように一部を読み返し、穏やかな顔をして便箋を元通りに畳んだ。
 生駒はなにもいわなかったが、一瞬絡んだ松任の潤んだ瞳が、かすかに笑った。

「瀬謡さん。立成さんの例のプレゼントさ、あれ、実は自分の娘に渡してくれないか、ということだったらしい。ノクターンのオルゴール」
「なるほどね」
「でも、立成さんは松任さんのことを……、まさかね」
 瀬謡がポツリといった。
「まさかじゃないかも。立成さんはこの店で、結婚前の松任さんと顔を合わせているんだから」
「ん?」
「だって、松任さんの旧姓は」


皆様、いかがでしたでしょうか。
このお話、実は自分自身の須磨での海の家でのアルバイトの体験、というかその時の空気や匂いみたいなものを書きたくて、書き始めたものです。だから、ストーリーには無理があると思います。そんなことで人は狂うかい!
しかしまあ、自分としては楽しんで書いたものでございます。
ご意見、ご評価をいただけるとうれしいです。
cont_access.php?citi_cont_id=127017837&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

Lord of My Heart

オリヴィア・リッチモンドは都会育ちのお嬢さま。二人の出来すぎた兄と、絶世の美女の姉のすみっこで何不自由なく生きてきた19歳。しかし20歳を目前にして、いまだ夢見//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/09/02 21:18
陛下と私

『陛下』と異世界トリップした『私』の攻防のお話。元気な女の子が妄想を武器に異世界で頑張ります。※ 少しでも萌えて頂けるよう努力しておりますが、前半は特に下ネタ・//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全112部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/09/17 00:13
払暁

「賭けでもするか?」 戦場にてうっかり言った言葉を本気にされてしまった。 騎士と男装魔術師の、双方の思いがすれ違う。試練と葛藤の話。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全64部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/07/17 12:16
愛に帰す

強大な軍事力と政治力を持つ列国最強の国ロゼ。王は23歳という若さながらも賢帝と崇められていた。王妃サラは辛い現実に苛まれていた。結婚して3年。王は一度もサラを抱//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全23部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/06/15 00:00
観賞対象から告白されました。

貴族の令嬢に転生した面食いの主人公。今後の生活のために結婚相手を探しつつも、日々イケメン観賞にいそしんでいた。当然、ベスト・オブ・ザ平凡な自分が彼らとどうこうな//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全148部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 00:00
ダスティ・ミラー

生真面目なメイド・エレインが巻き込まれる騒動と恋。平穏な日々をおくりたいのに…。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全57部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/09/23 00:11
獣王の息子

現代日本、でも人外がごく普通に暮らしている社会。 とある理由で転校を繰り返す少女、山田紅花。 中学生活最初の転入先は、人外が多く通う学校で、そこでマイペースな獣//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全32部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/12 02:18
―王妃道の贈り物―

 豊かでありながら、冷酷な王に怯える国、ローデルランド。人々は城へ向かう途中に流れる大きな河を王妃の道(クイーンロード)と呼び、王の心を癒す妃が現れるのを待って//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全27部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/06/15 17:15
陸に上がったセイレーン

薬師の桂はその日、取引が不成立になった相手から追われていた。適当な所で撃退するつもりでいたら、そこに余計な合いの手が入る。下心をまったく隠さない男の言動は、周り//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/08/05 00:00
犬騎士と獅子姫

上官の命令で自分と結婚することを決めた男を、アントニアは憐れだと思っている――――。獅子姫とあだ名される将軍家の姫君アントニアと、犬騎士とささやかれる少佐ルキノ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全22部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/07/08 14:10
私の玉の輿計画!

前世の私は何不自由なく暮らす、一国の王女だった。美しく華やかで楽な人生だった。それなのに!転生した私はただの庶民に成り下がっていた。こんなの許されるわけがない。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/28 23:29
いつか陛下に愛を

異世界トリップしたところ、そこは、黒髪がいない世界だった。珍しいものとして隣国の王への貢ぎ物として後宮にさしだされてしまった。マイペースな女が言葉もわからない世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/10/23 20:00
とりかえっこ漫遊記

運だけは誰よりも悪い私。 けれど生まれてこのかた命に関わるような事件に巻き込まれたことはないし、勢い余って悪事に手を染めたこともない。 そんな平凡な私にこれは何//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全209部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/11/06 04:21
撃ち抜いたのは

蜂蜜色の髪とミントみたいな翠の瞳の軍人と、平凡なちまい娘の物語。 悪い大人の男のイケメン無自覚らぶアタックに翻弄される初心な純朴乙女のときめき無意識らぶアタック//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全23部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/12/04 22:06
仮初めの皇帝、偽りの騎士。

地味で目立つところも特出したところもない伯爵家の娘、ツェイル。美しく愛情深い兄と姉、可愛らしく賢い弟と妹に挟まれ囲まれて育ち、賑やかで幸せな日々を過ごしていた。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全168部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/05/22 00:42
風呂場女神

「なに、あんた。覗き?」 「水を一杯くれないか」この一見すると全く噛み合わないちぐはぐな会話が、 日本に住むただの会社員、玉野泉と、後に神聖国ヨー ク・ザイの歴//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全4部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/17 22:50
晦冥の底から

気が付いたら真っ暗闇でよくわかんないとこにいました。そこでわたしを助けてくれたヒトは、ごつごつした硬い身体の、おっきなヒトでした。 この世界でわたしみたいな『人//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全24部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/03/01 23:13
めぐる世界の光と闇と

ある朝目覚めたら、私の目の前には金髪美青年がいました。彼曰く、私は今日から彼の使い魔なんだそうです。しかもどうやら、ここは異世界らしいです。 知らぬ間に異世界ト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全60部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/03/25 20:32
酔っ払いの礼儀

 容姿と同じく平々凡々とした人生を送っていたマデリーン・レスハット。人生28年で初めて、酔った挙句に見知らぬ男をヤり捨ててしまいました。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全6部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/06/09 19:24
幸せの赤い竜

顔面凶器ゆえに孤独な竜人族マーシャルトと、それなりに平凡な日本人の中島亜美とのほのぼののようなそうでないような恋愛物語。 ※本作は上記2名の視点での重複展開がご//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全42部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/01 17:43
野に咲く花のように

とある王国の後宮の片隅でひっそりと生きる側室、セシル。 このまま、何事もなくひっそりと生きて行くのだと思っていた彼女の日常は思いがけず国王 エドアルドの寵愛を受//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全103部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/20 17:42
モルグ・カイギ

貴方はすでに死んでいる――。 巷を賑わせる連続殺人事件。 主人公の原田瑞穂は、その5人目の被害者だった。 死者となった彼女が連れてこられたのは、とある密閉空間//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全32部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/11/29 22:02
姫君の選択

貧しくも明るく元気に育ったシアは、たった一人の家族であった母親を流行り病で失ってしまう。母の葬儀を済ませた翌朝シアを一人の紳士が訪ね、攫うように王宮へ連れ去って//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/07/01 16:53
おとなな少女と子供な男

格上の侯爵位からの見合いの申し入れ。相手の年齢は28、立派な婚姻遅れだ。うまくいくとも思えない見合いだが、別にどうなろうと男爵位であるレイスは受け入れるつもりで//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全5部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/10/18 17:00
王の寝室に侍る娘

夜毎、シスター・シアは国王の寝室で王を待つ。さて、今宵、所望されるのは、お伽噺か羊か子守唄か。 ここまで呼びつけておいて口説き落とせない国王と、全然興味がない準//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全15部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/10/30 08:28
雨花の花嫁

長年の恋に終止符を打った雨女の水紀(みずき)。ぼんやりと帰宅中、水たまりに足を突っ込んだらそこは魔界でした。雨女としての能力を買われ、魔王のお妃に選ばれたらしい//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全64部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/12/12 12:00
笑う子も泣く公爵令嬢

 ある国の見た目麗しい評判の公爵令嬢サラサ。しかし、その美しいけどきつすぎる外見のせいで、男性には秋波を送られ女性には遠巻きに見られる毎日。それどころか大の子供//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全30部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/07/20 12:52
吠える島

 友人をハワイに訪ねた日本人が突如、妻を殺した。入水自殺を遂げた筈の彼の指紋が、続いて起きた殺人現場で見付かり、さらに殺人事件が続く。ホノルル警察が犯人を追って//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全62部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/06/25 09:04
孤独な魂 あたたかな軌跡

地味で目立たない主人公と異世界の神様のお話。 幼い頃、近所のお姉さんからもらったお守りをずっと大事にしている。それがあったから、私は今まで何とかやってこれたのだ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全85部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/05/01 01:05
いとしのあなた(シリーズ版)

ずっと大好きだったあなた。例え愛のない政略結婚だったとしても、冷たい目しか向けてくれなくても、手を触れてはくれなくても。あなたはわたしの愛しい人。※本編は完結済//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全18部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/03/23 18:15
大地主と大魔女の娘

ある所に大地主がおりました。彼の所有する森の大魔女が亡くなり、後に残された娘が泣き暮らしていると聞き、彼は不承不承訪れてみました。そこで壊れたように泣きじゃくる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全130部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/07/17 16:25
三年目のイリス

後宮に入って三年目、幸運にも王の寵愛を得られなかったイリスは、規則により家に帰される事となった。 しかし荷造り中に偶然王と会ってしまい・・・。 「折角ブサイクに//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全74部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/07/05 09:04
聖女の、その後

私は五年前、この世界に“召喚”された。 【聖女シリーズ第一弾】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全3部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/05/26 00:00
成金商家物語

成金商家の男、アルフォンソ・ベルンハルトは、離婚歴三回に、四十前という中年、人に好かれない短気な性格で見目の悪い外見にも関わらず、王宮で騎士を務めていたという十//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全39部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/04/20 13:15
わたくしの旦那様は素晴らしいのです

名門伯爵家令嬢 オフィーリアは、オルコック伯爵家当主 ローランドに嫁いだ。 しかし、初夜、ローランドはオフィーリアにある忠告をする。その忠告にオフィーリアは了承//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全13部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/01/16 07:00
終わってから始まる、愛

オイネット家のフィリネグレイアは、国王の妻となるために王宮に居を移す。そこで王妃となるための授業を受けつつ、彼女は信頼のおける侍女を使って情報収集をする。知りた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全42部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/05/16 20:33
↑ページトップへ