挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

『戦争になればいいのに』と、祖母が呟く

作者:NOMAR
 
 夏、終戦記念日。
 この季節になると思い出すことがあります。
 私が子供のころの反戦教育の学校では、夏休みの宿題に、町の年寄りから話を聞いて戦争についての感想文を書く。
 そんな夏休みの宿題がありました。

 戦争は悲惨なもの、それを子供に教えるための教育です。
『裸足のゲン』が学校の図書室にあり、反戦教育に熱心な学校だったのでしょうか。

 これに私は困りました。
 私の祖母、その本家が、所謂戦後成金だったのです。
 戦後の苦労話を聞こうにも、戦後に食べていたのはすき焼きとかカステラとか。
 食べ物に困ったことも無く、住居に困ったこともありません。
 お金を隠すために畳の下に並べてたりしてたそうです。
 戦後の方が今よりも裕福な暮らしをしていたのです。

 父の会社の経営が傾き、父が祖母の年金を奪うようにして会社に注ぎ込みます。
 そのことに文句を言う祖母を、父が殴ったり蹴ったりして黙らせます。
 そんな祖母に戦後の話を聞いても、
「あの頃の方が今よりもずっと良かった」
「今よりもずっと暮らしやすかった」
 と、言います。

 戦争という状況の中でも、それを利用して稼ぐ業界や企業があるということです。

 叔母が自殺しました。

 叔母は福島の原発事故が原因で難病が発症しました。
 身体が少しずつ動かなくなる病気です。
 そのことで家族の負担となることを嫌い、自ら命を絶ちました。
 国の原子力発電を優先する政策の犠牲者です。

 福島の原発事故の後、1部の土地では地価が上がり、不動産業界、建築業界では利益を出したところがあります。
 原発バブル、復興バブルと呼ばれています。

 戦争もまた同じ。
 悲惨な目に会う人や不幸な目に会う人も増える状況でしょう。
 ですがそこでも利益を出したり稼いだりする人がいます。

 祖母が言います。
「日本がまた戦争になればいいのに」
「そうしたら税金もあの頃みたいに安くなって、暮らしやすくなるのに」
「あの頃の方が、今よりもずっと良かった」

 父の会社の株主が、当時小学生だった私を金で買おうとしたことがあります。
 その株主が子供を買って何をするつもりだったのかは解りません。
 父は売るつもりでしたが、祖母と母が反対して私は売られることはありませんでした。

 祖母が言います。
「こんなにお金で困ることになるなんて」
「孫を売るとか売らないなんてことで、息子とケンカするなんて」
「日本がまた戦争になればいいのに」
「そうしたら、昔のように暮らしに困ることは無くなるかもしれない」
「戦後の方が税金も安くて、今よりもずっと良かった」
 泣きながら祖母が言いました。

 年老いた祖母はボケてきました。
 父に年金をはじめいろいろ盗られたことを不意に思い出すのか。
 父に、
「ドロボー、ドロボー」
 と、言います。
 父はそのたびに煩いと言って、祖母を殴ったり蹴ったりします。
 私は今では籍を外れて、離れて暮らしていますが、父に殴られた祖母が、たまに泣きながら電話してきます。

「なんでこんなことになったのかねぇ」

 子供のころは不思議でした。
 学校では戦争は良くないものと教えられて。
 家では祖母が、戦争になった方が生活がマシになると言います。
 どちらが正しいのかと、悩みました。
 どちらも正しいのだと、解りました。

 誰も戦争なんて望まないなどと、気楽に言う人がいますが。
 私は身近に戦争を望む人がいます。
 愚かと言う人もいるでしょう。
 政治を、経済を知らないと言う人もいるでしょう。
 平和の素晴らしさを知らないと、蔑む人もいるでしょう。

 それでも、戦後を体験した年寄りが、『今よりも戦後の方がマシだった』と呟く事実が、ここにあります。



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ