挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
超魔術転生~最強の7歳の俺に嫁と娘がいた~ 作者:暁える

第九章 北の王国編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

70/110

第六十六話「炎の王」

 青銅製の重い扉がある。
 その先には石化した母上、そして獰猛なキマイラがいる。
 キマイラなら俺も良く知ってる。

 異なる生物同士を掛け合わせたような魔物だ。
 ライオンの頭部と身体にヘビの尾を持ち、肩ぐちから山羊の頭を生やした奇怪な化け物だ。

 親父の話によると、ライオンの頭からは灼熱のブレスを吐き、山羊の頭からは石化ブレス、ヘビの尾には即死級の猛毒がある。極めて危険な魔物だ。

 冒険者ギルドではS級ランクの魔物として認定されてる。
 目の前の扉を開くと同時に、猛然と突進してくるらしいが、扉を閉めさえすれば大人しくなるそうだ。

 ここまでのボス部屋で遭遇した魔物。
 いずれも扉の開閉に敏感に反応するらしい。

 初戦のミノタウルス戦では、不意打ちを喰い乱戦となった。
 次々に仲間が巨大な戦斧で頭を叩き割られ、胴を真っ二つに裂かれ、恐慌状態に陥った。
 阿鼻叫喚の地獄絵図のようだったと父は語った。

 二戦目のケンタウロス戦は、放たれる矢を掻い潜り、脚を攻撃することで動きを封じ込め、父が正面より剣で胸を刺し貫いたらしい。

 三戦目の頃には、後続の捜索隊と合流。
 親父は引き返すことを提案したのだが、先の戦いでの惨状を目の当たりにした後続隊は怯むどころか、怒りに震え父の制止に耳を貸さなかったようだ。

 その結果、ほぼ全滅に近い状態に追い詰められた。
 キマイラ戦で石化ブレスを足に受けた親父は、辛うじて扉へと引き返し難を逃れたらしい。
 三ヶ月間、後続隊が持ち込んだ食糧と聖水で何とか生きながらえた。
 つまりそう言うことらしかった。

「ルーシェリアよ、奴を甘く見るでないぞ!」
「はい、父上」

 俺も舐めてかかる気は毛頭ない。
 最初から全力でやる。
 ゴブリンやオークとは遙かに格が違うのだ。

 舐めプな事して最悪な結果は避けなければならない。
 最悪な結果とは、新たな犠牲者を生むことだ。
 メアリー、ドロシー、ハリエット。
 正直な話、彼女らをキマイラ戦に参加させる気はない。

 俺一人で挑むのが無難だろう。

「ルーシェリア王子、お一人でやるつもりで?」
「ああ、そのつもりだよ。シャーロット」

 彼女は俺の考えなど「お見通しよ」と、言った感じである。
 そんな彼女が腰にある細身のレイピアに手をかける。
 シャーロットの実力ならやり合うこともできるだろう。
 それでもここは俺一人の方が……。

「キマイラは2匹いるそうだけど、本当に大丈夫なの?」
「へ……? そうなの?」

 全然、話を聞いていなかった。
 あれよこれよと考えを巡らせてるうちに、親父がそう話してたようだった。

「それでも一人で十分なら、お任せするわよ?」

 俺は空を飛べる。
 今までの大部屋の天井はそこそこ高かった。
 魔物の射程外から攻撃すればやりたい放題じゃないの?
 ところがキマイラのブレスは広範囲な上、天井まで優に届くそうだ。
 しかも、ライオンの脚から放たれる強靭な脚力は人族を遙かに凌ぐらしい。

 だとしても、俺ならどうにかなるんじゃないの?

「ルーシェリアよ」
「はい?」
「広間に入ったら扉は直ぐに閉めてくれよ? こっちに飛び出してきたら、たまったもんじゃない。その間、5秒と時間はないからな。急ぐのだぞ!」

 それって扉を閉めてる間に、襲われかねないって話じゃないか。
 親父の話を聞いて不安になってきた。
 青銅の扉を軽く押してみる。
 お、重い……。

 魔術は超級でも腕力は8歳児のままなんだぞ!

「あのう……できれば僕が中へ入った後、外から閉めてもらえませんか?」
「どうやって?」

 シャーロットの返事に全員が同意したように首を傾げる。
 扉には手前に引っ張れるような取っ手が無かった。
 中から押さないと閉めるのは無理な気がした。

「父上はどうやって扉を閉めたんです?」
「閉めた者が、扉の裏で石化しとるわ」
「ああ、そうなんですね……」

 扉を閉めながら、生き残り? の一人は石化していったらしい。
 それって、石化した人が扉の裏側にいるってことなんじゃ?
 扉を開けて、石像が倒れたら本末転倒なんじゃないの?

「左側の扉を開ければよいぞ」

 ああ、なるほど。
 両扉の右側で石化してるのか……。

「では、母上はどの辺で石になってるんです?」
「心配には及ばん、部屋の左隅だ」

 親父は母上を庇いながら奮闘したらしい。
 石化ブレスがきたと見るや、大きく飛び退けたそうだ。

 扉を潜って、5秒か……。
 閉めるだけで5秒はかかる気がした。

 やっぱり……シャーロットに手伝って貰おうかな……。
 伝説の六英雄だし、邪神と戦ったんだし、遅れを取ることもないだろう。
 ……そういや、邪神復活もここ最近、現実身を帯びてるんだよな。
 シャーロットって千年前に邪神を見たことあるんだよなぁ。
 キマイラ倒した後にでも、どんな姿なのか聞いてみるか。

「ルーシェリア王子、頑張ってね!」

 シャーロットは俺の実力を認めてくれている。
 所用を軽くすましておいでって、言わんばかりの微笑みだ。

 その笑みを見ていると、俺なら余裕なのかなって思ってしまう。

 1、扉を抜けた瞬間に高火力の魔術をぶっ放す。
 2、飛びながら空中からぶっ放す。

 1匹、もしくは2匹の距離が寄ってればいいけど、2匹がそれぞれ離れた位置にいると、少々やりにくい気が……。
 ぶっ放す魔術だって2発いるかもだし……。
 母上の石像の位置だって、しっかり確認してからぶっ放したい。
 俺が壊したら目も当てられないしな。

 1も2も、扉を閉める5秒がネックだな……。
 無詠唱とはいえ、魔術を発動させるにも数秒は必要だし……。

「ルーシェリアなら、キマイラなんてイチコロですわよ!」

 俺の苦悩を余所にハリエットが軽く言ってくれる。
 メアリーもドロシーも自分達だと、足手まといになるだけだと思ってるようだ。
 やっぱり、シャーロットに援護をお願いしよう。

「あのう……」
「どうしたのかな?」
「やっぱり手伝って貰っていいですか?」
「あら、急にどうして?」
「僕の腕力じゃ扉を閉めてる間に餌食にされちゃいますよ……」
「言われてみると……そうかもしれないわね……」

 シャーロットは快く引き受けてくれた。

「二人なら閉める間もなく、終ちゃうかもしれないわね」

 つまり、キマイラが左右から攻撃してきても、俺とシャーロットで1匹ずつ対処すれば問題解決ってことらしい。
 仮にそのパターンの場合、シャーロットはどんな攻撃を浴びせるのだろうか。
 事前に聞いておくことにした。

「燃やすのよ、紅蓮の炎でね。ルーシェリア王子も火属性で対処してくれると、ありがたいかな」

 扉はシャーロットが攻撃しながら背中で押し閉めてくれることになった。
 俺は攻撃だけに専念できる。

「ルーシェ様……だ、大丈夫ですよね?」
「攻撃に専念できるから平気だよ。扉を閉めるのは念には念を入れるってことだよ。隙を突かれて部屋の外にでられちゃ困るからね」

 メアリーが心配そうな眼差しを送ってくれる。

「僕は大丈夫だよ。シャーロットもいるんだ。5秒で終わらせてくるよ」

 親父の鋭い視線。
 油断するな。舐めてかかるなと眼力で叱咤してきた。
 すぐに調子にノルのは俺の悪い癖だ。

「王子、ファイトなのです!」

 ドロシーが勇気づけてくれた。

「ルーシェリア王子、行くわよ」

 シャーロットは扉に手をついた途端に詠唱を始めた。
 彼女の詠唱のタイミングに合わせるように、俺は扉にほとんど力を込めずに押す。

 人が一人抜けられる隙間が開いた。

 俺とシャーロットは素早く中に入る。
 俺が右、シャーロットが左だ。
 シャーロットが扉を背に体重をかける。

 前方中央に二匹のキマイラが瞬時に目に入る!
 距離は100メートル以上はありそうだ。
 だが、扉を潜った瞬間には二匹が駆けだしてた。

 知能が高いのか?

 俺達の攻撃を察して、二匹が左右に飛ぶように分かれた。
 半円を描くように猛然と突進してくる。
 凄まじい脚力だ。

 マジで5秒――――?

 く、くるぞ!

 俺の魔術は完成してる。
 撃ち放っても問題ない。
 母上の石像は左隅に確認できた。
 俺の後ろには石化した誰かさんもいる。
 この位置からなら傷つけてしまうことない。

 灼熱の太陽のように渦巻く火球だ。
 火力を意識し熱量をあげている。

 シャーロットの方は大丈夫なのか?
 扉は既にピタリと閉まってた。

「私の方を心配することはないわ! 撃ちなさい!」

 自信満々に言うシャーロットの言葉。
 無言で頷き、俺は火球を撃ち放った!
 更に撃ち放つ直前、魔力を瞬発的に膨らませた。

 真っ赤に渦巻く火球が、青白く変色する。
 キマイラの瞳孔が驚きで見開く。
 奴は慌てたように灼熱のブレスを吐いた。

 俺の火球はブレスをものともせずキマイラを襲う。
 己の火球の熱量で肌がヒリヒリする。
 火球の直撃を受けたキマイラは、呻き声を発することもなく蒸発した。

 シャーロットの方もカタがついていた。
 炎を纏い揺らめく巨人……いや、魔物? 精霊なのか?
 命の灯火が立ち消えたのを確認するかのように、巨大な精霊が悠々とキマイラを見下ろす。
 竜とも牡牛ともとれる形容。
 前方に突き出た二本の立派な角が、高位の精霊の風格を漂わせている。 
 シャーロットが礼を述べると、精霊は小さな渦になり空中で消えた。

「今のって……もしかする?」
「炎の上位精霊、イフリートよ」

 精霊魔法かぁ……。
 すげー、カッコ良かった! 

 もしかしたら、あの日の郷田戦。
 俺の手助けなんて必要なかったんじゃ?

「ふう……」

 溜息とともに、シャーロットがふらついた。
 彼女が両膝をつき、そのまま床に倒れそうになった。

 俺は彼女を支えるように抱きとめた。
 その彼女が俺の耳元で囁く。

「本当はね……とっても恐かったのよ」

 彼女は脱力し俺に身体を預けている。
 華奢な身体だ。
 とっても柔らかく、森の草花のような香りがする。

「ルーシェリア王子は強いね……ドロシーが惚れるのもわかる気がするわ」
「シャーロット、大丈夫? 疲れちゃったの?」

 魔力を一気に大量放出したのが原因だろう。
 今の召喚で、総魔力量の半分ほどを消費したようだった。

「平気よ、でも……もう少しだけ、このままでもいいかな?」

 シャーロットは甘えるように、俺の胸で静かに瞼を閉じた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ