挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
超魔術転生~最強の7歳の俺に嫁と娘がいた~ 作者:暁える

第八章 旅立ち編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

61/110

第五十八話「お風呂」

 村長宅は丸太を組み合わせた二階建のログハウスであった。
 樹木の仄かな香りで気持ちもリラックス。
 今夜は俺達の為に、娘婿さんが仕留めたイノシシを振舞ってくれるようだ。

「狭い風呂じゃが、疲れを癒してくだされ」

 村長さんが湯を勧めてくれた。
 旅先の途中で、湯につかれるのは幸運だ。
 女性陣も大喜びだ。

「では、お言葉に甘えて」

 一番風呂を勧められた。
 とりあえず浴槽に向う。
 檜風呂だ。
 我が家の邸宅の風呂と比べると、質素ではある。
 それでも茶系で彩られた浴室は、日本の旅館の風呂を連想させた。

 ちゃぽん!

 足の指先で湯加減を見てみる。
 丁度良い湯加減である。
 桶があったので身体をすすぎ、湯に浸かった。

「ぷはー! 気持ちいい」

 あまりの気持ちよさに我を忘れ、鼻歌を歌っていると人の気配を感じた。
 もしかしたらメアリーが背中を流しに来てくれたのかな?
 と、思いつつ首を向けると……。

「あひゃ!」
「おにぃちゃん! マリリンも一緒に入るのです!」

 そこには幼児体型を露わにしたマリリンが立っていた。
 瞬時に顔を背けてしまった。
 全部が丸見えだ。

 落ちつけ! 精神年齢30歳。
 俺はロリ属性ではないはずだ。

「もしかして、マリリンの身体を見て照れてるの?」
「えっ!?」
「だって、おにぃちゃん恥ずかしそうにしてるんだもん」

 マリリンがちゃぽんと湯船に浸かった。 
 そのまま俺の隣まですり寄ってくる。
 湯で火照っているのかな?
 マリリンの頬が赤く染まっている。

「すりすりするのです!」

 湯船の中で肌と肌が触れ合った。
 そのまま目が合う。
 宝石のように綺麗な琥珀色の瞳。
 見つめていると吸い込まれそうだ。
 思わず見惚れてしまった。

「そんなに見つめられると照れちゃうのです」

 そう言ってマリリンは恥ずかしそうに俯く。
 なんだろ?
 この甘酸っぱいムード。
 相手は6歳児だぞ!
 ドキドキしてどうする。
 そんな俺をマリリンは時折、上目遣いでチラチラと盗み見る。
 初々しく可愛らしかった。

「おにぃちゃんってメアリーさんの匂いがするんだね」

 匂い?
 俺には檜の香りしか漂ってこない。
 そもそもメアリーの匂いって何だろう?
 一緒にいることは多い。
 多いけど流石に、匂うわけないだろう。

「うふふ」

 マリリンがほくそ笑んだ。
 6歳児とは無縁な大人びた笑みだった。

「マリリンは鼻が利くんだよ」
「鼻が……?」
「うん!」

 犬じゃあるまいし……。
 獣族ならまだしも、人族と魔族のハーフが鼻が利くなんて話、聞いたことがない。

「おにぃちゃんってメアリーさんのこと好きなんでしょ?」
「はい?」
「マリリンにはわかるんだよ。醸し出してるフェロモンで誰が誰に恋してるかってね!」

 マリリンは更に言葉を続ける。

「ドロシーさんも、おにぃちゃんのことが大好きみたい。後……シャーロットさんも、ドロシーさんほどじゃないけけど、興味を抱いてるのかな?」

 マジでわかるのだろうか?
 それってどんな特殊能力だよ。
 ――――ってまてよ?

 たしかマリリンって淫魔族の血を引いてるって言ってたな……。
 淫魔って言えばサッキュバスだったよな?
 夢の中でエッチなことをするとかしないとか……。

 いかんいかん、俺はなんて淫らな妄想をしているんだ。
 これが日本だったら児ポ法以前に人間終わってるだろ!
 ……ん? 今度はなんだ? この微かな膨らみの感触は?
 頭がふわふわしてくるぞ。
 あれ? 隣にマリリンがいないぞ? どこいったんだ?
 な、なんだ……俺の肩からマリリンが顔をだしている。

 つーことは……まさか……。
 この若干残念な感触はマリリンの…………。
 結論に至った途端、顔が赤くなるのを感じる。

「おにぃちゃんは、からかい甲斐があるのです!」

 妖艶にマリリンが微笑む。
 とてもじゃないが6歳の児童にしては、行動がマセている。

「うふ、意地悪が過ぎたかな? マリリンはこう見えても、精神年齢は18歳程なんだ。魔族の知恵の発達は人族よりも遙かに早いんだよ」

 つまり身体は6歳児だが、精神年齢は18歳ってことなのか?
 ある意味、俺と同じじゃねーか。

 とはいえ……どうぢたらいいの?

「背中流してあげるよ?」
「え!? 背中?」
「ずっとお湯に浸ってたらのぼせちゃうのです!」

 言われるまでもなく、俺の頭はのぼせていた。
 湯船からあがった俺は、未発達の象の鼻をひたすら隠す。

「もう、今更照れなくてもいいのに~」

 むすっとマリリンが頬を膨らます。
 俺の背中を泡立て、丁寧にごしごしと洗ってくれた。

「次はおにぃちゃんがマリリンの背中を流す番なのです」

 陶磁器のようにきめ細かく柔らかい肌。
 そっと背中に触れる。

 ――――ん? 傷なのか?
 マリリンの背中に傷跡がある。
 左右の肩甲骨に沿って縦に傷があった。
 古傷なんだろうか。
 よくよく眼を凝らしてみないとわからない程度だった。

「マリリン……この傷は?」
「気がついちゃった?」
「う、うん……」
「そこは翼があった場所なのです。人族として生きていくには不要だから取っちゃったのです」

 取っちゃったって彼女は軽く答えたけど……。
 いいのだろうか。
 いい訳がない。
 俺はマリリンの後ろにいるから表情は見えない。
 だが、この身体の傷は彼女の心の傷でもあると、感じずにはいられなった。
 腰の辺りにも古傷がある。

 もしやこれは……ここにも何かあったのだろうか?

「そこには尻尾があったのです……」

 そう言う彼女は寂しげだった。
 翼も尻尾もマリリンは自分の意志で、捨てたらしい。
 とはいえ、話を聞けば聞くほど、そうせざるを得なかった状況に追い込まれていたようだった。

「おにぃちゃんの心はとっても温かい……手のひらを通して感情が流れ込んでくるのです」

 振り返ったマリリンが、はにかむ。
 けれど、汗なのか涙なのか、瞳が濡れていた。

「お風呂からあがったら、魔術教えてほしいのです! それと……」
「……ん?」
「おにぃちゃんじゃなく、お師匠様と呼んでもいい? ダ、ダメですか?」
「なんでも構わないよ?」
「んじゃあ、今からお師匠様って呼ぶのです! そして、このマリリンがお師匠様の一番弟子! ……っていいかな?」
「僕の弟子かぁ……」
「うん! マリリンはずっとルーシェ様の弟子なのです!」
「でも、マリリンの精神年齢は18歳なんだろ? 僕は8歳だよ……あははは」

 照れ隠しで笑った。
 するとマリリンが、「お師匠様の妄想は8歳児とは到底思えないのです」と返された。

 瞬時に全身が恥ずかしさで熱くなった。
 淫魔族の血を受け継ぐマリリンは、その辺のことに関しては敏感に感じ取れるようだった。

「どこまで、脳内ばれてるの?」
「エッチな妄想だけですよ?」
「はあ……そっか……ならいいけど……」

 脱衣所に人の気配を感じた。
 しばらくすると、メアリーがひょっこり顔をだした。

「ルーシェ様? マリリンちゃん? 長風呂はお身体に障りますよ?」

 この時、俺とマリリンは再度、湯船に浸かっていた。
 俺達は「うん、うん」とメアリーに、頷くのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ