挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
超魔術転生~最強の7歳の俺に嫁と娘がいた~ 作者:暁える

第三章 王宮陰謀編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/110

第十七話「予兆」

※改稿済み(2017/3/31)
 長テーブルの向かい側にいる郷田が話しかけてきた。
 郷田は俺とフィルを睨むように交互に見、その視線はフィルへと向いた。

「おい、クソ王子。オレ達を、よくもこんな低文明のクソ不便な世界に召喚してくれたよな!」
「な、なんだとっ!」

 フィルが激怒して声を荒げた。表情は瞬時に紅潮し、今すぐにでも郷田に殴りかかりそうな勢いだ。

「おっと、クソガキそんなにいきり立つなよ。別に責めてる訳じゃねーんだぜ」
「ちょ、ちょっと……郷田君」

 郷田の失礼極まりないもの言いに清家雫が戸惑う。しかし郷田の暴言は止まらない。フィルを挑発しまくる。フィルは10歳だぞ? なんで郷田のヤツ、ムキになってんだ? こいつはバカなのか?

「ふ、ふざけるなっ! 僕は最初から貴様らに何も期待なんか抱いてない。ここは僕達の世界なんだ」

 さすがフィルだ。俺も同意見だ。そもそも郷田達を召喚したのはミッドガル王国ではない。法王庁なのだ。ある意味、言いがかりでもある。

 郷田が少し声のトーンを落とした。

「だから言ってるだろ? そういきり立つなって! オレ様は感謝してるんだ。けどよ……お前も感謝しろよクソ王子。お前が王子でも国が滅びたら王族もクソもねぇだろ? 貴様がどう言おうがこの世界を救ってやるんだ。今後、オレに舐めた口を吐くんじゃねーぞ」

 郷田の隣に座っていた骨山がケラケラと笑う。

「そうだぞー! 郷田君の言う通りだぞ! 郷田君は第一の勇者に選ばれたんだぞ!」

 骨山は相変わらずの腰ぎんちゃく野郎だ。確か骨山には誉れある称号は与えられていなかった。ただの名誉国民の称号を与えられただけだ。つまりこいつの存在はモブ扱いなのだ。

 フィルは歯を食いしばり、ギリギリ耐えているが、もう爆発しそうだ。それにフィルが舐められてるのは俺も悔しい。そう思い身を乗り出そうとした瞬間、

「あなた達っ! フィリップ王子に対して無礼です! 王族をなんと心得てるのですか!」

 俺より先にメアリーがすっと立ち上がり、長テーブルを叩いた。食器が振動で揺れた。

「今すぐフィリップ王子に謝罪しなさい。それが出来なければあなたを不敬罪で処罰させて頂きます!」
「おいおい……お嬢さん。大袈裟なこと言ってんじゃねぇよ。そもそも今夜の宴はオレ達の歓迎会だ。無礼講でもあるんだぜ? とはいえ……お前可愛い顔してんな? 何ならオレが可愛がってやってもいいんだぜ?」

 俺も我慢の限界だ。冷静な奴も必要だと黙っていたが、メアリーをないがしろにされて黙っている俺では無い。

「やい、郷田っ!」
「はん? 何だお前? なにか文句でもあるんか?」
「ああ、メアリーを愚弄するなら僕が相手してやるよ」
「はあ? 何言ってんだクソガキ! てめぇは黙ってろ!」

 精神汚染させるような魔術は無かったかな。こいつをどうにか懲らしめたい。

「ルーシェ様、いけません! ここは私に任せてください!」

 メアリーが俺を制止してると、郷田の隣にいる骨山が驚くような発言をした。

「そうだぞ! 郷田君は、さっきだって竜王を、ボコボコにしてきたんだ!」

 ――――はっ!? な、なんだって!? 一瞬、耳を疑った。
 聞き違いじゃないよな? 骨山は郷田が竜王をボコったと、間違いなく言ったはずだ。

「おい、そこのヤツ、竜王様をボコったって何の話だ?」

 俺は骨山を睨みつけた。

「郷田君は勇者だからね。竜王を倒す役目なんだよ」

 郷田はニヤニヤしながら骨山の言葉に耳を傾け、

「まあ、さすがのオレ様も竜王がドラゴンに変身した時はビビったけどよ! でも、ちょろかったよな。あ、そうだ……あのチビの魔術師なんて名前だっけ? 土下座しながら竜王の命乞いしてたよな。まったく笑っちまうよな」
「おしっこまでちびって震えてたよね、郷田くん」
「ああ、オレ様に楯突くから、ああなるんだよ。マジでざまぁなかったな」

 ――――まさかチビの魔術師ってドロシーのことなのか? 

 郷田と骨山が顔を視線を合わせ、高笑いした。俺の怒りも同時に沸点に達した。
 許せない。ぶっ潰してやる!

 すると、先を越された。フィルが郷田に挑戦状を叩きつけたのだ。

「決闘だ! ミッドガル第一王子、フィリップ・アレクサンダー・シュトラウスは貴様に決闘を正式に申し込む!」
「はあ? お前がか……?」

 郷田が爆笑した。

 ――――が、しかし、 

「皆の者! 今の言葉を聞きましたかな? フィリップ王子が郷田殿に正式に決闘を申し込まれた。決闘は、明日の正午とする!」

 すかさずそう言い放ったのは、俺もよく知る司祭。シメオン司祭であった。
 何かの冗談なんだろうか? フィルと郷田が決闘だって? そんなことが許される訳がないだろう。

 ところがだ――――その場に、大喝采が巻き起こった。

 半数以上の王侯貴族達が、フィルの勇気を讃えるように盛大な拍手を送ったのだ。
 10歳の子どもの戯言だぞ? どうなってるんだ?

 唖然としていると、俺の親父がその場に駆けつけ、シメオン司祭に抗議した。

「バ、バカなことを申すでない! シメオン殿!」
「これはこれは、アイザック殿下ではございませぬか」

 親父はシメオンに鋭い眼光を飛ばしたのだが、シメオンはすました顔で平然としていた。

「シメオン殿は戯言を申されているのか?」
「そうではない。決闘を申し込んだのはフィリップ王子。女神アリスティアは勇敢な戦士にこそ、恩恵を賜れるのじゃ」

 郷田が割り込んで来た。

「いいぜ! バカ王子、受けてやるよ。正式な決闘だ! 死んでもオレ様を恨むなよ」

 騒然としてる場に、国王エイブラハムも駆けつけてきた。
 当然だ。フィルは国王の一人息子であり、将来この国を背負う男なのだ。

「フィリップ! バカを申すでない!」
「父君は僕が負けるとでも?」
「勝ち負けの問題ではない。そなたが怪我でもしたらこの国の行く末はどうなるのだ!」
「心配には及びません、僕とて名だたる師匠の弟子なのです!」

 パンパンパン! 何者かが手を叩くと、一同揃って、そちらを注目した。

 豚公爵……いやいや違う。親父の兄でもあり、俺の伯父でもあるオースティン公爵だ。

「さすがはフィリップ王子である。皆の者、王子の勇気を讃えるのだ!」

 どうして伯父上まで決闘に賛成するのだ? それだけ言って、オースティン公爵は外套を翻しその場を立ち去っていった。

 この国では10歳から成人と見做され、決闘を申し込むことができると言うのだ。



 こうして、フィルと郷田の決闘が決まってしまうのであった――――。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ