挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
死んだ子供からの手紙 作者:しまうま
4/4

#4

「念のために聞くけど、引っかかっているのはどの部分だい?」

 櫻井先生が沼田刑事にそう尋ねた。

「そりゃあ、お前、最初の部分だろ」

「最初の部分ですか?」

 僕は聞き返した。

「そう、一番最初、あの女は何であの部屋に入ったんだ?」

 沼田刑事がそういったのを聞いて、僕はすこしかわいそうな気分になった。
 この人はあんまり話を聞いていなかったらしい。もしかすると、聞いていたけれど、話が長かったので最初のほうは忘れてしまったのかもしれない。

「あの女性は、空き巣ですよ?」

「そうだが……! どうやって入った!」

 憮然とした表情で、沼田刑事が言った。一応僕には気を使ってくれているらしい。怒鳴るのをこらえているような態度だった。

「そりゃあ、ドアから入ったんでしょう」

「入れない! オートロックだ!」

「はい? ……ああ……うん?」

 南さんの部屋はオートロックだ。たまたま鍵が開いているということはない。
 そうか、と僕は思った。確かに沼田刑事の言うとおりだった。鍵がかかっていれば部屋に入ることはできない。それともあの女性は鍵を開ける技術を持っていたのだろうか。

「どうやって入ったかは想像になるけどね……まず辰巳君が見た手紙についてなんだけど、折り曲げたり何かにはさんだような跡はあったかな?」

「あ、はい。折り曲げた跡はありましたけど……」

「うん、そうか。手紙の内容は覚えているかな?」

「えっと……『おかあさんはやくかえってきてね』っていうことが書いてあったと思います」

「そうだね。助けてとは書いていなかったよね」

「まあ、そうですね」

「餓死して死にそうなんだ。助けてとか、苦しいとか、殺されるとか、書かないものなんだろうか」

「それは……」

「そういうことは書かなかった。だとしたら、あの子は本当にお母さんに早く帰ってきてほしかったんじゃないかな」

「そうかもしれませんけど……」

「おなかがすいていたというのもあるだろうけど、なによりあの子は早くお母さんに会いたかったんだ」

 そうかもしれない。どんなにひどい仕打ちを受けても、あの子にとっては大好きなお母さんだったのかもしれない。
 早く帰ってきてねと願いながら餓えて死んでしまったのかと思うと、言葉が出てこなかった。

「想像してごらん。お母さんに早く会いたい、そう思っている子供は家のどこでお母さんを待つだろう?」

「玄関ですか?」

「遺体は玄関付近で見つかったな」

 沼田刑事も頷く。

「ただ玄関で待つだけだと、少しタイムロスがあるね」

 母親が帰ってくるときの様子を想像してみる。ドアを開けて、母親が玄関へ入ってくる。子供がそこへ飛びついている。
 タイムロス……いったいなんだろう。

「ここでもオートロックか……」

 沼田刑事がつぶやいた。

「そう、オートロックだから、絶対に鍵がかかっている。鍵を開けようとガチャガチャしている時間は、あの子にとってはタイムロスだったんだろう。だから、少しでも早くお母さんに会えるように、オートロックがかからないようにした。手紙をドアに挟むか、自分の体をドアに寄りかからせて閉まらないようにしたか、両方かもしれない。すぐにドアを開けられるようにして、お母さんを待っていたんだ」

「……だからあの女性が入れたんですね」

 オートロックがかからないようにしていたから、あの空き巣の女性はドアを開けることができた。


 空き巣に入ろうとドアを開けた瞬間、寄りかかった姿勢で亡くなっていた子供の遺体が倒れかかってくる。慌てて抱きかかえると、子供の体は冷たい。遺体を玄関の中に横たえて、どうしようかと見回すと、ドアの隙間に挟んであった手紙が落ちている。


 いままでの話に、これでぴたりと当てはまる。

「あの子はお母さんを待っていたんですね……」

 佐々木さんがうつむきながら言った。

「そうですね。でも、結局お母さんは帰ってこなかったですね」

 櫻井先生がぽつりと言って、それ以上、誰もなにも言わなかった。


   ***


 あれから佐々木さんの元気がなくなった。

 パンを持って遊びに行っても口数が少ない。顔色も悪いし、碁会所にもあまり行っていないようだった。
 かわりに沼田刑事とときどき会っているようだった。これには僕は少し、怒りを覚えていた。

 佐々木さんは、自分に何かできたはずだとあの事件のことを思い出して責任を感じているのだ。そんな必要はないのに、何も責任はないのに、何もできなかったと自分を責めて、それで体調を崩して碁会所にもあまり行かなくなった。

 一刻も早く、佐々木さんは事件のことを忘れなければいけない。
 なのに、あの刑事は佐々木さんを呼び出して事件のことを蒸し返している。捜査に必要なのかもしれないけど、たびたび呼び出す必要はないと思う。

 刑事という人種は日頃から血なまぐさい事件を扱っているせいで、神経が麻痺しているのだ。
 事件に巻き込まれれば、犯人や被害者じゃなくても心を痛める人間はいる。そういうことをきっと想像できないのだ。


   ***


 しばらく経ったある日、佐々木さんが僕の部屋を訪ねてきた。

 あれ以来、僕は佐々木さんに事件の話をしないように心がけていて、そうすると佐々木さんの口数が少なくなっているものだから、話す機会が減ってしまっていた。このときは一週間ぶりくらいだったと思う。

「うん、えーとね」

 佐々木さんはいくらか体調もよくなったようで、表情も明るくなっていた。

「辰巳君に聞かせたい話があってね」

「はい、何ですか?」

 佐々木さんはちょっと口ごもった。

「あのね、NPOがあるんだ」

「NPOですか? ボランティアの?」

「うん、そう! やっぱり知ってるんだね。私、横文字が苦手だから、そういうのがよくわからなくて」

「はい。NPOがどうかしたんですか?」

「いろいろ話を聞かせてもらったんだけど、あの、亡くなった子供。あそこの家は母子家庭だったんだって。そうすると、お金がないから、子供を保育園とかにも預けられなくて、誰かに頼るあてもなくて、それで今回の事件みたいなことになって……そういうの、母子家庭ではよくあることなんだって……」

 佐々木さんの説明を、僕はうなずきながら聞いていた。そういうこともあるかもしれない。

「だからNPOの人たちがいるんだって。お金がなくて困っている家庭の子供を預かったり、みんなでご飯を作ったり、そういうのをするらしい。私も参加しようと思って……沼田さんがそういうことに詳しいから、調べてくれてたんだ」

「それで沼田刑事と会っていたんですか」

「うんそう。あの人いい人だね」

 沼田刑事、見た目とは違うんだ……と僕は思った。
 そして、佐々木さんはそんなことをしていたんだ、と驚いていた。

 NPOなら、大学にもそういうサークルはあるし、知り合いで活動に参加している人もいる。僕のほうがそういうものに接する機会は多いはずなのに、早く忘れようと考えるばかりで何かをしようとは考えていなかった。

「まあ、あんな事件があったからって、急に私がNPOに参加したところで何が変わるわけでもないんだけど……」

 佐々木さんは力なく笑った。

「それでね、今度の日曜日、そのNPOの会の人と話をしに行くんだ……」

 ここでようやく佐々木さんの用事がわかった。僕も誘おうとしているのだ。

「辰巳君は……嫌だよね……」

「嫌じゃないですよ!」

 早く忘れようということばかり考えて、佐々木さんと話すときはあの事件の話題を避けるようにしていたけれど、僕もやはり心のどこかで引っかかっていたものはあった。子供が餓死していたのだ。いくらなんでも、そうなる前に何かできたんじゃないか、と。

「僕も行きます! ついていってもいいですか?」

 自己満足なのかもしれないけれど、自分も何かやっておきたい、という気持ちになっていた。

「ああ、良かった……」

 佐々木さんがほっとした表情になった。

「私だけじゃあ、役に立たないだろうし、仕事も覚えられないだろうから。でも辰巳君がいれば大丈夫だね」

「いえ、僕もそういう活動は初めてですから」

「そうなんだ。でもきっと辰巳君には勉強になるだろうね。その会に参加してる人はすごく立派な人ばかりだから、そういう人を見習って、私みたいな駄目な老人にならないようにしてね」

 そう言って佐々木さんはまた、力なく笑った。

「そんなことないですよ!」

 僕の声は自然と大きくなっていた。
 佐々木さんが少しびっくりした顔になる。

「僕は、佐々木さんみたいになりたいです!」

 本心だった。佐々木さんがどうして、自分は駄目だ、というようなことを言うのかわからなかった。

 見ず知らずの子供を助けることができなかったと自分を責めて、少しでも役に立とうと思ってNPOに参加する。NPOの意味すら知らなかった人が、何の見返りもないのに、普通そこまでできるだろうか。僕が佐々木さんの立場だったら、同じことはできない。

 何も変わらないとか、意味がないというふうにも思わない。
 佐々木さんが必死になって見つけた道だ。
 きっと意味があるんだろうと思う。

 僕も協力したい、と思った。


 僕の言葉を聞いて、佐々木さんは困ったような、不思議そうな顔で、あははと笑った。
 急に大きな声を出して、どうしていいのかわからなくなって、僕も釣られるようにしてあははと笑った。
 そうやって笑ってからはじめて、そういえば自分はしばらくの間こうやって笑っていなかったんだな、ということに気づいた。二人で笑ううちに、心の中にあったもやもやが少しずつ晴れていく気がした。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られる力をとある生//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全141部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:30
POISON&FOREST ―神なきDOLLの探偵団―

時に2027年。DOLLと呼ばれる心をもった機械の少女達が、ヒトと共生する未来。九州の南の海に浮かぶ屋久島につくられた緑化実験都市には、ヒトとDOLLが一緒に通//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全13部)
  • 62 user
  • 最終掲載日:2015/07/28 14:48
傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全49部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 18:00
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
踊るキグルミ

大学に入学し、一人暮らしを始めた私は自宅の周囲で不思議なものを見かけるようになる。それはピンク色のクマのキグルミだった。ただ道ですれ違うだけではなく、そのキグル//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全7部)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2015/07/30 00:06
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2016/06/19 06:34
TRUST_ЯICK

CASE1:マンション駐輪場高校生刺殺事件【06月28日解決済み】/ CASE2:資産家遺体遺棄事件【08月22日解決済み】/CASE FINAL:警視総監暗殺//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全68部)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2015/09/23 17:41
山本五十子の決断

源葉洋平は高校修学旅行の最中、呉の大和ミュージアムで10分の1大和模型を見た記憶を最後に意識を失う。目覚めると洋平の前には本物の戦艦大和と、旧帝国海軍によく似た//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全53部)
  • 59 user
  • 最終掲載日:2016/06/02 14:39
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全156部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 01:05
ラスト・シャーマン

 中国でいう三国時代、倭国(日本)は、巫女の占いによって統治されていた。  しかしそれは、巫女の自己犠牲の上に成り立つ危ういものだった。  そのことに疑問を抱い//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全38部)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2014/06/06 19:00
狼の翼

CIAで対外軍事工作に従事する、翼をもった少女、アーデルハイト。彼女は第二次大戦中のドイツで開発され、後に米国の手に渡った幻の人型兵器ヴォルフスフリューゲルだっ//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全8部)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2014/10/03 09:43
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全441部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 01:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/03/02 23:56
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全408部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 11:00
風呂場女神

「なに、あんた。覗き?」 「水を一杯くれないか」この一見すると全く噛み合わないちぐはぐな会話が、 日本に住むただの会社員、玉野泉と、後に神聖国ヨー ク・ザイの歴//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全4部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/04/17 22:50
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全496部)
  • 23 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:14
夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全86部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 23:02
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/02/11 00:00
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
オーバーロード:前編

 未来に存在するVRMMO『ユグドラシル』のサービス終了の日。最強クラスのギルドの一角である『アインズ・ウール・ゴウン』のギルドマスター『モモンガ』は、メンバー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全98部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2012/04/01 13:25
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全835部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 11:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全215部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/05/14 23:23
僕の諭吉おじさん

「これあげるわ。使用期限は今日中ね」 母さんから突然渡された一万円。戸惑いながら、小学生だった僕はその使い道を考えた。 そして月日が流れ大人になった僕は、この一//

  • その他〔その他〕
  • 短編
  • 22 user
  • 最終掲載日:2014/11/29 00:06
複垢調査官 飛騨亜礼 ≪短編連作版≫

某IT企業に勤務する《複垢調査官》飛騨亜礼と、巨大小説投稿サイトの運営スタッフの神楽舞とが繰り広げるドタバタコメディミステリー。 第二章では、新キャラの坂本マ//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全36部)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2015/12/31 10:32
ニャーロック・ニャームズのニャー冒険。

≪事件だニャトソン。さぁ行こう≫   ……【ニャー探偵】【ニャーロック・ニャームズ】とその相棒【ニャトソン】の元に今日も動物警察【ドーサツ】からの依頼が届けられ//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全171部)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2016/07/19 21:39
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
安倍晴明と安東総理のやり直し転生譚

 名古屋に新政府を移し復興に務める若き民政党の総理、安東要(あんどうかなめ)の元に、突然、陰陽師、安倍清明が訪れ、彼の転生術で35歳→24歳に転生した安東要が東//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全37部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 19:41
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全289部)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全126部)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 21:09
↑ページトップへ