挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

瑞穂の日常

瑞穂の日常『左を制する者は…』

作者:九条 樹
「瑞穂!」
 またおやじが私を呼んでいる。
「瑞穂!寝たのか?起きてるんだろ?」
 今日こそ絶対寝たふりしてやる!
「おい、瑞穂!」
 おやじの足音が近づいてくる。
 そして襖が開けられる。
「おい、瑞穂。起きてるんだろ?寝たふりはやめろ」
 今日はなにがあっても絶対起きてやらないんだから。
「まだ起きないのか?いい根性だな」
 そう言ったおやじが私の勉強机の辺りで何やらガサゴソしている。
 こっそり薄目をあけて見てみると、机の引き出しを開けてなにやら探してるようだ。
「あった、あった。これだこれ」
 おやじ、なにしてるんだ?そこの引き出しには確か……
「瑞穂さん、僕は高校に入学して同じクラスになって以来ずっと好きでした」
 げっ!
「お父さん!なにしてるのよ!勝手に人の手紙読まないでよ!」
「なんだ。やっぱり起きてるんじゃないか」
 なんておやじだ!人を起こすためにこんなことするなんてあり得ない。
「人の部屋でそんなにごそごそされたら起きるわよ」
「ふん、言いわけか?まぁいい」
 なにが『まぁいい』よ。こっちは全然よくないわよ。だいたい言いわけってなによ。なんで私が言いわけしなきゃいけないのよ。
「今日も深夜番組で面白い漫画をやってたんだよ」
 だ、だからなによ…… もうあんなこと嫌だからね。
 私は思いっきり警戒して身構える。
「お、今日はもう既にやる気になったか」
「な、なに言ってるの!やる気になんてならないわよ」
「実はな、今日はあしたのジョーといのをやってたんだが知ってるか?」
 私の反論なんてまったく意に介さず話が進む。
「知ってるけどそれがなんなのよ」
「俺の事をジョーと呼べ!」
「は?」
 またわけのわからない事を……
「いいから早く呼べ!」
「嫌よ」
「貴様~。呼ばないと酷い目に遭うぞ」
 目がマジだ。これだから酔っ払いは嫌いなのよ。
 仕方なく呼ぶことにする。
「ジョー……」
「俺をジョーと呼んだな力石」
「へ?」
「かかってこい力石!」
 どうやら私は力石というキャラクターらしいが誰だか分からない。
 明日のジョーなんてボクシング漫画ということ意外殆ど知らないし……
「痛っ!」
 おやじがいきなり殴りかかってきた。
「なにするのよ!痛いじゃない」
「貴様が俺をジョーと呼ぶからだ!力石」
 おやじが無理やり呼ばせたんじゃない!ホントなに考えてるのよこのバカおやじ!
「力石!かかって来ないなら俺からいくぜ!」
 おやじが私の二の腕めがけて『ジャブ、ジャブ』と連呼しながらマジで殴ってくる。
「痛っ!痛い!やめてよ」
「どうした力石!逃げてばかりじゃ勝てないぜ」
 バカおやじは完全にジョーになりきっているようで、殴る手を全くゆるめようとしない。
 いくら二の腕とはいえ、これだけ殴られればそうとう痛い。
「力石、その構えはなんだ?やる気があるのか?」
「ないわよ!」
「はっ!そうかノーガードでクロスカウンターを狙っているのか!危うく突っ込んでいくところだったぜ。やるな力石」
 バカおやじ!いつまでなりきってるのよ!ちょっとは私の言うことも聞いてよ!
「もうやめてよ。痛いんだから」
 私は半べそをかきながら絶叫する。
「そろそろ終わりにしようや力石」
 終わりにするもなにも初めからやる気なんてないんだから。
「いくぜ力石、最後のラッシュだ」
 マジで殴りすぎよ。私は反撃なんて出来るはずもなく、ただ殴られ続けている。
「ジャブ、ジャブ、ジャブ」
 おやじのラッシュが止まらない。
 いつまでこのラッシュが続くんだろう。泣きながらそう思ったその時。
「ジョー!そこだ!アッパーだ!!!」
 え?何?振り向くとそこには…… お母さん?
 襖の陰から出てきたお母さんがジョーにアドバイスを与える。
「今よ!アッパー!」
 それに反応したおやじが!
「これで最後だ力石ぃ~!」
 そう言いながら右手でアッパーを繰り出し私の顎を見事にとらえる。
「っっ!」
 言葉にならないうめきと共に私は仰向けに倒れこむ。
 一瞬脳震盪でも起こしたかのようなめまいと、激しい顎の痛みに大泣きしてしまう。
「うぅ~痛いよ。お父さん酷いよ」
 泣きながら二人を見ると。私のことを心配するどころか、お母さんはお父さんの腕を高々と突き上げている。
「勝者、矢吹ジョー」
 お母さんに勝利者宣言されおやじは満足顔だ。
 そしてそのおやじの放った一言。
「瑞穂、もう夜も遅いし早く寝ろ」
 は?なに言ってるのこのバカおやじ!
 私は寝てたのよ!起こしたのはあんたでしょ!
「そうよ。あんた明日学校でしょ?あんまり夜更かしばっかりしてちゃだめよ」
 お母さんまで…… もうなんなのよこの夫婦。
 私のことなんて欠片ほども心配しないで、二人は寝室に入っていく……

 高校卒業したら絶対すぐに働いて家を出てやるんだから!
 ばかぁー!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ