挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
夏空うさぎが見つめる丘にて 作者:オニオン@秋音
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/12

のりしろ

「三月うさぎ、四月うさぎ、ごっがつうさぎーっと」

 かろやかに歌いながら、名古は砂浜に着地した。青い砂がほわっと舞う。光に反射して、きらりはらりと風と踊る。いつか見た光景によく似ていた。

「やぁ」

 名古の隣、元より座っていた牧之が声を掛けた。その姿は白い髪に紅い瞳。二人が並ぶと双子のように見える。青い砂漠の上で二人は静かに言葉を交わす。

「こんにちは。牧之にとっては久しぶりかな」
「うん。すごく、懐かしいよ。昨日のことのように覚えているけどね」

 牧之はいつものように星空を見上げた。
 月に似た白い星が三つ。寄り添いながら重なっており、一番手前に見える星には虹が架かっていた。遠くにはいくつもの星が瞬いており、人類がいまだ観測できない美しさが広がっていた。
 青い砂は光と仲が良いのだろう。星空が見えるというのに、二人は互いの仕草や表情を確認できた。

「充実しているよ」

 一つ二つ先の返事を牧之が返した。名古は促すように頷き、続きを望んだ。

「いくつもの星を見送った。一つとして同じものがないけれど、必ず終わりはやってくる。ラクラルして、ナドキにうつり、やがてツェンになる。リゴールもまた美しい」

 名古には牧之の言葉の意味がちっとも分からなかった。当然である。彼女は地球の言葉しか知らないのだから。
 曖昧に微笑む名古を見て、小さく謝罪の言葉を口にする。それでも沈黙を破ったのは牧之だった。

「彼女は元気かな」
「………………」

 名古は答えない。紅の瞳に映るものは名古も牧之も同じ景色。全てを理解して、それでもなお言葉を紡ぐのは自信の無さからだ。
 ややあって、名古は髪を撫でた。そよ風に泳ぐ髪がどこまでも白い。
 それから、自問自答が始まった。

「後悔なんてしてないよ」
「息ができないんだ。あの場所じゃ、どうしても」
「がんじがらめの世界は苦しくて」
「君といるともっと苦しくて」
「君しか愛せない俺は」
「他のもので気を紛らわせて」
「重い想いを募らせた」

「好きだからからかっちゃうし」
「好きだから、よく分かる」
「君の自由を、幸せを奪っちゃいけないって」
「君を、君が生きていける日常に返さなきゃ」

「どうしようもないんだ」
「お互いの日常で生きていけないんだから」
「君が苦しむ姿を見たくないし」
「私が苦しむ姿を見せたくない」
「好きだから」
「好きだから」

「だから一番近くて遠いこの場所で、君の幸せを願うよ」

 どこからともなく桜吹雪がやってくる。流星群が空を駆け、星は幾度となく時を巡った。一番好きな想いを抱えて何度でも。何度でも。

「なーんて柄じゃないよね。私たち」

 名古が、どこまでも明るい声で言った。
 牧之はきょとんと彼女を見上げる。

「だって私たちは自由だよ。どこへでも行けるしなんだってできるよ。特に牧之は何でも知ってるんだから余裕だよね」
「何でもは、ちょっと、さすがに……」
「両想いだって、知ってるよね?」

 瞬間、牧之が紅潮した。視線が溺れそうなくらいに泳ぎまわり、言葉と口が噛み合わないままぱくぱくと口を動かす。名古にはそれがとても愉快な光景だった。

「それは! その……だって、今更だし。少なくともあの頃の俺は知らなかった」
「青春ですなー。でーすーなー」にやにやと意地悪な笑みで牧之の顔を覗き込む。
「うるさいなぁ! 自分のことは棚にあげているくせに!」
「私は私の目的があるもん」
「何?」
「聞きたい? 聞きたい? どーしよっかなー」

 完全に名古のペースに乗せられていると分かっていながらも、牧之は転がされるしかない。顔を赤くしたまま名古を見つめ返す。無言の重圧だ。
 名古はもったいぶるように三月うさぎと歌い始める。

「――あまねく世界のかけ橋に! だよ」
「それってただのお節介じゃないか」
「だって、みんな奥手すぎ。どれだけ不幸になったと思っているの? 牧之みたいなお馬鹿さんに振り回されるなんてひどい話だよ」

 名古がパンッと手を叩くと、何もない空間から拡声器が現れた。それを牧之に手渡す。

「そんなわけだから、はいこれ!」
「拡声器なんて、何に使うの?」
「屋上で叫んだって伝わらない時は伝わらないんだよ。それに青春と言えば屋上から叫ぶことだと思わない?」
「ま、さ、か……」
「ぐっとらーっく! 後は若い者同士でー!」

 春風が名古を包んでさらっていく。後には桜の花びらにまみれた牧之だけが取り残される。
 しばらく呆けていた牧之が頬をかく。

「俺もたいがい自分勝手な奴だと思ってたけど、上には上がいるなぁ」

 拡声器に視線を落とし、誰にも聞こえない声でぽつりと呟く。

「要らないよ……」

 牧之は全てを知っている。ここから何光年離れていようとも、何次元隔てていようとも、自分と彼女の距離はゼロだ。拡声器がなくたって問題ない。どこにいても、いつの彼女でも。

 拡声器を置いたまま、おもむろに立ち上がり空を見上げた。唇を震わせて、喉まで出かかった言葉を押し出そうとする。
 銀河が一つ、一回転した。彼はまだ動けない。それからさらに全ての星がまばたきをした後に、拡声器を拾った。

「息がつまるよ。久しぶりに……」

 星の息吹を吸い込んで、見つめる先は遥かな今。
 何度も言えなかった想いをたった一言に込めて――。

「――――……愛しているよ」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ