挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
夏空うさぎが見つめる丘にて 作者:オニオン@秋音
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/12

忘れ物には気をつけましょう。

 ピピピピピ――。
 目覚まし時計が鳴っている。最近はずっと起こしてもらってばっかりだ。たぶん台風が過ぎた頃からだったと思う。ついでに言えば、夏休みも過ぎた。
 だから私は制服を着て学校に行く。答えなんて見つからなくても進んでいく。どんなに怖くても所詮通学路。立ち止まることなんて許されない。

 アイツはこれが苦しかったのかなって思ったりする。未来を考えれば考えるほど自由がなくなっていくのがよく見える。逸脱すればするほど幸せが見あたらなくて、自分で選んでるはずなのに選ばされている感覚が苦しい。
 用水路の向こう側へジャンプする勇気は無かった。自分の重さに苛まれ、暴風雨に殴られたひまわりは根元の方からぽっきりと折れている。じきに腐って土に還るだろう。嫌気がさすほど私にそっくりだ。はやく学校に行かなくちゃ。

 坂の上まで走ってくる潮風は日を追うごとにひんやりとして、心の隙間に吹き込んでくる。少し泣きたくなって目を閉じる。違う、泣きたいなんて嘘だよ。ちょっと目に染みたから涙が零れるんだ。だから平気。
 ゆっくりと坂を下ればいい。少しずつ少しずつ進めばいい。



「六月うさぎ、七月うさぎ、八月うさぎ」

 歌が聞こえた。それだけを理解して走り出す。

「風待ちうさぎ、七夕うさぎ、八月らーびっとー」

 坂道を全速力で駆け降りる。転びそうだけど転んでられないって意地を張ってスピードを上げた。だってこれは本当に、最期のチャンスなんだ。アイツが優しいってこと、誰よりも私が知っている。

「八月うさぎ。さそりの心臓アンタレス。命を燃やせば星月夜」

 海へと続く一本道のその途中。買い食いして、喋って、たくさん笑った駄菓子屋さん。
 海を一望できるさび付いたベンチに、白い何かがいた。もこもこした生き物は、飲みかけのラムネを一息に飲み干して、くわぁっと欠伸を一つする。
 パチン。泡が弾けるように姿が消える。悲しいくらいあっけない。

 残ったラムネ瓶の中には私がプレゼントしたハズのガラス細工が入っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ