挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

姉と俺(と母と父)

ダイエット

作者:聖魔光闇
真面目にしたら?
『アネキがダイエットを始めた。理由は「彼氏にもう少し痩せたら?」と言われたのが、原因らしい。三食の御飯にも殆ど手を付けず、部屋に閉じこもったまま出てこない。「絶対痩せて綺麗になってやる!」って発狂したように叫んでから、もう二週間が過ぎた。しかし、効果は全くないようだ。当たり前じゃねぇか! って思うけど、それを伝えていいものか……。けれども、言わないといけないよな』
 机に頬杖を突いて考えていたが、立ち上がって姉の部屋へと向かった。
 ノックせずに入ると「ノックは常識でしょ!」と言われる為、とりあえずノックだけして確認もせずに部屋に入る。
「何!?」
 ベッドに横になったままの姉が、顔だけ俺の方に向けた。
「あのさ、アネキ……」
「だから何!?」
 言いにくい事だけに、言葉につまる。しかし、言わなければならない。
「あのさ……、ダイエットするのはかまわないけど……、一日三袋飴食うの止めたら!」
 最後の一言だけ早口で言うと俺は部屋から飛び出した。




「そんな事言ったって、お腹空くじゃない!!」
 姉の部屋の中から、大声が聞こえる。


『こりゃあ、ダイエット……、無理だね。たぶん』


飴三袋……。どれだけカロリーあると思ってんのかねぇ。運動もしねぇし……。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ