挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

気軽に読める長さ

竜に挑んだ男たち

作者:山彦八里
 かつて、まだ誰も世界の果てを知らぬ頃。

 誰にも知られぬ英雄がいた。
 ただひとりの友が知る、男がいた。

 男は少しだけ普通の人とは違っていた。
 身の丈は六尺を超え、肌は剣林弾雨を徹さず、血潮は熱した鉄のように熱く。
 ひとたび激すれば、大樽三杯の水と七人の女を必要とした、人の形をした人でないなにか。

 誰もが男を敬い、しかして畏れ、遠ざけた。
 南下する蛮族と戦い続けた男に残ったのは、ただひとりの友だけだった。

 男にはただひとりの友がいた。
 友は誰もが知る栄光の船乗りだった。

 若くして船長となり、各地を巡って莫大な富を築いた英傑。
 戦乱に明けくれる地に夢と希望をもたらした立志伝中の人物。
 そして、世界の果て、大海の縁、“断崖竜”に挑み敗れた、老人だった。




「どうしても行くのか?」

 日も昇りきらぬ桟橋、他に誰もいない静かなその場所に、男と友の姿はあった。
 男は小さな舟に乗っていた。
 慣れた手つきで舫を解き、それから、友を見上げて困ったように笑った。

「行くとも、友よ。それが俺のなすべきことだ」
「ひとりで、行くのか?」
「お前の足で船はきつかろう」

 男の言葉に、友は返す言葉なかった。
 友は大海の縁を支配する“断崖竜”を突破せんと船隊を率い、敗北し、半死半生の身でこの地に流れ着いた敗残者だった。
 かつての栄光も夢の彼方。
 長く海を漂ったその足はやせ衰え、杖をつかねば歩くことすらままならなかった。

 そして、それ以上に恐怖があった。
 竜への、恐怖だった。

 世界の縁をぐるりと囲む巨体。
 ひと口で大船を呑みこむ巨大な顎門。
 あるいは、嵐を巻き起こす竜の翼、一振りで津波を起こす竜の尾。
 恐れ知らずの海の男たちが、何も為せず塵のように吹き飛ばされた。
 その光景が、その恐怖が、友の足を陸に縫いつけていた。

「竜は人の身では抗しきれん」
「そうだな」
「いかにお前が強くとも、無理だ」
「そうかもしれん」
「生きては戻れぬ。……それでも、行くのか?」
「ああ。それでも、行くのだ」

 何故だ、と友は訊かなかった。
 そんなことは訊かずともわかっていたからだ。

 冒険で得た宝を見せびらかし、夢と希望を語ったのは誰だ。
 世界の果て、断崖竜を超えた先に黄金の都があると騙ったのは誰だ。
 かつて少年だった男がどのような目で己を見ていたか、忘れたわけではあるまい。
 過去に戻れるならば、己を絞め殺してやりたかった。

「……すまない」

 ついに立っていることさえできず、友は杖を投げ出し、桟橋に両手をついた。
 男には友の他に親しい者はいない。
 止められるのは己だけだ。

 だが、そう――だが。
 男の手には櫂の代わりに光輝く鉾があった。
 黄金のように輝き、鋼のように堅く、放てばイカズチの如く迸る。
 かつて友が、海神の洞窟から簒奪した、栄光の残滓。
 竜に敗れた友が、それでも手放さず、それゆえに陸へと彼を導いた――七つ海の宝。

 友が、男に授けた、竜殺しの秘策だった。

 いかな竜とて、この鉾に逆鱗を貫かれれば、タダでは済まない。
 だが、その代償が何なのか、わからぬ友ではなかった。

 それでも、託してしまったのだ。
 行くなと言いながら、その口でまやかしの希望を授けたその卑劣さ、傲慢さ。
 これを、矛盾と言わずに何と言うのか。

『この男なら、あるいは――』

 夢と希望を語り、男たちを海へと駆り立てた友は。
 その実、誰よりもその麻薬に酔いしれていた。もはや抜けだせぬほどに。

「友よ、顔を上げろ」
「だが、私は……私は……お前を殺してしまう……」
「わかっているとも。お前の恥辱、お前の傲慢、その全てを俺は知っている」
「だったら!!」
「だからこそだ、友よ――――」


 ――――お前の希望がまやかしでなかったことを、俺が証明しよう。


 男は笑った。大いに笑った。

 その決意を誰が知ろう。
 誰もが諦め、嘲笑い、見捨てていった夢の残骸を。
 この男だけは最後まで信じていたのだ。
 ただひとりの友であるが故に、信じていたのだ。

「お前こそが、俺の夢だった。どうか顔を上げてくれ。この旅立ちを見送ってくれ」

 老人はもはや何も言葉を発することができなかった。
 小さくなっていく男の背中を、ただ見つめることしかできなかった。
 己の罪を、ただ見ていることしかできなかった。










 男は、帰ってこなかった。




 それから十年後。
 老人は病床に臥す中で、ひとつの噂を聞いた。
 とある船団がついに世界一周を成し遂げたという噂だ。

 人々は歓喜し、その偉業を称えた。
 竜などいなかったのだと、それは老人の語ったおとぎばなしだったのだと、笑った。
 そして、誰もが竜を忘れた。

 老人だけは知っていた。覚えていた。
 竜は、いたのだ。
 男は、証明したのだ。
 そのことを、彼だけが忘れていなかった。
 老人は、帰らぬ英雄の為に、涙した。



 ――かつて、まだ誰も世界の果てを知らぬ頃。

 誰にも知られぬ英雄がいた。
 ただひとりの友が知る、男がいた。

 男は少しだけ普通の人とは違っていた。
 身の丈は六尺を超え、肌は剣林弾雨を徹さず、血潮は熱した鉄のように熱く。
 ひとたび激すれば、大樽三杯の水と七人の女を必要とした、人の形をした人でないなにか。

 誰もが男を敬い、しかして畏れ、遠ざけた。
 南下する蛮族と戦い続けた男に残ったのは、ただひとりの友だけだった。

 男にはただひとりの友がいた。
 友は誰もが知る栄光の船乗りだった。

 そして。
 ただひとり、男の偉業を知る。
 ただひとりの、友だった。


お題:絶縁、挫折、竜、絶倫、へり

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ