挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし 作者:村咲 遼
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

34/65

30……術と罪の代償

 アルスは腕のいい医薬師である。
 基本、薬と手当てで済ませ、術を使うことを嫌う。
 何故なら術は、強い力を持つ上に治りは早いが、後々になると回復力が一気に落ちる。
 つまり、医術を受け続けると、元々100ある回復力が、医術によって回復されることに慣れ続けてしまい、自分自身の元々持っている治癒力を使うことを怠ってしまう。
 そうすると、同じ回復術を用いても半分しか回復しなくなることもあった。

 回復術の名手だったアルスの師匠であり、術師だった人が、ある時命に関わる患者に度々術をかけ、一旦は回復はしたものの、その後一気に身体が弱くなり、寝たきりとなり亡くなってしまった。
 師匠は懸命な、適切な治療をしたのだが、その代償は重かった。
 特に、その患者だった人が彼の父だったのだから……。
 一気に老け込み、朦朧とした意識で、亡くなった家族や友人の名前を呼ぶ父の姿に、彼は嘆いた。
 そして、必死に国全土が戦場と化してしまった為、散失した術書や資料を探し回り、治療法はなく、しかし父を助けたいと術を使い……結果的に、

『術は使わず、なるべく本人の回復力が戻るのを待つのがいい、術を繰り返すと、毒と同じになる』

と解ったのは、父の臨終の時。

 苦しんで苦しんで……自分の力を憎み、それからは術を用いぬ方法を探っていた師匠の弟子となり、薬と回復力を手助けする方法を探し続けた。
 料理やマッサージなど多岐にわたる資料を、アルスは受け継いだ。
 師匠の家には、残せなかった。
 術師の家系……その家に、術を否定する資料は置けない……それが師匠の遺言だった。



 だから、アルスは術を封じた。
 だがしかし、今回は術を用いた。
 デュアンを助ける為に……それが本当に良かったのか、こんこんと眠り続ける青年を見つめる。

「多分、師匠の遺していた資料には、強い力を持つ人間が術を患者に繰り返すと副作用が起こる。でも、一回だけで……でも、死にかけていたデュアンに結構術を使ったな……」

 躊躇いは患者の死に繋がる。
 即断した。
 もうすでに手術ができる状態ではなかったからである。

「デュアンにどんな副作用になるのか……」

 命が縮む事は避けられたらと祈る。

 一度、弟が死にかけた時には術は使わなかったが、ある薬を用いた。
 その時は副作用で髪と瞳の色が変わっただけだったが、今回はどんな副作用かはわからない。
 何回にも分けて与える術を一気に流し込んだ。
 中毒になっては困ると思ったことも理由である。

「吉と出るか凶と出るか……」

 呟いたのだった。



 しばらくしてアルスに案内され、部屋に入っていったのはミューゼリックとアリア。
 眠ってしまったリティは隣室でティフィが膝枕している。

「……一応伝えておくと、手術や薬の投与では間に合わないと判断した。その為に、医術を用いた」
「医術……普通、術師は扱えますね?」
「まぁな。でも、言い方を変えれば、何度も癒す行為を続けると体が慣れてしまい、副作用として回復力が落ちる……最初は100%の力まで回復していたものが、何度かかけていると50%に落ちてしまう。体の自分の回復の力を怠り、術に頼りきりになる。だからなるべく術は使いたくはなかった。でも今回は本当に危険だった。一回だけ本当に強い術をかけた。その副作用がどう出るか……心配している」
「死ななければ大丈夫です!アルスさま」

 幾度も家族の死に直面し続けたアリアは告げる。

「生きていてくれるだけで、いいんです。どんなデュアンでも、私のデュアンです」
「そうだな。アリア。どんなデュアンでも、生きていてくれるだけで構わない」

 カーテンでベッドの中は隠されていて、傷の具合なども見られないが……2人は頷く。

「それならば……デュアンはまだ眠っているが……見てやってくれ……副作用の結果だ」

 アルスがカーテンを開けると、すやすやと寝息を立てている息子に絶句した。



 しばらくして戻ってきたミューゼリックは困惑した顔で、

「あ、の……なぁ……兄貴」
「なぁに?」

甥っ子をからかって遊んでいたリスティルが、弟を見る。
 困惑と戸惑いの眼差しで告げる。

「ちょっとこっちにきてくれないか。ティフィもクシュナも」
「何かあった?」
「あったと言うかなんと言うか……」

 言葉を濁し、隣室に案内する。
 ちなみにティフィはリティを抱いている。
 そこにはアルスとアリアが付いており、ベッドの中に眠っているデュアンがいる。
 が、すぐに、

「あれ?デュアン何か小さくない?」

リスティルの一言に、ミューゼリックが、

「高度な術を使ってアルスさまが助けてくれたんだ。で、副作用で……多分、リティと変わらない位……15歳位に戻ってしまったらしい。記憶とかは判らないが、体はこの状態。アルスさまは術を使い始めると段々小さくなって、術をやめると止まったと言っていた。どうしようかと思うが、まずは命があったことだけでも感謝したい」
「まぁそうだよね。でも小さくなるかぁ……目を覚まして記憶とか確認しないとね。アルスさま。時間逆行なのですか?」

リスティルは問いかける。

「いや、それは判らない。ただ解るのは、師匠に聞いたのは何回もかけると副作用で回復力が落ち、寝たきりになると聞いた。だから一気に術をかけ続けた。そうすると術が強かったのだろうな。自衛の為に年齢を下げていったのかもしれない」
「アルスさまでも判らない事例ですか?」
「幾ら術をかけても蘇る、アホのアレクと違って、デュアンには何かしら起きるとは解っていたが、それが年齢退化とは思わなかった」
「あのバカとうちの甥を一緒にしないで下さい」

 リスティルは基本的に温和そうだが、嫌いなものには徹底的に嫌い抜く。
 隣国の先代国王アレクサンダーとリスティルは、非常に仲が悪かったのである。

「まぁ、生きていただけでもいいですが、記憶とか欠けてたらきついですね……」
「そうならないようにリハビリなどは付いていよう」
「でもアルスさま。お忙しいのでは?」
「私の患者だ。シェールドの患者には定期的に向かうことにする。それと、俺の嫁もしばらく滞在させて貰う」
「ここに部屋を用意しますね」

 リスティルは声をかける。

「それに、私の甥をよろしくお願い致します」



 眠り続けるデュアン、しかし、着替えの時には傷もなく本当に眠っているだけのようである。
 点滴をして、栄養補助の為に備えている。
 いつ目を覚ますのか……家族は不安で仕方がないが、穏やかな顔で眠っていることだけが良かったと家族は慰め合う。

 その間に、リスティルとラルディーン公爵、ラーシェフ公爵、王太子のティフィを中心に今回の事件の関係者を断罪することになった。

 セントバーグ子爵マナックは捕らえられず、その妻の女と姉妹だけが捕らえられている。

「何で私が!私はセントバーグ侯爵夫人よ!」
「元だけどね」

 クシュナは冷たく言い放ち、親友のマナから託された離縁状を突きつける。

「お前はすでに爵位も何もない、ただの女だ」
「何ですって!」
「その上、関わりのないお前から自分の名前を語られ、暗殺者を雇われたと相談があった。7年前の暗殺事件もセントバーグ侯爵が関わっていないことが明らかになったよ。今度こそ勘弁するんだね」
「私を何だと思っているの!」
「クズ」

 姉妹たちは真っ青で震えながら、

「わ、私たちは知りませんわ!」
「夫たちが勝手に!」
「本当ですわ!お父様!」
「……私には、今、生命の危機に陥るデュアンとリティしか子供はいない」

 素っ気なくミューゼリックは言い放つ。

「お父様!」
「……陛下。王太子殿下。私は息子デュアンリールを苦しめたこの者達に厳罰を!もう、温情を与えても無駄です。どうか」
「私のせいではないわ!」
「パルスレット公爵が!」
「パルスレット公爵はもうこの世にいないよ」

 リスティルは微笑んだ。

「ついでに、お前達の夫も、兄弟も同様だ。お前達の意見に賛同した貴族も次々捕らえられている。財産は没収。生まれた子供達は……可哀想だね。まだ小さかったのに……」
「えっ……」

 ここに連れてこられる前に、子供達とは別れさせられている。

「子供達はどこよ!」
「返してよ!」
「犯罪者の子供として生きるよりも、普通の家の子供として生きるのがいいだろう。養子に出すことにした。お前達の教育方針では意味はない、子供達の未来はない」

 リスティルは告げる。

「お前達は反省しない、逆恨みする。ついでに、ラルディーン公爵家の嫡男デュアンリールはパルスレット公爵に、割れたワイン瓶で、胸を刺されて今は生死の境を彷徨っているよ。母上の公爵夫人と妹がつききりになって必死に生き残って欲しいと願っている。声をかけて手を握って……お前達も小さい頃に両親からそういう風に付き添われ、熱が下がったと、怪我が癒えてきたと喜ばれたのではないのか?」
「……っ!」
「自分の子供にそうしてやったことはあるか?私もラルディーン公爵も、ラーシェフ公爵もあったけれど、どうだい?」

 問いかける言葉に、返答を失う。

「……生んでくれた、育ててくれた親を苦しめ泣かせ、実の兄を殺そうとまでした。一度でなく今回も。伯父としてではなく、この国の王として、この国になくてはならない逸材のデュアンリールを失うことになることは困るんだ。バカが何人いるよりもデュアンの方が大事だと思わないかな?」
「お前達の子供達が可哀想だね……可哀想だ。そしてマナとデュアンが……」

 最愛の従兄弟と親友を苦しめた原因である従姉妹を睨みつける。

「許さないよ、絶対に」



 デュアンリールが眠っている間に、親達と引き離された子供達は、10代の子供達はシェールドの騎士の館に男女問わず途中入館となり、ラミー元子爵の息子のルイも送られた。
 まだ幼い子供はそれぞれリスティルの子供の嫁ぎ先とクシュナの家、乳飲み子はラルディーン公爵家で預かることになった。

 リティは、実は近所の子供達の面倒を見たことがある。
 でも、はいはいをしたり、まだうつ伏せになったりできない赤ん坊は余り見たことはなかった。

「ち、小さい……こんなに小さいんですか……えっと、えっと可愛いです。お利口ですね〜?」

 頭を撫でるときゃっきゃと喜ぶ。

「わぁ、柔らかい……でも、重い〜!」
「ふふふっ、お嬢様もこんなだったのですよ」

 慣れたように、イーフェは抱き上げる。

「もう少し小さかったですがね。綺麗な子だとおばあさまが喜ばれておられました」
「おばあちゃんが……?」
「えぇ。お嬢様ももう少ししたら、こんな可愛い赤ちゃんをばあやに抱かせて下さいませね」
「えっ……えぇぇ!だ、だってまだ早いもん……」
「ふふふっ」

 少し、デュアンの元から離れ、娘の元を訪れていたアリアは微笑む。

「ママもリティの花嫁姿を見たいわ」
「ママまで?」

 かぁぁっと頰を赤くする。

「まだそんな相手はいないもの。それにリティは、パパやデュアンお兄ちゃんやリスティル伯父様みたいな人がいいです」
「リティ!何て嬉しいことを!」

 戻ってきていたミューゼリックが娘を抱き上げる。

「もう、相手はいいから、パパ達といるか?」
「この親馬鹿?仕事をしろっての」

 リスティルが文句を言うと、扉が開き、

「失礼します。ミューゼリックさま、デュアン先輩が目を覚まされました」

と言うクレスールの声に、慌てて立ち上がったのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ